FC2ブログ

【アユタヤ】 アユタヤ3大遺跡の様子 (その2)

こんにちは。

約2週間ぶりにアユタヤに再訪いたしました。
前回と比較いたしますと、全く状況が異なっておりましたので、
ご興味のある方は、以下の記事もご覧頂ければ幸いです。

前回の記事: 【アユタヤ】 アユタヤ3大遺跡の様子 (2020年5月14日付け)


以下、2020年5月の最終日曜日の3大寺院の状況となります。
前回と大きな違いとしては、寺院全てが入場可能となっておりました。


1. ワット・ヤイチャイ・モンコン

Wat Yaichai Mongkol-6

▲ 寺院の入退時に、QRコードをかざして寺院のチェックイン・チェックアウトをするような措置が取られております。
  (検温はありませんでした)


現在タイでは、ショッピングセンターなどに入店する際には、
「タイチャナ」というサイトに電話番号の登録をし、QRコードをスキャンしてチェックインするシステムが取られています。
これにより、店舗側が入退店する顧客の数などの管理が可能になります。

このようにワット・ヤイチャイ・モンコンにもタイチャナの入退場システムを取り入れておりました。

タイチャナのシステムで気を付けなければならないのが、
チェックインはしても ついついチェックアウトを忘れてしまうということです。
チェックアウトを忘れてしまいますと、寺院の場合、クローズ後も参拝客が敷地内にいると認識されてしまい、
ショッピングセンターでも同様に、まだ建物内に顧客がいると認識されてしまいますので、
営業終了後に警備員が敷地内・建物内を見回らなければならないと思います。。。



Wat Yaichai Mongkol-4

▲ 敷地内の売店も再開しています。



Wat Yaichai Mongkol-1

▲ 前回は城壁外からメインの仏塔を撮りましたが、今回は入場しての撮影です。
  仏塔に登る参拝客も大勢いました。



Wat Yaichai Mongkol-2

▲ 仏塔を囲む仏像も入場することにより見学ができます。



Wat Yaichai Mongkol-3

▲ 涅槃仏も近くで撮れました。



2. ワット・プラ・マハタート

Wat Maha That-1

ワット・プラ・マハタートでもタイチャナのシステムを取り入れております。
入場時には検温も行われております。


Wat Maha That-2

▲ 敷地内駐車場の様子。
  日曜日の午前中ですが、満車でした。。。



Wat Maha That-3

▲ こちらの寺院で有名な木の根の仏頭です。
  今回は入場できましたので、写真に収めることができました。



Wat Maha That-4

Wat Maha That-5

▲ 頭部のない仏像のお寺としても有名です。



3. ワット・プラ・シー・サンペット

Wat Phra Si Sanphet-3

▲ 入場ゲートの様子

こちらの寺院でもタイチャナのシステムを取り入れております。
スマートフォンをお持ちでない入場者は、名前と電話番号を台帳に記載する必要があります。
また、入場時には検温も行っておりました。



Wat Phra Si Sanphet-2

▲ 今回は敷地内から3つの仏塔を収めることができました。



Wat Phra Si Sanphet-1

▲ 別の角度からももう1枚。


おまけ

Ayutthaya Elephant Ride

▲ 象乗りも営業が再開されておりました!(ワット・プラ・シー・サンペット前の道路にて)



如何でしたでしょうか。

タイは引き続き非常事態宣言下ですが、規制内容も徐々に緩和されており、
また、この日は日曜日ということもありまして、各寺院の駐車場にはバンコクナンバーの自家用車が多かったです。
参拝客はほぼ全員マスク着用をしており、感染予防に気を付けている様子が伺えました。

個人的には月2回アユタヤに行ってまいりましたが、それぞれ全く異なった印象を受け、
特にワット・マハタートでは、改めて入場観光の良さが分かった気がしました。

.01 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 センチュリー・ザ・ムービー・プラザ(ビクトリーモニュメント店)の現状 その2

こんにちは。

タイでは引き続き非常事態宣言下ですが、
2020年5月17日より、規制緩和の第2フェーズが開始されております。

主な緩和内容は、夜間外出禁止令の時間帯が1時間短縮されて23:00~翌朝4時の5時間へ変更、
デパートの再開(営業時間帯や入店人数の制限付き)、
美容医療クリニック、フィットネスセンター、屋内運動場やプール、博物館なども条件付きで再開されております。

今回は先日(2020年5月9日)にもご紹介いたしましたが、事務所周辺の商業施設、
センチュリー・ザ・ムービー・プラザ(ビクトリーモニュメント店)の現在の様子をご紹介いたします。
前回の記事はこちら

引き続き規制はございますが、前回の記事より徐々に変わってきております。
建物エントランスでは、引き続き検温を行っております。
1階のレストランの様子となります。



DSC_4302 RESIZE

▲ MK(タイスキレストラン)
  店内での食事が可能になりましたが、1テーブル1名です。。。
  外からも見えてしまうので、一人タイスキはちょっと勇気がいるかもしれません、、、。



DSC_4303 RESIZE

▲ やよい軒
  店内での食事が可能になりましたが、こちらも1テーブル1名です。。。



DSC_4296 RESIZE

▲ バーベキュープラザ
  前回は休業措置が取られておりましたが、再開されております。
  但し、4人掛けのテーブルはマスコットのワニを座席に置いて人数制限を行っております。
  1テーブル2名で食事をしている方はいらっしゃいました。



DSC_4299 RESIZE

▲ SHINKANZEN SUSHI というお寿司メインのレストラン
  前回と同様に店内は人数制限やソーシャルディスタンシングを保って入店飲食を許可しております。



DSC_4301 RESIZE

▲ ペッパーランチ
  引き続き休業措置が取られております。



DSC_4300 RESIZE

▲ サンタフェ・ステーキ
  引き続き休業措置が取られております。


規制は少しずつ緩和されておりますが、
条件を守って営業をしているレストランもあれば、引き続き自粛しているレストランもございます。

早く収束してほしいですね。。。

.19 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【アユタヤ】 アユタヤ3大遺跡の様子

こんにちは。

タイ国内では新型コロナウィルスの新規感染者数が、
5月13日に約2ヶ月振りに0名、翌5月14日は1名と落ち着いてきております。
3月下旬からの厳しい規制も段階的に緩和されつつあります。

引き続きデパートは休業しておりますが、
5月15日と16日に一部のデパートを試験的に営業をさせ、
5月17日に全デパートの営業の再開が可能か判断をする予定となります。

今回は、アユタヤの現状をご紹介いたします。
2020年5月上旬の3大寺院の状況となります。

1. ワット・ヤイチャイ・モンコン


DSC_4253 resize


1357年アユタヤ王朝の初代ウートン王が建立されました。
アユタヤはビルマ軍に占領されましたが、1587年に19代目のナレースワン王のもと、
アユタヤ独立の回復に勝利をしたことを記念して仏塔を奉納されております。



DSC_4247 resize

▲ 敷地内の売店はクローズしております。



DSC_4246 resize

▲ 駐車場までは入れますが、入場ゲートはクローズされております。



DSC_4249 resize

▲ 城壁外からメインの仏塔を撮影いたしました。
  こちらがアユタヤ独立回復の勝利に記念に奉納された仏塔で、高さは72メートルあります。


2. ワット・プラ・マハタート


DSC_4216 resize


1374年、ボーロマラーチャー1世により建立されたと伝えられておりますが、
寺院が完成したのは後のラーメースワン王の治世と言われております。(他説もあります)
木の根に取り込まれた仏頭で有名な寺院です。



DSC_4219 resize

▲ 入場ゲートは空いて入れるようになっておりますが、
  入口の警備員に訊ねたところ、入場不可のようでした。



DSC_4238 resize

▲ 別の無人ゲートは確かにクローズされておりました。


城壁の外は自由に散策して良いとのことでしたので、外からの様子となります。

DSC_4229 resizer

DSC_4223 resize

DSC_4220 resize

芝生がきれいに保たれております。



DSC_4240 resize

▲ 城壁外から仏頭が組み込まれた木を撮影しました。(真ん中の木となります)
  仏頭は反対側となりますので、外からは見ることができません。



3. ワット・プラ・シー・サンペット

1448年、トライローカナート王の治世に建立されました。
敷地が広いですが、シンボルは3基の仏塔となります。
かつてはトライローカナート王とその王子の遺骨が納められたと言われております。
1767年のビルマ軍の第2次アユタヤ侵攻により仏像は破壊されてしまいましたが、
その後、修復されて現在の状態になっております。



DSC_4208 resize

▲ 入場ゲートはクローズしております。

入口近くにはツーリストポリスがあり、1名待機しており、
こちらも城壁外は自由に散策して良いとのことでしたので、外からの様子となります。


DSC_4214 resize


DSC_4213 resize

▲ 城壁が高めです。



DSC_4205 resize

▲ 3基の仏塔のうちの1基



DSC_4207 resize

▲ 3基の仏塔の全体



以上がアユタヤ3大寺院の現状の様子でございます。


.14 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【マハチャイ】 タレータイ市場の再訪

こんにちは。

タイ国内では規制が緩和されつつあり、市場の営業も再開しているところが多いです。

今回訪れましたマハチャイにありますタレータイ市場は、主に海鮮市場ですが、
大きく海産物ゾーン、果物ゾーンと分かれております。
先日ダムナンサドゥアク水上マーケットを訪れた際、タレータイ市場が
バンコクに戻る道中にありますので、果物を買いに立ち寄りました。

DSC_4176 RESIZED


こちらの市場は以前にもご紹介をさせて頂きましたので、タイトルに再訪と記載しております。
以前の記事 【マハチャイ】 タレータイ市場

以下、市場で販売されているものをご紹介いたします。

海産物ゾーン

DSC_4170 RESIZED


DSC_4162 RESIZED


DSC_4167 RESIZED


DSC_4166 RESIZED


DSC_4163 RESIZED


DSC_4165 RESIZED

鮮魚・エビ・カニ・イカ・貝が種類、量ともにも豊富です。



DSC_4175 RESIZED

生簀の水もきれいです。


果物ゾーン


DSC_4145 RESIZED

▲ 果物の王様 ドリアン



DSC_4152 RESIZED

▲ 既に剥いてある状態のドリアンも販売されています



DSC_4154 RESIZED

▲ 果物の女王 マンゴスチン



DSC_4177 RESIZED

▲ スイカ



DSC_4149 RESIZED

▲ オレンジ



DSC_4153 RESIZED

▲ マンゴー



DSC_4146 RESIZED

▲ 特徴的な外見のランブータン



DSC_4147 RESIZED

▲ 竜眼 ライチの味に似ています



DSC_4151 RESIZED

▲ サラクヤシ(ヤシ科の果物です)



今回はスイカとマンゴー、そして写真を撮り忘れてしまいましたがパッションフルーツなどを買いました。

.12 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【ラチャブリ】 ダムナンサドゥアク水上マーケットの現状

こんにちは。

今回はバンコクから南西に約80キロの場所にあります 外国人観光客に有名な、
ダムナンサドゥアク水上マーケットの現状をご紹介いたします。

タイ国内の市場は先日2020年5月03日より営業再開の許可がおりましたので、
どのような状況か実際に行ってみました。


DSC_4098 RESIZED

▲ 道中の塩田です。



DSC_4099 RESIZED

▲ こちらで塩を購入しました。


水上マーケットの数キロくらい手前の場所で検温が行われておりました。
なお、水上マーケットの手前からエンジンボートを利用してマーケットまで向かう事もできますが、
今回は車で直接マーケットへ向かいます。

DSC_4102 RESIZED

DSC_4105 RESIZED

水上マーケット到着です。

以下、2020年5月上旬のダムナンサドゥアク水上マーケットの写真をご紹介いたします。

DSC_4111 RESIZED

DSC_4113 RESIZED

DSC_4134 RESIZED


静まりかえっている箇所が多いです。



DSC_4110 RESIZSED

DSC_4112 RESIZED

DSC_4131 RESIZED

活気溢れる手漕ぎボートの往来がありません。



DSC_4121 RESIZED

DSC_4118 RESIZED

▲ 保管されている手漕ぎボート

このような中でも、一部で営業している箇所や物売りの方がおりました。

DSC_4135 RESIZED

DSC_4138 RESIZED

DSC_4140 RESIZED

周りでタイラーメンを食べている人を見て、私も食べたくなりました。



DSC_4144 RESIZED

美味しそうです!

DSC_4142 RESIZED

いただきます!!


基本的に外国人向けの観光地ですので、海外からの旅行者がいないとほとんど成り立たない水上マーケットですが、
頑張って営業している方も見ることができ、早く元の活気溢れる水上マーケットに戻ってほしいと感じました。

.11 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2019年8月06日より、シー・アユタヤ・ソイ12に移転いたしました。
BTSビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)駅から徒歩約4分
BTSパヤタイ駅から徒歩約8分
Lertpanya Building(ラートパンヤ・ビルディング)の16階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

monthly

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ