スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【パンガン島】 ハードリンの風景

こんにちは。


本日はパンガン島の島内観光で訪れた、「ハードリン」の風景をお届け致します。

ハードリンはパンガン島の南東部の岬に位置していて、毎月満月の夜にフルムーン
パーティーが行われる事で有名なビーチ、ハードリンビーチがあります。
正確にはHaad Rin Nok(ハードリンノク)という東側のビーチです。恐らくパンガン島
に行く人の9割がこのパーティー目当てのバックパッカーになるでしょう。


haad rin (14)x
ハードリンには港があり、ハードリンクイーンという船がサムイ島とを1日4往復で
結んでいます。こちらが港を出てすぐの街の風景です。



haad rin (15)x
フルムーンパーティーの日の前後3日間ほどは、この辺のゲストハウスやバンガローは
満室となります。なにしろサムイ島からの参加者も含めて10,000人以上の人がここに
集まるのです。なので街もそれなりに人が多くなりますが、パーティーがない時はすごく
ひっそりとしていて、人はほとんどおりません。



haad rin (10)x
あるお店はほとんどが欧米人向けのお店です。英語の記載がないお店は1軒もないかと
いうほどここは欧米化されています。


haad rin (12)x
アクセサリー屋さん、服屋さん、お土産屋さん等があります。



haad rin (13)x
こういったレストラン兼バーのお店がたくさんあります。



haad rin (9)x
これもバーですね。



haad rin (8)x
小さなお店が集まる通りです。本当に人がいないですね。私もプライベートでパーティーに
関係ない日に1泊しましたが、夜も人は少なくてひっそりとしてました。



haad rin (7)x
ここは比較的値段の安い食堂です。が、この様なお店は少ないです。
パンガン島のレストランにはミャンマー人達が多数働いています。皆英語がうまいのですが、
タイ語はほとんど出来ません。顔で見分けられず、つい間違えてタイ語で話しかけてしまいます。


haad rin (5)x
ここがビーチへと抜ける細い道です。この様な道が数本あり、歩いてすぐビーチまでいます。

この辺の宿はほぼ全てで、パーティー日前後は値段が上がります。例えば通常300~400バーツ
のボロボロの汚いゲストハウスでも、600~1000バーツになったりします。はっきり言って
そんな価値はないのですが、それでもすぐに埋まってしまうので強気に出るわけですね。


haad rin (2)x
そして到着、ここがハードリンビーチです。タクシーボートの拠点にもなっているので、
たくさんのロングテールボートがとまっています。



haad rin (3)x
右側を見た感じです。砂浜が広いですよね。ここに10,000人も集まるわけですね。



haad rin (1)x
こちらはバーカウンターみたいにお酒を売る場所です。

「バケット」と書いているのはここでの有名な飲み物、小さめのバケツに氷、ウイスキー、
栄養ドリンクを混ぜて、ストローを使って5~6人で飲むものです。


パンガン島内観光 (56)x
左側を見た感じです。フルムーンパーティーの日はもちろんここも全部人で埋まります。

フルムーンパーティーをわかりやすく言うと、ビーチ上のディスコでしょうか。ビーチの
至る所でDJが音楽を大音量で流し、酒を飲みながら踊りまくるという、それが明け方まで
続くわけです。


haad rin (20)x
しかし本当に静かで人が少ないです。
これならのんびり出来ますね。最初は水は汚いのかなと思ったのですが、結構透き通っていて
十分に泳げる綺麗さです。



haad rinx
ジェットスキー屋のおっちゃん達は暇すぎて遊んでいます。



haad rin (19)x
若者達はみんなゴロゴロ。


haad rin (16)x
ビーチ沿いのバンガローのレストランでみんなで休憩しました。


haad rin (17)x
天気も良くて気持ち良かったです。


さて「ハードリン」についての私の総評ですが、特にフルムーンパーティー目的でない
場合は特に行く必要のない所だと思います。買い物にも適していませんし、食事も高め、
これといって何かがあるわけでもなく、やはりフルムーンパーティーの為にあるような
所、という感じがします。ビーチは他に綺麗な所がたくさんありますしね。
皆それをわかっているのか、パーティー日の前後以外の期間はかなりひっそりとしています。



「フルムーンパーティー」についてですが、一昔前よりは取り締まりも強化され、だいぶ
事故やトラブルが減ったとは言え、やはり10,000人以上の人が集まる場所でトラブルが
ゼロになることはありえません。泥酔や盗難、その他の違法行為、等には注意して頂く
必要があります。特にサムイ島から参加の場合は、泥酔による帰りのボートの乗り遅れ
のトラブルが多いようです。
フルムーンパーティーに関する手配は行っておりませんので、参加希望の方はご自身の
責任の下に参加してください。トラブルには十分気をつけてお楽しみください。



スポンサーサイト
.29 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【パンガン島】 パンガン島の島内観光

こんにちは。


取材の旅でパンガン島へと行った私達ですが、ホテル到着後すぐにパンガン島の
半日島内観光へと出発致しました。これはアナンタラ・ラサナンダが主催しているツアーです。

今回の島内観光の行程は下記のようになりました。

ペーン滝→ビューポイント→パンガンサファリ→中国式お寺
→シャロックラム・ビーチ→ハードリンビーチ


全部で4~5時間の行程です。ハードリンビーチは私達がリクエストした物で、通常は街の
トンサラに行くみたいです。他のお客さんがいない場合はある程度アレンジが可能との事です。
海がメインの島ですので、それほど見どころのある観光地はないのですが、私にとっては
勉強になりましたので、参加できて良かったです。


パンガン島内観光 (53)x
まずはペーンウォーターフォール(ペーン滝)です。島の中央部くらいに位置して
います。途中で車を駐車して歩いて登っていきました。

ところが日照り続きで水がほとんどなかったのが残念でした。


パンガン島内観光 (52)x
そのまま山を登り続けて、頂上にあるビューポイントを目指します。
すごい急な坂でした。ビーチサンダルで参加したのですが、出来れば靴の方が登り
やすいです。


パンガン島内観光 (45)x
20分ほど登り続けてようやくてっぺんに到着!



パンガン島内観光 (47)x
みんな汗だくで頂上からの景色を堪能します。ホテルのガイドさんと
ドライバーも一緒に登りました。やはり苦労して登った甲斐がありましたね。


パンガン島内観光 (48)x
こちらがその景色。
島の南海岸方面です。左手方向が東のハードリン、右手方向が西のトンサラになります。


パンガン島内観光 (49)x
手前側は見渡す限りのジャングルです。


パンガン島内観光 (50)x
癒されます。


パンガン島内観光 (26)x
続いて向かったのは滝から車で10分くらいの所にある「パンガンサファリ」です。


パンガン島内観光 (29)x
ここでは数頭の象が飼育されています。



パンガン島内観光 (31)x
象に乗ってのトレッキングも別料金で可能です。他に餌のバナナを買って、象に食べさせる
事も出来ます。


パンガン島内観光 (42)x
続いて向かったのはチャイニーズテンプル(中国式お寺)です。1992年に出来た
お寺だそうです。


パンガン島内観光 (38)x
漢字でいろいろ書いてあり、キンキラに光る銅像や彫刻がたくさんありました。



パンガン島内観光 (35)x
観音様、お坊さん、小さな千手観音もありました。


パンガン島内観光 (34)x
ここからの景色もなかなか良かったです。



パンガン島内観光 (44)x
ホテルのスタッフは冷たいお水やオシボリ、サンドイッチまで車に用意していてさすがです。
容赦なく太陽が照り付けますので、車に戻るたびに生き返ります。


続いては島の北部にあるビーチ、シャロックラム・ビーチを目指します。


パンガン島内観光 (27)x
ここがシャロックラム・ビーチです。ロングテールボートがたくさんとまっており、
猟師達の拠点にもなっているようですね。



パンガン島内観光 (25)x
ここの砂浜はとっても広くて、そのままサッカーでも出来そうな広さです。
砂はとっても綺麗で細かい白砂でした。


パンガン島内観光 (23)x
水もそこそこ透き通っていますが、サムイ島とそれほど透明度は変わらない感じですね。


パンガン島内観光 (24)x
山をバックに。30分ほど時間を取りましたが、皆それぞれ泳ぎませんでした。


パンガン島内観光 (18)x
ビーチにはこんな面白い木がありました。


そして最後の目的地であるハードリンへと向けて車は出発しました。
ハードリンは島の南東部に位置するビーチです。毎月行われるフルムーンパーティーが
あることで有名です。ですのでその周りはレストランやゲストハウス、バー、お土産屋
等がたくさんあり、ちょっとした街のようになっています。

島の一番北からの移動ですので、車で40分ほどかかって到着しました。


パンガン島内観光 (56)x
ここがハードリンビーチです。ここも結構綺麗ですね。
周辺の風景を撮影したあと、ビーチ沿いのレストランでみんなでビールを飲んで休憩です。


ハードリンの街並みとビーチはまた次回にしたいと思います。

以上、パンガン島の半日島内観光でした!


*パンガン島発のオプショナルツアーの手配は不可となっております。パンガン島宿泊
 のお客様はリゾート主催、またはツアーデスクのツアー会社主催のツアーに直接
 お申し込み頂いて参加頂く事になります。


.28 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【パンガン島】 アナンタラ・ラサナンダで

こんにちは。


長らくお伝えしてきました、5月に同行した雑誌取材の旅ですが、そろそろサムイ島
を離れてお隣の「パンガン島」へ出発する事に致します。

パンガン島はサムイ島から大型高速船で30分の所に位置する島で、旅行者の割合的
には圧倒的に若いバックパッカーが占めています。そのためきちんとしたリゾートホテル
は少なく、ある宿泊施設はゲストハウスや安バンガローがほとんどです。
良い土地はまだまだ余っているのに、4星クラス以上のリゾートがほとんど出来ないのは、
旅行者の滞在目的によるものでしょうね。

そんななか、キラリと光る5星リゾートが2軒御座います。以前にも紹介しておりますが、
今回の取材にもご協力頂きました。


ラサナンダx
そのうちの1軒、Anantara Rasananda(アナンタラ・ラサナンダ)です。
全室がプールビラというパンガン島の最高級リゾート、以前はアナンタラではなかったのですが、
2011年マネージメントがアナンタラグループへと変わりました。とは言ってもホテル名に
アナンタラが付いたのと、客室名が少し変わり、それ以外は全く以前と変わりありません。
詳しくは以前の投稿をご覧ください。


客室情報はこちらから

施設情報はこちらから


ラサナンダ (2)x
ビーチフロントのプールがとっても綺麗です。
赤いパラソルと旗がすごく印象に残っていたのですが、今回も全く同じです。

アナンタラはサムイ島に2軒、パンガン島に1軒と2島で3軒もあります。
勢いがありますね。
今回も前回と同様にサムイ島から専用スピードボートで出発致しました。
出発の様子も以前の投稿からご覧ください。


ラサナンダ (13)x
以前にビールを飲んだプールバーも健在。以前1回しか訪れてないですが、やはり
宿泊した事があるリゾートは記憶に強く焼きついています。



ラサナンダ (44)x
ここが私が宿泊したお部屋「オーシャンガーデン・プールスイート」です。
昔の長い客室名から少し短くなりましたね。客室情報に記載した⑥の部屋がこの部屋です。

ここからは私も取材陣と同じホテルに宿泊して撮影のお手伝いとなるのです。前回よりも
素晴らしい部屋で、仕事とはいえ贅沢に過ごさせていただきました。


ラサナンダ (42)x
お部屋は赤が目立つモダンな感じで、リビングがなくベッドルームが大変広いです。

ちなみに私の泊まったこのお部屋は、次の日急いで掃除をしてくれて、撮影用にも
セットアップして頂きました。


ラサナンダ (15)x
こちらは通常のお客様用のセットアップです。私の名前をお花で書いてくれてこれは
とっても嬉しいです。あ、私の苗字はワタナベと申します。


ラサナンダ (43)x
シャワールームです。このリゾートでバスタブがあるのは一番高いタイプのみです。


ラサナンダ (38)x
ベッドルームから外へ出るとこんな感じです。サラにもちろんプライベートプールです!
仕事終了後の夜遅くにここで泳ぎました。


ラサナンダ (40)x
プライベートプールから望む「トンナイパンビーチ」です。お部屋はビーチフロントです
ので海は目の前です。人はほとんどいないビーチですので静かでのんびり出来ます。


ラサナンダ (8)x
もう一つ撮影したお部屋は「オーシャン・プールビラ」という一番高いお部屋です。
以前の投稿の⑦のお部屋です。ここにだけはバスタブが付きます。


ラサナンダ (10)x
こちらはハネムーン様用のデコレーションになっていました。


ラサナンダ (4)x
続いてはスパの撮影へと移ります。スパはビーチとは反対側の斜面に作られています。
森と岩に囲まれたジャングルのような所です。



ラサナンダ (3)x
トリートメントルームでモデルさんとの撮影。他にも外の岩や緑で撮影を行いました。


ラサナンダ (19)x
夕暮れ時になってきました。


ラサナンダ (20)x
夕暮れの雲がある風景もいいものですね。到着日は曇っていたのですが、2日目に
なって晴れました。晴れている時の写真も前回のブログで見てくださいね。


さて、夕方からはレストランの撮影に入ります。


ラサナンダ (30)x
まずはビーチにテーブルをセットしてもらって2人だけのプライベートな夕食、
「ロマンチックディナー」を撮影致しました。グラスや飲み物も用意してもらってます。


ラサナンダ (23)x
撮影用に用意していただいたマグロのステーキです。2~3品用意して頂きましたが、
どちらかと言うとここは風景等を重視して撮影しました。


ラサナンダ (29)x
ビーチのすぐ前、レストランの横にはプールがあって、ここの夜の雰囲気がとっても
いいのです。プール内のライトアップが素晴らしいです。


ラサナンダ (25)x
もう少し暗くなるとこんな感じですね。私の写真は下手ですが、実際見ると本当に
ロマンチックですよ!


ラサナンダ (17)x
この日全ての行程が終了して夜遅く、取材陣の皆様とリゾートの近所をブラブラと探索し、
(といっても周りにはほとんど何もありません)

トンナイパンビーチ周辺情報はこちらから
こんなボロボロの食堂を見つけ、みんなでビールで乾杯!4人ともタイラーメンを食べて
リゾートへ戻ったのでした。


アナンタラ・ラサナンダは敷地がそれほど広くなく、移動するのが大変便利なリゾート
です。それと斜面も一切なく、全てが平らなところにあるのが珍しいですね。
皆さんも是非パンガン島へも足を伸ばしてみてください。サムイ島に宿泊する行程で、
1泊か2泊、パンガン島を間に挟むのが良いでしょう。




このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
ホテル予約はコチラから!
.27 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 トンサイベイのBBQディナー

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

7月も後半に入り、いよいよハイシーズンへと突入したサムイ島です。
本格的ピークはやはりお盆の時期ですが、ちょっと早めの夏休みを利用して、
続々と日本人のお客様も到着しております。スコールが夕方に来る日が多いですが、
30分以内でやんでしまうのがこの時期です。
最近、夜にチャウエンビーチの繁華街を通ると、人がいつもより多いのがすぐに
わかります。中国人や韓国人も目立ちますね。


さて、本日ご紹介するのは「トンサイベイ」のバーベキューディナーです。
日本人に一番人気のリゾートですので、必見ですよ!


トンサイベイに関する過去の投稿はこちらから


IMG_5240X
と、その前に月曜日の夕方18:00から開催されている、カクテルパーティーをご紹介
致しましょう。

夕方にビーチに人が集まってきます。



IMG_5244X
ミュージシャンによる生のソロ演奏が、とってもロマンチックな雰囲気を演出します。


IMG_5243X
砂浜に設けられたバーカウンターで様々なお酒がお客さんに振舞われます。
ビールやウイスキー、などいろいろあります。
私はシンハービールを頂きました。


IMG_5245X
アルコールの含まないカクテルも用意しております。トロピカルな色ですね。



IMG_5246X
おつまみとして、簡単な軽食も用意しており、自由にお取りいただくことが出来ます。
あまりたくさん食べちゃうと夜ご飯に響くので気をつけたいところですね。

宿泊客なら誰でも参加可能です。
曜日、時間、開催の有無など予告なく変更となる場合がございますので、
ご了承ください。



IMG_5241X
皆それぞれ好きな場所で海を眺めながら、音楽を聴きながらお酒を楽しみます。
是非滞在中に開催されておりましたら皆さんもご参加ください。



IMG_5269X
こちらはビーチレストランの「ポーラッド・ビーチビストロ&バー」の看板です。
さて、日が沈む頃、ビーチの前にあるレストランでBBQブッフェディナーが開催されます。
こちらも現在、毎週月曜日に開催されています。

この前私も参加させていただきましたので、こちらをご紹介いたします。


IMG_5247X
屋外にこの様な竹で出来たブースが数ヶ所に用意され、そこに様々な料理が用意されます。
ブッフェ形式ですので、お好きな物をお好きなだけお皿に盛って下さい。



IMG_5253X
もちろんメインはバーベキューですね。新鮮な魚介類、お肉、などを注文したら、その場で
スタッフが焼き上げてくれます。


IMG_5254X
野菜のとうもろこし、トマト、茄子、は焼いてある物が用意してありました。



IMG_5248X
BBQブッフェとは言いながらも、それ以外の料理もたいへん豊富なのです。
それが嬉しいですよね。


IMG_5249X
カレーもありますよ!


IMG_5251X
ポテトにカリフラワーマリネ。



IMG_5252X
こちらはパスタコーナー。お好みのソースでスタッフが作ってくれます。



IMG_5250X
ローストビーフが最高でした!


IMG_5255X
室内に設けられたブッフェラインにも様々な料理が用意されています。
お寿司(巻物)もありますよ!


IMG_5256X
お刺身まで!マグロとサーモンの2種類だけです。やたら綺麗な長方形に切ってあります。
でも私はお肉より魚が好きな人間ですので、嬉しい限りですね。


IMG_5257X
ウヒョーー!私の大好物の生牡蠣まであるじゃないですか!


IMG_5258X
サラダコーナーもあり。



IMG_5259X
こちらはソムタムコーナーです。ソムタムはタイ料理のパパイヤサラダです。
青パパイヤの千切りと様々な調味料をこの器に入れて、トントンと叩いて作ります。



IMG_5260X
そしてもちろんフルーツ&デザートコーナーです。



IMG_5265X
私が1周目でお皿に盛ってきたのはこちらです。ローストビーフのボリュームが効いて、
これだけでお腹一杯になりましたが、ブッフェですので意地を張ってしまいました。

2週目でお肉とサラダと生牡蠣、3週目でまたお刺身と生牡蠣を食べ、苦しかったです。


IMG_5267X
ディナーのお供に飲んでみたのがこちら、タイ産ワインの「モンスーンバレー」です。
そういえば以前にレンさんがこれを紹介した時に、タイでワインなんか作ってたんだー
と驚きました。

レンさんが紹介したホアヒンのブドウ畑。ここで取れるブドウで造られます。

私はこのワインをワインショップと大型スーパーで探しましたが、どこにも置いてないのです。
どうやらサムイ島では一部のリゾートだけが仕入れているらしく、一般にはまったく出回って
いないのです。さすがトンサイベイにはありましたね。白を飲んでみましたが確かにおいしかった
ですよ。



以上、トンサイベイのBBQディナーでした。こちらも開催曜日、時間等、予告なく変更になる
場合が御座いますので、到着後に確認される事をお勧め致します。滞在日程中に開催される
場合は是非BBQディナーを召し上がって下さい。料理の種類が大変豊富ですので、お腹一杯に
なっても更に食べ続けてしまいますよ!


〈トンサイベイの予約はコチラから!〉
.26 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 バンヤンツリーサムイにて

こんにちは。


本日は、雑誌「楽園トラベラー」のバンヤンツリーサムイでの取材風景をお届けいたします。
ホテル視察時の情報はこちらからです。

「バンヤンツリーサムイ」は2010年にオープンした最高級リゾートです。島内で海が最も
綺麗な北ラマイの岬の先端に位置しています。長くサムイ島に住んでいたごくわずかの
人しか知らなかった山を通っていくシークレットビーチ。そこに目を付けたのが
バンヤンツリーなわけです。

全室が極上のプールビラというラグジュアリーリゾートを取材致しました。
まずは初っ端から絶景に酔いしれていただきましょう。何度か来ていますが、私も
初めての景色でした!


バンヤンツリー (1)X
ドーーン!如何ですか?この絶景。
今回の取材の旅で取材陣の皆様が最も感動していたのがこのお部屋。
「スパ・プールビラ」というお部屋で、リゾートの斜面の最上部に位置するお部屋を
撮影用にご用意頂きました!お部屋のプライベートプールからの景色です。



バンヤンツリー (4)X
そこから下を見下ろすとこの風景です!透明度抜群の海です。

ポコッと飛び出した岬の裏側にあるのが「シラバディー・プールスパリゾート」
その隣には「ルネッサンス・コサムイ」があります。


バンヤンツリー (5)X
もう少し右に目をやると、敷地が大きく見渡せます。右側がラマイビーチ方面



バンヤンツリー (7)X
こちらは客室内からの絶景、プライベートプールと海が一体化します。



バンヤンツリー (8)X
こちらはちょっと位置を変えて、プライベートプール奥側のデッキにて撮影です。



バンヤンツリー (11)X
再度そこから見下ろす景色です。

素晴らしい景色ですね。私はプーケットのバンヤンツリーも視察した事がありますが、
サムイの圧勝だと勝手に思っております。もちろん全てのお部屋がこの様な景色では
ありませんが、斜面の中腹から上部にかけての半数以上の客室はこの様な素晴らしい
景色がご堪能頂けます。
景色は好みにもよりますが、あまり上部ではなく、中腹くらいが一番良く見える。という
意見もありますよね。


バンヤンツリー (12)X
ベッドルームからの風景。

さて、全室プールビラで斜面を利用して作られたリゾート、と言えば以前にも紹介した
「フォーシーズンサムイ」ですね。恐らくお互いにライバル意識をメラメラと燃やして
いる事でしょう。Wリトリートは独特な存在で、ちょっとテイストが違いますからね。

ではここで、似ているサムイ島のフォーシーズンとバンヤンツリーのお部屋の違いを挙げて
おきましょう。

フォーシーズンはデッキエリアが広く、その先にあるのがプール。室内のリビングルームは
ありません。逆にバンヤンツリーは上の写真のように、ベッドルームとプールが繋がっていて、
デッキエリアはプールの両端にあります。室内にはリビングルームがあります。


と、こんな感じでしょうか。
あと、バンヤンツリーの客室でジャグジーがプライベートプールに付くのは、この
スパプールビラに全室、オーシャンビュープールビラに1室となっております。


バンヤンツリー (15)X
用意頂いた「スパ・プールビラ」という客室タイプは、部屋を出るともう一つの小さな
建物があります。ここはセカンドベッドルームとして利用可能です。



バンヤンツリー (14)X
こちらがその内部です。ここはスパトリートメントの専用台をセットアップする事が可能で、
ここでスパを受ける事が出来るのです。客室名はここから来ています。



バンヤンツリー (13)X
セカンドベッドルームにもシャワールームがあります。



バンヤンツリー (17)X
こちらはスパのレセプションです。お部屋の撮影の後にスパの撮影となりました。



バンヤンツリー (18)X
まずはハイドロプールとサウナの施設「Rainforest」を少し撮影します。



バンヤンツリー (19)X
トリートメントルームへ移動して、トリートメント風景を撮影です。
モデルさんになっていただいたスパのスタッフが待機中です。



バンヤンツリー (24)X
今度はビーチ前のレストラン「Sands」での撮影です。ここの景色もすごく綺麗なんです。
レストランのウエイターさんにお願いして、ポーズをとってもらったりして和気藹々と撮影は
進みました。


バンヤンツリー (27)X
撮影用にご用意頂いたスモークサーモンのピザです!私がサーモン大好きなせいか、
とってもおいしかったです。とても高級なピザですね。



バンヤンツリー (28)X
こちらはマグロのステーキです。
この変わったソースがアクセントですね。


バンヤンツリー (29)X
デザートのアイスクリームも美味でした。



バンヤンツリー (22)X
ビーチから上を見上げると、客室が綺麗に並んでいます。
もう草木も完璧に生えそろって、ハゲの部分はないですね。



バンヤンツリー (30)X
最後に撮影に向かったのは、もう一つのレストラン「Saffron」です。夜のみ営業の
タイ料理レストランになります。

ここでは撮影と昼食もご用意頂いておりましたので、ホテルスタッフの方も入れて5名分の
料理がたくさん運ばれてきました。もちろん写真撮影してその後おいしく頂きました。
既に撮影用の料理でお腹が膨れていましたが、、、


昼食で頂いた数々の料理です。


バンヤンツリー (31)X
前菜料理の盛り合わせ
春巻きや海老揚げ、厚揚げやモチ米、等、、、


バンヤンツリー (32)X
シーフードの炒め物



バンヤンツリー (33)X
ソフトクラブ(蟹)の唐揚げ。私はこれ大好きです。



バンヤンツリー (34)X
色とりどりのごはん。タイ米です。



バンヤンツリー (35)X
鶏肉のタイカレー



バンヤンツリー (36)X
みんなでおいしく頂きました!
高級タイ料理っていう感じで、食堂の物とは一味違いますね。私は安いものも嫌いでは
ないですが。


バンヤンツリー (38)X
タイデザートの定番、マンゴーともち米(カオニャオ・マムアン)ですね。
ここはココナッツミルクではなくて、アイスクリームが載っています。



以上、バンヤンツリーでの撮影風景でした!やっぱり素晴らしいリゾートですね。
極上リゾートをお探しの方、ハネムーンの方はバンヤンツリーサムイで間違い無しですね。




最後に、やっぱり私はこの写真が気に入りました。なのでもう一枚載せる事にします。


バンヤンツリー (16)X

最後はジャグジーのブクブクと共に!



このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!

バンヤンツリーサムイのご予約はコチラから!
.25 2011 スタッフ:UC comment2 trackback(-)

【サムイ島】 サラサムイとサリーラヤにて

こんにちは。


本日はまた雑誌の取材で訪れたリゾート取材風景です。このネタはまだしつこく
続きます。


まず最初のリゾートは「サラサムイ」です。白くてモダンなかわいいデザインで、
サムイ島内ではかなり人気があるリゾートの一つです。


サラサムイ (8)X
こちらはビーチの前に2つあるプールのうちの一つです。
もう一つは底が黒プールになります。



サラサムイ (7)X
こちらはビーチの前にある、メインレストランです。
しかし今回はこのレストランでの撮影ではありませんでした。



サラサムイ (1)X
こちらは「1ベッドルーム・プールビラスイート」というリゾートに4室しかないお部屋です。

今回は「インビラダイニング」という、お部屋でのお食事を撮影します。
各リゾートではお部屋が広くてスペースがある場合、お部屋でお食事を召し上がる事が
出来ます。お部屋から一歩も出ずに完全なプライベートな食事となります。

その場合この様にレストランと同様にセットアップしてくれるのです。


サラサムイ (3)X
撮影用の様々なタイ料理が運ばれてきて撮影します。



サラサムイ (5)X
辛そうな魚料理です。



サラサムイX
そのまま客室内も撮影出来て一石二鳥でした。

ここではスパの撮影はなしで次のリゾートへ向かいます。



サリーラヤ1 (4)X
続いて向かったリゾートは「サリーラヤ」チャウエンビーチの繁華街にも徒歩で行ける
リゾートです。

最高の天気に恵まれましたね。


サリーラヤ (11)X
ここではレストランの撮影から入ります。



サリーラヤ (7)X
ラムのステーキ


サリーラヤ (10)X
魚のから揚げやトムヤムクン等のタイ料理も運ばれてきて、海をバックに撮影です。
もちろんその後はみんなで試食会です。



サリーラヤ (3)X
丁度夕方になってきて、チャウエンビーチはこんな幻想的な色合いを見せます。



サリーラヤ (9)X
ピンクの雲もいい感じです。




サリーラヤ1X
次の日は朝から客室の撮影です。
ここは「サリーラヤ・プールビラ」のお部屋です。



サリーラヤ1 (7)X
この日も天気が良くてとても暑かったです。おかげでビーチもこんなに綺麗に見えます。



サリーラヤ1 (1)X
そしてスパの撮影です。
スパは通りを挟んで向かい側にある別棟になります。


サリーラヤ1 (8)X
プールの横に階段を上がったところにこのマッサージサラがあります。
ここでもマッサージ風景を撮影しました。



サリーラヤ1 (5)X
マッサージサラから見下ろすプール周辺の風景です。



サリーラヤ1 (3)X
ビーチの目の前まで行くとこんな感じです!



チャウエンビーチは細かい白砂が島内で一番綺麗です。
仕事中にもかかわらず、海に飛び込みたくなりました!


サラサムイのご予約はコチラから!
サリーラヤのご予約はコチラから!
.22 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

ホアヒン釣り報告

こんにちは。

サムイ島のUC君に続き、バンコクからも釣りの報告です。今回は、ホアヒンに行ってきました。

R0015637
▲釣りの前に、、、今回宿泊したのはホアヒングランドホテルというホテルで、ホテルのすぐ近くにちょっとしたマーケットがありました。

R0015654
▲日用品などを売る夜店、食べ物の屋台などがあって、結構楽しめます。

R0015655
▲夜になるとマーケットの所だけ色とりどりの光で、とても綺麗でした。そして、海を見ると沖に点々と緑色の光が見えます。これは、イカ釣りをしている船です。前回来たときよりも船がたくさん出ていたので、釣りも期待できそうです。。

R0015659
▲肝心の釣りの結果です。56cmを筆頭にコロダイを4尾釣ることが出来ました!一番小さいのは奥さんが釣ったコロダイの子供です。大きくなるとだんだん斑点模様が消えてくるみたいですね。この日はその他に、ハタ、シマイサキ、イトヨリなども釣れました。


釣ったコロダイは家に持ち帰って、刺身にしました。先日NHKの「ためしてガッテン」で真鯛のおいしい食べ方というのをやってたので、同じように皮をつけたまま湯引きしてみましたが、ウロコ取りが甘かったようでうまくいきませんでした。次回、リベンジしたいと思います。
.21 2011 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

Soneva Kiri に行ってきました。 ~その3~

R0015385

こんにちは。

また少し間が空いてしまいましたが、今回はソネバキリの各施設をご紹介したいと思います。

R0015363
▲まずはこちら、Denというキッズクラブです。外観は大きな魚のエイ(マンタ)の形をしています。中は竹や木といった天然素材でできていて、子供達は裸足で遊んでいました。

R0015448
▲絵を描いたり、こんな風にTシャツを自分で染めてみたり、日によって異なる色々なアクティビティに参加することが出来ます。

R0015413
▲朝食は、サラダやパンなどのビュッフェの他に、温かいお食事はアラカルトでオーダーすることが出来ます。

R0015417
▲卵料理をオーダーしてみました。

R0015409
▲フルーツもたくさんあります。

R0015374
▲こちらでは、宿泊客はアイスクリーム食べ放題のコーナーがあって、色々な種類のアイスクリームが用意されています。

R0015497
▲アイスクリームです。

R0015475
▲シックスセンシズリゾートといえば、やはりスパ。ソネバキリにももちろんスパ施設があります。緑に囲まれたトリートメントルームです。

R0015470
▲スパエリアにはフィットネスも完備しています。

R0015482
▲リゾート内には「シネマパラディソ」という施設があります。

R0015485
▲こちらでは夜、屋外のシアターで映画を上映しています。(当日は残念ながら雨で中止でした。)

R0015390
▲こちらは天文台です。晴れていたら是非見たかったのですが。。

R0015487
▲リゾート内のビーチの様子です。天気が悪かったのでいい写真は撮れませんでしたが、晴れていたらきっときれいなビーチだと思います。

R0015490
▲雨で湿ってしまっていますが、ビーチは細かい砂でした。乾いていたらさらさらだと思います。


以上、各施設のご紹介でした。今回、天気が悪くてエクスカーションなどにも参加できませんでしたが、それでもこのソネバキリはまるで別世界のような雰囲気で、また来てみたいと本当に思えるリゾートでした。現在はメンテナンスの為一時クローズしていますが、2011年8月5日に再オープンの予定です。

ソネバキリのご予約はコチラから!
.20 2011 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【サムイ島】 第5回サムイ島釣り報告

こんにちは。


連休最終日となった18日、いつものように、ほうぼう屋さんに釣りにお誘い頂きました。
前日深夜からの、なでしこジャパンの生放送の観戦で1時間ほどしか寝ておらず、
眠い目を擦りながら港へと向かいました。しかし、いつもの釣りよりとっても楽しみ
にして、参加しました。なぜなら「テンプラ職人」が参加するというのです。


前回の報告はこちらから


IMG01172-20110718-0900
天気は晴れ、この日も暑くなりました。
波もなくて穏やかな海で絶好の釣り日和です。



IMG01173-20110718-0900
この日は私とほうぼう屋さん1名、その友人の「ノグチさん」1名の計3名のみです。
いつもよりは少ないので、小さめの船をチャーター、船長とスタッフ1名と5名で大漁祈願です。



IMG01178-20110718-1424
今回はそこそこ大漁でした!3名だけでしたが、みんなそれぞれ5匹くらいは釣り上げ、
大き目の刺身サイズも4匹ほどです!!
私も小さいのが4匹、中型が1匹とまずまずの釣果でした。



IMG01174-20110718-0921
お昼過ぎにアタリがなくなってきたところで引き上げました。


さて、今回ご一緒させて頂いた「ノグチさん」ですが、マカオのホテルALTIRA MACAU内
にある高級日本料理店「TENMASA」の料理長さんなのだそうです!TENMASAは高級天婦羅屋
として日本で有名らしく、そのマカオ店にいるのがノグチさん。
いわゆるテンプラ職人ですね!

なので今回は釣り上げた魚で料理を作って頂ける事になっていたのです!
これほど嬉しい事はないですよね。



IMG01181-20110719-1909
魚を捌くノグチさんです。
作っていただいたのは、、、



IMG01185-20110719-1936
お刺身です!盛り付けもさすがにプロの技、ハタやシマアジなどどれも美味です。



IMG01201-20110719-2047
更にはお寿司まで!いやーー最高です。とっても綺麗ですね。



IMG01186-20110719-1936
魚のあら汁です。骨や頭などの全てを煮込んで究極のだしが出てます。
おいしくないはずはありません。



IMG01184-20110719-1925
小さめの魚は蒸し料理になりました!蒸した魚にたれをかけて葱をのせ、その上から熱々の
ごま油かけてジュワーーー!っと音が出るやつです。テレビで見た事がありましたが、目の前
でみると本当にいい香りで食欲をそそられます。



IMG01183-20110719-1912
さあ、ここから更にテンプラ職人の技が光ります。お魚は刺身や寿司で主に使ったので、
テンプラ用に別に野菜や魚介類を仕入れて作っていただきました。



IMG01194-20110719-1956
揚がった順にどんどんテーブルに出てきます。テンプラは揚げたてをすぐに食べるのが
いいらしいですね。海老もホックホクです。ノグチさんのお店ではお客さんの目の前で
揚げたりするんだそうです。



IMG01200-20110719-2028
海老を揚げているところです。
衣の作り方や油の温度、時間など、素人は知ってるようで実はわからないいろんな技が
あるようですね。奥の深い世界です。



IMG01197-20110719-2020
獅子唐とオクラ


IMG01199-20110719-2024
椎茸



IMG01196-20110719-2017
とうもろこしのかき揚げ



IMG01195-20110719-2002
私はこれが一番好きでした。太刀魚のテンプラ。ふわっふわに柔らかくて口の中で
とろけます。



というわけで、釣りというよりもその後の食事の方がメインになったような感じですね。
プロの料理はとにかくおいしくて、お腹一杯になりました。ノグチさんは時々タイに遊び
に来るようで、サムイ島も数回目だそうです。マカオの話もたくさん聞けましたし、そのうち
私もマカオに行ってみたいなあと思いました。



以上、釣り報告でした!


*釣り(ボートフィッシング)は現地オプショナルツアーでも販売しておりますので、
 旅行者の皆様でも参加可能です。(大物を釣り上げるのは結構難しいです)
 他のお客様と一緒の船になり、釣り上げた魚は持ち帰りも可能ですし、昼食として船上
 でから揚げ、塩焼き等の料理にして食べる事も出来ます。

*誰でも気軽に楽しめるロングテールボートからの手釣りも御座います。こちらは本格的
 な釣りではなく、遊び感覚で小魚を釣っていただく感じです。




釣りに興味がある皆様、是非サムイ島で釣りはいかがでしょうか。




.20 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 私の休日

こんにちは。


タイでは先週の15日三宝節、16日カオパンサー、と2日の祝日が続き、日曜日と
月曜日の振り替え休日も含めて、15~18日は4連休となりました。
私はこの連休どのように過ごしていたのかをご紹介します。たいした話ではないで
すが、しばしお付き合いください。


15日は何もせずのんびりとサムイ島で過ごし、16日に1泊お隣のパンガン島へ行く事に
しました。じっとしててもつまらないですので、いつものように16日に突然思い立って、
早速行動に移します。私の家から5分の所にパンガン島のハードリン行きの船の港があるの
です。予約無しで乗れるし、片道200バーツと大型高速船より安いです。約50分で到着
しました。



IMG01120-20110717-1041
本当は綺麗なビーチ前のバンガローに宿を構え、陽射しを浴びながら飲んだくれようと
思っていたのですが、どんより曇り空で肌寒いという、最悪の天気です。予定を変更して
トンサラの街中に適当に宿を探し、チェックインしました。

エアコン、ホットシャワー、テレビ、冷蔵庫も付いて400バーツはなかなかでしょう。
普段高級リゾートばかりブログで紹介していますが、自分が一人で泊まるときはこん
なものです。


IMG01108-20110716-1805
とりあえず街へ繰り出し、港の近くで1杯!そういえば仏教関係の祝日で禁酒日の
はずですが、その辺の規制はゆるいのが島の特徴です。

トンサラというのはパンガン島の南西部に位置する島内唯一の街です。南東部の有名な
ハードリンというのはフルムーンパーティーの為だけにあるような街で、あるもの全てが
欧米人向け、タイらしさやローカル色が全くないところです。なので私にはトンサラの
ほうが滞在には向いています。



IMG01109-20110716-1845
真昼間からさらにハシゴ。近くのバーへ移動してまた1杯です。
タイガービール + 氷、これ最強の組み合わせです。



IMG01075-20110611-1726
ビール3本でほろ酔い気分になってから、トンサラで行われている歩行者天国を見に行く
事にしました。ここでもサムイ島みたいに流行ってるみたいですね。
このときの様子はまた別の機会に紹介いたします。


夕方一度宿へ戻って、宿の目の前にあるマッサージ屋でタイマッサージ1時間を受けました。
するとそこのおばちゃんが、今からお勧めの夕食を食べに行くのであなたも来い、との
お誘いを受け、そこのおばちゃんとスタッフについて行く事にしました。



IMG01111-20110716-2039
ついていった理由は夕食が「チムチュム」(タイ東北地方の鍋)だったから!!私がタイ料理
で一番好きな料理です。ここはパンガン島で一番おいしい所らしいです。
南部は暑いので、チムチュムのお店って少ないんですよね。



IMG01112-20110716-2042
グツグツ煮えて、ふうふう言いながらおいしく食べました。やはりスープがタイスキの100倍
おいしいです。この日は肌寒かったので鍋が丁度良かったです。

マッサージ屋のおばちゃんはビールも良く飲みます。スタッフの方は飲めず、おばちゃんと私で
シンハービール大瓶を5本空にしました。


IMG01116-20110716-2352
夕食後、マッサージ屋のおばちゃんにお礼を言って別れ、その足でブラブラと街を散歩
し、おいしそうな匂いがする食堂へ入ってみました。


お目当ては、、、、


IMG01118-20110717-0008
鶏粥!!「カオトム・ガイ」です。飲んだ後にはラーメンかこれを食べるのが、私の中で
習慣化されています。

千切り生姜で胃もさっぱりとし、たくさん飲んでもぐっすり眠れるのです!


こうして、宿へ戻り、テレビを見ながらいつのまにか寝ておりました。


IMG01122-20110717-1048
日が変わって17日です。10時に目が覚め、窓の外を見るとすごく晴れています。
残念!もう今日サムイ島に戻るというのに、、、

ところで、島で唯一の街ですがこの島は圧倒的に車が少ないです!とにかく車が少ないので
騒音も少ないです。サムイ島がいかに車が多いかが実感出来ました。


IMG01140-20110717-1315
午後の船の時間まで探検する事にしました。とっても綺麗だという噂を聞いていた、
「サラドビーチ」を目指す事にしました。トンサラからこんな道を北上します。ほとんど車
も通らない田舎道です。舗装はされてますけどね。



IMG01123-20110717-1118
途中でこんな景色を左手に眺めながら。

今回カメラを持って行っておらず、全て携帯電話の画像です。すみません、、、



IMG01126-20110717-1128
そして到着!!ここがサラド・ビーチだ!!たしかに綺麗です。


IMG01127-20110717-1129
透き通る海!!



IMG01129-20110717-1130
時間帯のせいかかなりの遠浅ですね。みんな座ったり、寝転んだりと遠浅を利用して
ビーチを楽しんでおります。


IMG01134-20110717-1134
私はビーチ沿いにあったバンガローのレストランでしばし休憩です。
今回天気が悪かったので水着を持ってきませんでした、、、後悔です。


IMG01139-20110717-1145
ここのレストランで遅めの朝食を注文し食べます。
ゆでたまごが本当に茹でたてで、熱過ぎて剥けないです、、、


IMG01137-20110717-1137
そしてまたまたビールをグビっと!!!
晴れの日はビールもおいしいですよねえ。


お昼からビールを飲んで、そろそろ船の時間なので、ハードリンの港へと向かいました。


IMG01143-20110717-1428
サムイ島へ戻る船の中はガラガラです!!
そういえばこの日17日はフルムーンパーティーの日です。これを目当てに来る人が99%ですので、
この日にパンガン島を出る人は少ないですよね。



IMG01144-20110717-1429
来たときはこの通路まで埋まってたのに、、、
おかげで私はこの通路を占領し、爆睡して帰ることが出来ました。


その日の夜、、、そういえば今日は、「なでしこジャパン」の決勝戦だ、と思い出しました。
かなり遅い時間ですが、この模様を是非家で応援したいと思ったのです。
私の部屋は自動的にケーブルテレビに加入している為に、いくつかのスポーツチャンネル
があります。


ということは、どこかのチャンネルで生放送しないかなあ、と寝ずに待ち構えてたら、、、、


IMG01148-20110718-0141
始まりました!!!さすがアストロスポーツ!!
英語の解説ですけど、それで充分です!


いやーー、すごい試合でしたよね。まさかとは思いましたが、延長後半で再度追い着くとは、
鳥肌が立ちっぱなしでした。

そしてPK戦に持ち込んだ日本、、、結果は皆さんご存知の通り!!!



IMG01167-20110718-0442
世界一おめでとう御座います!



IMG01165-20110718-0426
佐々木監督の勝利のインタビュー。監督、口元が緩みっぱなしですよ!


延長戦、PK戦、表彰式まで生放送するもんだから、結局朝の5時まで全て見てしまいました。
それより先に、白熱した試合で興奮してどうせ寝れなかったでしょうけど。





そして、私はほとんど寝ずに朝8:30に港へ行きます。
何故かと言うと、、、、





IMG01173-20110718-0900
釣りに行ってきたのでしたー!!
この時の様子もまた、別のブログでご紹介いたします。



以上、こんな感じでのんびりと過ごしておりました。
ちょっと飲みすぎた連休でしたが、また今日から仕事がんばります!

.19 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。