スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 日曜夜はラマイへ

こんにちは。


先週の日曜夜はラマイビーチのウォーキングストリートへ行ってきました。

もう何度もご紹介していますね。金曜夜のフィッシャーマンズビレッジと並んで
サムイ島の二大歩行者天国です。



DSC01210
相変わらず賑わいを見せております。



DSC01211
売っている物はバンコクでもどこでも買える物ばかりですが、
値段の交渉の余地は大いにあります。皆さんもがんばって値切り倒しましょう。
でも、150バーツとかのTシャツは2、3枚以上買わないと下げてくれません。



DSC01212
中央の十字路にやってきました。ここではファイヤーダンスやバンドの演奏、
ダンスショーなどが行われて人だかりが出来ます。




DSC01213
十字路を右へ。交差する2本の通りで、食べ物屋さんとそれ以外のお店
とが完全に分かれています。食べ物屋の屋台があるのは、ビーチへと通じる
道の方です。



DSC01214
今日は何を買い食いしようかと散策中。




DSC01215
相変わらず似たようなお店が多いです。



DSC01216
一通り歩いて十字路へ戻ります。



DSC01218
中央の広場では2名の女性がダンスショーをしてました。



DSC01217
と思ったら1名は男性で御座いました。
私がタイで目にしてきた中で、ベスト3に入る程の強烈なオカマさんです。



DSC01219
十字路をビーチへ向かって進みます。
椅子も置いてますが、全て満席で座る事が出来ません。



DSC01220
お、イカではなくタコの足を売ってたのでつまみに買ってみることに。
これは初めて買いましたが、焼き過ぎなのと焼いてから時間が経っているらしく、
ゴム並みの硬さです。



DSC01221
たこ焼き屋さんを発見です。

早速買うと、他のお客さんが2,3人同じように注文したため、急いで袋に
入れてくれました。うーんわかってないんだよなあ。外側にまだ焦げ目
ついてないし、、、慌てなくていいので、ゆっくり焼いてくれないと。


DSC01222
で、予想は的中、中の生地はまだ生でした。
中がモチモチどころかドロドロってやつですね。せっかく粉の鰹節もかけて
くれたけど、台無しですね。



DSC01223
皮が劇的にぶ厚い焼き餃子を、面白半分で買ってみました。

油を思いっきり吸った皮はどちらかというと揚げパンですね。
中の具はジューシーさのかけらも無い、パサパサのチキンで御座いました!
胃もたれすること間違いなしです。



島内で夜に行われるウォーキングストリートの屋台では、外国人旅行者向けのメニュー
を出す店が増えてきました。それなりにきちんとした物を出すお店もありますが、
そうでない物も多いです。研究も練習もせずに、見よう見まねでやっているタイ人
がほとんどですので、その辺は大目に見てやってください。



スポンサーサイト
.13 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 パンポービーチが美しい日々

こんにちは。


サムイ島、雨降らないですねえ!
今日こそは降るかな?と思うような雲があっても何も落とさず通り過ぎて
行きます。おかげで暑い日々が続いております。

一昨日、所要でナトンタウンに行ったのですが、その途中にあるバンポービーチ
が劇的に美しかったので、寄り道をして見ました。


DSC01224
見てくださいこのビーチ!



DSC01225
このビーチはかなりの遠浅で、引き潮になると遥か遠くまで砂浜が現れます。



DSC01226
この時は丁度いい感じに潮が満ちていて、とても綺麗に見えました。



DSC01227
さすがに手前の方は単なる水溜りみたいになってますが、向こうまで歩いて
行けば楽しそうです!



DSC01228
ズームアップで!



DSC01229
もう一丁。



DSC01230
沖まで歩いて行きたかったけど、仕事中の身だったため断念です。



DSC01231
沖のほうは岩も石もそれほど多くないので磯遊びや散歩に最適の場所ですね。



DSC01232
この長いビーチにいるのは私一人だけ。



DSC01233
と思ったら、貝を探しに来たらしいおばさんが一人だけいました。




DSC01234
青空も大変気持ちよく、



DSC01236
暑い日ざしに時折吹くそよ風がとても気持ちよかったです!




休みの日にもう一回来てみようと思いました!
このビーチの水際には木の切れ端やら、藻や、石がたくさんあるので、どうもそれが
綺麗さを半減している原因です。それらがすべて無く、砂だけだったらもっと綺麗
に見えることでしょう。それならチャウエンビーチにも匹敵すると思いますよ。


手付かずのビーチもいいものです。
.07 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 チャウエン-ストリートプラザの現在

こんにちは。


ずっと昔に紹介した、チャウエンビーチ繁華街の「ストリートプラザ
へとひさしびりに行ってきました。


DSC01188
と、以前は火曜と土曜に歩行者天国のような感じでやっていたのですが、
今では毎日やっているみたいです。立派な屋根が出来て、移動式の屋台ではなく
固定の店舗で15店舗ほど食べ物やさんが並びます。



DSC01189
横に椅子とテーブルが設置されて、買ってから座ってのんびり食べる事が出来る
のは嬉しい話です。



DSC01190
食べ物屋台を見て周ります。
これはフルーツジュース屋さんですかね。



DSC01191
シーフード料理屋と揚げ物系



DSC01192
スペアリブなどのバーベキュー屋



DSC01193
パッタイやその他タイ料理もあります。



DSC01194
新鮮なシーフードをその場で選んで調理してもらう事も出来ます。
しかし、これ系のお店はあまり流行ってませんでした。お客さんはあまり
鮮度を信用していないのか、ほとんどの人が素通りです。



DSC01195
こんな感じで夜の8時頃です。



DSC01196
串焼きはタレが甘いのが基本です。



DSC01197
麺料理もありますよ。



DSC01198
食べ物屋以外のエリアも周ってみます。
しかし、、、ちょっとさびしい雰囲気です。



DSC01199
旅行者の白人さんはちらほらいますが、タイ人の人はほとんどいませんでした。



DSC01203
さて、私は友達とつまみを買って、一杯やる事にしました。



DSC01204
パパイヤサラダのソムタムは美味しかったです!
50バーツですが、ボリュームがあります。


DSC01205
友人がフライドポテトをチョイス。
味はいたって普通です。



DSC01206
シンハービールで乾杯です。ビールは50バーツと高くはないです。



DSC01207
つまみがなくなったので、チキンステーキを追加注文です。
65バーツとすごく安くポテトがどっさりですので、一人で食べたら
お腹一杯になる量です。ガーリックペッパー味って書いてましたが、
何故かカレー味でした。


DSC01209
友人がエビフライを追加!
これは白人さんたちにすごく人気で、たくさんの人がこれを買って食べています。
でも実は7割は衣で、中のエビは驚くほど小さいです。美味しいエビフライに慣れてる
日本人は驚く事でしょう。ここでは知らないで買っている人がほとんどでしょう。



と、いうわけで、久しぶりに行ったら大きく変わっていました。

総評としてはかなり盛り上がりに欠け、ナイトスポットとしてお勧め出来るもの
ではなくなっています。一度くらい顔を出してみる程度で十分しょう。
毎日開催ということでは他の歩行者天国よりも価値が減り、飲食系では小さな屋台
がひしめきあっていたのが店舗型のお店に変わったことで、お祭りの雰囲気は味わ
えなくなっています。

どうりで昔はタイ人客が凄く多かったのに、今では静かになったわけです。
逆に、人が少ないし、座ってのんびり食事できるので、安く食事を済ませたい人に
はいいかもしれませんね。





.02 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 8月末 晴天続きのサムイ島です

こんにちは。


サムイ島は相変わらず暑いです!
通り雨はたまにありますが、逆にあったほうが嬉しいくらいです。

私たちは1日に何度「暑い!」と連呼していることでしょう。

白人の皆さんは「ホット!」

タイ人の皆さんは「ローン!」

と連呼しています。



というわけで週末、天気がそこそこの時にチャウエンビーチを見に行って
きましたのでその時の写真をお楽しみください。


DSC01171
いつものように「カンダブリ」から出てビーチへ!



DSC01172
ここは言わずと知れた遠浅のビーチが広がります。
ちょっと水際が黒くなってますが、、、



DSC01173
観光客にも大人気の場所です。



DSC01174
波は全く無いので、足だけ水に浸かって散歩するのに最適です。



DSC01175
こんなところで読書をするツワモノもたまにいます。



DSC01176
日傘を差すのは必ず、日焼けしたくない中国人か韓国人の女性です。
ビーチリゾートまで来て、わざわざそこまでする意味がわかりません。



DSC01177
ここでゴロゴロ転がるのがこのビーチの楽しみ方です。



DSC01178
最高です!



DSC01179
この時間帯は満潮近く、かなり岸まで水が来ています。
実際は満潮時よりも干潮時の方が海は綺麗に見えます。



DSC01180
遠くでたたずむ人。



DSC01181
この時は若干の雲あり。
暑さの最高潮には達していません。



DSC01183
この辺でのカヌーも楽しそうです。
落ちでも水かさは膝くらいまでしかありませんので、100%安全ですね。




と、いうわけでまだまだハイシーズンが続くサムイ島です。
皆さんもサムイ島の海を楽しんでください!

.26 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 カオチェディへ行きました。

こんにちは。


ここへ来るのはもう1年半ぶりくらいになってしまうのですね。
しばらく行っていなかった「カオ・チェディ」へと行って来ました。
山の上にあって景色が綺麗なチェディがあります。


DSC01129
まずはその麓にある「黄金のパゴダ」の前のビーチを偵察です。
とは言ってもここはゴツゴツした岩だらけの場所、遊泳は出来ないビーチです。



DSC01128
大きな岩もあり、そこに上って休憩しました。



DSC01126
西側方向は歩くのも無理そうな海岸です。



DSC01125
東側はというと、多少海底に石は見えますが、比較的小さいので、
気をつければ沖まで歩いていけそうです。




DSC01127
もう一枚。
誰も来ないビーチですが、晴れるとそこそこ綺麗ですね。



DSC01131
正面の海。
ドロップオフまで行けばシュノーケリングも出来そうです。



DSC01132
さて、海岸での休憩を終えて「カオ・チェディ」へ。
昔仲良くなったここのお坊さんはもう見かけませんので、いなくなったと
思われます。



DSC01133
急な坂を歩いてのぼり、小さな黄金が出迎えてくれます。



DSC01134
上りきったところにあるのは大きな黄金仏。と言っても5m位のものですが、
これはこれで見ごたえがあります。


DSC01137
敷地の中央にはこれまた仏像。



DSC01139
西側の景色を眺めますが、以前来たときより雲が多く、あまり絶景感は
感じられませんでした。景色はいつもタイミングが重要です。



DSC01142
チェディとはこの仏塔の事を言います。
タイの他のチェディに比べたらあまりにも小さすぎますが、白く塗られた
チェディは珍しいと思います。



DSC01143
チェディを囲むようにこれがあります。



DSC01144
最後は東側を一望できる展望台へ。
休憩出来るように椅子が用意してあります。



DSC01135
うーーん!ここからの景色は格別です。
雲が少なく、海も青々と見えます。



DSC01136
先ほど休憩した岩場の海岸が見えます。



今回は滞在時間30分ほどにして、誰一人と出会わず、お坊さんにすら会わず、
一人静かな時間を満喫しました。相変わらずここを訪れる人はほとんどいません。


本当に誰とも会わないと、地球に自分一人だけになったような錯覚を起こします。

.21 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 日本食レストラン「薩摩ん」

こんにちは。


いやああ、サムイ島は暑いです!
ここ最近は毎日ジリジリと焼け焦げるような暑さで御座います。
お盆中は少し雲が大かったので、少しずらして今来ている旅行者の
方は大変ラッキーですね。


さて、サムイ島に新しく日本食レストランがオープンした、という噂
を聞いたので行ってみました。以前からオープンする話は在住者には
知れ渡っていて、予定よりもかなり遅れていたようです。


DSC01147
行く途中、北海岸のバンラックビーチがものすごく綺麗だったので、
道草食って写真撮影。少し沖合いに現れる白砂の地面が少しだけ海水に
隠れる水量でした。



DSC01148
劇的に暑いので泳いでしまいたいですが、お腹も空いているので先を急ぐ事に。




DSC01162
さて、到着したのはボプットビーチのビーチロード、そう、あの歩行者天国で有名な
フィッシャーマンズビレッジ」です。海側ではなく、反対側にある綺麗な白い建物
がそのお店です。

そういえばフィッシャーマンズビレッジにはその昔、インチキ日本料理や寿司
を出す、洒落た店構えのお店がありましたが、無くなったんですかね。



DSC01161
お店の名前が「薩摩ん」、この看板が目印になります。



DSC01160
今はまだランチのみの営業らしく、メニューはこんな感じです。
日本食のほかタイ料理のセットも少しありました。



DSC01153
店はなかなか立派で御座います。
席数も多いですね。



DSC01154
バーカウンターがあって、日本酒もたくさん並んでました。



DSC01155
4人がけの掘りごたつ席も4つほどあってくつろげそうです。



DSC01156
壁は全部白で、南国風の建物を思わせますが、随所に和風の内装が施してあります。
建物事態は、以前の物件から壊さずにそのまま使っているようですね。



DSC01152
さて、お客さんは私一人だけ。まだ新しいのでこれから増える事でしょう。
アサヒビールがメニューにあったので思わず注文しました。



DSC01159
私が注文したのは「しょうが焼き定食」です。単品だと140バーツ、セットにすると
+30バーツで170バーツになります。

バンコクで日本食のランチを食べると200バーツ越えが普通ですので、この値段は
リーズナブルと言えるでしょう。



DSC01158
お肉もボリュームあり。日本人が作っているというだけあって、さすがに美味しゅう
御座いました。

ただ個人的には、しょうが焼きの豚肉は程よく脂身も含まれている方が好きなのですが、
このお肉は一切脂身がありませんでした。あえて切り落としたんでしょうか?


DSC01163
せっかく来たので、ボプットビーチを見て帰ることにしました。



DSC01164
天気が良くて最高の景色です!



DSC01165
向こう側は西の方角、「薩摩ん」は逆の、中央から東の方にあります。



DSC01168
この味のある木の桟橋が私は大好きです。



DSC01169
桟橋から眺めるボプットビーチ。



DSC01170
この桟橋が丁度ボプットビーチの中央になります。



というわけで「薩摩ん」さん。夜の営業はいつからになるのでしょうか。
頻繁に行けるほどお金は持ってないですが、酒好きとしては居酒屋メニュー
をつまみに一杯やってみたいです。

ところで以前紹介した日本食レストランの「SAMURAI」さんは、1年も経たずに閉めて
しまいました。サムイ島に来る日本食屋さんはことごとく撤退していくので、
いかにそれが難しいかがよくわかります。



「薩摩ん」さんには末永く日本食で人々を喜ばせてくれる事を祈るばかりです。



.19 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 レストラン ヴィカサ

こんにちは。


2013年のお盆休みももう終わろうとしております。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今シーズンは、例年よりも全体的に日本人観光客が少ないサムイ島ですが、
そうはいってもやはりこの時期にはどっと集中しますね。お越し頂いた
お客様はありがとう御座いました。

多少雲が多かったこのお盆休みですが、本日8月16日は朝から快晴です。



DSC01124
さて、先日行ったレストランのご紹介です。
かなり昔に紹介した「ビバリーヒルズレストラン」ですが、以前から違うお店
に変わっていた事を知っていました。
「VIKASA」というお店に変わってました。多分お店を売ったのかもしれません。



DSC01112
どんなお店なのか知らないけど、とりあえず休憩がてら入ってみる事に。
建物自体は変わってなかったですが、全体的に白く塗り替えたようです。



DSC01111
そして絶景のシービューはまだ健在です。



DSC01121
この景色があるなら、やはりこれと組み合わせないと、
私には生きてる意味がありません。


さて、メニューを見てみると、、、、、
うーーん結構高め!しかも料理名がよくわからないです!どうやらそこそこ高級な
地中海料理?のお店になってしまったようです。以前はリーズナブルのタイ料理
などもあったのですが、完全になくなっておりました。


DSC01119
店員さんのお勧めの「ヴィサカ炒飯」というのを頼んでみました。
お米が赤いご飯でした。



DSC01120
大きなエビが5匹くらい埋もれていたのは嬉しかったです、がアジアでいう炒飯
とは全く違います。どちらかと言うと塩とバターで炒めたようなものですね。
まあ、これはこれで美味しかったですが、炒飯に180バーツは高いです。


DSC01115
ビールも小瓶で100バーツと高めですが、景色のせいでまったりしてしまって、
2本も飲んじゃいました。



DSC01113
やはり高い所から海を見下ろすのは気持ちがいいです!



DSC01110
釣り人を発見。



DSC01109
というわけで、景色を堪能して帰りました。



ま、完全にヨーロッパ人向けのお店になってしまって、料理も高いですので、
旅行者の方にはいいかも知れませんが、在住者の私にはもう厳しいです。
私は一つしか食べませんでしたが、行かれた方は是非いろいろな料理を試
してみてください。景色は文句なく最高です。


まだ8月半ば、今シーズンはまだまだ続きます。


.16 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 お勧めインターコンチネンタルサムイ

こんにちは。


少し前に、またまた「インターコンチネンタルサムイ」へ行ってきました。
恐らくこれで4度目の視察です。


IMG_5412
ロビーエリアはなかなかの賑わいを見せていました。


IMG_5410
そしてロビーから眺める絶景です。


IMG_5413
残念ながら曇りでしたが、夕暮れ時にはサンセットを望めるベストポイントでもあります。



IMG_5414
上から見るビーチサイドエリアの風景。



IMG_5416
このロビーの隣にあるプールはサムイ島初のインフィニティープールとして、
最初のリゾートから何度も改装を重ねても残されています。



IMG_5418
このプールから見る椰子の木ビューもなかなかのもの。サムイ島という島と、
開発されていない西海岸エリアだからこその絶景です。



IMG_5422
オーシャンビュールームを見学です。最も安いお部屋でも広々です。



IMG_5423
テレビと奥はバスルームです。



IMG_5419
バルコニーへ出るとここも広々です。
ゴロゴロ出来るマットも完備です。



IMG_5420
バルコニーから見る景色は最高ですよ!



IMG_5435
お次はスパを見せてもらいました。
スパは少し遅れてオープンしたので、私は初めて見ました。



IMG_5427
スパのレセプションです。



IMG_5429
広いテラスでリラックスできるスペースもあります。



IMG_5430
トリートメントルーム。



IMG_5432
たくさんのお部屋があってそれぞれいろいろな特徴があるようです。



IMG_5443
最後はビーチサイドエリアへ移動して、ビーチフロントプールビラの見学。



IMG_5445
ここはベッドルームはそれほど大きくないですが、バスルームが大きいです。



IMG_5442
屋外にはプライベートプールとサラがあります。



IMG_5446
ビーチサイドのプールを見学して、、



IMG_5447
最後はビーチを見て帰ってきました。



IMG_5448
やはり雲があると海の見え方はぜんぜん違いますね。



個人的にはこのリゾートはビーチフロントプールビラのお部屋よりも、
斜面の上の方にある「オーシャンビュールーム」の方がお勧めです。
プライベートプールは魅力的ですが、それほど屋内は広くない事と、
やはり海から見下ろす180度見渡せる海のほうが勝っている気がします。


是非、お勧めのインターコンチネンタルサムイへご宿泊ください!



.08 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 世界のベストアイランド9位?

こんにちは。

アメリカの有名な旅行雑誌「TRAVEL+LEISURE」で
2013年世界のベストアイランドが発表され、サムイ島が9位にランクイン
したらしいです。

以下、順位。

RANK
1 Palawan, Philippines 95.04
2 Boracay, Philippines 93.58
3 Maui Hall of Fame 89.83
4 Santorini, Greece Hall of Fame 89.37
5 Prince Edward Island, Canada 89.23
6 Bali Hall of Fame 88.70
7 Kauai Hall of Fame 88.50
8 Sicily, Italy 88.06
9 Koh Samui, Thailand 87.43
10 Galápagos Hall of Fame 86.95


へええって思ってしまいました。今年トップ10入りしたうち、昨年もランクイン
しているのが7つ。そしてこの中に見事にサムイ島が滑り込んでしまったのです!
モルジブとか、タヒチとかは入ってないのですね。まあ人の価値観はそれぞれ、
ランキングを決めるのも結局人々なわけです。


IMG_5815X
ラマイビーチ

確かにサムイ島には綺麗なビーチがたくさんあります。
プーケットほど大き過ぎず、モルジブの島ほど小さ過ぎず、、、、


IMG_3936
ボプットビーチ

都会過ぎず、、、かといって田舎過ぎるわけでもないです。
程よくバランスが取れているのかもしれません。むしろタイの地方都市
に比べたら生活は便利でしょう。



IMG_5769x
クリスタルビーチ

旅行者にとってオンザビーチ(ビーチ上にある)のホテルだらけというのは
結構な強みでしょうか。いちいちビーチにいくのに歩かなくていいですからね。



シックスセンス (10)
シックスセンスサムイのインフィニティーメインプール


そこでもしこんなランキングがあったら、、、、、

「世界のベストアイランド ホテル数ランキング」
島の総面積におけるホテルの数と密度を算出したら、サムイ島が1位になるでしょう。


「世界のベストアイランド 最高級リゾート密度ランキング」
上のランキングをラグジュアリークラスと呼ばれる最高級リゾートに限定しても、
サムイ島が1位になるのではないでしょうか?


IMG_4004
シックスセンスサムイの顔「Dining on the Rock」

このランキングはアメリカの雑誌みたいですが、面白い事に
アメリカ人ってほとんど来ないんですけどね。
いや、少し来てるとは思うけど、サムイ島に来る旅行者の8割はヨーロッパの
国々の方です。相変わらずドイツ、イギリスが多いですね。


フォーシーズン2 (40)X
フォーシーズンサムイのビーチ


このランキングに載ったから、旅行者が増えるという話では無いと思います。
一種の目安というか、話の種というか、そのくらいでしょうか。でもこちら
としては日本人にたくさん来てほしいです。が、繁忙期のバンコク-サムイ線は
毎日満席ですので、全体的に空路でのキャパはもう限界に来ているでしょうか。


バンコクから新幹線で3時間でサムイ島へ!!
なんてのは夢のまた夢ですね。100年たっても実現しないでしょう。




ちなみにこの雑誌の2013年世界のベスト都市では4年連続でバンコクが1位だそうです。


.06 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 真夏日到来-チャウエンビーチ南端

こんにちは。


本日は恐らく今シーズン一番の真夏日!
雲ひとつ無いとはまさにこの事です。
昨夜の大雨は1時間以上も降り続き、今日の天気が心配でしたが、全てを洗い
流してリセットされたように晴れの日となりました。

さて、本日お届けするのは今日ではなくて昨日の事です。雲は多かったですが
カンカン照りに恵まれ汗ばむ気候で御座いました。


そんなわけでチャウエンビーチに海水浴に行ってきました。


DSC01090
行ってきたのはチャウエンビーチ南端の「サムイファーストハウス
前のビーチです。



DSC01091
昔紹介した時よりもまだまだ綺麗さは足りないですが、徐々に
良くなっていくでしょう。


DSC01092
なるほど、、、引き潮になっているとこんな感じなんですね。
前回は海水で隠れていた岩場の付近を歩けます。



DSC01093
そして海!
岩に荷物を置いて飛び込みました!



DSC01095
何しろ暑いので少しひんやりする海水が気持ちいいです。


DSC01096
一番端のロングテールボートが停泊している辺りです。



DSC01097
お盆に向けて南国気分が盛り上がってきました。



DSC01098
ワンちゃんも海水浴です。



DSC01100
引き潮で水が取り残された場所では小魚もいます。



DSC01101
さて、レストランを突っ切って今度はチャウエンノイビーチへ行きます。
ここは丁度ビーチとビーチの境目ですので、両方のビーチを楽しめます。



DSC01102
おおっと!見た目ではこちらの方が綺麗です!



DSC01103
端の岩場は透明度も抜群です!



DSC01104
岩場の向こう側ではシュノーケリングも出来ます。
と言っても見れるのは小魚程度ですが。

この岩場をぐるっと左へ周れば、先ほどのチャウエンビーチです。
しかし歩いていくには険しく、怪我のもとですので、橋を渡って移動
する事をお勧めいたします。


DSC01105
岩場の大きな岩に登って写真撮影です。



DSC01106
もう一丁!



DSC01107
この辺に腰を下ろし、しばし海水浴&日光浴を楽しみました。



DSC01108
遥か向こうの方には、写真では見えませんが何度も紹介している最新リゾート
ヴァナベル」があります。あの辺は岩も無く、海水浴に適しています。

少し透明度を楽しみたいなら、この辺まで歩いてきて楽しんでください。
少し残念なのは、この辺は海を見ながら休憩できる手頃なレストランがあまり
無い事です。ホテルの少し高めのレストランは向こう側に行けばすこしあります。



岩場の海は、足や体を切る可能性がありますので、深さを確認して泳いでください。
泳ぎに自身の無い方は岩場から離れて楽しんでくださいね。




.05 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。