スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アユタヤ研修旅行

こんにちは。

JTBさんのM支店長にお声掛け頂き、アユタヤ研修旅行に参加させて頂きました。タイ国政府観光庁(TAT)さん、日本航空さん、日系旅行会社、そして大使館から小町大使もご参加されて、アユタヤへの観光促進の為の調査をしました。

当日の行程
アユタヤ着後、日本人村の視察 → マハタート寺院視察 → エレファントビレッジ視察 → アユタヤクルーズ視察 → トラム観光視察 → アユタヤ知事を交えての意見交換会

この中で、今回はエレファントビレッジをご紹介したいと思います。今回訪れたエレファントビレッジ「Ayuttaya Elephant Palace & Royal Kraal」は象の調教を行っている施設で、泊り込みで象の調教師になる課程を体験できるところでもあります。最近になって、通常の旅行者の見学も受け入れるようになりました。

アユタヤ時代、象は現代でいう戦車のような役割を持ち、戦争の際には大変重要な動物でした。そのため、当時から野生の象を捕獲し、また捕獲した象を調教することが必要とされてきたのです。ここでは当時の方法をそのまま受け継いでいます。

ここで暮らす象は約180頭。王室行事に使われたり、映画の撮影などにも参加するなど、非常に高度に訓練された象もいます。

Ayuttaya Elephant 1

並んでお出迎え。

Ayuttaya Elephant 2

やっぱり近くで見ると迫力がありますね。

Ayuttaya Elephant 3

こちらのように顔が白くなっている象は、「白象」と呼ばれて大変縁起が良く、徳の高いものだと考えられています。また、タイでは象の足の下をくぐると幸運を呼ぶということで、この日はこの白象の足の下をくぐらせてもらいました。

Ayuttaya Elephant 4

小象にミルクをあげます。

Ayuttaya Elephant 5

この日は私たちを歓迎して、パレードをしてくれました。大迫力です。

Ayuttaya Elephant 6

カメラの充電が切れてしまったのでここからは携帯電話での撮影です。。。
象の水浴びです。象に乗っているのは調教師と、調教師学校に体験入学している方たちです。

Ayuttaya Elephant 7

チェンマイにもありますが、ここでも象が絵を描いて見せてくれます。もちろん、筆を持たせたり構図を指示するのは人間なのですが、このように絵を描くことに興味を覚える象は100頭に2~3頭なんだそうです。今日の絵は、、、「This is it」です。

Ayuttaya Elephant 8

隣には象の捕獲場を再現した場所があり、そこで往時の象を使った戦争の様子を演じてくれました。毎日やっているショーではなく、特別に団体などがある場合に演じられます。料金は出演する象の頭数などによって変わってきます。

いかがでしたでしょうか。この日は時間も限られており、全ての内容を見られたわけではないですが、やはり間近で象を見るのは楽しい体験でした。こちらでは今のところ細かくプログラムが決まっていないようなので、観光客が訪れた場合、象を調教しているそのままの姿を見ることになります。先方ともう少し色々話をして、オプショナルツアーとして日本からのお客様に楽しんでもらえるようにできればいいな、と思いました。

Ayuttaya Elephant Palace & Royal Kraal のウェブサイト

Ayuttaya Elephant 9
スポンサーサイト
.30 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

サファリワールドに行ってきました。

こんにちは。

バンコク郊外にある動物園、サファリワールドに行ってきました。場所はバンコク市内中心部から車で約40分です。高速道路をラムイントラの出口で下りて、ラムイントラ通り(304号線)をミンブリ方面に進みます。ソイ89を越えた辺りでサファリワールドの標識が出てきますので、標識に沿って大きな通りを左折し、あとは道なりに進みます(ゴルフ場で言うと、パンヤインドラのある通りです)。しばらく標識が出ないので不安になりますが、そのまま進むと突き当たりにサファリワールドの入り口があります。

サファリワールドは、自家用車や観光バスでそのまま入れるサファリパークのエリアと、いろいろなショーなどをやっているマリンパークの2つのエリアに分かれています。特に暑いバンコクでは車の中から動物が見られるのはいいですねー。

SAFARI WORLD 1

入ってすぐの辺りにはシマウマ、ペリカンなどの鳥たち、鹿の仲間、牛の仲間などがいます。

SAFARI WORLD 3

間近で見る鳥の群れは迫力があります。

SAFARI WORLD 4

この鳥は大きくてちょっと怖いですね。

SAFARI WORLD 2

ラクダとすれ違いました。

SAFARI WORLD 6

この辺りでは窓を開けて動物たちを見ることもできますが、エサはあげないように注意しましょう。

SAFARI WORLD 7

さらに奥に進むとライオン、トラのいる猛獣エリアです。さすがにここでは窓を開けることはできません。。。

サファリパークのエリアには、シマウマ、鳥、シカ、ウシ(ヌー、バッファロー)、ラクダ、ライオン、トラ、クマなどがいます。ゾウはいませんでした。ゆっくり1周まわって1時間くらいです。

その後、マリンパークに行きました。歩いて動物を観察できるエリア、レストラン、イルカのショー、などがあります。

SAFARI WORLD 9

こちらのおすすめはキリンにエサをあげることのできる場所です。バナナを買って、キリンに食べさせます。

SAFARI WORLD 5

外から見るとキリンの群れが集まっています。

SAFARI WORLD 10

SAFARI WORLD 8

間近で見ると迫力があります。

SAFARI WORLD 12

最後にイルカのショーを見てきました。会場はお客さんで超満員です。

個人的には車で周れるサファリパークの前半部分、鳥の群れがいるエリアが一番楽しかったです。朝10時頃には動物たちにエサをあげるようなので、今度はこの時間にあわせて見に行ってみようかな、と思います。

SAFARI WORLD 11
.27 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

アイレジデンスホテル(サトーン)視察報告

こんにちは。

先日、BTSチョンノンシー駅前にあるアイレジデンスホテルのご紹介をさせて頂きましたが、今回はサトーンにある姉妹ホテルを見てきましたのでご報告です。ここは元々プレミアレジデンスという名前でしたが、最近アイレジデンス・サトーンに変わりました。

まず場所ですが、バンヤンツリー、スコタイなどのある大通り、サトーン通りにあるスアンプルー通りになります。以前イミグレーションがあった通りで、イミグレーションよりも少し奥に進んだソイ6を左折してすぐです。

i Residence Sathorn 9

行きはタクシーなどで行くしかないのですが、帰りはホテルの無料トゥクトゥクサービスでBTSチョンノンシー駅、サラデーン駅、地下鉄ルンピニー駅まで送ってくれます。サラデーン駅まで送ってもらいましたが、渋滞してなければ10分掛からないです。

i Residence Sathorn 1

こじんまりしたロビーエリア。

i Residence Sathorn 5

一番スタンダードなタイプの客室、スーペリアは24平方メートルです。エキストラベッドは入らないので大人2名までの利用となります。

i Residence Sathorn 3

テレビはNHKも視聴可能です。また、お部屋での無線インターネット利用が無料です。これはうれしいサービスですね。

i Residence Sathorn 4

バスルームにはバスタブはありません。シャワーのみとなります。

i Residence Sathorn 2

セーフティーボックス、ドライヤー、バスローブ、スリッパなどは用意されています。

i Residence Sathorn 8

9階にあるコーヒーショップ。朝食会場もこちらです。この一角にコンピューターが3台あります。

i Residence Sathorn 7

フィットネスクラブも9階にあります。

全部で82室と、こじんまりしたホテルです。場所は駅からは徒歩圏内ではないので少々不便ですが、料金はかなり安く出しているので見てきました。タクシーもご利用されるお客様なら問題無いと思います。
.26 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

シラチャーの釣りいかだ

いかだ故障中

こんにちは。
今日は残念なお知らせです。

今まで何回もお世話になってきたシラチャーの大きなイカダ(タイ人のソムチャイさん経営)は、故障の為、沖には出られなくなってしまったそうです。先日それでも行ってみたのですが、写真の通り半分陸揚げされていて、ここから釣りができる状況ではありません。

しょうがないので港から船に乗ってイカ釣りに行きましたが、不漁でした。

小さな子供を連れて行くのにはこの大きなイカダが良かったので、残念です。

次回は、一度お世話になったことのある、日本人経営のジンダイカダさんに行ってみようと思います。
.24 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

チャトリウムスイート 視察報告

チャトリウム 1

こんにちは。

先日、チャオプラヤ川沿いに今年オープンしたばかりのチャトリウムスイート(Chatrium Suites)に行ってきました。場所は、BTSサパンタクシン駅から歩いて約10分、もしくはホテルの無料シャトルボートで行くこともできます。

チャトリウム 18

こちらがそのボートです。ホテルとサパンタクシン駅を下車してすぐの船着き場(オリエンタル、ミレニアムヒルトンなどの他のホテル行きの船着き場より少し奥になりますのでご注意下さい。)の間を約15分間隔で朝6時半~夜22時半まで運航しています。

チャトリウム 17

全く同じ形の高層の建物が3つ並んでいるのですが、船着き場を降りて一番手前の建物がホテル棟です。2、3番目は住居棟になります。

チャトリウム 2

ロビーは建物を入ってすぐの地上階にあります。

チャトリウム 15

地上階には他に朝食会場にもなるレストランがあります。リバービューのレストランです。

チャトリウム 6

客室のご紹介、今回は一番下のカテゴリー、グランドルーム(60平方メートル)をご紹介します。ホテルの1フロアーには客室が14室あって、そのうちの10室がリバービュー、4室がシティビューとなっています。リバービューとシティービューでは、リバービューの方が料金設定が高くなっています。

チャトリウム 3

リバービューのお部屋からの眺めです。(部屋の位置によって眺めは異なります。)

チャトリウム 9

ちなみにこちらはシティービューのお部屋からの眺めです。

チャトリウム 5

グランドルームの客室にはセーフティーボックス、フラットスクリーンテレビ、DVD、など必要な設備はほぼ揃っています。インターネットはWiFiが利用可能です(有料)。

チャトリウム 7

客室には簡単なキッチンの設備も。本格的な料理はできませんが、お湯を沸かしたり電子レンジで温めたり、ということは可能です。

チャトリウム 8

バスルームは全室バスタブ完備です。また、別にシャワーブースも設置されています。

チャトリウム 12

6階にあるスイミングプールは35メートルの本格的なプールです。

チャトリウム 14

フィットネスクラブは4階にあります。

実際に行ってみるまではちょっと遠いな。。。と思っていたのですが、BTSとシャトルボートを使えば時間がかかりませんでした。シャトルボートが運航していない深夜の時間帯でしたら、タクシーでも問題ありません。ただ、朝と夕方はこのあたりは渋滞が激しくなるので要注意です。

部屋の広さ、設備などは料金と比較するとかなり充実していると思います。トリップアドバイザーでも高評価を頂いているんですよ、とホテルスタッフの方が仰っていました。

12月には36階に中華料理の展望レストランがオープンするそうです。そちらも楽しみですね。

チャトリウム 16
.21 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

バンパコン川 エビ釣り報告

こんにちは。

釣り仲間のO野さんからの情報で、川で海老を釣ることが出来る場所があるという事で、先日行ってみました。場所は、スワンナプーム空港よりさらに東、バンコク市内から約1時間強のバンパコン川です。エビは暗くなってから釣れるという事で、夕方現地集合しました。

バンパコン川 4
ジャングルに囲まれたような場所です。作家・開高健さんのアマゾン河釣行記、オーパを思い出してしまいました。

バンパコン川 11
今回のイカダです。ここで一夜を明かします。

バンパコン川 1
ボートに引っ張られて出航です。ポイントは桟橋から20分くらいのところで、イカダは自力では動けないので迎えにきてくれるまでそこに停泊します。

エビ釣りには、小さな生きたエビを餌として使うといいということで、用意していてもらいました。いよいよ暗くなってきて、エビ釣りを始めますが、、、まったく釣れません。そして、大量の蚊が襲ってきます。いつも海の上で釣りをしている時は蚊がいないので、油断してました。

バンパコン川 2
途中からは激しい雷と雨が。。。怖くて竿を出せません。

そうこうしている内に息子も眠くなってきたようで、蚊帳の中で寝かせてもらいました。

バンパコン川 5
翌朝、日の出とともに釣り開始です。エビは難しそうなので、魚狙いに切り替えます。タイの川で釣りをするのははじめてなので、見た事のない魚が釣れました。

バンパコン川 6
これはナマズの一種のようです。

バンパコン川 7
顔のアップです。

バンパコン川 8
これはシマイサキに似てます。

バンパコン川 9
さっきとは違う種類のナマズのようです。

バンパコン川 3
この魚は、腹ビレが手のようになってます。

バンパコン川 10
全身が金色の魚です。とても綺麗でした。水槽で飼いたいくらいです。

バンパコン川 12
魚も小さいのがポツポツ釣れるだけ、本命のエビは全く釣れませんでした。。2歳の息子も一生懸命釣りのまねごとをしています。

それでも炎天下の中、お昼過ぎまで頑張りました。エビが全く釣れなくて悔しいので、その後バンコクに戻って「えびのつりぼり」にリベンジに行ってしまいました。

バンパコン川 14
今度こそ。。。

バンパコン川 13
無事にリベンジを果たし、エビの塩焼きを堪能しました。

時期が悪かったのか?ちょっと分かりませんが、今回の釣りは厳しかったです。正直、もう行かないかもしれません。。。

「えびのつりぼり」の紹介

別のえび釣りレストランの紹介
.15 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

アイ レジデンスホテル シーロム (i Residence) 視察報告

i Residence 1

こんにちは。
BTSチョンノンシー駅をおりてすぐのところにある、アイ レジデンスホテル シーロムに行ってきました。アイ レジデンスは他にサトーンにもあるそうですが、こちらのシーロムの方が旅行者には便利だと思います。

i Residence 2
駅のある通り(ナラティワート通り)に面した側にはレストランが何軒か入っています。こちらのホテルは建物が2棟あって、メインウイング(旧館)とフロントウイング(新館)に分かれています。ロビーは駐車場を奥の方に進んだ、メインウイングの1階になります。フロントウイングに宿泊の場合もこのメインウイングのロビーでチェックインします。2つの建物は5階でつながっています。

i Residence 4
メインウイングのお部屋の紹介、まずは一番スタンダードなカテゴリー、デラックスです。こちらは25平方メートルとなります。

i Residence 3
テレビは大きいですね。NHKプレミアムも視聴できます。お部屋でのインターネットは有線に限りますが、無料です。無線はありません。

i Residence 5
メインウイングのカテゴリーには、バスタブはついていません。シャワーのみになります。

i Residence 6
次のカテゴリーはジュニアスイート、36平方メートルです。ちょっとシックな感じの内装になっています。

i Residence 7
このカテゴリー以上の場合、バスローブ、スリッパが常備されています。セーフティーボックスは全室にあります。また、DVD、電子レンジなどもこちらのカテゴリーには設置されています。

i Residence 8
ジュイアスイートにはこちらのスペースが。

i Residence 9
フロントウイングにはグランドデラックス1、グランドデラックス2の2つのカテゴリーがあります。今回見させて頂いたのはグランドデラックス2です。

i Residence 10
スペースも広くなっています。

i Residence 11
フロントウイングの2つのカテゴリーにはバスタブがあります。こちらのカテゴリーではバスタブとシャワーブースの両方が付いていますが、グランドデラックス1はバスタブのみとなります。

i Residence 12
こちらはホテル内にあるコンピュータールームです。無料で利用できます。

i Residence 13
スイミングプールは10階にあります。

i Residence 14
10階にはフィットネスもあります。

i Residence 15
朝食会場にもなるレストランも10階にあります。メインウイング、フロントウイングどちらに宿泊の場合もこちらのレストランで朝食となります。

いかがでしたでしょうか。とにかくBTS駅の目の前という立地がセールスポイントですが、フロントウイングも完成して部屋数が増えました。バスタブが必要な方はフロントウイングの部屋を予約しましょう。
.10 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

JWマリオット Tsu Nami レストラン 5周年

こんにちは。

バンコクのJWマリオットホテルにある寿司レストランのTsu、鉄板焼きレストランのNamiが開業5周年を記念したパーティーを行うということで、日本人シェフの泉さんにお招きいただきました。泉さんは大の釣り好きということで、以前ウィリアムさんにご紹介して頂きました。(ウィリアムさん、元気ですか~??)

TsuNami Party 1
いきなりマグロのお出迎えです。

TsuNami Party 2
日本から直送した新鮮な魚介類を刺身、握りで好きなだけ注文できました。大トロが無限に出てきます。。。

TsuNami Party 3
鉄板焼きコーナーではこちらも日本から直送の数種類の和牛肉などが焼かれていました。最高です。。。

今回のパーティーは本当に食事がおいしかったです。次回は家族で食事に来たいと思います。タイに旅行に来て本格的なお寿司、鉄板焼きが食べたくなったときには、是非おすすめします。泉シェフ、ご招待ありがとうございました。そして、5周年おめでとうございます!

TsuNami Party 4
.09 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

お昼の定番

P8250642(240).jpg

こんにちは。
昼食でよく行くタイ料理レストランには、タイ風炒飯や肉のバジル炒めをご飯に掛けたもの、ソムタム(タイ風パパイヤサラダ)、タイ風すき焼き、豚肉添えサラダなど、ご飯もの、おかず、スープなど合わせて100種類以上あり、値段もリーズナブルです。

こんなにたくさんのメニューがあるのですが、私は1週間に1回は必ず食べるメニューがあります。
写真上の「カオパット トムヤム(トムヤム炒飯)」です。
他のレストランでは見たことのないメニューだったので 試しに頼んでみたら、ペスカトーレみたいな味でした。タイ風炒飯は米がパサパサしていますが、トムヤム炒飯の場合はリゾットみたいで全くパサパサしていません。ピリ辛で、中々おいしかったので、昼の定番になっています。
.07 2009 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

アクサラシアター

P8240639(240).jpg

先日タイを代表する人形劇団アクサラシアターを視察してきましたのでご紹介させて頂きます。
アクサラシアター公演会場はBTSビクトリーモニュメント駅から徒歩約5分、免税店の入っているキングパワーコンプレックス3階となります。


P8240576(240).jpg

タイの人形劇は1体の人形を3人で操ります。3人それぞれ役割が決まっており、右手を操る人、両足を操る人、左手と頭を操る人という構成となっております。
人形を操ることは通常1年練習を積まなければ人形自体を持たせてもらえないそうです。どのような練習かというと、基本は操られて踊っている人形と同じ踊りを操っている本人も踊れるように練習するということです。それが出来るようになったら3人1組で1つの動きをすることをマスターしなければなりません。その後初めて3人で1体の人形を持って練習するが出来ます。プロの操り方をみていると、3人+人形が同じ動きをしているので、人形がまさに生きているように見えます。


P8240577(240).jpg

今回の視察では楽屋での練習も見学することができました。楽屋は、本番の舞台と同じ広さの部屋で、当日夜に公演される人形劇のリハーサルをしている最中でした。この練習風景は、まとまった団体(学生グループや芸術関係の視察団体など)が事前に練習見学を希望すれば、見学できるそうです。見学時に希望者がいれば、踊りを教わったり特別に人形を持たせてもらい、操らせて頂けるとのことでした。

P8240579(240).jpg
P8240591(240).jpg
P8240593(240).jpg


人形の型の素材は粘土で作られており、胴体はセメントを入れる用紙袋を使用し、耐久性を高めています。顔は全て手書きで、衣装作成は1体につき約2ヶ月掛かるそうです。人がタイ古典舞踊の踊る衣装と同じ素材を使用されております。40~50センチの人形で重さは3キロ、重い人形で5キロ程度です。

劇場は500人ほど収容可能で、場内は生演奏が繰り広げられます。劇は19:00-20:00過ぎ(1時間強)です。ナレーションはタイ語と英語で、1話数分のショーを10話以上繰り広げられます。昔のタイの人々の暮らしぶりや、中には人形を使わずにタイ式キックボクシングのパフォーマンスを披露する場面もありました。途中、劇団員は人形を持ったまま舞台から客席の方へ移動し、お客様を楽しませてくれるようなこともしてくれます。舞台と客席が一体となって、とても和やかな雰囲気にさせてくれる公演でした。
.06 2009 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。