スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「プーケット支店openキャンペーン」

皆さま、こんにちは。
本日は龍神ツアーズプーケット支店で行っている「ウェディングフォトツアー」について
紹介させて頂きます。

まず、ウェディングフォトツアーとはどんなもの?
簡単に言うと、ドレスとタキシードをお召頂き、宿泊ホテルもしくはビーチにて
プロのカメラマンにお写真を撮ってもらうツアーとなります。

挙式はせずに簡単に写真だけ海外ウェディング的な写真を残したい方、結婚5周年記念、コスプレ的に写真を残したい方、
銀婚式、衣装はいらず家族写真、いろいろな目的のお客様がいらっしゃいますが、
その目的に合わせて、現場一つ一つを作っていきますし、衣装が不要な方、
もしくはウェディングドレスでなくタイ民族衣装がご希望の方はそういったアレンジも可能です。

それでは、どんな流れなのか見てみましょう。
1.サロンでの説明&衣装選び&メイクアップ&お着換え
弊社のプランは、日本人ヘア&メイクアップアーティスト確約!
また撮影中にも同行し、化粧崩れやヘアセットの乱れなどにもすぐに対応できるようにしています。

イメージ写真
image-4_convert_20160714160616.jpg

image-14_convert_20160714160841.jpg

image-6_convert_20160714161120.jpg

image-17_convert_20160714161728.jpg

約3時間でまず最初のご来店後、説明(サインなど)~衣装選び~お仕度にて一工程終了。
お仕度には最低でも1.5時間-2時間はかかりますので
必然的に衣装のご試着も1着もしくは2着と、かなり駆け足のスケジュールとなります。
どうしても現地試着ではこの部分がデメリットになってしまいます。
(ただ、その分人件費等がかからない為、お安く提供できるというのがメリットになってまいります。)

ゆっくりじっくり衣装は選びタイ。という方は、事前試着が日本でできるkellyanの下記のプランがお勧めです。
http://kellyan.co.jp/photoplan/phuket/


2.撮影場所に移動&撮影
(撮影自体は30分ほど)

まずは、ビーチの場合。
波打ち際を歩いたり、ちょっとしたポージングをしたり、言葉の面は日本人スタッフが
お手伝いしますので、ご安心ください。
また、こんなポージングがしたいとか、こんな雰囲気の写真を残したいという
リクエストがあればどんどんそれにそったものを現場でおつくりいたします。

プーケットのビーチ撮影の特徴は、海の青と一緒に、山の緑を背景に入れられるなど
多彩なショットが可能であるという事です。

個人的にはサンセット近い18時位の撮影が一番美しいので午後の撮影がおすすめです。
image-21_convert_20160714161211.jpg

image-51_convert_20160714161435.jpg

image-60_convert_20160714162706.jpg

image-35_convert_20160714190439.jpg

image-48_convert_20160714191245.jpg


次はホテル内撮影編。
サロンでお着換えが終了したら、ご宿泊のホテルに戻って撮影開始。
お部屋、プール、レストラン、バーなど様々な場所で撮ることが可能ですので
思い出の場所をプロのカメラマンから見た視点で残してみてはいかがでしょうか?

自分達で撮るとどうしても近くからのアングルでアップ写真ばかりになってしまいがち。
また、素敵なホテルだからと言って沢山撮ってみても、人が写っていない写真はどこかつまらない、、、。
プロのカメラマンが撮るとこうなります。お部屋でのショットもバスルームの写真も
なぜか芸術の域に。。。

image-61_convert_20160714161542.jpg

image-97_convert_20160714162430.jpg

image-84_convert_20160714193009.jpg

image-94_convert_20160714193111.jpg

image-110_convert_20160714194325.jpg

また弊社ではプーケット支店オープンキャンペーンとして
毎月先着3組様に下記の特典を無料プレゼントすることにいたしました。
1. お仕度中の撮影&追加カット(THB13,000相当)→総合カット70枚に無料アップグレード!
2. ご新郎様ヘア&メイク(THB5,000相当)→無料プレゼント

また日本人メイクさんはもちろん安心で、ご希望もその場で伝えやすいですが
どうしても、値段をもっとリーズナブルなパッケージが良いという方の為に、今回、とっても腕の良い
今までホテルで何人もの日本人のお客様のメイクをした経験のあるタイ人のメイクアップアーティストさんとも
龍神ツアーズはお仕事ができるようになりました。

今回のモデルさんのお写真はすべてそのタイ人のスタッフさんによるものです。
ナチュラルでかわいい雰囲気がとてもうまく出ていて、全く腕に問題はありません。
その方でしたら、通常このパッケージがTHB27,000で販売しておりますが
THB4,000引きの
THB23,000で販売
させて頂きます!

また、衣装は随時クリーニングに出している物などがあり
ドレスがサロンに少なくなってしまっている場合がございます。
(新しく入荷して、ツアーでは通常使わないお衣装(お差額が発生しますが貸し出しは可能)
を含めてドレスやタキシードが少ない場合もございますが、何卒ご了承くださいませ。
(現地申し込みであるデメリット2)


それでは、是非プーケットで思い出の一枚を撮りたい。
プロのカメラマンがとった素敵なお写真を残したいとお考えの皆様、
龍神ツアーズプーケット支店にご連絡くださいませ!
お待ちしております


スポンサーサイト
.14 2016 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

The Naihan Phuket (旧Royal Phuket Yacht club)がついに5月にグランドオープンを迎えます!

皆様

こんにちは。
今日はナイハンビーチにある「The Naihan Phuket」をご紹介いたします。
「旧 ロイヤル プーケット ヨットクラブ」事、「ザ ナイハン プーケット」が2年のリノベーション
期間をかけて、2015年12月にソフトオープンを無事迎えました。
そして、5月にグランドオープンとなります。
龍神ツアーズでは、オープン再開を熱望しておりましたのでじっくりご紹介させていただきます。


まず、基本的な場所ですが、ここはプーケットの南に位置しており、空港から車で約50分ほどの場所になります。
(有名なパトン地区までは車で15分、プーケットタウンまで20分程)
ホテル目の前のナイハンビーチは、「2015年トリップアドバイザー アジアで人気のビーチ」にて
NO3に選ばれております。

area_map.gif

NAIHANBEACH.jpg

プーケットには様々なビーチがありますが、一番人気のパトン地区は、日本の湘南のような雰囲気だとすると
ここは沖縄の座間味島的なのんびりさです。ここのビーチの近くには小さな民宿も含めて5つしかホテルがありません。
ですので、ベストシーズンの3月でも人ごみになることがなくゆっくり過ごすことができます。

(余談ですが、プーケット在住の筆者も休みで海に行く場合、ナイハンビーチかカタビーチです。
その理由は、人が少なく波が穏やかであること。ヨットが停泊していて南国雰囲気満載。
またここにはちゃんとライフセーバーが居るので安心できる点です。ただローシーズンはどちらも波が高くなり逆にサーフィンを楽しむ場所となりますので注意が必要)

それでは、さっそくホテルの様子を見ていきましょう。
ここのホテルの特徴は、
1.全室オーシャンビュー。そして、全室サンセットビュー(通年)

見てください。この景色!
RIMG0186_convert_20160401185826.jpg

LOBBY
ここは全室160ROOMと規模が大きすぎないのもゆったりお過ごし頂ける要因ですね。
ロビーもデザイナーズホテルといった感じの、白を基調にしたアジアンテイストをミックスしたかわいらしい造り。

RIMG0169_convert_20160401184949.jpg

RIMG0170_convert_20160401185022.jpg


RIMG0173_convert_20160401185221.jpg

お部屋の種類
お部屋の種類は下記となり、基本的な内装や雰囲気は同じでできています。
1.デラックス オーシャン ビュー: 基本的なお部屋
2.グランド オーシャン ビュー: ベランダが、1.より40㎡弱広くなります。
3.オーシャン ビュー スィート: 7-8Fの高層階 ②と内装はほぼ同じですが、特典が増えます。
4.ロイヤル オーシャン ビュー スィート: 9階のみ 


デラックスオーシャン ビュー お部屋の雰囲気
白を基調としているのと基本的には木材が多く使われているので温かみが感じられる内装です。お部屋の広さはバルコニーを入れて47㎡

RIMG0177_convert_20160401185410.jpg

RIMG0176_convert_20160401185343.jpg

RIMG0175_convert_20160401185310.jpg


>グランドオーシャンビューBALCONY
グランドオーシャンビュー以上のカテゴリーはBALCONYが広くなり
さらにこんなゆったりしたソファーまでついてきます。


RIMG0178_convert_20160401185435.jpg

RIMG0179_convert_20160401185507.jpg


オーシャンビュースイート
スィート以上は、ミニバーがフリー(アルコール以外)だったり、往路送迎がついていたりと特典も多数付いてきます。
またお部屋もカーペットやクッションを暖色にしてやわらかい雰囲気

RIMG0188_convert_20160401185847.jpg

RIMG0190_convert_20160401185955.jpg

オーシャンビュースイートはもっとバルコニーが広くなって、ミニゴルフを楽しんで頂けます。
(セットはお部屋に備え付け)
こんなバルコニーでゆったりサンセットを見たら、もうどこにも出かけたくなくなってしまいますね。(笑)

RIMG0191_convert_20160401190031.jpg


PABLIC SPACE

オーシャンビューのプールはお子様用プールも隣にあるのでご家族連れにも安心です
20160531_145814_convert_20160402153701.jpg


20160531_145500_convert_20160402151849.jpg

レストランもとっても開放的。
家具屋、ちょっとしたオブジェ一つ一つがとってもこだわりがあり、また色遣いも洗礼されているので
とてもおしゃれなホテルだと感じました。

20160531_145927_convert_20160402151747.jpg

20160531_145909_convert_20160402151819.jpg

20160531_145939_convert_20160402152115.jpg

最後に
このホテルは町から少し離れていますが、ホテルの目の前にこのような軽食屋さんや小さなショップが
ありますし、ビーチの近くにタイ料理レストランもありますので、ホテル以外でお食事する場所も確保されています。
ただ、ビーチ沿いのレストランは昼間がメインとなりますし選択肢もすくなくなりますので、
夜どこか違う所でお食事をされたい場合は車で5分のナイハン地域のレストラン街か
車で10分ほどのラワイビーチのシーフードマーケットなどに行ってみてはいかがでしょうか。
特にラワイのシーフードマーケットは 観光客のみならず我々在住者も足しげく通うレストラン街です。
美味しくてとってもやすくてびっくりされますよ!


20160531_154531_convert_20160402152033.jpg
.01 2016 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

【バンコク】半日自転車ツアー

こんにちは。

先日、バンコクのCo Van Kessel社主催の半日自転車ツアーに参加いたしました。
こちらの自転車ツアー会社は、ヨーロッパ人のオーナーが発案し、
半日ツアーや終日ツアー、夕刻のツアーなどといったいくつかのコースがあります。

DSC_0008-RESIZED.jpg


今回は07:00~12:00の半日で、自転車+ボート乗船というコースに参加いたしました。
ロイヤルオーキッドシェラトン並びのリバーシティー・ビルディングの1階に事務所があります。


DSC_0007-RESIZED.jpg

▲ こちらが目印となります。

DSC_0010-RESIZED.jpg

▲ 開始15分前にこちらの集合事務所受付けにて、名前を告げます。

当日の参加者は6名で、イギリス人2名、オランダ人2名、日本人2名でした。
全員が揃ったところで今回引率する2名の英語ガイド(タイ人)を紹介、
ルールやお願い事などの説明(必ず縦1列での移動、写真を撮りたい場合は英語ガイドに伝えるなど)を受けた後、
事務所の外に出て好みの自転車を選びます。

DSC_0012-RESIZED.jpg


自転車は2種類で、マウンテンバイクと軽快車(通称ママチャリ)のいずれかとなりますが、
今回、参加者は全員ママチャリを選択していました。

DSC_0013-RESIZED.jpg

▲ こちらが今回私がお世話になった自転車です。

07:20頃にリバーシティーの事務所を出発し、2~3分ほどすると、車では通れない路地に入ります。
先頭と最後尾に催行会社の英語ガイドが誘導・同行しての案内となります。

DSC_0018-RESIZED.jpg


DSC_0015-RESIZED.jpg


いきなりディープなバンコクを垣間見れます。

DSC_0016-RESIZED.jpg

▲ こちらは小学校の朝休み時間と思われます。

小学校の先を進むとお寺の敷地になっており、お寺もサイクリング経路となっていました。
地図にない路地をくねくね進んで行くと、今どの辺りにいるのか、どこに向かって進んでいるのかが全く分からなくなってしまいました。。。
しかしそれは、あえてそのような道を使い、極力車やオートバイが通らない道を選んでのルーティングのようで、気が付けば たちまち派手な中華街(ヤワラー通り)に出ました。

DSC_0023-RESIZED.jpg

▲ バンコク中華街(ヤワラー通り)


中華街を少し進むとチャオプラヤ川のボート船着き場の一つ、ラーチャウォン船着場から自転車ごと乗船して対岸のディンデーン船着場へ渡ります。

DSC_0025-RESIZED.jpg

DSC_0028 RESIZED

▲ 一般のボートなのですが、この時 乗船したのは自転車ツアー参加者だけでした。


DSC_0030-RESIZED.jpg

DSC_0034-RESIZED.jpg


再びこのようにあまり車の通らないルーティングで路地裏などを通ります。
また、チャオプラヤ川沿いも走ります。この時はまだ08:00過ぎくらいで、日差しもそれほど強くなく、清々しかったです。(但しちょっと川のにおいが、、、。)

川沿いにあるワット・カンラヤナミットというお寺に立ち寄り、同行の英語ガイドさんの説明を聞きます。

DSC_0036-RESIZED.jpg


このお寺から数分走ったところで今度はロングテイルボートに乗船します。
チャオプラヤ川から枝分かれしている水路で西に市内中心部から離れる方向進みます。

DSC_0038-RESIZED.jpg

▲ もちろん自転車も一緒に積載します。

DSC_0039-RESIZED.jpg

DSC_0041-RESIZED.jpg

DSC_0046-RESIZED.jpg

DSC_0048-RESIZED.jpg

約30分くらいのボート移動で、この間、なまずにスナックやパンを与えたり、オオトカゲを見たりなど、それなりに楽しめます。

下船後は、再びサイクリングです。

DSC_0052-RESIZED.jpg

DSC_0056-RESIZED.jpg

バンコク西部のタリンチャン地区となりますが、この辺りは果物の木や畑が多く、緑が溢れているエリアです。
バンコク市内中心部に比べ、排気ガスもなく、また、人工ではなく自然の中のサイクリングは本当に気持ち良いです。

ツアーは07:00からでしたので、この日はツアーの前に朝食を食べる時間もありませんでしたが、
その辺もしっかり考慮されており、10:30頃にタイ料理のブランチとなります。

DSC_0059-RESIZED.jpg

▲ バジル炒めや空芯菜炒め、春雨炒めやタイ風オムレツなど外国人の参加者に合わせて、余り辛くないメニューが揃えられます。

午前中に一汗かいて、参加している人達と歓談しながらの食事は楽しいものです。
まだ午前中ですが、ほどよく身体を動かし、ほどよく満腹になりますと、ちょっと睡魔に襲われます。。。
既に11:00を過ぎていますが、12:00終了のツアーでリバーシティーまではまだまだ遠いです。

この辺りも考慮されておりまして、数分程度自転車で移動した後に再びロングテイルボート乗船し、
チャオプラヤ川の枝分かれしている水路を進んでいきます。

DSC_0061-RESIZED.jpg

▲ 再び自転車を積んでロングテイルボート移動です。

そしてチャオプラヤ川に出て、リバーシティー近くの船着き場までノンストップで移動となりました。

、、、と言いたいところでしたが、チャオプラヤ川とその枝分かれしている水路との分かれ目には水門があり、水門が閉まっていた為、手前での待機を余儀なくされてしまいました、、、。
定期的に水門を閉めるというのは、枝分かれしている水路の増水を防ぐ為で、
これは2011年に発生した洪水問題以降より行われているそうです。
ガイドさんの話ではボートが何隻か出入りしたら、約30分間 水門を閉めるという取り決めがされているとのことです。

水門が開いた後にリバーシティー近くの船着場にて上陸、最後に事務所まで2~3分移動してツアー終了となりました。
水門での待機で時間が少しおしてしまい、この日は12:20頃の終了でした。


バンコク市内は車やオートバイが多く、自転車ツアーは危ないのではと思われる方も多いと思います。
しかしこちらのツアーは、縦1列で移動して、先頭と最後尾に催行会社の英語ガイドが誘導・同行しての案内となり、車やオートバイの行き交う道路を横断する場合などは、英語ガイドが2名で細心の注意を払って参加者の横断を誘導してくれますので、今回参加した限りでは、交通量の多い場所で危ないと思った事はありませんでした。

ただし、下の写真の場所もコースになっていますので、ちょっと気を付ける必要があります。

DSC_0054-RESIZED.jpg

DSC_0055-RESIZED.jpg

▲ この辺は、道の両脇に柵などがないので、落ちてしまわないかちょっと心配でした。。。

DSC_0020-RESIZED_20160322163607fbc.jpg

▲ こんなに細い道も通ります。。。

DSC_0022-RESIZED.jpg

▲ もはや道ではありません。。。こういった地図にないところもルートの一つです。

どのくらいの時間を掛けてこのルートを編み出したのだろうと、このコースを考案した方の想像力に関心しました。
また機会があれば別のコースも参加してみたいと思います。
.22 2016 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

プーケットでヨーロピアンに人気の大人のリゾートAvista Hidaway!

皆さん
こんにちは。

本日はベストシーズンのプーケットから、日本ではあまりなじみがないのですが
ヨーロピアンに大人気のリゾートAvista Hideawayをご紹介いたします。

場所はパトンからカロンビーチに抜ける山間にあります。
ビーチまでは車で10分弱です。山の中にあるホテルなので歩いてビーチにいくのは少々難しいかと
思いますが、ホテルからパトン、カタビーチまでのシャトルバスが
30分おきに出ていますので、アクセスが悪いというイメージはありません。
(2016年1月現在)

エントランスの様子。
オープンスペースのエントランスからは海が望め、素晴らしい景色をお楽しみいただけます。
lobby_14944812906_o_convert_20160202125612.jpg

20151130_101109_convert_20160202151317.jpg


お部屋のご紹介
こちらは一番スタンダードのお部屋のBUENA VISTA ROOMです。
お部屋は55㎡となり十分の広さがあります。
VIEWはプールヴューなどが多くなりますが、ベランダもあって、ビーチリゾートにもかかわらず
森林浴を存分に楽しんでいただけ、快適にお過ごしいただけます。
buena-vista_8577084948_o_convert_20160202124817.jpg

buena-vista---balcony_19255290751_o_convert_20160202124852.jpg

buena-vista---bathroom_19063875758_o_convert_20160202125516.jpg


レストランの雰囲気。
ここには3つのレストランがあります。

SIZZLEというSteak&Seafoodレストラン、、朝食会場にもなるVISTA、Roof-TopにあるRENDEZ-VUE。
いづれもビューが素晴らしく開放感のあるつくりです。
VISTAは夜はかなりスタイリッシュ&少し派手目なライトアップになり、
他のホテルと一線を賀していると感じたので、個人的にデザイナーが
アラブ人なのかと思ったのですが、タイ人のデザイナーが手掛けたものということでした。
rendez-vue-rooftop-bar_8575977851_o_convert_20160202155006.jpg

vista---main-restaurant_8577073598_o_convert_20160202125917.jpg

ここはスパやプールの施設も充実しています。
プールは3つありメインプールは10時まで使えるので
常夏のプーケットではとてもうれしいですね。
プールバーで是非遅くまで楽しんで頂きたいです。
ここでは、プライベートプール付のお部屋やジャグジー付の
お部屋もあるので、もしプライベートな空間で、プールを楽しまれたければ
ランクアップのお部屋もチェックしてみてくださいね。
outdoor-spa_15162570607_o_convert_20160202125632.jpg


riverside-pool-2_14781195858_o_convert_20160202125704.jpg

img_6148_9281754156_o_convert_20160203125152.jpg

img_7670-editrs_9278968477_o_convert_20160203125115.jpg


そして最後に。
ここでの挙式もヨーロピアンには人気です。
屋上では大小さまざまなイベントスペースがありますので
人数や用途によってご自身で選んでいただけます。
まだ日本では販売されておりませんが、弊社では今年から手配可能となりました。
是非ご興味があればお問い合わせください。
img_7418_8656159511_o_convert_20160202151423.jpg

img_7212_8656170077_o_convert_20160202125554.jpg

少しだけパトンの喧騒から離れて過ごしたい方。
山も海もどちらも楽しまれたい方にお勧めのリゾートです。
実際視察して回った時も、本当にアジア人がすくなく
西洋人が本とお酒を楽しんでいる大人のリゾートと感じました。
日本語があまり聞こえない環境。中国人が少ないリゾートを
お探しの方は一度こちらをチェックしてみてください!

.02 2016 未分類 comment0 trackback(-)

プーケット人気オプショナルツアー

皆様 こんにちは。

今日はプーケットで2大人気オプショナルツアーの内容検証をしてみようと思います。
なんといっても人気なのはコーラル島観光とピピ島観光です。
どちらがどのような内容なのか、是非下記をご参考にされてみてください。

コーラル島(バナナビーチ)1日観光
1.特徴  中国人の団体船等が入れないようになっているため(2016年1月現在)、静かでのんびりしている。
浅瀬でのんびり泳いだりデッキチェアで寛いだりしてゆっくり過ごされるか、又はマリンスポーツをされる方にお勧め。
2.移動手段 チャロン湾からスピードボートで20分
3.どんな方にお勧めか ご家族連れ
4.シュノーケリングについて 浅瀬から入れるので泳ぎが得意でなくても自分のペースで楽しめます。色とりどりの小さな熱帯魚(カクレクマノミ、チョウチョウウオ、ツノダシ、ミノカサゴ、ヤガラ等)もいて楽しめます。透明度は3m程度
5.値段 THB2,400(2016年1月現在)

ピピ島1日観光(大型高速船利用)
1.特徴  シュノーケリングなどではなく、船からの景色やピピ島の景色を楽しむツアー。
船移動や昼食会場などまでも徒歩移動が多いツアーなので、アクティブで元気な若い方向け。
2.移動手段 ラサダ港から大型高速船で1時間半-2時間(出発場所はツアー会社によって異なる)
3.どんな方にお勧めか カップル
4.シュノーケリングについてシュノーケリングをする時間は1時間。大型船から海に入っていくので足は付かないところで泳ぎ始めます。ライフジャケットはありますが、泳ぎが得意な方向きですね。
色とりどりの熱帯魚というより比較的大きめなスズキの仲間を多く見ることができます。透明度は3m位
5.値段 THB2,800(2016年1月現在)

それでは簡単なスケジュールをご紹介いたします。
まずはコーラル島観光から!
08:00 ホテル出発(パトンエリア)
09:00 スピードボートでプーケット島を出発
1 一旦海岸沿いで船の人数調整を行い、人数がそろったら出発
20160117_082952_convert_20160120123756.jpg

スピードボートは40人乗り位の大きさで、靴を脱いで入ります。
20160117_083947_convert_20160120123733.jpg


20160117_090146_convert_20160120125719.jpg

09:15 コーラル島着後、フリータイム
ガイドさんが今後のスケジュール等を説明してくれます。
※ 有料のアクティビティがたくさんあります。
シュノーケリングセットやロッカー等も全て有料です。
(トイレやシャワールームは無料ですがその他のものは有料とお考えください)
20160117_091259_convert_20160120130554.jpg

到着したら案内が渡されますのでご希望なものがあればガイドさんにお願いしましょう。
個人的にはカヤックなどは気軽に楽しめておすすめです。
20160117_091954_convert_20160120131310.jpg


20160117_102454_convert_20160120125504.jpg

20160117_102219_convert_20160120124001_20160120125837337.jpg



12:00 昼食(タイ・シーフード)
ご昼食は好きな時間に召し上がって頂けます。ガイドに昼食召し上がりたくなったら仰って頂くだけで
席の確保なども全てガイドがしてくれます。(至れり尽くせりのシステムです。)
お食事は辛くないのでお子様でも難なく召し上がって頂けます。
20160117_114125_convert_20160120122836.jpg

14:15 コーラル島出発
15:30 ホテル到着
ご覧いただいた通り、とてもシンプルな内容です。きれいな海、静かな海を求めてゆっくりするでもよし。
アクティブに過ごされても良し。思い立って何かやりたくなってもすぐにガイドさんが対応してくれますので
英語での交渉等もありません。是非自由な時間を満喫しにお越しください。


次は、ピピ島大型船1日観光!
シーエンジェル2号で、映画「ザ・ビーチ」で有名になったピピ・レー島マヤベイや、
バイキングケーブ(洞窟)を船上観光後、モンキービーチでシュノーケリング。
最後はピピ・ドン島に上陸します。

07:00-07:00 ホテルへお迎え後、ラッサダ港へ
08:30 ラッサダ港からピピ島へ出発

マヤベイや洞窟(バイキングケーブ)などを船から観察しながらの船旅です。
20160102_104314_convert_20160121115702.jpg


10:00 ピピドン島のトンサイベイに到着(一旦宿泊者の方たちが下船されます)。
11:00 モンキービーチにてシュノーケリング
シュノーケルセットは無料ですが、足ひれは有料となります。
20160102_115806_convert_20160120193955.jpg

12:00 ピピドン島のレストランにて昼食
到着時は入島税の20バーツが必要です。

20160102_135616_convert_20160121115323.jpg


12:30 昼食後のフリータイム
昼食会場には遠浅のきれいなビーチがあります。
自由時間はたっぷりありますので泳いでも良し。砂浜で日焼けしてもよし。
思い思いにお過ごしください。 シャワー、トイレも完備してあります。(有料)
20160102_131406_convert_20160121115424.jpg


14:30 ピピドン島出発
16:00 ラッサダ港到着
17:00-17:30 ホテル到着

移動時間に時間がかかると言っても2階建ての大型船なので景色を楽しめてとても快適です。
船の上はサンデッキとなっているので外人さんはそこで皆日焼けを楽しんでいました。

シュノーケリングを楽しむというよりは周りの景色を楽しむツアーとお考え頂いた方が
イメージに合っているかと思います。
ピピ島ツアーは沢山の種類があるので、是非自分の目的に合ったツアーを探してくださいね。
.19 2016 未分類 comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。