スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

無料情報誌DACOのモルディブ特集

DACOのモルディブ特集

こんにちは。

バンコクで日本人在住者向けに月2回発行されている無料情報誌、DACOのモルディブ特集に取材協力しました。うちのカフェで行われた、バンコクエアウェイズOさんとの対談記事も掲載されています。

モルディブ取材は昨年10月に行われたもの。モルディブ支店のみなさんには大変お世話になりました。ありがとうございます!

こちらのブログでは、日本からタイへ旅行される皆さんへの情報をメインにお届けしていますが、モルディブへの送客実績15年連続日本一のエスティーワールドの支店として、日本人在住者のみなさんにもモルディブのホテルを販売する仕事もしています。(ただし、日系旅行会社さんを通しての販売のみ行っています。個人のお客様への直接の販売は行っておりません。)

バンコクからモルディブへはバンコクエアウェイズの直行便が週2便運航していて、フライト時間はたった4時間です。近いということもあって、ダイバー・ハネムーナーだけでなく、小さなお子さんを連れたファミリーの方も多いのが、バンコク発のマーケットの特徴です。私も、子供にあの限りなく美しい海をみせてあげたいです。

無料情報誌DACOのホームページ
スポンサーサイト
.29 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

シーチャン島 釣りイカダの報告

25JAN 釣りイカダ

こんにちは。

今回の釣行はとにかくアジが大漁でした。撒き餌も使わずに、5本針のサビキ仕掛けに全部掛かったりしてました。小アジがほとんどですが、大きいアジも数尾釣れました。たぶん、種類が違うものだと思います。

私は大物狙いで頑張ったのですが、、、、だめでした。

また次回、、、

25JAN 釣りイカダ2

25JAN 釣りイカダ
.28 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

待ちに待った新ホテル、ル・メリディアンバンコク

こんにちは。

今回は12月にオープンしたばかりのル・メリディアンバンコクをご紹介します。ホテルの場所はスリウォン通りに面していて、パッポン通りの斜め向かいです。日本人観光客にも人気のエリアで、ここにまだこんな土地があったのか、、、という好立地です。

エントランスは外から見るとガラスが黒く見えて入りづらい雰囲気ですが、近づくと中からドアマンが扉を開けてくれました。内側から見るとガラス一面にこんな写真が、、、

メリディアンバンコク1
これは、ラルフ・ギブソンという有名な写真家の作品だそうです。

客室は全部で282室。なかでも一番多いのが、今回見させて頂いた、一番下のカテゴリーのVistaで、209室あり、そのうちの56室がツインベッドルームです。他のカテゴリーにはツインベッドはありません。

メリディアンバンコク2

メリディアンバンコク3

広さは36平方メートル。でも、数字以上に広く感じます。なぜかと考えてみると、天井がとても高いです。また、大きい窓、バスルームとベッドルームの間の仕切りを開けることができることで、開放感のある造りになっています。

メリディアンバンコク4
室内にはフラットスクリーンテレビ、タッチパネルでルームサービスなどもリクエストできる電話機、iPodをさすとテレビがスクリーンになるジャックなど、最新設備が揃います。

メリディアンバンコク5
室内の備品も一通り揃っています。無料のコーヒーメーカー、セーフティーボックス、アイロン、バスローブ、スリッパなど、、、インターネットはWifi,LANの両方あります。(有料、一日=650バーツ)また、ロビーなどのパブリックエリアではWifiが無料で利用出来ます。また、こちらのホテルでは室内の案内、レストランのメニューなど、ほとんどのものに日本語が用意されています。これも、日本人マーケットに力を入れているためですね。

メリディアンバンコク6
バスルームは全室バスタブ付き。また、シャワーブースも別にあります。

次に館内施設の紹介です。プール、フィットネスクラブは6階にあります。

メリディアンバンコク7
プール

メリディアンバンコク8
スパ

メリディアンバンコク9
こちらは4階にあるレストラン、Bamboo Chic。サーキュラールーム、アバンテックスイートにお泊まりの場合は、こちらで朝食をとることもできます。昼は休みで、ディナーの営業となります。

メリディアンバンコク10
こちらは2階のレストラン、Latest Recipe。朝、昼はビュッフェ、夜はアラカルトです。

***********************

新しいメリディアンブランドのイメージに沿って一から建てられたこちらのホテルは、随所にこだわりと工夫が見られました。日本人セールス担当のMさんも、場所がら立地の良さにまず注目されますが、ディテールにこだわったこのホテルの良さをこれからもっとお伝えして行きたいということでした。

最初ロビーに入った瞬間はおしゃれすぎて落ち着かない感じでしたが、館内を一周して戻ってみると、開放感があって不思議と好印象に変わっていました。カップル、女性同士にもおすすめできるホテルだと思いました。

ル・メリディアンバンコクのウェブサイト
.21 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

2009年 タイの祝日

こんにちは。

今回は、今年のタイの祝日をお知らせします。ご旅行の予定を立てる際に、参考になれば幸いです。タイでは、仏教関連の祝日は基本的にアルコール類の販売が禁止になります。ホテルなどでは外国人だったらお酒が飲めるケースもありますが、全くお酒を出さない場合もありますので、ご留意下さい。また、祝日とは別に、選挙が行われるときも酒類の販売が禁止になります。

また、祝日には王宮、エメラルド寺院が閉館になる場合もあります。この場合、弊社では王宮観光が含まれたコースは代替として、涅槃仏寺院にご案内しています。涅槃仏寺院もコースに含まれている場合は、基本的に大理石寺院、または黄金仏寺院にご案内しています。

2009年の祝日
1月1日 元旦 (王宮午後クローズ)
2月9日 万仏節 (王宮クローズ 酒類販売禁止)
4月6日 チャックリー王朝記念日 (王宮午後クローズ)
4月13日~15日 タイ正月(ソンクラーン) (15日:王宮午後クローズ)
5月1日 メーデー 
5月5日 国王即位記念日 (王宮クローズ)
5月8日 仏誕節 (王宮クローズ 酒類販売禁止)
7月7日 三宝節 (王宮午後クローズ 酒類販売禁止)
7月8日 入安居 (王宮午後クローズ 酒類販売禁止)
8月12日 王妃誕生日 (王宮クローズ)
10月23日 チュラロンコーン大王記念日 (王宮午後クローズ)
12月5日 国王誕生日 (王宮クローズ)
12月7日 国王誕生日の振り替え休日
12月10日 憲法記念日 (王宮クローズ)
12月31日 大晦日

祝日でも、ほとんどのデパート、レストランなどは通常通り営業しています。ただし、バーなどの飲酒をメインとしたお店は、酒類販売禁止の日は営業していないところが多いのでご注意下さい。また、ゴルフ場は上記祝日は週末料金になります。

特に連休になるところはリゾートなどのホテルは混みあいますので、お早めにご予約ください。
.16 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ホテルのランチビュッフェ:グランドミレニアムスクムビット

こんにちは。

先日、グランドミレニアムスクムビットのYさんからのお誘いで、昼食を頂いてきました。こちらのホテル、アソークの交差点に近く、地下鉄、BTSのどちらを利用するにも便利なので最近人気のホテルです。また、レストランもバンコク在住者向けの無料情報誌などにも取り上げられていて、この日も他に日本人のお客さんがいました。

アトリエ1
今回頂いたのは、ホテルの2階にある、アトリエ(Atelier)レストランのランチビュッフェです。料金は680バーツ++です。(++=税7%,サービス料10%)

アトリエ2
まずは前菜から。普段どうしても野菜不足になりがちなので、こういう機会にはサラダを食べないといけないです。

アトリエ3
タイ風ラーメン、パスタ、メインディッシュはその都度オーダーして作ってもらえます。

アトリエ4
ビーフサーロインステーキに、、、

アトリエ5
パスタです。

アトリエ6
デザートも充実しています。

アトリエ7
チョコレートフォンデュもありました。

やっぱりビュッフェはいいですね。
個人的にはこの日一番美味しかったのは鱈の料理でした。写真撮るの忘れました。

ホテルのビュッフェは宿泊客じゃなくても、もちろん行くことができます。ホテルによって特色があるので食べ比べてみてはいかがでしょうか。また機会があったらレポートします。
.16 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

バンコクの新ホテル VIE Hotel

こんにちは。

今回は、2008年12月にオープンしたばかりのVIEホテルのご紹介です。VIEは、ヴィと読みます。フランス語で人生という意味です。(英語で言うとLifeです。)

ホテルのマネージメントはソフィテル、ノボテルなどのブランドを持つ、アコーホテルズです。また、このVIEホテルは、アジアではじめてのMGallery(エムギャラリー)のメンバーだそうです。(MGalleryのウェブサイト)

ホテルは、BTS(スカイトレイン)のラチャテウィ駅を降りてすぐのところにあります。道を挟んでアジアホテルの反対側です。立地条件はかなりいいと思います。

VIE ホテル外観
BTSのホームからホテルが見えます。VIEと書いてあるのがプールのある建物、左の背の高い建物が客室棟です。

まずは、客室のご紹介です。一番下のカテゴリーとなるのが、デラックスルームです。66室(内ツインベッド44室)あり、広さは38平方メートル、41平方メートルの、若干レイアウトが違う2タイプあります。(どちらのタイプになるかは事前に選べません。)

VIE デラックスルーム
デラックスルーム室内

バスルームはかなり広く感じました。バスタブも十分な深さがあります。また、シャワーブースもバスタブとは別に設置されています。

VIE バスルーム
バスルーム

その他、デラックスホテルに必要と思われる基本的な室内アメニティーは全て揃っています。ワイヤレスインターネット(有料)、ミニバー、コーヒーメーカー(無料)、セーフティーボックス、スリッパ、バスローブなど。。。

次のカテゴリーはデラックススイート・1ベッドルームです。こちらは77室(ツインベッドは無し)、76平方メートルになります。その他室内アメニティーはデラックスルームと同じです。

VIE 1BEDROOM
デラックススイート・1ベッドルームのリビングルーム

次に、ホテル内施設のご紹介です。

VIE プール
プールは客室のある建物ではなく、エントランス横の別棟にあります。

VIE レストラン
レストランは1軒、客室棟の11階にあります。インターナショナル料理です。朝食はこちらでビュッフェになります。

VIE フィットネス
客室棟の6階には、スパとフィットネスがあります。フィットネスとプールが別棟になるのは少し不便ですが、フィットネスの設備はかなり充実していました。

サイアムエリアに近いホテル、またBTS駅に近いホテルをお探しの方には新しい選択肢になると思います。
.10 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ディスティネーションスパ(5)

 最後にリゾートでの過ごし方を案内しましょう。

そもそもここは他のリゾートとは違います。健康に何らかの心配や不安を抱いている人たちの集まりなわけで、過ごし方は既に決まっていると考えてください。

まずはリゾートに到着後,一人一人に「コンサルテーション」という物があります。これはコンサルタント(つまり健康のスペシャリスト)がお客様の現在の健康状態を確認し、健康の悩みや不安等を相談、その上でリゾートでどのように過ごしたら良いのか。悩み等の改善策。また、今後の生活において何をしたらよいのか。ということを的確にアドバイスしてくれるのです。
その後、コンサルタントはお客様のために滞在中のプログラムを作成します。この滞在中のプログラムをスケジュールとして紙にまとめた物が「ウェルネスカレンダー」で、渡されたお客様はこれに従って毎日行動するわけです。このプログラムは宿泊料金に含まれているものですので、追加代金は必要ありません。

pict0061.jpg
〈巨大なスパ施設です〉


私の場合はこんな感じでした!
土曜日、ゆっくりと朝食を取り、11:00からCore Strength&stabilityというアクティビティーです。これは床やバランスボールの上でいろいろな体勢をとり、それを30秒ほど持続させて筋力や安定性の持久を狙うものです。腹筋や腕力を使う物が主で、普段何も運動をしていない私はすぐに腕が震え出します。腹筋かなり痛かったです。おそらく10代の頃には何の問題もなく出来たはずのことで、あらためて運動不足を思い知らされました。
1時間後の12:00からはトリートメントで Detoxifying Massage60分です。これが本当に天国でした。たった1時間の運動でガチガチに痛くなった体にマッサージは最高です!このマッサージは体の毒素を取り除くマッサージで、ブラシのような物で皮膚をこすったり、ほうきのような物で叩いたりします。最後は手で念入りに揉み解されて夢心地のまま終了しました。昼食を食べ、次のスケジュールは16:00でまだ時間があったので、共用プールで泳ぐことにしました。誰もいなかったので久しぶりに本気でバタフライをしてへとへとになりました。
16:00からはトリートメントのFoot Recovery30分です。これはいわゆる足マッサージですが、座ってやるのではなく、ベッドに寝転んでやります。あっという間の30分で足の疲れはだいぶ取れました!その後は部屋に戻って少し昼寝、そして夕食、サウナ、プール、就寝です。

日曜日、この日はいよいよ最終日、お昼には島を離れてしまいます。
朝ゆっくりと起床して朝食、9:00からトリートメントのEnergizing Massage60分が入っていました。これはエネルギーを活性化させて、活力を漲らせるというマッサージです。なるほど朝っぱらのマッサージは初めてでしたが、結構気持ちいい物でした。今日も1日がんばろう!という気になります。10:00からはSuper Stretchです。ストレッチですが筋力を使うハードなバージョン、と想像すればいいかもしれません。正直これが一番きつかったです。思わずウー!とかアー!とか声が出てしまいます。1時間みっちりやって終了、、、既に気力の限界に来ていました。
本当はこの日7:00からのマングローブカヤックツアーに参加したかったのですが、前日の疲れで起きることが出来ませんでした。カヤックもやっていたら私はもう動けなかったと思います。

pict0087.jpg
〈フィットネス〉

pict0088.jpg
〈トリートメントルーム〉



こうして私はたった2泊3日のプログラムを終えました。
成果にはもちろん個人差がありますが、たった2泊でも私の体は変わったと実感しました。皆さんもぜひいかがでしょうか!!!
.07 2009 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

みなさん、昨日のカウントダウンはどのように過ごしましたか?
僕は、花火を見ようと川沿いのホテルに泊まってみました。ただ、残念ながら通された部屋は上流を向いている部屋でした。これでは部屋からは花火は見えませんので、隣りのリバーシティーから見る事にしました。

ゆく年来る年を見たらこちらの時間では22時。日本の花火大会だとかなり前から場所取りしないといけないのを思い出して、ちょっと早めにリバーシティーに行ってみます。ディナークルーズ待ちのお客さんはいますが、花火目的の人はまだあまりいません。早く来すぎてしまいました。子供が飽きてきて周りを走り回るのを追いかけてるうちにカウントダウン。場所取っておいたところに戻ると急に集まった人だかりで入れません。こちらでは、10分くらい前にくれば大丈夫みたいです。

さあ、はじまりました。目の前のヒルトン、隣りのロイヤルオーキッドシェラトン、斜め前のペニンシュラなどから一斉に花火があがって壮観です。が、すごい音で子供がびっくりして大泣きです。1歳児には早すぎたか、、、かわいそうなのですぐに部屋に戻ります。

ということで、川沿いのカウントダウンの様子をみなさんにご紹介しようというのが目的だったのですが、あまり目的を果たすことができませんでした。あと、花火写真を撮るコツというのを事前に調べてみました。

・三脚と、レリーズまたはリモコンを用意する。
・マニュアルモードにする。
・絞りはF8~11
・シャッタースピードはバルブにする。(押している間はシャッターが開いている状態)
・ISOは100など、一番低い数字に。
・ピントはマニュアルで無限大
・ホワイトバランスは太陽光

ということです。僕自身は三脚も持っていなくて、あまり詳しくないのでうまく撮れませんでしたが、みなさんが花火大会などに行かれる際には、試してみて下さい。(できれば次回のバンコクでのカウントダウンに来て下さい!)

それでは、みなさんにとって2009年が素晴らしい年になりますように。

2008花火1

2008花火2

2008花火3
.01 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。