スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マハチャイにて

前回ご紹介した乗り合いワゴンの乗車体験に続き、今回はマハチャイの町に関して、少しだけご紹介します。

マハチャイでのワゴン乗降場所は、町の中心部で衣類やアクセサリー、DVD、小物の露店が100メートルくらい続いており、賑わっていました。到着したのは週末の夜7時頃で、屋台がずらりと並び、人でごった返していました。(写真撮るの忘れてしまいました。。。)
食事は近くにあったオープンエアのタイ料理の食堂に入りました。100席くらいある食堂は24時間営業で、メニューも豊富です。空芯菜炒めやトムヤムクン、タイ風オムレツなど 特に珍しいというかご当地マハチャイのメニューというのはありませんでした。メニューには料金が記載させていませんでしたが、ローカルな大衆食堂で 地元の人たちが食べているから、そんなには高くもないだろうし、バンコクとは違い 外国人も少ないから、ぼったくりもないだろうなと、料金の確認もしないで次々に注文してしまいました。ビールも大瓶6本くらい飲んだと思います。

3時間くらい飲み食いをして、おかず7~8品とビール6本を胃の中におさめて 会計をすると、合計750バーツでした。大方の予想通り、メニューに料金がなくても、決して高くなかったいうことが分かりました。(この食堂でも写真撮るのを忘れてしまいました、、、。)

バンコクにはないような喧騒の感じない大通りが目の前にあり、そんな雰囲気の中で食べたり飲んだりというのも悪くなく、結構居心地の良さそうな町でした。

この町で2枚だけ写真を撮りました。

Image0201(Resized).jpg

Image0202(Resized).jpg


漁港の町ということで路上で売られていた貝とエビです。
もっと写真撮ればよかったなと後悔してしまいました。。。
スポンサーサイト
.29 2010 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

乗り合いワゴン乗車体験

知人の住んでいるバンコクの隣りの県、市内から約50キロ離れているサムットサコーン県マハチャイという漁港の町に、戦勝記念塔からの乗り合いバスで行ってみました。

Image0192(Resized).jpg
BTS陸橋からの戦勝記念塔

まずはここのロータリーでの乗り場探しから。ここでの発着は東西南北様々な行き先がありますので、目的地まで行くワゴンをこの中から探します。ロータリーはとても大きく、乗り場も沢山あり、探すのに一苦労です。

Image0196(Resized).jpg
高速利用、インパクト・ムアントンタニ行き という標記です。

Image0197(Resized).jpg
ビックCナコンパトム店、シラパコン大学行き という標記です。

このようにタイ語で行き先が書かれています。

少し時間を掛けて数多くあるワゴンの中からマハチャイ行きの車を割り出す事が旅っぽく、少し期待をしていたのですが、、、その日は知人がバンコクに来てて、待ち合わせをしてから乗り場まで移動するということになったため、知人の後ろを歩いてたら間もなく乗り場に着いてしまいました。。。それはそれで無駄な時間が省けたということで、、、。

ワゴン車(Risized)

この乗り合いワゴンは、主に郊外に住んでバンコクで働いている人の利用が多く、そういった人たちの通勤の足としてとても便利な乗り物です。今回乗ったワゴンは、12人乗りの比較的新しいコミューターで料金は一人50バーツ。乗車してから料金を支払います。その後、5分もしないうちに出発。細い路地を抜けるとすぐ高速道路の入り口でしたので、おかげさまで混み合う夕方の時間帯に渋滞とは無縁な移動、時速は100キロ近く出ていたと思います。車内では、外を眺めている人や音楽を聴いている人、ゲームをしてる人など各自思い思いに車に揺られていました。

、、、乗車してから40分ほどで終点のマハチャイに到着。これで乗り合いワゴンの旅は終わりです。

知人としてみれば、このくらいの距離ならば、いつでもバンコクに気軽に行けるので、結構気に入っているようです。確かに所要時間40分というのは、バンコク市内からスワンナプーム空港に行くくらいなので、隣りの県と言っても全然苦になりませんでした。ちなみにタクシーでマハチャイに行くとなると300~350バーツくらいするとのことでした。
.28 2010 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

乗り合いワゴン

Image0194(Resized).jpg

バンコク⇔郊外主要都市の移動に関して、乗り合いワゴンがあります。9~14人乗りのワゴン車で、○○分おきに運行 又は 人数が集まり次第出発するという流れです。乗り場はバンコク市内に数ヶ所ありますが、一番大きな場所は、戦勝記念塔のロータリーです。BTSビクトリーモニュメント駅徒歩1、2分なので、立地的にも乗り場までアクセスしやすく、とても便利と思います。ロータリーを囲むように、ワゴン車がぎっしり停車していて、料金は行き先により異なりますが、大体1時間程度の距離で一人当たり約60バーツくらいです。アユタヤ行きやカンチャナブリ行き、パタヤ行き、ホアヒン行きなどあり、公営バスとあまり料金も変わらないので、長距離バスターミナルに行く必要もなく、また、スピードもバスより速いので、便利な乗り物です。

但し難点があります。タイ人向けの乗り物の為、英語が話せる人があまりいなく、また、行き先表示もタイ語です。。。これでは乗っていてもちゃんと行き先に辿り着けるか不安だと思います。。。実際にこの乗り合いワゴンに乗ってみましたので、次回、レポートをお届けします!
.27 2010 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

チャン島 1泊2日弾丸ツアー

チャン島ツアー 14

こんにちは。

先週末、デュシタニのマリさんのお誘いでチャン島へ行ってきました。チャン島にはデュシタニ系列のデュシットプリンセスがあって、お友達と遊びに行くというのでお邪魔させていただきました。

土曜は仕事があったので車で後から追いかけました。バンコク市内からチャン島までは片道約4~5時間ほどです。車での行き方を簡単に紹介します。

市内高速道路→モーターウェイ(7号線)をChonburi方面へ→344号線を左折し、Banbueng方面へ→3号線とぶつかったら左折し、Chantaburi方面へ進みます。→Chantaburiを過ぎたらTratを目指します。Tratの手前で3156線を右折。Koh Chang Ferry の標識がある交差点です。→フェリー乗り場はいくつかあるようですが、今回はAo Tammachart の乗り場から乗りました。乗船する前にチケットを購入します。自家用車1台100バーツ、大人1人60バーツですが、ここで帰りの分のチケットもまとめて購入します。→チャン島まではフェリーで30分ほど。フェリーを降りたら右折します。ほとんどのリゾートは島の西側にあるようです。デュシットプリンセスは一番南の方にあります。

チャン島ツアー 1
フェリーの中には小さな売店もありました。

チャン島ツアー 2
フェリーには車もかなり乗ります。ただ、週末や連休など混みあう時間は1回で乗り切らない場合もあります。帰りは日曜の昼だったので混んでました。ぎりぎり1番後ろに乗れましたが、少し遅れたら次のフェリーを待たないといけないところでした。

チャン島ツアー 3
ホテルに到着した頃にはあたりは暗くなり始めていました。ビーチの前にあるプールがとてもきれいなリゾートです。

チャン島ツアー 4
宿泊したのはビーチフロントデラックス。バルコニーからプールとビーチが一望できました。客室も50平方メートルと広く、ゆったりしていました。

チャン島ツアー 5
バスルームはバスタブとシャワーブースが別れています。

チャン島ツアー 6
こちらは水周りです。

チャン島ツアー 7
バスルームとベッドルームの間の窓は開けることができます。

チャン島ツアー 8
チェックインした後は、車に乗ってビーチ沿いのシーフードレストランへ行ってみました。チャン島は数年前に来たことがありましたが、そのときよりもホテルやレストランなどがかなり増えていて欧米人のお客さんがたくさん来ていました。(日本人は少なかったです。)

チャン島ツアー 9
海に来たらやっぱりシーフードですね。

翌朝、フィッシャーマンズビレッジでエサのイカを購入して、ホテルビーチの端の岩場になっている場所で釣りをしてみました。

チャン島ツアー 10
釣れたのはこの1匹だけでした。。

チャン島ツアー 11
釣りの後は朝食です。

チャン島ツアー 12
このレストランからの眺めがまた良かったです。朝食のあとは奥さんはスパへ、僕は子供とプールで遊んでいました。

帰りの道中のこともあるので12:00にはチェックアウトしてホテルを出発しました。滞在時間は短かったですが久しぶりにチャン島に来てみていいところだな~と思いました。今度はもう少しゆっくりしてみたいと思います。
.19 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ラ・フローラパトン (La Flora Patong) を見てきました。

こんにちは。

先日プーケットに行った際にパトンビーチにあるラ・フローラを見てきましたので報告です。時間があまり無かったのでざっと見てきました。こちらのホテルはパトンでは貴重なオンザビーチのホテルです。(他にはインピアナリゾート、パトンベイガーデン、アマリコーラルなど。)

La Flora Patong 2

La Flora Patong 1

立地はインピアナとパトンベイガーデンの間です。ホテルの横にマクドナルドとスターバックスコーヒーがあります。中心地で限られた土地の為、幅は狭いです。

La Flora Patong 3
ホテルの中を通ってビーチに出てみました。さすがにハイシーズンのパトンはとても混雑しています。

La Flora Patong 4
メインのビルディングはパブリックプールに面しています。1階がデラックス・プールアクセス、2階がデラックス・プールビューです。

La Flora Patong 5
こちらはデラックス・プールビューです。ほとんどキングサイズベッド(ツインベッドは1室だけです。)になりますので、ツインベッドのリクエスト手配は不可となります。

La Flora Patong 6
バスルームはバスタブとシャワーブースの両方備え付けられています。

La Flora Patong 7
備品も揃っています。

La Flora Patong 11
続いてビーチフロントプールヴィラ。ヴィラという名称が付いていますが1棟独立型ではありません。ビルディング棟の一番海側の部屋になりますのでご注意ください。

La Flora Patong 12
リビングエリア

La Flora Patong 8
プライベートプールが付いています。

La Flora Patong 9
大きなレインフォールシャワーです。

La Flora Patong 10
バスタブにはジャクジーが付いていました。

La Flora Patong 15
最後にビーチグランドプールヴィラのご紹介です。

La Flora Patong 16
リビングエリア

La Flora Patong 13
ジャクジー付きのバスタブ

La Flora Patong 14
プライベートプール


La Flora Patong 18
こちらはレストランです。

La Flora Patong 17
パブリックプール

というわけで、ネットの調子も悪いので駆け足で紹介いたしました。。
.19 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

ローズガーデン

こんにちは。

バンコク近郊の観光地として、とても有名な「ローズガーデン」。
先月8年ぶりに行ってきましたので、ご報告したいと思います。

場所はバンコクから車で約1時間。
ローズガーデンはバラ園から始まりましたが、今はゴルフ場や宿泊施設、タイカルチャーショーなど娯楽施設もあり大きな場所になっています。

今回は午後からローズガーデンへ行き、ランチブッフェ、タイのカルチャーショー、エレファントショーを見てきました。
P1060810.jpg
ランチブッフェはタイ料理、日本食、西洋料理があります。デザートはタイデザートのみでした。
味はあまり美味しくなかったですが、レストラン自体は雰囲気が良く、庭が見渡せますし、カルチャーショーとランチブッフェを事前申し込みするとお得な料金があるので、水上マーケットの帰りなどに利用出来ると思います。

カルチャーショーは午後2回公演されます。
以前は3回公演だったそうですが、観光客が減っていて、公演回数も減ったそうです。
P1060812.jpg

P1060813.jpg
ショーまでの時間、園内を見て回りました。
繭から絹糸を作る実演や、民芸品売り場、アユタヤ時代からの民族衣装の展示などがありました。

ショーが始まりました。
P1060815.jpg
タイの結婚式です。
P1060818.jpg

P1060816.jpg
ムエタイです。
ショーとは思えない迫力が有り、また笑い有りおもしろかったです。
P1060821.jpg
他には、早いステップのバンブーダンスや、刀での戦い、古典舞踊に農家の様子などありました。
どれも迫力有り、また美しく、手軽にタイの伝統文化を知ることができ、楽しめました。

次にエレファントショー。
P1060823.jpg

2009_1228-0101_Thailand_262.jpg
15分程の短いものですが、初めての方なら充分楽しめると思います。
ご希望の方は、この後象に乗ったり(2、3分で短いですが、、)、象と記念撮影ができます。

8年前行ったときは、ショーがとてもつまらなくて寝てしまいそうになったのですが、今回は事前に前の方の席を取っておいたので、細部までよく見えて楽しむことができました。

午後が空いてしまった方、行ってみてはどうでしょうか。

お問合せはRYUJIN TOURSまでどうぞ。

ローズガーデンの観光(昼食付き)
料金:お一人様 THB1,650 (バンコク市内からの送迎含む) 
.18 2010 スタッフ:レン君のママ comment0 trackback(-)

プーケット島に行ってきました。

Phuket 14Jan

こんにちは。

昨日は仕事でプーケット島に日帰りで行ってきました。仕事なのでスーツにネクタイでしたが、お昼ごはんを食べた海沿いのレストランでは風があってあまり暑く感じませんでした。

数時間の滞在でしたが、訪問先からの帰り道に新しいホテルも見て来れましたのでまた次回ご紹介したいと思います。
.16 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

無料情報誌WOM (ワム)のモルディブ特集

WOM


こんにちは。

弊社で取材協力させて頂いた、無料情報誌・WOM(ワム)のモルディブ特集が発行されました。(モルディブ支店のみなさん、ありがとうございました!)

今回はバンドスとココアの2軒のホテルに宿泊したのですが、小さなお子さん連れの取材で、子連れでどれだけ楽しめるか実際に体験して頂きました。

誌面を見ると、お子さんにも楽しんで頂けたようで良かったです。

バンコクからモルディブへはバンコクエアウェイズの直行便が日・木の週2便運航していて、約4時間のフライトなのでお子様連れでもとっても行き易いと思います。うちもいつか子供を連れて行きたいです。(去年のダコの時も同じ事を言ったような気が。。。)

無料情報誌WOMのページ
.13 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

オフィス玄関にて

11月~2月のバンコクは乾季で殆ど雨が降りませんが、珍しくここ1週間で2、3回雨が降りました。雨季に降るスコールのような激しさはなく、しとしとと1時間くらい降るような感じです。この間、平日の仕事中に雨が降りました。仕事が終わる頃には雨もやんでいたのですが、帰りにオフィスの外の玄関で地面に何か不自然な物体が目に入りました。暗くて良く見えなかったのですが、近づいて見てみると、、、

思わず 「うわっ!!!」

カタツムリ(RESIZED)

巨大カタツムリでした!

タバコのパッケージの大きさと比べても分かるように、こんなに巨大です!どこから迷い込んで これからどこに行こうとしているのでしょうか、、、?珍しかったのでブログに掲載してみました。。。
.12 2010 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

クロントム市場

自分の部屋で使う小さめのホームシアターのようなスピーカーが欲しかったので、近所のおじさんに訊いたところ、料金重視だったら中華街外れにあるクロントム市場が良いと勧められ、行ってみることにしました。ホームシアターほどの迫力の音質いかないまでも、音楽を聴くときに低音の響くようなものが欲しいなと思い、探しました。

Image0170(RESIZED).jpg
クロントム市場


先日も量販店のビッグCにスピーカーを買うつもりで行ったのですが、これが欲しいと陳列されている商品を指さし、店員に伝えたところ、在庫切れ、ということが3商品もあり、店員も知識があまりなかった為、量販店で買うのは生活雑貨程度で十分だと感じました。

クロントム市場は、スピーカー専門店、リモコン専門店、マイク専門店などなど、無名のブランド商品が所狭しと並べられており、料金がとにかく安かったです!

Image0165(RESIZED).jpg
色々な部品があります。

Image0166(RESIZED).jpg
リモコン専門の露店です。

Image0168(RESIZED).jpg
スピーカー専門の露店です。

Image0169(RESIZED).jpg
マイク専門の露店まであります。


とりあえず1年くらい使えれば良いかなという気持ちだったので、ブランドには拘らずに買ってみました。こういったところで買ったのに、ちゃんと1年間の保険も付いていました。ここの市場では、オーダーメイドでスピーカーを作ってもらう事もでき、高さ1メートルくらいの大きなスピーカーでも1つ1,500バーツ前後で注文できるそうです。

安かったので、スピーカーの他に思わず新しくDVDデッキも衝動買いしてしまいました!1万円出してもお釣りが数千円くる値段です。スピーカーは奥行きがあまりなかったので、音質もそれ相応だろうなと感じながらも早速試してみたら、結構迫力がある良い音質でした。近所迷惑にならないように、気をつけたいと思います。。。
.12 2010 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。