スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2010年の釣り納め

こんにちは。

2010年も残すところあとわずかとなりました。というか、日本ではもうすでに年が明けていますね。タイは時差があるのであと1時間ちょっとあります。

今年やり残したことは、、と考えたらここ最近時間がなくて全然ブログを更新していなかったので、いろいろと書きたいことがたまってしまってました。というわけで、とりあえずひとつでも何か書こうと思って、結局また釣りのことになってしまいました。

先日のシーチャン島での釣りは潮の流れも早くて釣るのが難しく、釣果は良くなかったのですが、釣れないことも含めて釣りなのでご報告です。

fishing dec 10 1
▲今回は夕方から出船して、まずはイカ釣りです。かなりサイズの大きい群れが船の周りに集まってくるんですが、エギ(イカ用の疑似餌)に近づいて来ても警戒心が強くて食いつきません。そんな中唯一釣れたイカです。今までタイで釣った中では一番大きかったです。

イカ釣りの後はシーチャン島に上陸して、安宿に宿泊しました。この、ギリギリ許せるかどうかという感じのホテルは久々でした。奥さんはもう泊まらないと言ってましたが。。。

翌朝は5時に出港です。ただ、ポイントまでが遠くて、結局釣り始めたのは8時前。ちょっと今回は移動が長いのも難点でした。この日は潮の流れも早くて釣るのが難しく、お昼頃には船頭さんもどこに移動しても釣れないよ、ということで戻ってきました。結局大きな魚は船頭さんが釣った55センチくらいのコロダイくらいでした。

fishing dec 10 2
▲船頭さんにもらったコロダイはシラチャーのレストランでお刺身に。

fishing dec 10 3
▲Chizukoさんの釣ったクイーンフィッシュとアジのたたき。アジが一番おいしかったです。


今年はデモの影響などもあって、タイの観光業界にとっては厳しい年になりました。来年はもっとたくさんの皆様にタイに安心して遊びにいらして頂けるような年になってほしいと思います。今年も大変お世話になりました。皆様、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト
.31 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【サムイ島】 パノラマシービューのレストラン

こんにちは。


最近行ったレストランといえば、「ビラ・ラムーン」というレストランです。
結構新しくて景色が良いとのことで知人と行って来ましたのでご報告です。


PICT0015_convert_20101230164705.jpg
チャウエンビーチを南下していくと10分くらいで左手にこの看板が見えます。
周回通り沿いですのですぐにわかります。

ここは小さなリゾートホテルにあるレストランです。


PICT0016_convert_20101230164836.jpg
新しくてとても綺麗な建物です。
通りの海沿いにあって、ドライブ途中に気軽に立ち寄れます。


PICT0009_convert_20101230162634.jpg
レストラン内部です。



PICT0012_convert_20101230163624.jpg
そしてレストランからの景色はこんな感じです!!
180度海を見渡せるパノラマビューです!オープンエアーですが日差しは当たらず
結構涼しかったです。



PICT0006_convert_20101230162025.jpg
メニュー表です。やはりちょっと高めですね。
裏がタイ料理メニューでした。タイ料理は1品200バーツ前後です。



PICT0014_convert_20101230164541.jpg
私が頼んだのはアヒルのココナッツカレーです。
おいしかったのですが、辛くてたまりませんでした。辛さ控えめに頼むのを
忘れてました。



PICT0007_convert_20101230162238.jpg
左方角はチャウエンビーチです。



PICT0008_convert_20101230162451.jpg
右方角はラマイビーチです。
隣に見えるのは有名シーフードレストラン「タールア」です。
天気が良くて良かったです。



PICT0013_convert_20101230164244.jpg
綺麗です!!



さて、2010年もあと2日で終わりですね。
こちらをお読み頂きましてありがとう御座いました。
また2011年もサムイ島の情報をお伝えしていきたいと思います。

皆様良いお年を。

.30 2010 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 サムイ島写真館 クリスマススペシャル!

こんにちは。

2010年ももうすぐ終わってしまいます。
去る12月25日はクリスマスだったわけですが、ここは仏教の国。タイにいるとあまりその
雰囲気を感じないかと思います。しかし、欧米人にとっては1年で最も大切な祝日ですね。

そこで忘れてはならないのが、ここは観光客の島サムイ島ということです。
観光客をもてなすためにリゾート、レストラン、バーなどはクリスマス一色となり、電飾の
飾りつけから、スタッフの衣装までタイ人も雰囲気造りに一生懸命頑張っておりました。
24日のクリスマスイブはサムイ島はそれなりに盛り上がったわけです。


では、クリスマスイブの夜のチャウエンビーチ繁華街の写真をどうぞ。


IMG_2978_convert_20101225123627.jpg
ダラサムイのクリスマスディナー


IMG_2979_convert_20101225123723.jpg
ムアンサムイの電飾



IMG_2980_convert_20101225123810.jpg
シーフードレストランの雪だるまの飾り



IMG_2981_convert_20101225123901.jpg
リゾートスタッフは皆サンタ帽をかぶりました。



IMG_2982_convert_20101225123949.jpg
ダラサムイのレストラン、生バンドの歌手もサンタ風衣装で



IMG_2983_convert_20101225124231.jpg
レストラン、RED SNAPPERの入り口



IMG_2984_convert_20101225125100.jpg
各レストランはクリスマス特別ディナーを用意してました。



IMG_2987_convert_20101225125437.jpg
レストランの呼び込みスタッフ



IMG_2989_convert_20101225130338.jpg
この日だけは、サンタ帽屋台も出没します。1つ100バーツです。



IMG_2993_convert_20101225132320.jpg
一番賑わいを見せるビーチ上のレストランです。
どこも大混雑で空席はありませんでした。



IMG_2994_convert_20101225132549.jpg
ビーチでは腕や頭につける電飾の売り子さんが頑張ってました。



IMG_2995_convert_20101225133231.jpg
これはタイ語で「コーム・ファイ」と言います。
熱気球と同じ原理で、火をつけて空へ飛ばします。



IMG_2998_convert_20101225133836.jpg
写真が下手ですみません。空にはたくさんのコーム・ファイです。



IMG_2999_convert_20101225134142.jpg
ビーチ上の1番人気レストラン「アークバー」も満席



IMG_3000_convert_20101225140406.jpg
ビーチ上はどこも満席、音楽の音量もいつもより大きいです。



IMG_3004_convert_20101225141220.jpg
夜でも海ではしゃく欧米人



IMG_3006_convert_20101225141326.jpg
変な電飾メガネを売る子供



IMG_3007_convert_20101225141430.jpg
リゾートのレストラン



IMG_3009_convert_20101225141602.jpg
花火も上がりました。打ち上げ花火は1発500~800バーツで買って誰でも出来ます。
良い商売ですね。



IMG_3012_convert_20101225143059.jpg
ビーチ上でプライベートディナー
チャウエンビーチの南の方は人が少なくて静かでした。



IMG_3014_convert_20101225150443.jpg
ザ・ライブラリーのビーチ側



IMG_3015_convert_20101225150548.jpg
ビーチで楽しんだ後はバーへ移動して再度盛り上がります。



IMG_3016_convert_20101225150640.jpg
バーのスタッフ



IMG_3018_convert_20101225150943.jpg
ザ・ライブラリーの入り口の電飾。綺麗でした。



IMG_3019_convert_20101225151219.jpg
同じくザ・ライブラリーの入り口




IMG_3020_convert_20101225151522.jpg
バーン・サムイの電飾




IMG_3022_convert_20101227125536.jpg
アルズリゾートの電飾




IMG_3025_convert_20101227125632.jpg
ソイ・グリーンマンゴの通りのバーも満席、踊ってる白人多数です。



IMG_3027_convert_20101227125925.jpg
人気バー、「ソロバー」も大混雑!




以上、メリークリスマス!!!


サムイ島厳選ホテルのご予約はコチラから!
.27 2010 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 素朴すぎるバーで1杯

こんにちは。

大変天気が安定している、12月半ばのサムイ島です。
休日はたいてい島内をぶらぶらと走り回り、良い雰囲気でビールを飲める場所を探しています。

そんな時にメナムビーチで素朴なレストラン兼バーを発見致しました。


PICT0041_convert_20101222163543.jpg
サムイ島北部のメナムビーチ周辺の周回通りから中へと入ってこの看板が気になりました。

丁度ロンプラヤの桟橋の少し東側から入ったところです。



PICT0040_convert_20101222163445.jpg
看板に沿っていくと舗装されていない道が続きます。サムイ島でも人通りが無い場所は
まだまだこういう道があります。



PICT0039_convert_20101222163346.jpg
5分ほど走って海が見えてきました。そこに1軒のビーチバー&レストランがあります。
手造り間ばっちりの木のみで出来た、しかも藁葺き屋根っぽいこれ。
本当に素朴で風情を感じました。



PICT0036_convert_20101222163049.jpg
4人掛け用の小さなサラ、柱は竹です。最近ではビーチ上でもお洒落な建物が増えてきてます
ので、こんな素朴な建物は逆に珍しいです。




PICT0037_convert_20101222163141.jpg
ビーチフロントの2人席です。潮風にさらされまくったテーブルと椅子はかなり黒ずんでいて、、、
でもそれも私にとっては良い感じです。




PICT0034_convert_20101222160326.jpg
ビーチを向いたわけのわからない銅像は、ちょっとセンスがないかな、、と思いましたが、
ビーチは誰もいなくて静かです。

この日は曇っていたのが残念でしたが、晴れていてもメナムビーチは人が少ないビーチです。
透明度はそれほど無い海ですが、あまり観光地化されていない所で過ごすのも良いですよ。
ビールの小瓶は60バーツでした。とやっぱりチャウエンビーチの約半額ですね。


小さい島でも、私の知らない場所はまだまだありますね。
私のサムイ島探検はまだまだ続きます。
.22 2010 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【バンコク】まるでヨーロッパ!Palio Khaoyai(パリオ・カオヤイ)とは?

こんにちは!
今月は3連休があったので、小旅行に行ってきました。

その中から、帰りに立ち寄った「パリオ・カオヤイ」という複合ショッピング施設をご紹介します。

カオヤイはバンコクから車で約2時間半の所にある避暑地で有名な場所です。
カオヤイにはカオヤイ国立公園という世界自然遺産にもなっている大きな山があり、その麓には別荘やワイナリー、アウトレットに牧場などがあって、雰囲気は日本の軽井沢のようです。

カオヤイ国立公園と周辺のブログはこちら

そんな場所に出来たパリオ・カオヤイはイタリアの街をイメージしているそうです。
R0013367.jpg

R0013374.jpg

R0013366.jpg


確かに、ここがタイだとは思えない素敵な町並みです。
でも、イタリアというよりスペイン風(?)な感じですね。

12月ということもありクリスマス風に装飾してありましたが、とにかくすごい人です!
連休にバンコクから来たタイ人が多いようです。

R0013365.jpg

ジムトンプソンのお店はジムトンプソン・ファームということで、蚕の餌になるマルベリー(桑)を使用したドリンクやティーリーフ、お菓子なども販売していました。

人が多すぎてお店をざっとしか見れなかったんですが、結構かわいいお店が多くてびっくりしました。

R0013375.jpg

ここも気に入ったお店のひとつ。いろんなスカーフがあって可愛かったです。
後日、ここのスカーフ達と同じ物がバンコクのエンポリアムで売っているのを発見したんですが、パリオの方が安かったです。

他にも、セレクトショップ系で日本のシャツやバックを格安で販売しているお店もあったりと、意外と楽しめました。

久々に行ったカオヤイはお洒落なレストランなど増えていたので、また連休では無い時にゆっくり見に行きたいなぁと思いました。

Palio Khaoyai
.20 2010 スタッフ:レン君のママ comment0 trackback(-)

【バンコク】 ペニンシュラホテルのクリスマスツリー点灯式

こんにちは。

先日、釣り仲間でもあるペニンシュラホテルのM谷さんにご招待頂き、クリスマスツリーの点灯式に行ってきました。

peninsula xmas 2
▲ロビーの天井まで届く大きなクリスマスツリーです。きれいですねー。

peninsula xmas 1
▲大きな熊のぬいぐるみを見て、会場に来ていた子供たちも大喜びです。

peninsula xmas 3
▲蒸気機関車が走るジオラマがあって、うちの息子はずっとこれを見てました。

peninsula xmas 4
▲少年少女聖歌隊の歌声に癒されました。

今年も残す所あとわずかになりましたが、毎年のことながら、季節感の無いバンコクでは今ひとつ実感が湧きません。それでも、こういう場所でクリスマスソングを聴いてツリーを見ていると、やっぱり年末だなー、と感じますね。

M谷さん、ありがとうございました!
.16 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【サムイ島】 本当に美しいクリスタルビーチ

こんにちは。

12月も後半に入り、いよいよ2010年も残りわずかとなってまいりました。
サムイ島は相変わらず晴天で、9日から本日まで8日間連日の晴れとなっております。
これはもう雨季は明けたと宣言して良いですね。
もちろん雨が絶対降らないとはいいませんが、雨季の時の様な豪雨が続くことはない
はずです。
あの11月の洪水が今では信じられないです。


さて、本日はサムイ島内で最も綺麗なビーチと言われる「クリスタルビーチ」をご紹介
致します。


PICT0012_convert_20101216160246.jpg
場所はチャウエンビーチから10分程南下したところで、ラマイビーチの少し北にあります。
距離的にはラマイビーチからのほうが近いです。

ここは小さな入り江になっていて、大きな岩と山に囲まれています。
ガイドブック等にも「島内で一番のビーチ」と紹介されるほど本当に綺麗で透明度があります。
写真は最近の物ですので水に濁りがありますが、それでも綺麗ですね。これから乾季が来れば
さらに綺麗に見えますよ!



PICT0007_convert_20101216155838.jpg
このビーチにはクリスタルベイリゾート、トンタキアンリゾート、サムイヨットクラブという
3つのリゾートがあります。
外国人でしたら何の問題もなくリゾートの敷地を通ってビーチへ行けます。



PICT0008_convert_20101216155932.jpg
ここは海に向かって左側の端です。この日私は初めてここで泳ぎました。
残念ながらシュノーケリングは出来ませんが、端の岩場の方まで行くと小さな魚も見れます。



PICT0006_convert_20101216155740.jpg
人が少なくてのんびり出来るのもこのビーチの良い所です。
また、チャウエンビーチやラマイビーチのようにジェットスキーもなく、物売りは一人
見かけただけでした。



PICT0010_convert_20101216160107.jpg
こちらは右側の端です。



PICT0011_convert_20101216160201.jpg
これから年末へ向けてここへ来る人も増えてくると思いますが、それほど賑やか
にはならないです。
夏にここへ来たことがありますが、やはり透明度は抜群でした。



PICT0009_convert_20101216160020.jpg
サムイ島はほとんどのリゾートがビーチ上にあるため、部屋から水着を着てそのまま海へ、
という過ごし方が普通なため、わざわざ自分の宿泊しているリゾートのビーチ以外のビーチ
へ泳ぎに行く人は少ないかと思います。

しかし、出かけた時の休憩地として少しの時間立ち寄るだけでもここはお勧めです。
クリスタルビーチを眺めるレストランでコーヒーやビールを飲むだけでも、かなり心地良い
ひと時となるでしょう。


皆さんも行って見てください。


.16 2010 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 検証~ビーチリゾートでテーラーは儲かるのか

こんにちは。


本日は、タイで生活して長年抱いてきた疑問を解消したいと思います。

タイ国内には無数のテーラー、いわゆる仕立て屋さんが存在します。店主はほぼ全員が
インド、バングラディシュ、ネパール、スリランカ、、等の国々から来た人達です。
オーダーメードのスーツが約4,000~6,000バーツほどの値段で作れて、しかもほとんど
のお店が24時間以内に完成、オーダーした翌日に受け取れます。
日本人から見ればこれは破格の値段であり、最高のスピードでしょう。



PICT0023_convert_20101214155311.jpg
さて、このテーラーはバンコクのみならずビーチリゾートの繁華街にもたくさんあります。
例えばプーケットのパトン、クラビのアオナン、パタヤのウォーキングストリート、、
もちろん写真のように、サムイ島のチャウエンにもたくさんあります。

そこで私の疑問が生まれるわけです。

なぜビーチリゾートで? 外国人旅行者は本当に買うの? 一体いくら儲かるの?
多くのビジネスマンが行き交うバンコクならまだしも、リゾート地でスーツを着てる人
などいないのです。しかもこれらのテーラーに客が入ってるところなど一度も見たことがないです。
にもかかわらず、レストランやバーはコロコロ入れ替わるこのタイのリゾート地で
多くのテーラーは一等地に店を構えて永く営業しているのです。
疑問は膨らむばかりでした。



PICT0015_convert_20101214154558.jpg
私の疑問に答えてくれたのはこの人です。
サダーム君、22歳。バングラディシュから1年前にサムイ島に来て、1軒のテーラーで働いています。

サングラスといい、髭といい、いかにも遊び人風のサダーム君ですが、この前チャウエンビーチ
を散歩している時に話しかけられて知り合いとなりました。
彼が良かったのは私に一切客引きしなかったことです。「ヤスイヨ!ミルダケ!アジノモト!」
と話しかけてきたら軽く無視するところでした。



PICT0021_convert_20101214155057.jpg
そして彼のお店「スターコレクション」です。

なんとこのお店チャウエンのビーチロード沿いではなく、ビーチ沿いにあります!
つまり入り口は砂浜、前を通る人は100%水着姿の外国人です。
ますますわけがわからなくなってきました。どう考えてもアイスクリーム屋でもやった
方が良いに決まってる!!



PICT0022_convert_20101214155205.jpg
店のショーウィンドウです。スーツ各種のほか、女性用のドレスや靴までオーダーメード
で作れます。

世間話を10分ほどした後、店の中を見せてもらい、いろいろと話を聞くことが出来ました。
単刀直入に『お客さんは来るの?』と聞くと、笑いながら『いや来ないね』とあっさり。
聞けばサダーム君の叔父さんはサムイ島内で4軒のテーラーを営む社長で、その中の一番
小さい店を任されているそうです。



PICT0016_convert_20101214154637.jpg
サダーム君のお店は、畳にしてたったの5畳ほどのスペースで家賃は月15,000バーツです。
たったこれだけのスペースでもやはり繁華街は高いですね。

お店のスーツの値段は生地によって5,000~6,000バーツで、他のお店とほぼ一緒です。
スーツ上下1着にはYシャツ1枚、スペアパンツ1枚、ネクタイ1つが自動的にセットになっています。
1着売ると1,500バーツほどの利益だそうです。とういうことは家賃をペイするだけでも月に10着
は売らないといけないですね。簡単そうに見えて絶対ここでは無理。なにしろ私が4日ぶりの来客
なのですから。



PICT0019_convert_20101214154904.jpg
ポーズを決めるサダーム君

サムイ島のテーラーに来るお客さんは100%観光客で、在住者の需要はありません。
皆、自国より遥かに安い為に、帰国してから着る為に買っていくそうです。この辺はなんとなく
予想した通りでした。
特にサダーム君のお店は客が月に5人以下、多い時で10人ほどだそうですが、中にはYシャツだけ
(1枚1,000バーツ,利益250バーツ)オーダーするお客さんもいるので、完全な赤字経営のようです。
それでも数年前まではテーラーはいい商売で叔父さんは儲かった、と彼は言いました。



PICT0020_convert_20101214154958.jpg
間近で見るサダーム君。まだまだ若い。

では、なぜサダーム君のお店は潰れないのか?
他の3軒のお店でサダーム君の店の赤字をカバーしているのか、それとも社長である叔父さんは
他にもビジネスをしてるのか?そこまで詳しくは聞きませんでしたが、一つだけわかったことが
あります。

そのからくりは「ファミリー経営」です。なぜならサダーム君には給料が無いのです。親戚一同
一緒に住んでいるため、家と食事だけは保障され、他にお金が必要な物があれば叔父さんが
出してくれます。他の3軒のお店も恐らく同じ事でしょう。私には馴染みがない形ですが、
バングラディシュではこれが普通だそうです。

『みんなスーツなんかに興味ないんだぜ!』と底抜けに明るいサダーム君を見てると
なんだか元気になってきました。今度私のYシャツはサダーム君に頼もう!



[検証結果]
ビーチリゾートでテーラーは儲かるのか。
答え----儲からない。
.14 2010 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

アンパワー(アムパワ)水上マーケット

アムパワDec10-2

こんにちは。

先日、友人夫妻と一緒に、久しぶりにアンパワ水上マーケットに行ってきました。

前回行った際の記事はこちら

このマーケットが立つのは毎週金・土・日の夕方~夜にかけて。バンコクから車で約1時間強と気軽にいけることもあり、タイ人にもとても人気で非常に混みあっています。

乾季の夜は涼しいですし、おしゃれなお店が並んでいるので日本人観光客も楽しめると思います。以下、写真で雰囲気を感じていただければ幸いです。

アムパワDec10-1
▲運河沿いにたくさんのお店が並んでいます。

アムパワDec10-3
▲この左手のバーの奥はゲストハウスになっていました。

アムパワDec10-4
▲古い建物を改装したお店。運河沿いのテーブルでリラックスしている人たちもいます。

アムパワDec10-5
▲何のお店でしょう?

アムパワDec10-6
▲わけのわからないガラクタを売る露店もあります。

アムパワDec10-7
▲王様の肖像画や写真を飾るお店も多いです。

アムパワDec10-8
▲手作りの風鈴?

アムパワDec10-9
▲ビヤガーデンになっているエリアもありました。

アムパワDec10-10
▲王様の写真が並びます。
.13 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【バンコク】 ケープハウス・ランスアン

こんにちは。

しばらく前になってしまいましたが、ランスアン通りにあるサービスアパートメント、ケープハウスに行ってきました。場所はランスアン通りの中程で、チットロム駅4番出口を出て徒歩5分程です。オフィスを引っ越す前はお隣さんだったのですが、今回ロビーや客室などを改装したということで、あらためて見させていただきました。

capehouse 1
▲改装したばかりのロビーです。すっきりした感じになりました。

capehouse 15
▲ロビーの横にあるイタリアンレストラン、「No.43」はそのまま健在です。宿泊者の朝食会場はこちらになります。周辺のビジネスマンにはランチタイムのビュッフェも人気です。

capehouse 2
▲こちらは15階にあるエグゼクティブラウンジです。10:00~21:00の営業で、宿泊客は全員無料で利用できます。ドリンク、軽食などが提供されます。インターネットはWiFiを全館で無料利用可能です。

capehouse 3
▲プール、フィットネス、キッズクラブは16階になります。プールの横には温水のジャクジーがあります。結構温度が高めで、湯船に浸かっている感覚になれると思います。(但し水着は着用してください。)

capehouse 4
▲続いて客室の紹介です。ケープハウスは20階建てのビルディングで、総客室数は170室です。サービスアパートメントですので、当然のことながら長期滞在のお客様の割合が高くなっています。こちらの客室はステュディオです。部屋の広さは客室によってまちまちで、37~45平方メートルとなります。

capehouse 5
▲ステュディオといってもベッドとリビングエリアがテレビ台で仕切られているようになっていて、スイートとは言えませんが、少し広く感じます。テレビはリビング、ベッドの両方で見られるように、台が回転します。

capehouse 6
▲バスルームには全室バスタブが完備されています。

capehouse 7
▲バスタブとは別に、シャワーブースも設置されています。

capehouse 8
▲長期滞在の宿泊客用に、キッチン(電子レンジ、電気調理器、食器類など)も全室完備しています。ただしミニバーはありませんので、冷蔵庫の中はからっぽです。といっても、道を挟んでコンビニエンスストアもありますし、セントラルデパート(チットロム店)、ビラスーパーなども歩いてすぐなので近所で買ってきて冷蔵庫に入れておいたほうが安くて便利です。

capehouse 9
▲室内には洗濯機もあります。

capehouse 10
▲続いて1ベッドルームの客室、53平方メートルです。

capehouse 11
▲バスルームにはステュディオ同様、バスタブとシャワーブースが設置されています。

capehouse 12
▲1ベッドルームのリビングスペース

capehouse 13
▲キッチン、洗濯機などの設備も同様です。

capehouse 14
▲ベッドルーム、バスルームの扉を閉められるので、リビングスペースにお客さんを呼んでミーティングなども可能ですね。

というわけで、このところバンコクにはこのようなサービスアパートメントがどんどん増えてきています。(同時にホテルも増えていますが。。)特にリピーターのお客様はサービスアパートを指定される方も増えてきました。もちろん、ホテルとサービスアパートメントでは従業員の数、サービスの体制などの基準が違いますので、お客様のニーズによって選んで頂ければ、と思います。
.13 2010 スタッフ:レン comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。