FC2ブログ

【サムイ島】 ヒンコム岬の絶景とコンラッド・サムイの情報

こんにちは。


「ヒンコム岬」とは、サムイ島の最南西部にある岬です。
空港からも、繁華街のチャウエンビーチからも最も遠く離れています。周りにはバンガロー
やリゾートが数軒のみありますが、通常、人が全く訪れないエリアです。

私も以前に1度だけドライブで行ったきり、しばらく行ってなかったので、久しぶりに
行って見る事にしました。すると、前回に通らなかった道や絶景ポイント等を発見し、
思いがけない収穫がありましたので、お知らせいたします。


IMG_3480_convert_20110309154557.jpg
こちらは、岬にある山を登ってる途中で、振り返ったときに見つけた絶景です。



IMG_3481_convert_20110309154708.jpg
もう少し登ってこちら。
海の色のコントラストが見事じゃありませんか?方角は北の方を見ています。



IMG_3482_convert_20110309154805.jpg
この辺は少し泳ぐと珊瑚もまだありそうですね。



IMG_3484_convert_20110309155004.jpg
先程の写真から、少し右方向です。入り江のような小さな湾になっているのがわかります。
かなりの遠浅のビーチですね。ここにパールベイリゾート、エレメンツブティックリゾート
と2軒のリゾートがあります。


IMG_3485_convert_20110309155053.jpg
少し山を移動してこちら、岬から東方向が見えるポイントです。
綺麗ですね。



IMG_3486_convert_20110309155146.jpg
右に見えるのは、コーラル島とムッスム島です。



IMG_3487_convert_20110309155245.jpg
少し南に向くとコーラル島が大きく見えます。



IMG_3492_convert_20110309165922.jpg
さて、こちらは西側を向いた風景です。小さく見える島は「ファイブアイランド」と呼ばれる
5つの無人島です。



IMG_3488_convert_20110309155350.jpg
もう一度東側をアップで。サムイ島最南端のソー岬も見えますね。


と、いうわけで、またしても絶好の景色を堪能しました!!



ところで、この「ヒンコム岬」にあのヒルトングループがコンラッドブランドの
Conrad Koh Samui(コンラッド・コ・サムイ)建設中なのを、以前にもお伝えしました。
昨年のバンヤンツリーWリトリートに続き、サムイ島の高級リゾートの戦国時代は終わりません!
特にヒルトンはスターウッドやアコーに並ぶ有名ホテルチェーンですので、業界の注目度は高い
事でしょう。



ではここで、今現在、私の手元に届いている「コンラッド・コ・サムイ」の情報を少しだけお伝え
致しましょう。あくまでもまだ未完成ですので、参考情報程度にお考えください。


客室情報は?
・全80室で全てがオーシャンビューのプライベートプール付きのプールビラらしい。
・65室が通常のビラ、14室が2ベッドルームビラ、1部屋がプレジデンシャルビラらしい。
・客室のプライベートプールは約10mと大きく、泳ぎながら海が一望出来るらしい。
・I-POD、エスプレッソマシン、WIFIあり、テレビはバスルームにもあるらしい。

施設情報は?
・到着時の景色の演出と絶景ラウンジ(パノラミック・ウェルカムラウンジ)、レストラン、
 バー、共同プール、ヘルスクラブ、ヨガエリア、キッズクラブ、ライブラリー、専用桟橋
 スパ、等があるらしい。

という情報が来ております。
肝心な完成予定は2011年6月の予定だそうです。今年の6月、、、あと3ヶ月ですよね?
うーん間に合うかどうか微妙なところです。タイでは工事が遅れるのが当たり前ですので、気長に
待った方がいいでしょうね。完成したらもちろん見に行ってきます。
外へ出歩くのはとても不便な場所ですが、ここだと綺麗な景色と最高のサンセットが見れるという
立地条件は揃ってます。どんなリゾートになるか、楽しみですね。



.09 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 サムイ島写真館 [14]

こんにちは。


3月のサムイ島は一層暑さを増しております。
あと1ヶ月もすれば、1年で最も暑い時期、4月へと突入致しますね。
相変わらず、私はエアコン無しの部屋で生活をしていますが、この4,5月だけはエアコンが
欲しくなる季節です。

さて、本日もサムイ島の写真をお届け致します。場所は島の南西部の海岸です。
透明度はそれほど綺麗ではない所や、岩が多くて海水浴には向かないビーチが多いです
が、人がいない素朴なビーチです。周辺の風景も合わせてどうぞ。


IMG_3467_convert_20110308184209.jpg



IMG_3468_convert_20110308184331.jpg



IMG_3469_convert_20110308184628.jpg



IMG_3470_convert_20110308184811.jpg



IMG_3471_convert_20110308190453.jpg



IMG_3472_convert_20110308190758.jpg



IMG_3473_convert_20110308190856.jpg



IMG_3474_convert_20110308191007.jpg



IMG_3475_convert_20110308191054.jpg



IMG_3477_convert_20110308191207.jpg



IMG_3478_convert_20110308191332.jpg



IMG_3479_convert_20110308191435.jpg


サムイ島へのお越しをお待ちしております。
.08 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 リゾートの運営と休業のお知らせ

こんにちは。


まず初めに、チャウエンビーチ北の方に位置する、Karma Samui(カルマ・サムイ)
ですが、リゾートのマネージメントの変更に伴い、新リゾートとして営業を開始致しました。
新リゾートの名称はThe Samui Beach Club (ザ・サムイビーチクラブ)です。


IMG_2452_convert_20110307161445.jpg
レストランから望む海

マネージメントが変更になっても、客室やその他リゾート内施設は以前から全く変更は御座い
ません。ここは、1つのビラの敷地内に3~4つのベッドルームがある、大変珍しいリゾートです。
以前にリゾート内を紹介しましたので、こちらをご参照ください。



さて次ですが、サムイ島の南西部にある高級リゾートBaan Taling Ngam Resort & Spa
ですが、今月、2011年3月1日より休業となりました。理由としてはこちらもマネージメントによる
もので、新たにインターコンチネンタルブランドとして営業を開始する為です。
pool_area.jpg
西海岸では唯一の高級リゾートで、昔はメリディアンとして営業しており、日本人客にも大変人気
がありました。最近その勢いは衰えたかのように見えましたが、今後どのように生まれ変わるか、
楽しみです。


インターコンチネンタルブランドとして営業再開は2011年10月1日予定となっております。

.07 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 南部海鮮料理 サビアンレー

こんにちは。


サムイ島で数あるレストランの中で、最も有名でお客さんが入っているのがここ、
『サビアンレー』です。南部海鮮料理がメインのこのお店は、新鮮なシーフードを
使って、値段もリーズナブルなためにタイ人の人達にも大人気です。

繁華街にもシーフードレストランは数多くありますが、地価が高い為に全て観光客向け
に高値で営業しているのが現状です。このようなタイ人にも人気のあるレストランは
大抵、郊外にあるのです。


IMG00433-20100719-1215_convert_20110304171325.jpg
写真はレストラン前のビーチです。

場所は、ラマイビーチを少し南に下って、フアタノン地区の手前、周回道路沿いの海側
にあります。決して豪華、オシャレといった店構えではないですが、店内は大変広く、
海の目の前の席もありますよ。



IMG00437-20100719-1301_convert_20110304171359.jpg
昼時にはツアー客もどっと押し寄せるほどの人気店です。

しかし、この店の大きな特徴として、どんなに混んでいても料理がすぐに出てくる、というのが
あります。店員さんの人数は多くてみんな良い動きをしてくれます。タイのローカルレストラン
のサービスに慣れてしまうと、ここは大変気持ち良いサービスと感じます。



IMG_3571_convert_20110304171446.jpg
こちら最近行った時に食べた物です。カリカリ豚と青い葉っぱの炒め物『カナー・ムー』です。



IMG_3572_convert_20110304171534.jpg
ここの『パット・カパオ・ムー』は絶品。豚のバジル炒めです。
何が良いって、このタレです。焼肉のタレみたいで、ご飯も進みます。



IMG_3573_convert_20110304171623.jpg
さあ、これぞ南部海鮮料理でしょう。イソギンチャクのカレー、『ゲーン・へ・ループ』
と言うそうです。コリコリとした歯ごたえがたまりません。イソギンチャク自体、食べられる事を
知ったのはこのお店です。

英語表記ではSOFT CORALと言う様に書いてます。でもこれ、容赦なく辛いです!


IMG_3574_convert_20110304171718.jpg
これはシーフードの包み焼きで『ホー・ムック・タレー』と言うそうです。
アルミホイルで包まれた中身はシーフードを卵とじにしたものです。これはお勧めです。
全く辛くないので誰でも食べられます。



IMG_3575_convert_20110304171809.jpg
これは、イカのクリームソース煮で『ワイ・クア』だそうです。これも初めて食べました。
タイ料理とは思えないほどの繊細で上品な味がします。



IMG00431-20100717-1234_convert_20110304171915.jpg
こちらもサムイ島ならでは、生ウニのサラダで『ヤム・カイメン』といいます。
昔にレンさんも紹介いたしましたね。これはサムイ島にしかないそうです。日本のウニよりは見た目
が黒いですが、味はまさしくウニそのものです。左側にあるソース(味噌の様な)で食べますが、
これまたとても辛いです。日本人だったら、わさび醤油でいきたいですね!
レストランによっては、ウニとソースが初めから混ざって出てきます。

皆さん南国でシュノーケリングやダイビングをすると、トゲがやたらと太くて長い、大きなウニを
見たことありませんか?あのウニだそうですよ。


以上、サビアンレーはお勧めレストランです。一人300~400バーツもあればお腹一杯になりますよ。
シーフードというと蟹、イカ、海老が王道ですが、たまには珍しいものを食べてみるのも面白い
ですね。




.04 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

ホアヒンつり報告

こんにちは。

先日ホアヒンに1泊2日で釣りに行ってきたので報告します♪


まずは初日の夕方から、イカ釣りに挑戦☆

・・・・・・・・・・・ところが、まさかの丸ボウズ!!!

びっくりしましたね~まさか誰も釣れないとは。
沖漬けのタレまで用意して、食べる気マンマンだったんですが・・・残念でした。。

イカの姿も見えなかったので、その日は早めに切り上げて翌日に備えました。


そして、次の日の朝5時から再度、リベンジの釣りスタート!

今日こそは、魚を釣り上げなければ!手ぶらでは帰れません!!!


そして。。。

FISHING+002_convert_20110303150904[1]


釣れました~♪

とっても大きなコロダイです!


その後も、皆さん釣って釣って釣りまくって・・・・

ジャーン!

FISHING+006_convert_20110303150639[1]


祝☆大漁!

(このほかにも、もっともっと釣っているんですよ、実は)

今回初めて参加してくださった方々もコロダイを釣り上げていましたよ~

私は今回マイ・釣竿を購入、そして、初めての大物を釣り上げました!



・・・と、まぁ、終わりよければすべて良し♪(昨日のイカ釣りのことはさらりと水に流して~)


つりの後は、もちろん恒例の豪華☆魚尽くし料理でおなかも満足。。

FISHING+010_convert_20110303152409.jpg


最後に今回もみんなを和ませてくれたレン船長です☆

IMG_0289_convert_20110303153443.jpg
.03 2011 スタッフ:CHIZUKO comment0 trackback(-)

【サムイ島】 イノシシで宴会

こんにちは。


先週会社のタイ人達が集まって、何か相談事をしているので聞いてみると、
どうやら、猪を1頭丸ごと買おうという相談でした。サムイ島にいるとバンコクにいた
頃とはタイ人達の考える事もまるで違うので、時々こういう面白い事に遭遇します。

豚でもアヒルでもなく、今度は猪を食おうと皆で相談してたわけですね。
皆でお金を出し合うそうなので、私も少しお金を出して参加しました。


IMG00784-20110228-2000_convert_20110302133729.jpg
相談事をした翌日に、なんとタイ人男衆たちは早速猪を購入して絞めやがった!!!
もちろんアヒルの時と同じ様に自分達の手で、、、、

写真は猪の頭です。私は昼間仕事中だったので絞める所には立ち会いませんでした。
というか、さすがに見たくはありませんが。しかしここのタイ人たちはたくましすぎます。


IMG00785-20110228-2001_convert_20110302133809.jpg
その夜、私も猪宴会に呼ばれましたので、行って来ました。みんなで集まったのはここ。
ここ実は、日本語の出来るナームさんのラーメン屋です。

話はそれますが、ナームさんの屋台ラーメン屋さんは先週に前よりも良い場所へ移転したのです。
ここはチャウエンビーチの有名ディスコ「グリーン・マンゴ」の裏にある駐車場スペースで、
夜になるとタイ人の若者や周辺で働く人がどっと押し寄せるのです。良い場所見つけましたね。


IMG00787-20110228-2023_convert_20110302133919.jpg
さて、私が到着すると既に出来上がっていた、猪の脂身炒めです。
つまみに頂くと、これがとんでもなく硬い!!まさにゴムを噛んでるような感じでしたが、
これはとにかくあごが疲れるので一気に飲み込むしかないです。

うーん、期待していただけにこれは残念。ちょっと苦手です。


IMG00789-20110228-2126_convert_20110302134036.jpg
しばらくしてから、七輪焼きも始まりました。これに期待です!
おお、こっちはおいしかったです。脂と赤身が程よくある部分です。

ところで皆さんタイの猪事情をご存知ですか?タイ語で猪は「ムー・パー」確かに豚の仲間です。
猪は希少価値が高く、スーパーはもちろん田舎の市場にさえ出回ることはないそうです。つまりは
飼い主から直接買うしかないのですが、ほとんどの場合は、飼い主とその家族が自分で食べて
しまうらしいです。会社のタイ人は6,000バーツで約100キロの猪を購入しました。



IMG00788-20110228-2049_convert_20110302133957.jpg
またまた、今度は脂身のあぶり焼き。猪の肉は脂身の部分が大きいのが特徴です。さっきより
柔らかいけど、やっぱり脂だけだと箸は進みませんね。でも隣にあるこの骨付き肉!!
これは美味しかったです。タイ人男衆は私に優先的にこの骨付き部分をくれました。
ありがたいですね。

この日は例によってウイスキーのソーダ割りと猪で宴会を楽しみました。


そして、私も出資者の一人として、猪肉の一部を持ち帰りました。ところが、猪なんて初めて食べた
し、自分でどうやって調理するのかもよくわかりません。インターネットで調べるとどうやら
猪は鍋がおいしいらしいです。翌日の夕食で猪鍋を作ってみました。


IMG00794-20110301-2224_convert_20110302134122.jpg
こちら、完成した『猪の味噌鍋』で御座います! 白菜と大根と椎茸を入れました。


料理中、肉に火が通ったと思い味見して見ると、これがやっぱりとんでもなく硬いのです!
これじゃあ美味しくないってことで、コトコトとじっくり煮込むことにしました。水を何度も
継ぎ足して煮込むこと2時間。なんとまあ肉がトロトロになりました!!

これがしかもおいしい!モツ鍋のような感じも若干あり、猪の脂がスープに溶け込んでとっても
深い味のスープになったのです。


IMG00795-20110301-2228_convert_20110302134154.jpg
これがトロトロになった猪肉です。変な獣臭やクセなどは一切ありませんよ。日本人だったら
みんな好きな味です。


冷凍庫に大量に入ってるので、これからあと10回は猪鍋が作れます。しかし2時間も煮込むのが
ちょっと苦になっています。入れて待つだけなので面倒くさいことはないのですが、お腹がすいて
しまうのです。この時だって22:00にようやく食べ始めたくらいです。
他の調理法も研究した方がよさそうですね。


.02 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 まだある穴場の絶景スポット!

こんにちは。


先日はソー岬にある黄金のパゴダをご紹介致しました。
実はここは観光地と言うには程遠いですが、結構知られています。ブログ等でも紹介している
人がたくさんいるからです。

しかし、その黄金のパゴダの側にある山を登れる事、を知る人は在住者の間でも少ない事
でしょう。「KHAO CHEDI」その名のとおり、山の上の仏塔です。ここから
の景色が実はとんでもなく素晴らしく、誰にも教えたくない、シークレットビューポイント的
な所なのですが、そんなケチくさい事は言いたくありません。

ですので、ドーンと大盤振る舞いで大公開致します!



IMG_3466_convert_20110301173405.jpg
まず行き方ですが、詳しくは説明するのが難しいです。ソー岬のパゴダへ続く道を、直前で右に
曲がる、と言えばいいでしょうか。そこから道なりに進むと、途中でこんな急な坂が現れます。
大抵の地図には載っているのですが、行き方がわからない方は参考にしてください。

ここは私が知るサムイ島内の道路では最も急な坂でした。バイクのギヤをローにしてなんとか
登りましたが、体重の重い人や2人乗りでは、まず無理でしょう。


IMG_3446_convert_20110301174125.jpg
こちらは山を登っている時に左手に見える景色です。既に素晴らしいですね!
島の南側の海が見れます。



IMG_3445_convert_20110301174227.jpg
ズームアップしてもう一丁です!!
海とヤシの木の境にパゴダのてっぺんのとんがりが見えますか?



IMG_3448_convert_20110301175451.jpg
もうちょっと上まで登って、今度はズームアウトで1発!!!
空も晴れていたので綺麗だったし、最高の写真が撮れました。



IMG_3456_convert_20110301175555.jpg
さて、一番上まで登ると、小さな公園のようなスペースになっていて、この真っ白な仏塔
があります。



IMG_3455_convert_20110301175651.jpg
お釈迦様もいい所に座ってますね。
海とお釈迦様の組み合わせは珍しいですよね。綺麗です。



IMG_3450_convert_20110301175755.jpg
黄金仏は入り口にありました。




IMG_3451_convert_20110301175917.jpg
なんだか良くわからないのですが、天を指差す像です。




IMG_3454_convert_20110301180011.jpg
お坊さん達の像もたくさんあります。



IMG_3458_convert_20110301180141.jpg
鶏さんたちは放し飼いです。そういえばここでお坊さんと会いましたので、彼が飼っている
鶏でしょう。ところで、こんなところにもお坊さんが住んでいるのにはびっくりです。



IMG_3449_convert_20110301180239.jpg
もう一度ですが、こちらは頂上から見る南海岸です。遠浅で岩が多いのがすぐわかります。


さて、この「カオ・チェディ」からの景色は、実は南側よりも西側のほうがお勧めなんです。
これまでの景色も素晴らしいですが、ただのウォーミングアップだと思ってください。

それではご覧ください!!




IMG_3459_convert_20110301180330.jpg
ドーーーン!!
いかがですかこの景色?



IMG_3460_convert_20110301180417.jpg
最高の景色です。
向こうに見えるのはオプショナルツアーで行くことの出来るコーラル島(通称コ・テン)
その隣の無人島ムッスム島です。



IMG_3461_convert_20110301180935.jpg
まぶしい!!


IMG_3463_convert_20110301181030.jpg
写真の時間帯は夕方16:00頃でした。この日は雲一つなく、太陽が正面に沈み始めた所
でしたので、海に日光が反射してとにかく眩しかったです。

なので真っ青な海と空を見たいときには朝の方が良いでしょう。
でも、これはこれで味のある写真が撮れたと思っています。



IMG_3465_convert_20110301181149.jpg
キラキラと水面が光っている所はなかなか貴重ですから、この日の天気に感謝です!!


さて、このまま2時間も待てば、絶好の夕陽が見れたはずですが、そこまで待ちきれなかった為に
山を下りました。既に昼間の景色で満足してしまったからです。しかし今度は夕陽だけを狙って
行って来ようと思ってますので、その日を楽しみにしておいてください。

ところで、私がここに滞在していた約1時間の間に来た観光客はゼロ。地元タイ人もゼロです。
つまりずっと私一人ぼっちで景色を楽しんでました。一体どうなってるんでしょうか?
こんな素晴らしい場所に人が来ないなんて、、、、やっぱり穴場ってことでしょうか。
お坊さんも一人でいた私を珍しく思ったのか、いろいろと話しかけてくれました。

以上、絶景ポイント「KHAO CHEDI」でした。

.01 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2019年8月06日より、シー・アユタヤ・ソイ12に移転いたしました。
BTSビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)駅から徒歩約4分
BTSパヤタイ駅から徒歩約8分
Lertpanya Building(ラートパンヤ・ビルディング)の16階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

monthly

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ