スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

チェンマイのトゥクトゥク(三輪自動車)

今回は私の知人の体験談をご紹介させて頂きます。ある程度ご参考にして頂ければと思います。

10日ほど前の話、日本から旅行で来た知人がチェンマイに初めて行きました。ホテルの外でトゥクトゥクの運転手に声を掛けられ、1時間50バーツで寺院を数ヶ所巡ってくれると言われた為、これは安いと思い 早速出発しました。

2,3ヶ所寺院を巡った後、とある宝石屋へ連れて行かれました。寺院は聞いていたけれど、宝石屋へ行くとは聞いていなかった為、話が違う、すぐホテルへ戻れ!と片言の英語で声を荒げて言ったとの事。恐らく宝石屋へ行けばトゥクトゥクの運転手にコミッションが入ると思われますが、知人としては、宝石屋へ行くなら出発前に言え、宝石屋へ行く約束なんてしていない、と確かにその通り。結果宝石屋へは入らずにホテルへ戻りました。

そして支払い時、運転手に 結局幾ら?と問うと、何と 450バーツと言われた!宝石屋のコミッションが入らないから10倍近く値上げしたんだと思いますが、そこでまた喧嘩。知人は、出発して1時間経っていないではないか!元の言い値は50バーツじゃないか!と50バーツを手渡した。手渡したけど、その手を知人は運転手に差し出したまま。50分しか経っていないんだからお釣りをよこせ!と、更に運転手から10バーツお釣りをもらったとの事でした。

結局運転手としては宝石屋からコミッションも出ず、知人からは40バーツしか支払ってもらえなかった為、大損だったと思います。こんなやり手もいるんだなと感心しつつも、タイ人は護身の為 銃を所持している場合もあるので、ちょっと危ないかなとも思いました。度が過ぎない程度でやり合うよう、一応伝えておきました。
スポンサーサイト
.22 2008 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

バンコクのえび釣りレストラン その2

以前、バンコクのえび釣りレストランをご紹介しましたが、もう1軒違うお店もあるという情報が。チェックしておかないといけないので行ってみました。お店の名前はボー・クン、ソイ8 (Bor Kung Soi 8)です。行き方は市内中心部から車でタクシン橋を越えて3つめの大通り、Ratchadapisek Road を左折、少し進んでソイ8を左折した左手にあります。

ボークンソイ8 いけす
前回訪れたレストランとの違いは、いけすの真横にテーブルがある所。テーブルに座りながらえび釣りをすることもできます。また、いけすの縁から水面までが近いので、えびが釣れた時に途中でバレる危険性が少ない気がします。水は緑色に濁っているので上からえびの姿を確認する事はできません。あとはタイ人釣り人の本気度が高い気がします。自前の竿、仕掛けを持ち込んでいる人が多いです。それだけ、難しい釣りということでしょうか。。

ボークンソイ8 スタッフ
もちろん、竿はレンタルのものが常備されています。餌は鶏か豚のハツだと思います。仕掛けはスタッフが作ってくれます。ここは竿代は有料で、時間制でした。1時間100バーツです。

肝心の釣りですが、、、釣れません。あたりはあるのですが、掛かりません。周りの常連さんをみていると、空気が出てきてブクブクいっているところが良さそうなので餌を投入しますが、釣れません。

ボークンソイ8 料理
しょうがないので料理を先にオーダーします。ソムタム(パパイヤサラダ)とえびを細かくして揚げたもの。

ボークンソイ8 トムヤムクン
やはりトムヤムクンです。

食事も終わり、しばらくは粘っていたのですが釣れずにタイムアップ。肩を落としてお会計を頼んで、まだあきらめられずに最後の1投を投入すると、、、 

ボークンソイ8 えび
お釣りを待っている間に奇跡の1匹が。とりあえず、ボウズは免れました。
.21 2008 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

サイアムビバリーホテル 改装工事の現況報告

バンコクのスタンダードクラスホテルとしてご利用頂いている、サイアムビバリーホテルでは、現在ホテルのアップグレードのため改装工事を行っております。(朝8時~夕方18時まで。)
本日(2008年8月18日)現在の状況を以下の通りご報告させて頂きます。

1.ロビーエリア
ロビーは現在、入って左半分をクローズして工事を行っております。本日は15時頃、特に連絡無しに訪れましたが、ドリル等の機械を使った大きな騒音はありませんでした。金槌を使った音はしておりましたが、客室まで響くような音ではございませんでした。ただし、工事の段階によっては騒音の出る事もあるかと思いますので、後日また確認したいと思います。なお、工事に伴う悪臭(シンナーなど)は本日は全くございませんでした。

サイアムビバリーロビー工事部分
工事中のロビー左部分。壁で仕切られていますので、通常は目にする事はございません。

サイアムビバリー仮ロビー
右側の仮ロビー部分。コーヒーショップもこちらに移動しております。

今後、左半分が約1ヶ月程で完成しますので、その後右半分をクローズして工事に入るとの事です。ロビー部分の完成は10月末を予定しております。

2.客室フロア
客室フロアは、大きな工事は終了しており、一部内装工事および家具の搬入を残すのみとなっております。水回りには大きな変更はございません。一部フロアでは新設備にてすでに稼働しておりますが、家具の搬入が終わっていないため、稼働していないフロアもありますので、全体的に客室数が少なくなっております。そのため、予約が非常に取りにくい日もございますのでご注意下さい。

客室に関しましてはまだ設備が整っておりませんので一部、イメージのみのご紹介とさせて頂きます。工事終了後、あらためて詳細をご報告いたします。

サイアムビバリー改装後の廊下
改装後の廊下。各階によって壁の色が異なるとの事です。本日見た11階は紫色でした。

サイアムビバリー新客室1
改装後の客室は床がフローリングに変わります。壁の色も塗り替えられており、よりモダンな雰囲気となっております。

サイアムビバリー新客室2
部屋のカテゴリーによってはライティングデスクがあります。カテゴリーの詳細は改装終了後にご報告いたします。

客室フロアの改装終了は、同じく10月末を予定しております。現在は改装前の古い客室も稼働しておりますので、ご留意ください。

3.その他の工事の予定
今後、工事を予定しているエリアとしましては、3階のレストランをロビーと同じように半分ずつクローズして改装いたします。また、外壁の塗装を近日中に開始いたします。

全ての改装の終了は11月15日を予定しており、11月15日以降、ホテル名をBangkok Cha-Da Hotel (バンコクチャダホテル)へと改称いたします。Cha-Daとは、タイ語で王冠の意味ということです。

以上、現況の報告とさせて頂きます。改装後の設備等はあらためてご報告いたします。
.18 2008 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

バンコクで築地の魚を食べる

ある日、JWマリオットのウイリアムさんより、「今日は新鮮なお魚の入る日なので是非、ランチにいらして下さい。」という嬉しいお誘いが。早速、JWマリオットの日本食レストラン、Tsuへ。JWマリオットの地下には、ロビーから降りて左手に寿司カウンターのあるTsuレストラン、右手に鉄板焼きのNamiレストラン、そして真ん中は日本酒も飲める、Sakeバーがあります。

JW Marriott Tsu Restaurant
Tsuレストランの寿司カウンター

JW Marriott Nami Restaurant
鉄板焼きのNamiレストラン

JW Marriott Sake Bar
日本酒を使ったカクテルも飲めるSakeバー

ここJWマリオットでは、毎週火曜日と金曜日に築地市場から直接魚を仕入れているのでその日は特に新鮮な魚介類を提供できるという事です。

JW Marriott 海鮮丼
この日頂いたのはお刺身がたくさん乗った海鮮丼。デザートにメロンも付いて300バーツ(税/サービス料別)。(ランチ限定メニューです。)魚がおいしかったです!

タイ料理が苦手な方や、やっぱり和食が恋しくなった時など、一度是非訪れてみて下さい!
.17 2008 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

海外天 ~Hai Hua Tian~

バンコクの中華街にあるレストラン「海外天(Hai Hua Tian)」をご紹介させて頂きます。数年前に日本のテレビでも放送された事のある海外天は フカヒレ料理が有名で華僑が経営しています。レストランというよりはこじんまりとしているので食堂といった雰囲気です。何故か入り口に厨房があり、厨房を通り抜けて別室に進むと席があります。写真付きのメニューがありますので、言葉が通じなくても問題ありません。料金的にもリーズナブルで、恐らく日本で食べたら5,000円くらいすると思われるフカヒレスープが300バーツ(約1,000円)です!他にも焼きそばや牡蠣入りオムレツ、シュウマイ等、サイドメニューも豊富です。予算は、フカヒレスープ + 3品で、一人約500バーツくらいです。ご興味のある方は是非行ってみてください。ちなみに夜9時閉店と、少し早い閉店時間となっています。

PC232197(240).jpg
こちらのフカヒレスープが1人前で300バーツです!

PC232203(240).jpg
焼きそばです。

PC232201(240).jpg
牡蠣入りオムレツです。

<行き方>
1. 鉄道、MRT「ファラムポーン駅」より中華街方面に進みますと、中華街でお馴染みの「中華大門」が見えます。
PC232210(240).jpg
中華大門

2. 中華大門はY字路になっており、その内の1本がヤワラート通り(中華街)となります。

3. ヤワラート通りに入り、徒歩4,5分進むと信号機のある交差点があります。ここの交差点に「Chaloem Buri」という青い看板があります。

PC232208(240).jpg
こんな看板です。

4. 交差点を右に曲がり、約15メートルほど進むと右手に「海外天」、到着です。

PC232204(240).jpg
こんな外観です。
.15 2008 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

ムエタイショー

先週末、チェンマイに行ってきました。ナイトバザール近くにバーが密集しているエリアがあり、真ん中にドーンとムエタイのリングがありました。試合でもやるのかと思い、適当な店に入って飲んでいました。暫くすると、選手が登場!選手がリング上で試合前のお祈りをし、試合開始!見世物とは分かっていながらも、結構熱戦が繰り広げられています。色々な技も見る事ができました。

P8100900(240).jpg
試合前にお祈りをする選手

P8100915(240).jpg
試合開始


しかし試合後、選手がバーで飲んでいる人の所に行き、ここに幾らでも良いので入れて下さいと 大きなチップボックスを持ち、端から端まで歩き回っていました。。。タイらしいですね。

試合中継はこちらから
.15 2008 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

庶民の足 赤バス

先日、タクシー代70バーツをケチって一番安いエアコン無しの赤いバスで友人のオフィスへ訪問しました。ガソリン代高騰によりバス代も値上がりしていますが、それでも赤バスは一律7バーツなので、タクシー代に比べると10分の1です。

バスに乗り、空いている座席に座って車掌が集金に来るのを待っていました。(タイのバスは車掌が必ず乗車しており、乗車後に車掌にバス代を支払います。支払い後、2,3センチ四方の切符兼領収書を車掌から受け取ります。)・・・・・・が、集金に来ません。私が乗った停留所からは私一人しか乗車しなかったから、次の停留所で大勢乗車してくる事を予想し、私の分もまとめてその時に集金するのかな、と適当に考えていました。予想通り、次の停留所では10人以上乗車してきまた。・・・・・・が、それでも車掌は集金に来ません。何なんだろう?結局最後まで集金に来ませんでしたので、そのまま降車してしまいました。私だけではなく、他に乗車していた人もみんな、のはずです。

その後知ったのですが、タイ政府が景気刺激・インフレ対策の為、赤バスの73路線800台が8月1日から来年1月まで無料化を承認していた、との事でした。公共機関の無料は、かなり思い切った行動ですよね。
.06 2008 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

サメット島 その6

サメット島、ホテル紹介の最後に致します。
5番目の最後を飾るのは「PARADEE」です。

このホテル、サメット島内の最南端に位置し、島内では最高級のホテル、5星です!全40室の客室のうち、30室にジャグジー付きプライベートプールが付いています。室内の設備は全室にプライベートテラス、DVDプレーヤーがあり、インターネットアクセスは無料でご利用いただけます。

4BedSuite.jpg
ガーデンビラベットルーム

室内の壁は黄土色の石造りで大変落ち着けます。天蓋も付いているのが高級感を漂わせます。ガーデンビラの周りにはびっくりするくらい手入れされた綺麗な草木や花。さすが5星!これは本当に綺麗でした。

そしてため息が漏れるほどの感動に浸ったのはリゾートに1室しかないスイートビラ!大きなテラスには大きなプライベートプールがあり、その目の前にはもちろん海がドーーン!ひろびろとしたリビングにはバーカウンターまであるんです。さらに、階段を上れば屋根の上にサンデッキまで付いていました。ここから眺める海は最高でした!

11Suite.jpg
スイートビラの夜
グラビアアイドルのRさんもここに宿泊して撮影しました。

このリゾートのポイントをあげると、スピードボートによる港からのプライベート送迎となり、まさに気分はセレブです。そして、リゾートは島の東と西側にそれぞれビーチを持ち、西側は遊泳には向きませんが朝日も夕日も素晴らしい絶景を拝めます。ビーチはまさに白砂、宿泊客以外には誰もおらず、実質独り占め状態に出来るでしょう。

ハネムーナーやカップルの為に存在するようなこのリゾート。是非皆さんもお試しあれ!

.06 2008 スタッフ:UC comment1 trackback(-)

王室の避暑地、ホアヒンにて。

こんにちは。先日、週末を利用してスタッフ、友人たちとホアヒンへ行ってきました。ホアヒンと言えば王室の避暑地として知られる由緒正しいリゾート地。バンコクからは車で約3時間の距離です。そんなホアヒンへの旅の目的は、、、もちろん魚釣りです。タイに来てから初めての海釣り。期待が高まります。しかも、到着日は夜釣り。堤防での夜釣りは中学生時代を思い起こさせます。

ホアヒン・釣り桟橋
ホアヒンに到着し、ホテルにチェックインした後はすぐに釣り桟橋へ。釣り桟橋はヒルトンホテルの前の道を道なりに進み、水上レストランの並ぶエリアを越えたところにあります。誰でも入場できますが、漁師さん優先で、特に夜間はトラックなどの往来が激しいので注意しましょう。釣り道具は持参しましたが、近くの釣具屋さんで買うこともできます。すぐに使える仕掛けはサビキ仕掛けくらいしかありません。投げ釣りなどの場合は針にハリスを結ぶところからやらなければなりませんので注意しましょう。対象魚はアジ、キス、イトヨリ、イカなど。イカも結構堤防の周りに寄ってきているので、エギを使ったイカ狙いのタイ人もいました。投げ釣りの場合、餌はイカの切り身、エビなど。エビが手に入らなかったのでイカの切り身を使いました。イカは漁港に水揚げされているので堤防の手前でイカを洗っているおばさんから買うことができます。また、堤防の手前にコンビニもあるので飲み物なども心配ありません。ビール片手に釣りを楽しめます。トイレは堤防の付け根にある雑貨屋で3バーツ払えば使えます。

ホアヒン・イカ釣り船
ホアヒンの沖にはこのようなイカ釣り船がたくさん出船しています。

ホアヒン・夜釣りの釣果
夜釣りの釣果。ペニンシュラのMさん、キスダブルヒット!「ホアヒン在住暦のある」でおなじみの辰彦さんはオコゼのような魚を釣り上げました。

ホアヒン・夜釣りの釣果 その後
レストランに持ち込んで、こんがり焼いてもらいました。


ホアヒン・漁港の水揚げ
翌朝は早めに堤防へ。漁に出ていた船が戻ってきて、魚を水揚げしていました。

ホアヒン・漁港に揚がった魚
何が揚がっているかのぞいてみると、イカ、アジ、イシモチはそれぞれのカゴへ。それ以外はまとめられていました。イトヨリ、サヨリ、ヒラメ、キス、コチ、などでしょうか。

朝釣りの釣果
この日の釣果です。このあとキスは塩焼きに。。。

ホアヒンでの釣りは、誰でも楽しめる気軽な釣りでした。特に釣り目的で来ていなくても、近所の釣具屋さんで250バーツくらいで竿とリールのセットを買って、仕掛けと餌を用意して、ちょっと2~3時間堤防に立ち寄ってみてもいいと思います。特に夜釣りは涼しくておすすめです。

桟橋に向かう道の町並みは古い建物が残されていて、それがおしゃれなカフェに改装されていたりしてとてもいい雰囲気でした。今度は釣りは夜釣りくらいにして、もっとゆっくりと来て見たいと思いました。
.04 2008 スタッフ:レン comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。