スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今年の釣り納め

こんにちは。

2009年も残すところあとわずかとなりました。今年最後の釣りはシラチャーからの船釣りです。この日は波のうねりが強くてかなり揺れました。僕も危なく船から落ちそうになりました。。。

船長の狙いは大物ではなくてイトヨリなどの小物だったようで、小さめの釣針でやったほうがいいと言うことでした。僕は、リオ君が日本から今流行りの「一つテンヤ」という仕掛けを買ってきてくれたのを試してみたかったので、今回はずっとこの仕掛けを使ってみました。(本当はマダイ狙いの仕掛けなので、マダイの釣れない場所ではあまり意味無いと思いましたが、、、使ってみたかったんです!)

シラチャーDec09 1
お昼過ぎ、お腹が空いたと船長に言うと、何も無いとのこと、、、おかゆならできるけど、まずくても文句言うなということで作ってもらいました。釣ったばかりの魚入りのおかゆです。文句は言いませんでしたが、おかゆでこんなにまずく作るほうが難しいと思いました。

シラチャーDec09 2
釣果ですが、シマイサキ(コトヒキ?)が大漁でした。これは船長にあげてきました。

シラチャーDec09 3
イトヨリも大漁です。こちらはおいしいので持ち帰りました。

シラチャーDec09 4
いつもの通り、シラチャーの日本料理屋で塩焼きにしてもらいました。

というわけで、今年の釣り納めは大物は釣れませんでしたがまずまずの釣果でした。

来年はちょっと遠征したいなー、と思っています。
スポンサーサイト
.28 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ラディソンホテルに行ってきました。 その3

こんにちは。

前回ご紹介するのを忘れていました。ラディソンホテルのファミリースーペリアルームと言うカテゴリーです。

ラディソンファミリー 1
ベッドが3つ並んでいます!お部屋の広さは65平方メートル。広いです。。

ラディソンファミリー 2
もうひとつの特徴はシンクが2つあること。女性3名などの場合はシンク1つだと朝の準備に時間掛かるんですよー、とヨシダさんがおっしゃっていました。

3名1室、4名1室などの場合はお得にご利用いただけます。
.27 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ラディソンホテルに行ってきました。 その2

こんにちは。

前回に引き続きラディソンホテルのご紹介、今回はレストラン情報です。ラディソンホテルはレストランも非常に充実しています。

ラディソンレストラン 17
まずはロビー階にあるメインレストランの92カフェです。インターナショナルのビュッフェがメインで、朝食会場にもなります。

ラディソンレストラン 14
この日はビュッフェランチをご馳走になりました。ランチビュッフェにはタイ料理コーナー、イタリアンコーナー、中華コーナー、和食コーナーなどがあって充実しています。

ラディソンレストラン 18
和食コーナーのお刺身。

ラディソンレストラン 15
中華料理です。

ラディソンレストラン 16
インドカレーなんかもありました。

どれもおいしいのですが、特にダイスケさんがおすすめするのはイタリアンコーナーにあるピザとパスタです。トンローのイタリアンレストランで働いていた料理人を引き抜いてから味が変わった!とおっしゃっていました。本当においしかったです。

ラディソンレストラン 9
続いて、こちらもロビー階にある和食の錦レストランです。

ラディソンレストラン 10
ランチの和食ビュッフェが人気です。

ラディソンレストラン 11
ロビーのひとつ下の階にあるのが中華料理のFook Yuanレストランです。

ラディソンレストラン 12
こちらもランチの飲茶が大変人気でいつもお昼時は混雑します。


ラディソンレストラン 13
こちらも同じくロビーのひとつ下の階にあるBlackie スポーツパブです。

ラディソンレストラン 19
(注)こちらの写真はホテルに頂いたものです。
夜のみのオープンで、この日は見ることができませんでしたので頂いた写真をご紹介します。

ラディソンレストラン 7
そして最後は24階にあるタイ料理レストラン、タプティムサイアムレストランです。今回、特別にセットメニューを作っていただいたので先日お客様と一緒に食べてみました。

ラディソンレストラン 5
まずは前菜の盛り合わせです。

ラディソンレストラン 6
続いてトムヤムクンスープです。こちらのスープは某情報誌でも紹介されたことがありますが、エビのだしが効いていてとてもおいしかったです。(トムヤムクンもお店によって結構味が違うので食べ比べるのも面白いと思います。)

ラディソンレストラン 1
メインはひとりずつ小皿に盛られて出てきます。グリーンチキンカレー、ヤムソムオー(ザボンを使ったタイ風サラダ)、白身魚のフライ、エビとキノコとブロッコリーの炒め物、ライスです。ボリュームが多くて食べきれないくらいでした。

ラディソンレストラン 8
最後にタイの冷たいデザートも出てきました。

ラディソンホテルはスワンナプーム空港に通じる高速道路の入り口に近いので、フライト前の夕食でも渋滞の心配をせずに時間を読みながら夕食をとることができます。ラディソンホテルにお泊りの場合、最終日の集合時間までこちらで夕食などいかがでしょうか???

ラディソンレストラン 2
24階からの眺め。
.25 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ラディソンホテルに行ってきました。 その1

ラディソン 19
(注)こちらの写真はホテルに頂いた写真です。

こんにちは。

今回はラマ9世通り沿いにある、ラディソンホテルのご紹介です。

ラディソン 17
エントランスでは象がお出迎え。

ダイスケさんとヨシダさんの案内でお部屋を見させていただきました。

ラディソン 1
スーペリアルーム、37平方メートルです。こちらはツインベッドタイプのお部屋です。

ラディソン 13
ダブルベッドだとこんな感じです。広さは同じです。

ラディソン 14
ダブルベッド

ラディソン 15
お部屋にはライティングデスクが備え付けられています。

ラディソン 12
テレビはちょっと古いタイプですが、今後新しいものに変えていくそうです。NHKワールドも視聴可能です。

ラディソン 8
コーヒーメーカーは無料で利用できます。

ラディソン 9
ミニバーの中身です。ミニバーの中の飲料水は有料ですので注意しましょう。

ラディソン 6
こちらが無料で提供される飲料水です。

ラディソン 10
セーフティーボックスとアイロン台。

ラディソン 11
スリッパもあります。(バスローブはスーペリアのカテゴリーには用意されていません。)

ラディソン 3
バスルームです。バスタブは全室に備え付けられています。バスタブのシャワーは可動式です。

ラディソン 2
そして、シャワーブースも全室完備です。こちらのシャワーは固定式です。

ラディソン 4
バスタブの上に熱いパイプが、、、ここに濡れたタオルなどを掛けて乾かせるようになっています。

ラディソン 5
アメニティーです。石鹸、シャンプー、コンディショナー、綿棒など。ハブラシはありません。

ラディソン 7
ウェルカムフルーツも提供されます。(内容は季節によって変わります。)

ラディソン 20
(注)こちらの写真はホテルに頂いた写真です。
プールとフィットネスセンターは5階にあります。プールの営業時間は06:30-20:00、フィットネスセンターは06:30-22:00の間オープンしています。

ホテルから徒歩圏内にはスカイトレイン(BTS)、地下鉄(MRT)の駅がありませんが、無料のシャトルバスサービスがあります。

ラディソン 18

毎日運行(片道)
10:00 ホテル発~MBKショッピングセンター行き
14:00 ホテル発~MBKショッピングセンター行き
16:00 ホテル発~MBKショッピングセンター行き
20:00 ホテル発~ルンピニナイトバザール、パッポン通り行き

土日のみ運行(片道)
10:00 ホテル発~チャトチャック・ウィークエンドマーケット行き
11:30 ホテル発~チャトチャック・ウィークエンドマーケット行き

毎日運行(往復)
11:00 ホテル発~エスプラネード(地下鉄タイカルチャーセンター)行き
11:30 エスプラネード発~ホテル行き
13:00 ホテル発~エスプラネード(地下鉄タイカルチャーセンター)行き
13:30 エスプラネード発~ホテル行き
15:00 ホテル発~エスプラネード(地下鉄タイカルチャーセンター)行き
15:30 エスプラネード発~ホテル行き
17:00 ホテル発~エスプラネード(地下鉄タイカルチャーセンター)行き
17:30 エスプラネード発~ホテル行き
19:00 ホテル発~エスプラネード(地下鉄タイカルチャーセンター)行き
19:30 エスプラネード発~ホテル行き

ラディソン 21
片道利用でどこかに出かけた場合、タクシーを利用してホテルに戻る場合はタクシーカードを見せましょう。

次回は、レストランのご紹介です。
.24 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

2010年 タイの祝日

こんにちは。

今年も残すところあとわずかとなりました。今回は、来年のタイの祝日をお知らせします。ご旅行の予定を立てる際に、参考になれば幸いです。タイでは、仏教関連の祝日は基本的にアルコール類の販売が禁止になります。ホテルなどでは外国人だったらお酒が飲めるケースもありますが、全くお酒を出さない場合もありますので、ご留意下さい。また、祝日とは別に、選挙が行われるときも酒類の販売が禁止になります。

また、祝日には王宮、エメラルド寺院が閉館になる場合もあります。この場合、弊社では王宮観光が含まれたコースは代替として、涅槃仏寺院にご案内しています。涅槃仏寺院もコースに含まれている場合は、基本的に大理石寺院、または黄金仏寺院にご案内しています。

2010年の祝日
1月1日 元旦 (王宮午後クローズ)
2月28日 万仏節 (王宮クローズ 酒類販売禁止)
3月1日 万仏節の振り替え休日
4月6日 チャックリー王朝記念日 (王宮午後クローズ)
4月13日~15日 タイ正月(ソンクラーン) (15日:王宮午後クローズ)
5月1日 メーデー 
5月5日 国王即位記念日 (王宮クローズ)
5月28日 仏誕節 (王宮クローズ 酒類販売禁止)
7月26日 三宝節 (王宮午後クローズ 酒類販売禁止)
7月27日 入安居 (王宮午後クローズ 酒類販売禁止)
8月12日 王妃誕生日 (王宮クローズ)
10月23日 チュラロンコーン大王記念日 (王宮午後クローズ)
10月25日 チュラロンコーン大王記念日の振り替え休日
12月5日 国王誕生日 (王宮クローズ)
12月6日 国王誕生日の振り替え休日
12月10日 憲法記念日 (王宮クローズ)
12月31日 大晦日

祝日でも、ほとんどのデパート、レストランなどは通常通り営業しています。ただし、バーなどの飲酒をメインとしたお店は、酒類販売禁止の日は営業していないところが多いのでご注意下さい。また、ゴルフ場は上記祝日は週末料金になります。

特に連休になるところはリゾートなどのホテルは混みあいますので、お早めにご予約ください。
.24 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

スパンブリー県 サムチュックの100年市場

100年市場 1

こんにちは。

先日、スパンブリー県、サムチュックにある100年市場と呼ばれるマーケットに行ってみました。場所はバンコクの北、車で約1時間半~2時間くらいです。ここは古い建物がそのまま残されていて、昔懐かしい雰囲気が漂う、タイ人に人気のスポットです。タイの人たちはこういう所が好きみたいですね。(僕も好きです。)

100年市場 7
このような古い建物を改装してお店にしています。

100年市場 4
日曜のお昼だったのでかなり観光客が訪れていました。

100年市場 5
薄焼きせんべいのようなお菓子を焼いているおばさん。おいしかったので買ってみました。

100年市場 6
ローストダックのお店です。

100年市場 3
こういう、普通の生活用品を扱うお店もあります。

100年市場 2
ブリキのおもちゃの露店がありました。

100年市場 13
古い写真を売るお店。

100年市場 10
こちらはサムチュック市場オリジナルデザインのTシャツです。

100年市場 12
ウルトラマン。。

100年市場 11
ここはコカコーラのグッズを展示しているお店です。入場料がかかるみたいです。

100年市場 9
木でできた素朴なおもちゃを売ってました。

100年市場 8
タイのお菓子のお店です。

100年市場 14
こちらは、ちまきのようなものを売っています。買ってみましたが結構おいしかったです。ボリュームもありました。

ということで、簡単にご案内しました。
方向的に、アユタヤ遺跡と合わせて立ち寄ってみるのもいいと思います。
.23 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

モンティエンバンコク 視察報告

こんにちは。

先日、モンティエンバンコクのセールスの方に呼んでいただき、部屋を見せてもらいました。仕事でしょっちゅうこのあたりに来ていながら、部屋の中まで入るのは思えば相当久しぶりです。

まずはスタンダードな客室、スーペリアルームです。

MONTIEN BKK 2
見せて頂いたのはツインベッドタイプのお部屋です。このカテゴリーの広さは32平方メートルです。

MONTIEN BKK 3
セーフティーボックスは全室にあり、無料で利用できます。(昔は有料でした。)インターネットは有料です。

MONTIEN BKK 4
バスタブも備え付けられています。


次にご紹介するのはエグゼクティブルームです。こちらは9階、10階にあるお部屋で、スーペリアと同じ32平方メートルの広さですが、室内が改装されています。

MONTIEN BKK 5
床がカーペットではなくてフローリングになっています。

MONTIEN BKK 6
家具も新調されていますね。

エグゼクティブルームに宿泊したお客様には、特典があります。(内容は2009年12月現在のものです)
・8階にあるエグゼクティブラウンジでのチェックイン
・ウェルカムドリンク、フルーツバスケット
・エグゼクティブラウンジでの朝食(通常のレストランも選択可)
・18:00-19:00の間、エグゼクティブラウンジでの無料カクテル
など

MONTIEN BKK 7
こちらが8階にあるエグゼクティブラウンジです。


MONTIEN BKK 1
最後にご紹介するのはデラックスルーム、56平方メートルです。内装の雰囲気はスーペリアルームと同じです。今回ご紹介した3つのカテゴリーの中では一番高い料金になります。


MONTIEN BKK 8
お部屋を見せていただいた後は、ランチをご馳走になりました。モンティエンといえば、、、やっぱりカオマンガイですね。

モンティエンホテルのカオマンガイ
.17 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

タイで一番美しい仏像

こんにちは。

「今スコタイです」、とラディソンホテルのdice-kさんに電話で話したところ、ピサヌロークにタイで一番美しいといわれる仏像があるので見たほうがいいと教えてもらい、スコタイの帰りに寄ってみました。

その仏像があるのはワット・プラシー・ラタナー・マハタート(通称ワット・ヤイ)というお寺です。お寺の境内は参拝客でとても賑わっていました。

ピサヌローク 3
本堂の中も大変混みあっています。

ピサヌローク 2
こちらがタイで一番美しい仏像と言われる、プラ・ブッタ・チンナラートです。本当に素晴らしい仏像でした。

.08 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

世界遺産 スコータイ遺跡

こんにちは。

急に思い立って、スコータイまで1泊2日で行ってきました。自分で運転して行ったのですが、バンコクから片道約500km。。。さすがに疲れました。

スコータイと言えば、世界遺産にも登録されている遺跡群。遺跡が集まっているエリアはスコータイ遺跡公園としてきれいに整備されています。遺跡公園はスコータイの市街からは西に14km程離れていますので市街から遺跡公園までは乗り合いのソンテウ(ピックアップトラックの荷台が座席になったタクシー)などで移動が必要です。ちなみに、スコータイまで空路で行く場合はスコータイ空港かピサヌローク空港を利用することになりますが、スコータイ空港~スコータイ市街まで車で約30分、ピサヌローク空港~スコータイ市街まで車で約60分かかります。宿泊施設ですが、通常日本からのツアーで利用されることの多いパイリンホテルはスコータイ市街と遺跡公園の間にあります。また、最近紹介されることの多いスコータイヘリテージリゾートはスコータイ空港のすぐ近くにあります。

スコータイ 10
こちらはスコータイ遺跡公園の地図です。(クリックすると少し大きくなります)城壁に囲まれた部分と、城壁外にも寺院が点在しています。入場料は、城壁内、城壁外東部、北部、西部でそれぞれ1人100バーツかかります。また、城壁内に自家用車で乗り入れる場合は1台50バーツ掛かります。城壁の入り口には自転車のレンタルもあって、自転車を借りて遺跡公園内を散策することもできます。入り口のチケット売り場は朝6時~夕方18時までオープンしています。遺跡公園は夜21時まで開いていて、夜間には遺跡のライトアップもあります。

当日、朝バンコクを出たのですが遺跡に着いたときはすでに夕方。。。あまり時間が無いので、まずは城壁内のワット・マハタート(Wat Mahathat)を見に行きました。

スコータイ 1
ワット・マハタート

スコータイ 2
ワット・マハタート

スコータイ 3
ワット・マハタート

スコータイ 4
ワット・マハタート

スコータイ 5
ワット・マハタート

スコータイ 6
ワット・マハタート

そろそろ暗くなってきたのでこの日の観光は切り上げてホテルへ向かいました。翌日は、帰りのこともあるし、遺跡を全部見ても切りが無いので1人1つずつ見たいお寺を決めようということで、僕はワット・シーチュム(Wat Si Chum)、奥さんはワット・チェトゥポン(Wat Chetuphon)を選びました。

スコータイ 7
ワット・シーチュムは城壁外の北部にあります。
高い壁に囲まれた座仏像。これが見たかったんです。

スコータイ 8
ワット・シーチュム

スコータイ 9
ワット・チェトゥポンは城壁外の南部にあります。壁に巨大な遊行仏像が飾られています。本来はこの本堂の四面に坐像、立像、臥像、遊行像の4体の仏像があったそうですが、現在では遊行像しか残っていません。

というわけで、運転は疲れましたがやっぱり行ってみて良かったです。行きは渋滞などもあって7時間かかりましたが、帰りはスムーズで5時間くらいでした。またいつか行ってみたいと思います。
.07 2009 スタッフ:レン comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。