FC2ブログ

カンチャナブリに行ってきました

先日、カンチャナブリに行ってきましたのでご報告します!


朝、7時ごろホテルを出発して、約2時間強でカンチャナブリです。


まずは、JEATH戦争博物館というところを見学しました。

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+003_convert_20110507120306
ここは第2次世界大戦の時に捕虜の収容所と同じ造りになっています。
展示している写真や新聞記事の保存状態は悪いですが、それがかえって不気味さを増しているような気がします。
色々と考えさせられる内容でしたが、戦争は絶対にだめだと実感させられました。。


次に戦争で亡くなられた方々のお墓に向かいました。

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+006_convert_20110507122949
入り口です。

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+008_convert_20110507123635
結構、観光客の方が訪れていらっしゃいます。
お墓には名前や、亡くなられた年齢などが記されていて、あたりには厳粛な空気が流れています・・・
国が管理しているらしく、綺麗に整備されています。

この後、日本人の慰霊碑を見学に行って、それから泰麺鉄道に乗車です!


繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+017_convert_20110507130134
戦場に掛ける橋・・・

電車の時間まで余裕があったので線路の上を渡って、川の向こう岸まで渡りました。
高いところが苦手な人には、なかなか大変かも知れません。。


繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+029_convert_20110507130640
列車が汽笛とともに現れると、乗客の皆さんは大興奮でカメラを構えていました!(私もそのうちの一人でしたが)

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+033_convert_20110507132343
車内はレトロな雰囲気で、どこか懐かしさを感じます。


最初はのどかな田舎の風景だったのが、約1時間走ったところで。。。


繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+045_convert_20110507132720
スリル満点な崖っぷちを走り出しました!

進行方向に向かって、右手が崖側、左手が川沿いなので、スリルを味わいたい人は右手に、景観を楽しみたい方は左手に座ることをお勧めします♪
(ツアーの場合は座席指定不可になりますが・・・)

私達は終点まで行かずに、途中のタムカセーという駅で降りて昼食を食べましたが、そこのレストランも眺めが素晴らしく、しかもタイ料理ビュッフェだったのでおなかも心も満たされました。。。(パッタイがおいしかった!)

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+061_convert_20110507133806
レストランからの眺めです。


さて、食事の後は本日のメインイベント(?)タイガーテンプルに向かいました。

入り口で、何があっても責任を問いませんという同意書にサインをしなければ中に入れないのです!こわいです!
大丈夫かな~とびくびくしながら進んでいくと・・・


繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+109_convert_20110507135030
あれ?ぶた?いのしし?
その他にも、鹿や、孔雀、水牛などいろんな動物がまさかの放し飼い!

もしや、虎のえさなのでは・・・??と思いましたが、違うそうです。


で、虎はどこにいるかと言うと、

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+093_convert_20110507135514
いました~~~♪大きいのから、小さいのまでい~っぱいいます!

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+096_convert_20110507135821
虎の扱いになれた係員にカメラをわたすと虎と一緒の写真を撮ってくれます。

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+105_convert_20110507140123
これは、お坊さんが子供の虎をしつけている様子。。。

繧ォ繝ウ繝√Ε繝翫ヶ繝ェ+107_convert_20110507140324
でも本当は仲良し。。。


カンチャナブリの観光は色々と種類があるようですが、泰麺鉄道とタイガーテンプル、お勧めです!
.07 2011 スタッフ:CHIZUKO comment0 trackback(-)

【サムイ島】 サリーラヤ ビラ&スイート

こんにちは。


ゴールデンウィークももう終わりですね。サムイ島は一時的に一部でスコールが
あったものの、おおむね晴れ。しかも暑い!滞在していたお客様は満足頂いたかと思います。

本日ご紹介するのはチャウエンビーチの繁華街に程近い、まだ新しいリゾートです。
「Sareeraya Villas & Suites」(サリーラヤ)です。
空港からは約10分で、「アマリ・パームリーフ」の北に位置し、繁華街まで歩いて3分になります。


IMG_4014
印象的なデザインのこの入り口、向こう側から入ってきます。
2009年のオープンですのでまだ2年ほどしか経っていません。




IMG_4015
入り口を入ってすぐのロビーにこのレセプションがあります。
リゾートの敷地は結構狭いですので、いろいろな物がコンパクトに固まってある印象です。





IMG_4013
レセプションのすぐ奥にこちらロビーバーの「Read Red Bar」があり、
そこから海が見えます。



では、お部屋の方を見て行きましょう。


サリーラヤ・スイート      16室 70㎡
サリーラヤ・スイートジャグジー 20室 70㎡
サリーラヤ・プールビラ     12室 100㎡
(広さは全てを含む広さ)

これにプレジデンシャルビラが1室だけあり、全49室のリゾートです。



IMG_4029
まずはこちら。サリーラヤ・スイートのお部屋です。
スイートですが、リビングルームとベッドルームに分かれておらず、全体で広いお部屋です。
デイベッドがあります。もうちょっと広さが伝わる角度から撮影すればよかったなあ、、
と、少し後悔です。




IMG_4030
こちらはバスルーム。ゆったりとした造りです。右側のガラスの中にバスタブがあります。




IMG_4034
そしてこちらがバルコニーです。バルコニーがかなり広いのが特徴ですね。
ここにもデイベッドがあるのでのんびり出来ます。





IMG_4032
バルコニーから望むチャウエンビーチです。綺麗ですね。



ところで「サリーラヤ・スイート」のお部屋は3階建てのビルディングの中にあります。
2階または3階のお部屋でシービューとなります。階数は事前に確約することが
出来ないので注意してください。


「サリーラヤ・スイートジャグジー」と言うお部屋はビルディングの2、3階の角部屋
で、バルコニーにアウトドアジャグジーが付くタイプと、1階でジャグジープール
にアクセス出来るタイプと2種類あります。こちらも事前に確約が出来ませんので
ご了承ください。


IMG_4021
次にビラタイプの「サリーラヤ・プールビラ」です。写真が暗くてすみません。
ベッドルーム自体はそれほど他のタイプと変わらないでしょう。




IMG_4022
でもバスルームが豪華です。ジャグジーバスタブがあります。





IMG_4025
バスルーム洗面台。





IMG_4028
そして部屋から外へ出ると、このアウトサイドエリア。ビーチチェアーがあります。





IMG_4020
そしてプライベートプールです。しかし小さいので、泳げる広さではありません。
プランジプールと言った方がいいでしょうか。ジャブジャブ浸かるだけのプールですね。





IMG_4017
ビーチへ出るとレストランが一つです。「Chef's Table」ではタイ料理、
インターナショナル料理があります。




IMG_4016
こちらは共同のメインプールです。
こちらもやや小さめの印象ですが、海の目の前のプールはやはりいいものです。




IMG_4018
最後にリゾート前のチャウエンビーチです。白砂がとっても綺麗です。
繁華街よりは北にあるため、そこそこ静けさも保たれているエリアです。





IMG_4019
リゾートから左方向(北側)を眺めると、ものすごく遠浅のビーチがあります。
ここは「バーンハンガム」等のリゾートがあるエリアです。
この辺は子供達を遊ばせたり、水上を散歩するのに最適な場所になります。



以上、サリーラヤでした。
2010年にはリゾート前の通りを挟んだ向かい側に、「Raya Spa」も完成しています。
繁華街も近く、お部屋も広いのでどなたにもお勧め致します。
個人的には「サリーラヤ・スイート」のお部屋がお勧めです。プールビラに泊まるなら、
プールが小さいですので他のリゾートにした方が良いかな、と思います。




このリゾートに宿泊するツアーのお申し込みはこちら!

サリーラヤのご予約はコチラから!
.06 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 チョンモンビーチで食べるなら

こんにちは。


先日、チョンモンビーチの中の1つのビーチをお伝えしましたね。
今回はビーチではなく通り沿いに位置するレストランを1軒ご紹介致します。


IMG00891-20110409-1429
ここは「ムアンサムイビラ&スイート」の目の前の通りです。

チョンモンビーチには繁華街はなく、しいて言えばこの辺りにお店がポツンポツンとあるだけ
です。でもコンビニだけは何故か3件くらいあります。通常この辺に宿泊する人が外で食事する
場合、繁華街のチャウエンビーチかボプットビーチへ出かけるのが普通だと思います。



IMG00890-20110409-1428
ご紹介するのはココ。「チャーリーチャップリン・レストラン」です。
ムアンサムイビラの真向かいにあります。

なんでここに行ったのかと言えば、お店のネーミングと店の前のチャップリン人形に笑って
しまい、通りがてらちょっと入ってみた、という単純な理由です。
店のご主人はチャップリンが好きな人なのでしょうね。



IMG00885-20110409-1352
さて、こ綺麗な作りにも関わらず、お昼時のお店はガラッガラです。飾られたチャップリンの絵
もなんだか寂しそうでした。この立地だと夜も人は少ない気がします。

そういえば以前はこの店は無かったような気がするので、新しいお店かな?と思いました。



IMG00886-20110409-1354
タイガービールで乾杯!




IMG00884-20110409-1351
メニューはタイ料理から洋食、ピザ等なんでもありの典型的な観光客向けレストランです。
でもタイ料理はどれも100バーツしませんので、値段は合格点です。
繁華街だったらこの値段は無理ですからね。




IMG00889-20110409-1400
私が頼んでみたのは「ゲーン・マッサマン」鶏のマッサマンカレーです。

うんうん、美味しい。まあ基本この手の料理でマズイ!って言うものに出会ったことが
ないのですが。ちょっと甘口だったのが気になった程度です。



IMG00888-20110409-1400
お昼はいつもこんな感じでサラッと食べますので、満腹にはなりません。
ライスを食べても実際量は少ないですからね。



さて、少し辛口コメントを言わせてもらえば、この店がいつまで持つかということです。
値段も建物も味も悪くないのですが、なにぶんこの立地には人の流れがありません。
雨季はもちろん、繁忙期でもわざわざこの辺に来る人は少ないはずです。

サムイ島での客商売にはいつもこの問題がつきまとい、飲食店はめまぐるしく開店
と閉店を繰り返しています。郊外で成功するには何か強いインパクトが必要なのですね。




ここでいろいろなお店を紹介しても、行ってみたらなかったよ!なんてこともあり得るので、
どうか一つ、それも含めて「サムイ島」ということでご了承くださいませ。
.04 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 「Dining on the Rocks」昼の顔

こんにちは。


先月、バンコクオフィスの皆さんとリゾート視察に出かけた時のことです。
ここは取り急ぎ外せないでしょう、ってことでまたまた見に行って来たのはこちら、
シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイです。


IMG_3984
リゾート入り口からの風景


日本人にも人気の高級リゾートで、バンコクオフィスの皆さんもほとんどの人が
何度も見学しています。今回は、前回にも増して天候に恵まれ、特にレストランからの
素晴らしい写真が撮影出来ましたので、ご紹介致します。


と、ちょっとその前に、まずはスパも簡単にご紹介です。


IMG_3987
こちらはスパレセプションのリラックスエリアです。広々とした空間にソファーがたくさん、
小さなショップもあります。




IMG_3988
そこから階段を降りてすぐにもこの、リラックスエリアがあります。眺めももちろん最高です。





IMG_3990
そしてこちらがトリートメントルームです。それぞれが一棟独立のビラでエアコンが
効いていて涼しいです。ほとんどのお部屋がこのようなオーシャンビューになります。





IMG_3991
こちらはシャワールームです。






IMG_3992
そしてジャグジーもあります。

スパは宿泊客であっても、いきなり飛び込みで行くと受けられなかったり、準備のために
待たされる場合があります。希望の時間を確約したい場合は、必ず事前に予約をしてくださいね。
繁忙期でない限り、前日の予約でも希望の時間で取れる場合が多いです。



さてそれでは、リゾート内のレストラン「Dining on the Rocks」の数々の写真をお届けいた
します。ここはこのリゾートの顔とも言える夕食時のみに営業する高級レストランです。
前回もお伝えしたように必ず事前の予約が必要です。


IMG_4006
夕食に向けてお昼からスタッフが作業中です。




IMG_4001
お昼ですのでテーブルのセットアップはまだです。
レストラン名の由来はもちろん、岩の上に造られた事から来ています。シックスセンス
らしく、全て木製のデッキです。




IMG_4002
右側を見た風景。どうですかこの景色!!





IMG_4004
そして左をみた風景。「270度のパノラミックオーシャンビュー」というのがこのレストラン
のキャッチフレーズで、様々なメディアへの謳い文句になっています。





IMG_4009
ここはリゾートのある岬の先端部分です。サムイ島の最北部でもあります。
向こうにはパンガン島が見えます。





IMG_4005
ポツンと正面にあるのは岩の無人島。実は我々が何度か行った釣りのポイントです。





IMG_4010
今回のベストショットはこちら!レストランから見て一番右(南側)の風景です。
この更に右奥にリゾートの小さなビーチがあります。



Dining%20On%20The%20Rocks
こちらは夕方の風景です。私が撮影した物ではなくリゾートから頂いた写真です。


レストランはこのように、岩の上に数ヶ所のエリアに分けてあります。さらにこの写真の下にも
別なエリアがあります。一つの場所に全員が一斉に座るわけではないので、ある程度の静けさ
とプライベート感が保たれているわけですね。

いつもリゾート見学はお昼ですが、このレストランは昼は営業しておらず、あとは時間の関係
もあってお昼にじっくりと景色を見たことがなかったので今回は良い機会となりました。


シックスセンシズ・サムイのご予約はコチラから!

このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはコチラ!
.03 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 チョーンモンビーチで泳ごう!

こんにちは。


「チョーンモンビーチ」と一口に言っても様々なビーチがあります。
地形が複雑な為、細長く全てが繋がっているチャウエンビーチとは違うのです。


例えば、、

シックスセンス、アヤラブリ等のリゾートがある、一番北のビーチ。

メラティービーチリゾートがあるビーチ。

トンサイベイがあるビーチ。

サラサムイがあるビーチ。


というように、数ヶ所にビーチがあります。本日は中でも最も大きく、行きやすいであろうと
思われるビーチをご紹介致します。



IMG00896-20110413-1000
写真はチョンモンビーチの新しいリゾート、「ムアンサムイビラ&スイート」です。
隣にはボート型のプールで有名なリゾート「インペリアルボートハウス」があります。

ここは私の家からもとっても近く、レストランやビーチチェアーもあるので、時々泳いだり、
寝たりしてのんびり過ごしています。インペリアルボートハウスの隣の道を入っていくと、
ビーチの近くまで出れますよ。



IMG00895-20110413-0959
レストランで食事も良し、ビールも良しです。




IMG00901-20110413-1003
私がよく行くのはこちらです。ローカルレストランの「インディアンバー&レストラン」
食事メニューは豊富で、店員さんの対応も素晴らしいです。




IMG00903-20110413-1133
「インディアンバー&レストラン」にはビーチチェアーがあって誰でも無料で使うことが
出来ます。しかも別に食事や飲み物を頼まなくっても使えます。

チャウエンビーチ等ではビーチチェアーを使うのに1日50バーツや100バーツかかるところも
あります。



IMG00904-20110413-1304
そして海はこんな感じです。綺麗ですよね。波も穏やかで海水浴にも適しています。
こちらは南側を見た感じ。




IMG00900-20110413-1002
そして北側を見た感じです。小さな岬の向こうに「サラサムイ」があります。




IMG00905-20110413-1304





IMG00929-20110417-1203
天気に恵まれると透明度も違いますね!!

もっと近づいてみると、、、、



IMG00931-20110417-1204
この透明度です!!
残念ながらシュノーケリングにはちょっと無理がありますが、透明度は抜群ですね。




IMG00933-20110417-1640
このビーチの一番南にはリゾートの「Qシグネチャー」があります。ここはサムドラリトリート、
サムイペニンシュラ等コロコロと名称を変えて今はQシグネチャーに落ち着いています。

このリゾート前は小岩が多くて泳ぐには適さない感じです。



IMG00936-20110417-1642
Qシグネチャーの側は砂浜がとっても広いエリアです。




IMG00937-20110417-1642
Qシグネチャーの向かいには小さな無人島の「ファンノイ島」があります。

水があっても浅いですので歩いて渡れます。そして干潮時には水が無くなり、ごろごろと
小岩が多い地面が顔を出します。



IMG00941-20110417-1644
砂浜が海へ向かって突き出しているエリア。とってもいい風景です。
浅いので子供が遊ぶにも安心ですね。



いかがでしょうか?サムイ島に来てビーチで泳がない手はないですよね。ビーチで
のんびりする時は、日差しがかなり強いですので、出来ればビーチパラソルの下で
寝ることをお勧めします。

.02 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

monthly

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ