スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

雑誌「マキア」10月号にサムイ島のホテルが掲載されました。

R0016070.jpg

こんにちは。

リゾート写真家、増島実さんの取材をお手伝いさせて頂いた関係で、集英社さんより雑誌「マキア」10月号が届きました。いつもありがとうございます。

今回は、178-179ページでサムイ島の「ザ・サンセット・ビーチ・リゾート&スパ タリンガム」(旧バンサバイ)、182-183ページで同じくサムイ島の「Wリトリート コー・サムイ」が紹介されています。

どちらもサムイ島、そしてリゾートを愛する増島さんならではの素晴らしい写真です。


〈サムイ島の厳選ホテルのご予約はコチラ!〉
スポンサーサイト
.31 2011 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【サムイ島】 排水の改善を目指して ~その後

こんにちは。


さて、サムイ島で数年に1回悩まされてきた集中豪雨による島の浸水問題で、
7月頃から排水の改善のための工事が各地で行われていました。もちろんそれは
今でも島のどこかで続いております。

私の働くオフィス前の通りでも行われてきたのですが、その後の変化をご紹介しましょう。


IMG01280-20110814-1639
前回ガリガリと道路を掘り起こしていたわけですが、その後道路側に高さ15cmほどの
コンクリートの縁石が出来ました。



IMG01281-20110814-1639
この縁石はずーーと遠くまで長く続いていて、この通り沿いにある建物を守ることに
なるようです。
しかし、この後1ヶ月ほどはほったらかし。土の部分も剥き出しのままです。
もしやこのまま終了??と思ったのですが、、、


IMG01282-20110822-0913
よかったです。ようやくまた工事は再開されました。土の部分をもう一度掘り返し
何かしております。



IMG01284-20110822-1537
どうやら端っこに溝を作ったようですね。そこに青い管のようなものを入れていました。



IMG01283-20110822-1536
すると今度はコンクリート車が現れて、溝にコンクリートを流し込んで行きます。



IMG01285-20110822-1632
こんな感じです。よくわかりませんが管を埋め込んでそこを補強してるのでしょうかね。
おかげで私達は木の板を渡って行き来します。



IMG01286-20110822-1633



IMG01287-20110823-1332
そして今度は掘り返した部分がコンクリートで整備されて平らになりました。



IMG01312-20110828-0751
そして最近の事ですが、ここにも正方形のブロックが埋め込まれてある程度綺麗に
なったのです。

すると、再びほったらかし、、、もしやこれで本当の完成形なのでしょうか?うーーん完成
と言われれば完成のようにも見えますが、何か中途半端な気がするのは私だけでしょうか?
ブロックの欠片や残りもそのまま置いていったし、、、


でも、見た目ではなくあくまでも「排水」の機能が向上してればいいわけですので、
このコンクリートの下が完璧になっている事を願いましょう。



PICT0006X
これは2010年11月の集中豪雨時のオフィス前です。
道路ではなく川でしたからね。



8X
ちなみにあの時はこんな感じでオフィスの中まで浸水してしまいました。
新しく出来た縁石でなんとか水の侵入は食い止めたいところですが、さてどうなるでしょう。

なにがいやかって、
全てはその後の掃除なんです!そしてもちろん停電もいやです!


IMG01313-20110830-1434
さて、28、29日と全く晴れず、2日間共一日中曇り、そして夜には雨でした。
一体どうしたサムイ島!と思っていたのですが、今日30日は変わって晴天。そして暑いです!


やっぱりビーチリゾートはこうでなくちゃ駄目ですね。

.30 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 久しぶりに「AGEHA」へ

こんにちは。


先日の事、久しぶりにラマイビーチの日本食屋さん「AGEHA」へと行ってきました。
これまでも何度かお伝えしてきましたが、マレーシアのホテル等でも長年の経験を
お持ちでいらした日本人の寿司職人さんがいなくなった、、、、、、、と噂を聞いてからは
しばらく行っておりませんでした。

その後一体お店はどうなったのでしょうか??


IMG01311-20110827-2052
通常通り営業しておりました。
以前の定休日は日曜日だったのですが、現在の定休日は水曜日だそうです。



IMG01307-20110827-2035
そして、お店は日本人のオーナーお一人でがんばっておられました。やはり職人さんは
辞められたそうです。
現在はオーナーが一人カウンター内に入っており、奥の厨房にタイ人の料理人が一人、
ウレイトレスの女性が2人おりました。



IMG01301-20110827-2009
びっくりしたのはメニューがいきなり増えた事、しかもかなりのメニューが追加されて
ました。
揚げ物やら、、、



IMG01296-20110827-2007
しゃぶしゃぶやら、、、



IMG01299-20110827-2008
麺類やら、、、




IMG01295-20110827-2007
カレーライスまで、、、

ちなみにこれでもまだ追加されたメニューの半分ほどです。今まで通り寿司や刺身もあります。
今までは地物の寿司や刺身がメインのお店でしたが、今では居酒屋のような感じですね。
実際普通の居酒屋並みにメニューが豊富です。最近ランチも始められたそうですよ。


IMG01302-20110827-2010
私はやっぱり忘れられなかったこの味。アジの握りから注文です。
握るのはオーナーです。握り方はやっぱり職人さんの方が上手だったと思いますが、
まあ、十分おいしいです。



IMG01306-20110827-2020
今日はお勧めのシマアジが入ったというので、それも頂きました。
脂がのってておいしいです。

こうして私はシメサバやら何やらと寿司を8貫たいらげ、まだ入るので新メニューから何か
選んで見ることにしました。


IMG01305-20110827-2020
頼んだのは「チキン南蛮」です。マヨネーズかタルタルソースかみたいな白いソース
がかかってました。ボリュームもあってこれもイケます。


こうしてシンハービールも1本飲んでお会計は450バーツ!
相変わらず安さ健在でよかったです!
もともと場所がラマイビーチなだけに頻繁に行く事は出来ないのですが、やはり日本食
が恋しくなったらまたいくでしょう。

.29 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【タオ島】 この島でイチオシ!「ハードティエン」その2

こんにちは。


昨日の続きと致しましょう。
タオ島でのいちおしリゾート、「ハードティエン・ビーチリゾート」です。

客室情報はその1からご覧ください。

さて、本日はその他の施設や撮影風景をお知らせするのですが、施設自体はいたってシンプル
で、レストランが1軒とプールが一つしかありません。今後はスパを建設する予定だそうです。


ハードティエン (36)X
リゾート入り口までは車移動、その後は歩いてちょっとした坂を下りていきます。
綺麗なガーデンやとても背の高い椰子の木で埋め尽くされています。
向こう側に見える建物はレストランです。




ハードティエン (39)X
そして坂をおりきった所にこのレセプションがあります。
ここも円形をした小さなコテージ風建物になっています。




ハードティエン (38)X
レセプションから見た風景。
左側にレストランがあり、奥にビーチがあります。




ハードティエン (25)X
そして敷地の中央、ビーチ前にこの共同のプールがあります。




ハードティエン (23)X
プールはとっても横長な長方形です。内壁は全て黒色になっています。




ハードティエン (24)X
プール付近から見るビーチです。




ハードティエン (32)X
続いてレストランの撮影へと移ります。写真が暗くなってすみません。
こちらは大きな円形のレストラン「inSea beach bar & grill」となります。このリゾート
唯一のレストランでビーチ前になります。




ハードティエン (6)X
雑誌撮影用の様々な料理を用意してもらいました。
魚のから揚げ甘辛ソース、パスタ、シーフード炒め、フィッシュ&チップス、です。




ハードティエン (4)X
陽射しの当たる明るい所へちょっと移動しての撮影です。




ハードティエン (5)X
天気も良くってバックの海もとっても綺麗ですね。




ハードティエン (9)X
料理の撮影が終われば、例によってテーブルへ戻って皆さんで試食会です。
どれもこれもとってもおいしかったです。特にフィッシュ&チップスの白身魚がふわっふわ
で、オーストラリアやイギリスで食べた物とはえらい違いで驚きました!




ハードティエン (35)X
そして最後はリゾートのビーチの写真です。
透明度はもちろんいうことありません。サムイ島の数倍綺麗です!




ハードティエン (7)X
ここはビーチの一番左端です。ここから右に350mもあるというとっても長いビーチです。
両端に岩があるだけですので、海水浴にもばっちり適しています。「チャムチュリー」
はビーチ部分がとても小さかったですから。ビーチで選ぶなら間違いなくここでしょう!
長さがわかる様にビーチを横から撮ればよかったですね。後悔です。
他のビーチと違ってもちろん誰も来ませんので、プライベート感もたっぷり。



以上、2回に渡ってハードティエンをお伝え致しました。前回もお伝えしたとおり、
リゾート周りには何もなく、歩いて行ける範囲にも何もありません。一番近い街は
港がある「メーハッド」という所ですが、車で15分で、繁華街と呼べるほどの規模では
ありません。ここに泊まったらリゾートにこもってのんびりと海を満喫する、という
過ごし方が良いでしょう。


タオ島へ行くなら、是非ハードティエンに泊まってみてください!



このホテルに宿泊するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.26 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【タオ島】 この島でイチオシ!「ハードティエン」 その1

こんにちは。


雑誌取材の旅のお話の続きとなります。
チャムチュリービラを後にした私達が向かったのは、同じくタオ島内の次のリゾートです。

こちらはタオ島南部の海岸に新しく誕生したリゾートで、恐らくタオ島ではこの様なデザイン
のリゾートは初めてでしょう。お部屋は小さめですが、木を活かしたお洒落なブティック調
のお部屋は誰にでも喜ばれると思います。私個人的にはタオ島では最もお勧めするリゾートです。


ハードティエン (25)x
The Haad Tien Beach Resort(ハードティエン・ビーチリゾート)と言います。

タオ島の南にあるThian og Bayに位置するリゾートで敷地の広さもタオ島では1番でしょう。
小さい島ですので、港から車で10分で到着しますが周りには何もない隠れ家リゾートです。
ちなみにパンガン島にHaad Tian Beach Resort(aとeの違いのみ)という紛らわしい名前の
リゾートがありますが、それとは違いますので注意してください。


客室をご紹介しましょう。

コテージ                40㎡    
ハイダウェイビラ            40㎡
ゲータウェイビラ            40㎡
キャスタウェイ・ビーチビラ       40㎡
キャスタウェイ・ビーチファミリービラ  60㎡


となっています。全てのお部屋が1棟独立のビラタイプで全室がシャワーのみとなります。
現在全部で43室あるのですが、さらにお部屋の増築を行っていてこれから更に増えるそうです。


cottagex
もっとも安いこの「コテージ」というお部屋はビーチから離れた所にある八角形の形をした
お部屋です。こちらだけ中を見ていないのですが、このお部屋はダイバーをターゲットに
したバジェットタイプのお部屋で最もシンプルなお部屋だそうです。




hideawayx
続いてはこちら「ハイダウェイビラ」です。茶色一色でまとめられた建物は山小屋っていう
感じがしてすごく親しみがあります。こちらもビーチからは離れた所にあります。




hideaway1x
お部屋の入り口にこのテラスが付いています。




hideaway3x
こちらがお部屋の内部です。壁も床も家具も全て「木」温もりを感じます。
色も白、茶系で統一され天井からの照明もいい感じで照らしています。




hideaway2x
どうですか?いい感じじゃないですか?テレビとDVD、ミニバー、コーヒー紅茶もあります。
敷地内ではワイヤレスインターネットが無料です。




hideaway4x
バスルーム、トイレまで木にこだわっていました。




gatawayx
続いてはこちらの「ゲータウェイビラ」です。こちらもコテージと同じく八角形の形を
したビラです。お部屋の前にシンプルなプライベートサラが付くのも特徴です。




gataway1x
プライベートサラはこの様にデイベッドになっています。ビーチの近くと言うわけでは
ないのですが、ハイダウェイビラよりも近くになります。




gataway2x
お部屋の内部です。これ面白いですよね!8面ある壁の前方の5つの面がガラス張りになって
いて、ブラインドを開ければこのように光が差し込みます。ガラス戸自体を開けることも
出来ます。




gataway3x
反対側から見た感じです。このお部屋の床はコンクリートになります。





gataway5x
ベッドが中央にあり、その後ろ側にバスルームがあります。
洗面台のデザインが面白いですね。




castaway beachx
こちらがビーチに一番近いお部屋「キャスタウェイ・ビーチビラ」です。
ハイダウェイビラと非常に良く似ているのですが、入り口側の壁一面全てを開けることが
出来て、開放的な空間を作り出せます。

ビーチには一番近いのですが、目の前というわけではありません。




castaway beach4x
外のデッキにはデイベッドもあります。




castaway beach1x
そしてお部屋の内部です。ダブルベッドの他にデイベッドも足元側に付いています。




castaway beach2x
ハイダウェイビラと同じく「木」で全てを表現したお部屋です。




castaway beach3x
テレビはお部屋の角にあります。右奥に見えるのが洗面台で、その右左にトイレとシャワー
があります。




castaway familyx
最後に2部屋しかない「キャスタウェイ・ビーチファミリービラ」です。
外観と内装はまったくキャスタウェイ・ビーチビラと同じです。奥行きだけ広くなってます。




castaway family4x
入り口側の扉を全開にした感じです。




castaway family2x
そしてこちらがベッドルームです。




castaway family3x
奥行きが広くなる分、隣にはもう一つのダブルベッドがあります。




castaway family1x
ダブルベッド2台で大人2名、子供2名の家族にも対応出来ます。


以上、ハードティエンの客室はいかがでしたでしょうか?
タオ島にもこのレベルのリゾートがどんどん増えてくるのでしょうか。
バスタブが無い事、客室がそれほど広くない事、を考えると高級リゾートとは呼べないの
かもしれませんが、それでも素晴らしいデザインと内装のレベルは高級リゾートにもひけを
取らず、満足度の高いリゾートだと思います。


私の個人的にお勧めのお部屋は、、、、、
八角形のゲータウェイビラも面白くて捨てがたいけど、
やっぱり木の温もりを感じるハイダウェイビラかキャスタウェイ・ビーチビラですね!


続きは次回になります。

.25 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 ある晴れた日のチャウエンビーチ

こんにちは。


ハイシーズンのサムイ島からお送りしております。

この時期のサムイ島の気候は夕方や夜にスコールがある程度で日中はほぼ毎日晴れ
となります。スコールは1時間以内で大抵やみますので、天気の心配はいらない
でしょう。いくつかのウェブサイトではサムイ島の天気を4~10月が雨期、
11月~12月が豪雨期などど表現している場合がありますが、この程度の雨で雨期と
呼ぶのも変な話ですよね。

むしろ風がなくて波も穏やか、海の透明度もいい時期ですのでベストシーズンが今です。
安心してお越し頂きたいですね。


ですので、この時期のチャウエンビーチの様子をお届けいたします。



IMG_5477
場所はチャウエンビーチ北、バーンハンガムとアナンタラ・ラワナのリゾート
の中間くらいのエリアです。繁華街からは離れている為、人が少なくでとてもいい場所です。



IMG_5479
この辺は遠浅の海が沖まで続きます。海上散歩を楽しむならこの辺ですね。




IMG_5481
そして透明度も良いです。珊瑚がないために魚はいないのですが、沖のほうまで行けば
多少の小魚を見る事が出来ます。




IMG_5484
さっきからポツンと写っている1人のおじさんも散歩を楽しんでるようです。




IMG_5487
他へ目を向けると浅瀬で3人くらいが寝転がっています。



IMG_5490
向こうにあるのは小さな無人島の「マトラン島」です。



IMG_5499
砂浜がとんがっていて島の目の前まで続きます。



IMG_5500
綺麗ですね。白人男性も写真撮影してました。



IMG_5501
人がいない海を2人で楽しむ旅行者。



IMG_5502
こんなところでバーベキューでもしながらビールを飲みたいです。



IMG_5504
透明度は申し分無しですね!


私が週末に泳ぎに行く場所は、ビーチチェアーがある所、ビールが買えるところ、をどうしても
条件に考えてしまうので、なかなかこの様な静かなエリアで泳ぐ事がないのですが、本当に
美しい海というのはこういうところですよね。

最近の週末はなかなか泳ぎに行けていないのですが、今度はこの辺で泳いでみようと思います。


.24 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 高級貸しビラもあります

こんにちは。


本日はサムイ島のとある宿泊施設をご紹介致します。
と言ってもリゾートホテルではありません。通常のお客様がお泊り頂く事はまずないとは
思いますが、このような宿泊施設もあるということで紹介させてください。

サムイ島北部のボプットビーチの西、メナムビーチに位置する2007年オープンの
MISKAWAAN LUXURY BEACHFRONT VILLAS(ミスカワン)と言います。


Estate Photo AerialX
こちらは頂いた空撮写真です。

メナムビーチのビーチフロントに位置する高級貸しビラです。ここには8棟のビラがあるの
ですが、それぞれが3~6ベッドルームあって、キッチン、ダイニング、リビング、プールもある
という、とても巨大なビラです。

「敷地内に8軒の豪邸がある」と思っていただいた方がわかりやすいと思います。

リゾートホテルと違う所は、レストラン、スパ等のほかの施設は一切ありません。日本で言う
貸し別荘みたいなものですね。


ACACIAX
ここにはレセプションも存在しません。50m離れた所にビラのオフィスがあるのですが、
敷地入り口には警備員が一人いるのみ、そこを通るとすぐにビラが現れます。
施設が無い為、宿泊者以外は一切入れません。

ではお部屋の紹介をしましょう。8棟あるビラはそれぞれレイアウトや広さが全く違います。

ビラ・アカシア     3ベッドルーム
ビラ・ブーゲンビリア  3ベッドルーム 
ビラ・チャムパック   5ベッドルーム
ビラ・ロータス     6ベッドルーム
ビラ・ウォーターリリー 5ベッドルーム
ビラ・フランジパニ   5ベッドルーム
ビラ・ガーデニア    5ベッドルーム
ビラ・ハイビスカス   4ベッドルーム

ビラには全て英語の花の名前が付けられています。
その他1棟、バーンタマリンドという5ベッドルームのビラが別の場所にあります。

いくつかのお部屋を見せていただきましたのでご紹介します。


ACACIA (7)X
ビラ・アカシアのマスターベッドルームです。各ビラの一番大きなベッドルームがマスターベッド
ルームになります。他のベッドルームより豪華です。


ACACIA (9)X
マスターベッドルームのバスルームにはバスタブが付きますが、他のベッドルーム
はシャワーのみです。


ACACIA (6)X
こちらがセカンドベッドルーム



ACACIA (3)X
そしてサードベッドルームです。



ACACIA (11)X
外にはとても大きなプールがあります。



ACACIA (10)X
プールの横にはサラもあります。



ACACIA (16)X
こちらはリビング兼ダイニングルームです。とにかく広いです。



ACACIA (17)X
大型テレビにソファーとデイベッドです。



ACACIA (18)X
大きなフルキッチンもあります。大型冷蔵庫にオーブン、レンジ、調理器具や食器、グラス
まで全て揃っています。レストランが無い為、ここで調理して食べるのが一般的です。
あるいは別料金でプライベートシェフを手配してもらって、料理を作ってもらう事も可能です。


BOUGAINVILLEA (3)X
こちらはビラ・ブーゲンビリアのプライベートプールです。



CHAMPAKX
こちらはビラ・チャムパックです。巨大なプールを取り囲むように建物があります。



CHAMPAK (2)X
右側にはベッドルームの建物



CHAMPAK (7)X
左側にはリビングとダイニングの建物です。広すぎて写真に収まりませんね。


CHAMPAK (6)X
ビーチ側から見るビラ・チャムパック



LOTUS (1)X
続いてこちらはビラ・ロータスです。ガーデンから海を眺めて。



LOTUSX
L字型のプールがとんでもなく大きいです。それもそのはず、ここは6ベッドルームも
あるのですから。大人数で貸しきったら楽しそうですね。



LOTUS (7)X
ビラ・ロータスのマスターベッドルーム



LOTUS (2)X
ビラ・ロータスの子供用ベッドルームにはビリヤードもありました。
2階に続く階段があって、そこにも別のベッドルームがあります。


LOTUS (3)X
ベッドルームとリビングルームを合わせた感じの部屋ですね。



LOTUS (9)X
ビラ・ロータスのビーチ側から見る外観。

各ビラにはビラマネージャーというスタッフが1名付き、バトラーと同じ役割を果たします。
車の手配、観光の手配、シェフの手配、等要望があればそのスタッフが全て対応する形です。




最後にビラの前に位置するメナムビーチの風景です。岩は全く無く、泳ぐにも適しています。


BEACHX


BEACH2X


BEACH1X
綺麗です!


サムイ島にはリゾートホテル以外にも、このような高級貸しビラが多数存在します。
その数は私も把握しきれないほどです。通常の旅行者は少人数で来られる為にこのような
大きなビラに泊まる事は無いと思いますが、大家族や親戚同士、小さな会社の社員旅行
や学校やサークルの仲間同士など、ちょっと大人数で一緒のところに泊まりたい時は便利
ですね。みんなで買出し、食事を料理してワイワイ食べれば、レストランで食べるよりも
食費はぐっと抑えられます。


さて、サムイ島で、大人数で一緒に泊まれるリゾートと言えば、以前紹介した

サムイビーチクラブ(旧名カルマサムイ)のプールビラ

ナパサイのプライベートプール・レジデンス

の2軒がお勧めです。
リゾートですのでレストラン、スパ、ジム、等の施設も充実してますし、ここは他の
ベッドルームを閉め切って1ベッドルームとして2名からの宿泊も可能です。


以上、サムイ島の高級貸しビラでした。



.22 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【バンコク】 セントレジスのイタリアンレストラン

こんにちは。

先日、スターウッドホテルズのHさんにお誘い頂き、セントレジス・バンコクのイタリアンレストラン、「Jo Jo」でランチを頂いてきました。

オープン前に訪れた際の記事

R0016008
▲料理は奇をてらった物ではなく、シンプルなイタリア料理。それだけに素材を厳選しなければならないということで、食材のほとんどをイタリアから輸入しているそうです。

R0016010
▲確かに何を頂いてもおいしかったです!!

R0016011
▲Hさんおすすめのパスタは、このように中をくり抜いたチーズの上で混ぜたもの。このチーズも毎年の生産量が限られている貴重なチーズを輸入しているということです。

R0016012
▲こちらのパスタは絶品でした。セントレジスのレストランというと値段も格式も高すぎて、、というイメージがあるかもしれないですが、こちらのイタリアンレストランは、たくさんの方に気軽に来て頂いて、ホテルを知って頂くきっかけになれば、というコンセプトなので料金的にも高すぎない設定です。一度是非、お試し下さい。

ということでお昼を頂いた後は、折角なので前回まだオープンしていなかった施設も見させて頂きました。ここでカメラの電池が切れてしまったので、、、ここからは携帯電話で撮影した写真でお送りします。

IMG00082-20110817-1428.jpg
▲まずはこちら、BTS(スカイトレイン)のラチャダムリ駅から直接ホテルの2階に入れるスカイウォークが完成間近です。エレベーターも付いていて、街で一番豪華なスカイウォークではないでしょうか。。

IMG00080-20110817-1421.jpg
▲こちらは15階にあるエレミススパのトリートメントルームです。白を基調とした、豪華で清潔感のある内装でした。

IMG00081-20110817-1424.jpg
▲スパ内部は2フロアーあって、下のフロアにはジャクジー、サウナなどがあります。こちらは宿泊客の方は無料でご利用頂けます。スイミングプールをご利用の方は、こちらのロッカーで着替えてプールに行くことが出来ます。

IMG00079-20110817-1419.jpg
▲こちらがスイミングプールです。プールからは目の前のロイヤルバンコクスポーツクラブが一望出来てとても眺めがいいです。ただし、16歳以下のお子様はプールの利用はできませんのでご注意下さい。

IMG00078-20110817-1416.jpg
▲フィットネスルームには最新鋭のマシンが揃っています。

IMG00072-20110817-1409.jpg
▲こちらは12階のバー。目の前の景色を眺めながらアフタヌーンティーをお召し上がり頂けます。

IMG00074-20110817-1410.jpg
▲アフタヌーンティーセット。最近はバンコクの情報誌にも掲載されて、連日たくさんのお客様がいらしているそうです。

いかがでしたでしょうか。写真ではお伝えしにくいですが、さすが「セントレジス」ブランド。使われている家具などの調度品がどれも素晴らしく、カーペットも歩いているとふわふわでした。さて、ホテルはほぼ完成しましたが、あとは1階に日本料理のレストランのオープンが控えています。こちらもどんなレストランになるのか、オープンがとても楽しみですね。

R0016036
▲最後にセントレジスのロゴ入り、Blackberryのケースを頂きました。Hさん、有り難うございました!
.21 2011 スタッフ:レン comment0 trackback(-)

【タオ島】 チャムチュリービラ (番外編)

こんにちは。


3回に分けてお伝え致しましたタオ島の「チャムチュリービラ」ですが、最後に
とっても美しかったサンセットの写真をお届けいたします。

これまでの投稿、その1その2その3も是非ご覧ください。

チャムチュリービラはタオ島の西側に位置し、綺麗なサンセットを拝む事が出来ます。
客室名にも「サンセット~」と名づけているお部屋もある事から、このリゾートの大きな魅力
の一つであることがわかりますね。
客室からサンセットが見えない部屋の場合は、是非ここから見て欲しいです。撮影の舞台と
なるのはその3でもお伝えした夕食のレストラン「Starlight Restaurant」です。

このレストランを上から見下ろせるバーラウンジからの景色を、ほぼ同じ位置から撮影した
時間差連続写真でお楽しみください。それではいきましょう!



レストラン (24)x



レストラン (22)x



レストラン (25)x



レストラン (18)x



レストラン (23)x



レストラン (21)x



レストラン (20)x



レストラン (19)x



レストラン (14)x



レストラン (17)x



レストラン (16)x



レストラン (10)x



レストラン (15)x



レストラン (13)x



レストラン (12)x


うーーん。感動の一言に尽きます。
素人の私でもなかなか綺麗に撮れて嬉しいです。

太陽は最後まで沈む前に雲に隠れてしまいましたが、その直後に雲が日光を反射して
青く染まり、周りが明るくなったのが印象的でした。皆さんはどの写真が好きですか?
私は何気に日が沈んだ後の最後の写真が好きです。テーブルのロウソクの明かりが
なんとも優しいです。


ここに泊まったらこれを見逃して
はいけませんよ!!



このリゾートへ滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはコチラ!
.19 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【タオ島】 チャムチュリービラ その3

こんにちは。


前回の続きです。
本日はチャムチュリービラの撮影風景やその他の施設等をお届けいたします。


これまでの情報はその1その2からご覧ください。


アクティビティーX
こちらはビーチの隣にあるアクティビティーセンターです。ここでシュノーケルの
レンタルも可能です。



レセプションX
こちらはレセプションです。



ビーチ (1)X
こちらがリゾートのビーチになります。これまでお伝えしてきたとおり、リゾート前の
海は大半が岩場になっており泳げません。泳ぐ場合はこのビーチを利用します。



ビーチX
ちょっと光の加減で写真が暗くなってしまいました。実際は本当に綺麗ですよ!




スパ4X
ビーチの隣にスパがあります。この施設にも屋内のトリートメントルームがあるのですが、
外にも2ヶ所あり、外の方が景色が綺麗です。



スパ2X
1ヶ所目はこのマッサージサラで、ビーチの目の前にあります。



スパ3X
もう一つのトリートメントルームがこちら、突き出した岩場の先端にあります。



スパ (1)X
この絶景のオーシャンフロントスパで写真撮影を行いました。


続いてはレストランへと行って見ましょう。レストランは3ヶ所にあります。
それぞれでオープン時間が違います。


レストランX
こちらはビーチ前にある「Elvis Beach Bar & Restaurant」で食べたタイラーメンです。
ここは10:00-18:00の間だけ営業しています。昼食を食べるならここですね。

取材陣の皆さんは本当にタイラーメンが大好きです。
写真は鶏肉入り米粉の麺「センレック・ガイ」です。


レストラン (1)X
朝食ブッフェは岩場の海を見下ろせる位置にある「Chaba Restaurant」です。
7:00-10:00の営業になっています。
4人掛けテーブルもあるのですが、人気があるのが絶景のカウンターテーブルです。
ほぼ全てのお客さんがここに座って海を見下ろしながら朝食を食べておりました。



レストラン (11)X
さてこちらは夕食時のみ営業するこれまた綺麗な夕日が売り物の「Starlight Restaurant」
です。18:00-23:00までの営業になります。
写真が下手で申し訳ないですが、上の建物が先程紹介したChaba Restaurantです。
そして立っている位置がこのレストランです。

このレストランのとても素晴らしい夕日は次回にご紹介いたします。


レストラン (9)X
ご用意頂いた料理の数々です。魚のから揚げですね。



レストラン (8)X
こちらはビーフステーキです。



レストラン (7)X
ポークスペアリブです。



レストラン (4)X
他にもトムヤムクンやシーフード炒めなどが用意され、写真撮影後においしく頂きました。

レストランはタイ料理から洋食までたくさんのメニューがありました。


レストラン (6)X
レストランの上にとんでもなく大きな岩がありました。
これがライトアップされていて綺麗でした。


さて3回にわたってチャムチュリービラをお伝えしましたが、ご存知の通り
非常に素朴で自然をそのまま活かした自然派リゾートですので高級感というものとは違う
雰囲気があります。それぞれのコテージは立地上内部のレイアウトや広さも若干違います。
このようなリゾートがお好きな方にはピッタリですし、海の綺麗さは保障されてますので、
その辺はかなり満足いただけるのではと思います。

そして敷地がかなり広い上に高低差が結構ありますが、サムイ島などの高級リゾート等と
違って基本電動カートの利用はありません。ですので高齢者の方には向かないですね。
遠くの部屋のお客様は近くの待合所まで歩けば車でフロントまで送ってくれるサービスは
あります。


それでは本日ここまで、次回その4がまだ残ってますのでお楽しみに!


お問い合わせお申し込みはこちら!
.18 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。