スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 インターコンがソフトオープン!~客室編

こんにちは。


ついに明日2月1日に
「INTERCONTINENTAL SAMUI BAAN TALING NGAM RESORT」
(インターコンチネンタル・サムイ・バーンタリンガムリゾート)

がソフトオープン致します!どこよりも早く速報をお伝えいたします!

前回のショールーム視察レポート

場所は元のリゾートと変わらず、サムイ島西海岸のタリンガムビーチですので、
空港から45分の距離です。想えばここはその昔「メリディアン」だったわけで、
日本人客も多数宿泊していたリゾートです。当時はサムイ島の高級リゾートと
言えばトンサイベイ、サンティブリ、メリディアンくらいのものでした。


IMG_9045
今ではありえないくらいの高級リゾートが増えて、ここもメリディアンを離れて
約4年、すっかりと影をひそめていた感がありますが、「インターコンチネンタル」
という巨大ホテルチェーンによって、期待の出来る再出発となります。

ちなみに「現在のメリディアン」は別リゾートでサムイ島に再進出しています。


それでは客室のご紹介です。前回のショールームの写真も交えながら
ご案内致します。

オーシャンビュールーム      33室 67㎡
プレミア・オーシャンビュールーム  6室 67㎡
トロピカル・パビリオン         3室 110㎡
オーシャンビュースイート       7室  120-215㎡
パノラミックビュービラ        17室 210-240㎡
ビーチフロント・プールビラ      12室 82-99㎡



基本的には全てのお部屋から海が見えます。しかし大きく見たり小さく見えたり
とその見え方は様々です。
今回、最も安い部屋とその次のランクのお部屋を、前回見ていたと思ったら
どうやら見ていなかったようですね。すみません次回に見てきます。


tropical pavilion
こちらは前回もお伝えした3番目のお部屋タイプ「トロピカルパビリオン」です。
屋内の広さは70㎡となります。やっぱり昔とは印象が違いますよね。



tropical pavilion (2)
バルコニー側に足を向ける感じで、足元にはソファー、テーブルのリビングスペース
があります。



tropical pavilion (5)
バスルームはお部屋の角、スライド式の扉を開閉出来ます。



tropical pavilion (6)
屋外のバルコニーも結構広く、40㎡もあります。



tropical pavilion (7)
バルコニーからの眺めがこれ!!素晴らしいじゃありませんか!



アメニ
ショールームの視察の時にはまだ準備されていなかったアメニティーがこちら
全室共通で、このボックスの中に入っております。



IMG_9010
バスローブ、スリッパ、ドライヤー、セーフティーボックス、ミニバー、
DVD等も全室共通です。



IMG_9018
更に全室共通のこちらはI-POD接続式のアラーム時計だそうです。
こういう物まで出来る世の中になったんですね。

それと、インターネット接続はWIFIが全室、敷地内、すべて無料となります。


ocean view suite
こちらは「オーシャンビュースイート」のお部屋です。巨大な正方形
の部屋の中央にベッドがある感じです。



ocean view suite (2)
バスルームはベッドの裏の角にあります。



ocean view suite (4)
シャワーブースも別にあります。



ocean view suite (6)
バルコニーがこれまでの部屋よりかなり大きいです!
大きな椅子もありますよ。


ocean view suite (7)
バルコニーからの景色がこんな感じです。



panoramic (13)
お次は「パノラミックビュービラ」です。こちらは2階建てのお部屋になり、
入り口は2階にあります。2階はリビングとダイニングルームになります。



panoramic
これはリビングの部分、テレビが大きいですね。
ちなみにDVDはライブラリーで貸し出ししております。



panoramic (11)
これがダイニングテーブルです。



panoramic (3)
ビラのお部屋は食器類も豪華です。ワインセラーもあります。



panoramic (4)
ティーセレクションで、日本のお茶もあるそうです。



panoramic (5)
このコーヒーマシンはビラ以上のお部屋のみに設置されています。



panoramic (1)
「パノラミックビュービラ」の大きな特徴は更に大きなバルコニーです。
この写真ではわかりませんが、バルコニーはL字型になっていて、手前
左側にも伸びています。



IMG_8994
海の方向の景色はこんな感じです。



IMG_8993
もう一つの特徴はこの様なセミプライベートプールがあることです。
この周りを部屋が囲んでいます。このプールが5ヶ所にあるので、
2つの共同プールを含めると全部で7つのプールが敷地内にあります。



panoramic (10)
今度は階段をおりて1階の寝室部分を見てみます。



panoramic (6)
ここが1階のベッドルーム、こちらにもテレビがあります。



panoramic (7)
ここがマスターベッドルームになっているので、バスルーム、トイレが付いてます。



panoramic (9)
実はお隣にはセカンドベッドルームがあります。「パノラミックビュービラ」
は全室2ベッドルームなのです。しかしここのベッドルームを閉めて、
1ベッドルームとして2名様での利用が可能なのです。



beachfront villa (5)
さあ、最後に「ビーチフロントプールビラ」をご紹介いたしましょう!


やはり、リゾート界の流行には逆らえないですね。今やサムイ島では
「プールビラ」がないほうが不思議なくらいです。ここでも昔は無かった
プールビラがビーチの前に新設されました!



beachfront villa (7)
まずは入り口を入るとベッドルームです。このレイアウトは
トロピカルパビリオンのお部屋とよく似ています。
べッドルームだけをみるとそれほど大きいと言った印象はありません。



beachfront villa
ベッドとリビングスペース



IMG_9019
ここの窓からプール、ビーチ、へと出れるのです。
特にビーチが目の前と言うのが利点ですね。



beachfront villa (1)
角にはコーヒーマシンとコーヒー紅茶各種、無料のお水です。



beachfront villa (10)
ベッドルームのお隣のバスルームが実はかなり広いです。




beachfront villa (15)
大きな円形バスタブはジャグジー付きバスタブです。
このバスルームは気に入りました。



beachfront villa (14)
シャワーブースとトイレ。新しくて真っ白で綺麗です!



beachfront villa (11)
シャワーは屋外にもあります。ビーチ側ではなく、建物の裏側になります。




beachfront villa (3)
そしてプライベートプールがこちら!約5mといったところでしょうか。
お隣にはサンデッキのサラが付いています。



beachfront villa (8)
プライベートプールと芝生と海を眺めて。



beachfront villa (4)
この芝生がお部屋の前にあるっていいですよね。
芝生を降りればビーチです。



以上、まずは客室をご紹介致しました。前回もお伝えしましたが、ほぼ全面的
に改装しインテリアも総入れ替えしているので、全く別のリゾートに生まれ
変わった感じです。やっぱり新しいホテルはいいですね。プールビラはさすが
に値は張りますが、それ以外のお部屋だとぐっとお得ですよ。
リゾートは手始めに客室の7割ほどを稼動させるようです。

さて次回は施設をご案内致します。施設は一部未完成となっておりますので、
当面臨時施設を利用して頂くことになります。


ではこの辺で。


このリゾートに滞在するツアーのお申し込みはコチラ!
スポンサーサイト
.31 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 ビバリーヒルズ・レストラン

こんにちは。


休日の晴れた日は、外でお昼ご飯を食べるのがとっても気持ちいいです。
サムイ島は、島だけに海岸沿いに建物が集中しているので、シービュー
のレストランは多数あります。

先日はこちらへ行ってきました。


IMG_8725
ビバリーヒルズ・レストラン」はチャウエンビーチからラマイビーチ
へと向かう途中の海沿いにあります。

以前にも紹介した、「ビラ・ラムーン」と「タールア・シーフード」の少し北です。


IMG_8726
建物はこの赤色の壁が目印です。



IMG_8719
店内のキャッシャーカウンターはこんな感じです。店名からはお洒落な
欧米風の建物を連想してしまいますが、そんなことはありません。



IMG_8712
こちらがレストランから見る景色!うひゃーー綺麗ですね。



IMG_8714
もう一枚!下は宿泊施設になっていてバンガロー等があります。
でも岩場ですので泳ぐには適していませんね。



IMG_8724
縦撮り写真もいかがでしょう。



IMG_8713
お店は屋根が無い海に近い特等席と、一段上がって屋内の席があります。



IMG_8710
晴れているなら文句無しに屋外席がいいですね。
レストランから見る右側方向は海だけが見える景色です。



IMG_8716
もう海を見ながらの一人乾杯も、だいぶベテランの域に達してます。



IMG_8723
最近タイ料理が続いていたので、久しぶりに洋食にして見ました。
こちらは「ビーフサンドイッチ」です。
メニューはタイ料理から洋食までいろいろあります。観光客向けレストランですね。

味はまあまあでしたが、ちょっとビーフのジューシーさが足りない感じでした。
こういう素朴なお店はタイ料理を頼んだほうが外れは少ないです。今度はタイ料理
にして見ます。


IMG_8721
私は野菜も好きなのでミックスサラダと言う物を追加注文です。
ドレッシングがなかなかでした。これで私は今日も健康です!



IMG_8715
少しズームアップして見る海。あの岩場のあたりは魚もいそうですね。

私はこういうレストランに来ると、昼食後はすぐに帰らず、30分くらい
まったりします。気分によってはビールもう一本いっちゃいます。


IMG_8711
こうして絶景でのランチを堪能して良い気分で帰ります。


この景色があるだけで食べ物や飲み物は数倍美味しく感じられるので不思議です。
ちょっとした休憩で、コーヒーだけ飲みに来るのも良いかもしれませんね。



.30 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【プーケット】 ディーバナパトンのご紹介

こんにちは。


本日はプーケットのリゾートをご紹介致します。
繁華街のパトンビーチに位置するリーズナブルなリゾート
「Deevana Patong Resort & Spa」(ディーバナ・パトン)です。
中心地のバングラ通りからやや離れており、歩いて15分くらい、
ビーチからは歩いて10分くらいの距離にあります。


ディーバナパトン
リゾート入り口からロビーエリアへ

ここは2つのエリアからなるリゾート、あくまでも3星クラスのスタンダード
なリゾートで、バスタブは特別なお部屋数部屋のみにしかありません。ところが
2011年に改装を行ったおかげで、昔のデザインのお部屋から、若干スタイリッシュ
で小ぎれいなお部屋へと生まれ変わりました。



ディーバナパトン (2)
レセプション



ディーバナパトン (1)
レセプションのソファーエリア


それではお部屋のご紹介です。

〈ガーデンウイング〉
スタンダード          17室 27㎡
スーペリア           135室 27㎡

〈スパウイング〉
スーペリア           55室 36㎡
デラックス・ウィズ・ジャグジー 20室 36㎡


他に数部屋のみスイートの部屋がありますが省略です。
ガーデンウイングというのは、2001年のオープン当初からあるエリアで、
入り口から見て奥にあるエリアで、2004年にスパウイングという建物が
レセプション近くに増築されました。


ディーバナパトン (4)
まずはガーデンウイングの方からご案内します。ここはガーデンウイング
にある共同プールです。


ディーバナパトン (5)
子供用プールもあります。



ディーバナパトン (12)
ガーデンウイングの客室棟は全てこのような1階建ての長屋タイプのお部屋
になります。

実は昔、ガーデンウイングのお部屋は全てが「スタンダード」のお部屋でした。
これのほとんどを2011年に改装し、新しくなったお部屋が「スーペリア」
お部屋です。ですのでスタンダードのお部屋はもうほとんどありません。
そのうち無くなるでしょう。


ディーバナパトン (11)
そして新しく誕生したガーデンウイングの「スーペリア」を見せていただきました。



ディーバナパトン (6)
これがその内部です。かなりすっきりとシンプルにまとまっています。
デザインもブティックホテルのように感じます。


ディーバナパトン (8)
奥から見て。ここはダブルのお部屋ですがツインベッドのお部屋もあります。
入り口の窓側付近にソファーベッドが付いています。



ディーバナパトン (7)
テレビ側です。白と黒のみでシンプルですね。
壁も新しくて清潔感があるのが好印象です。

テレビは薄型、DVDプレーヤーはありません。湯沸しポットと無料の水2本、
コーヒー紅茶はあります。インターネットは有料にてWIFI接続が可能です。


ディーバナパトン (9)
そしてバスルームはシャワーのみとなります。



ディーバナパトン (19)
お次はスパウイングのエリアです。こちらにも別に、長方形のプールがあり、
それを囲むようにして3階建てのビルディングがスパウイングです。


スパウイングにあるお部屋は36㎡とガーデンウイングのお部屋よりも広いです。
2つあるお部屋のタイプは内部は同じで、ジャグジーがあるか無いかの違いです。


ディーバナパトン (13)
これがスパウイングの「デラックス・ウィズジャグジー」です。カーテンを
閉めたままですみません。

ここもガーデンウイングと同様に、新しいデザインのお部屋に生まれ変わって
ました。昔のデザインはベッドがもう少し高く、ベッドの裾にヒラヒラとした
物が付いている、昔からある古臭い感じのデザインでした。



ディーバナパトン (14)
ここのテレビはなぜかブラウン管でした。そのうち変わる事でしょう。



ディーバナパトン (16)
安いリゾートですがこんな感じのお部屋なら私には何の問題もないです。



ディーバナパトン (15)
バスルームは同じくシャワーのみです。バスタブが無くても気にしない人には
お勧めです。



ディーバナパトン (18)
そして客室名にも付いていますが、このお部屋はテラスの外に、
プライベートジャグジープールが付いています。
ジャグジープールと言っても泳げるほどの大きさではないですので、泳ぐなら
その向こうのプールで泳いだほうがいいでしょう。テラスから出入り出来るのが
便利です。



と、施設まで見る時間はありませんでした。以上ディーバナパトンはこんな感じ
のリゾートです。やはりリゾートと言うのは定期的に改装工事を行いますので、
数年置きに見ておかないとわからない事が出てきますね。ディーバナパトンも
昔のデザインよりも大分良くなったと思いました。

とは言っても冒頭でもお伝えしたようにスタンダードクラスになりますので、
ハネムーンや思い出旅行の方にはお勧め致しません。とにかく繁華街で遊びたい、
バスタブが無くても気にしない、宿にはお金をかけたくない、と言う若者や学生
さん等には良いかと思います。


このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.27 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 マニアックなタイ飯

こんにちは。


先週、知人2名に夕食にお誘い頂きまして、外食して参りました。
そこは観光客はあまり来ない、地元タイ人にとても人気のレストラン、
というかローカル食堂といった雰囲気の場所です。


IMG01500-20120122-2027
大型スーパー「テスコ・ロータス」から20m程に出来た「ラノーン2」
というレストランです。私が時々行く「ラノーン」の2号店みたいです。
相変わらずタイ人で賑わってました。

到着すると、既に知人2人は席についており、
「とりあえずマニアックなもの注文しといたから!」との事でした。
一体何を注文したのか、、ドキドキしてビールを飲みながら待っていると、
いろいろな物が出てきました。


IMG01502-20120122-2031
こちらは野生のカモの香草スープです。スープが結構苦めで、いろいろな
スパイスの味がします。肉はまあまあイケるのですが、スープはいまいち
な感じでした。ちなみに激辛でした。



IMG01501-20120122-2028
これは鹿の肉の黒胡椒炒め!
これは絶品でした。肉もまったく癖が無く、胡椒の風味が抜群です。
白ご飯にかけてもりもり食べました。



IMG01498-20120122-2026
こちらが極めつけ。

猿のカレー炒めです!猿ってあの「モンキー」の事ですよね?!
生まれて初めて食べました。肉はまあまあおいしかったですよ。でもこれも
カエルと一緒で骨がブツ切りで入っているので、非常に食べ辛い物でした。
しかもこれはとんでもなく激辛です。汗は出るわ、鼻水はでるわ、であまり
にも大変でした。


IMG01499-20120122-2027
口直しに普通の料理で、こちらは骨付き豚肉。



IMG01503-20120122-2106
こちらも追加注文でモヤシ炒めです。
本当にホッとする味です。


ちなみにこの食堂はこんな変わったメニューがウリの食堂ではなく、
いたって普通のメニューを置いている食堂です。人気なだけあって
なんでも美味しいお店です。
ところが店の人になにかお勧めの食材はないかと尋ねると、メニュー
には載っていない裏メニューを教えてくれるんだそうです。知人が
注文した猿だの鹿だのの料理はタイ語でなんというのかわかりません
が、旅行者の皆さんは真似しないでくださいね。


サムイ島に来て、アリも食べたし、カブトガニも食べたし、カエルも
鹿も、そして猿まで!次に食べるマニアックなものは何でしょうか。

.26 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 快晴の旧正月

こんにちは。


サムイ島は天気が安定しています。

毎日快晴が続き、これぞビーチリゾート!といった本来の姿に戻って
参りました。

1月23日は旧正月だったわけですが、先週末からサムイ島でも
中華系旅行者の姿を多く見かけました。ただ、観光地であるサムイ島
在住のタイ人は中華系は少ないので爆竹の音もそれほど聞こえず、
島は普段通りでした。
バンコクの中華街なんかは爆竹で盛り上がっていたのでしょうか。


本日は先週末のからの快晴のサムイ島の写真をお届けいたします。


IMG_8702
チャウエンビーチとラマイビーチの間にあるビューポイントです。
雲もほとんど無くて海も青く見えます。



IMG_8701
本当に綺麗ですが、昼はかなり暑いです。夕方を過ぎれば大分涼しくなるので
1日の気温の差が激しいですね。

あと3ヶ月もすれば夜になっても暑い時期がやってきます。


IMG_8704
遠く、チャウエンビーチを眺めて



IMG_8705
チャウエンビーチからジェットスキーがやってきました。



IMG_8706
2台ともかなり飛ばしていますね。



IMG_8707
いったいどこまでいくつもりでしょうか?まさかラマイビーチまで、、、

ジェットスキーは破損時に高額な修理代を請求される場合があります。
中には悪徳業者もおりますので、必ず自己責任でお乗りくださいね。


IMG_8688
場所を変えて、島を北上してみます。



IMG_8687
天気が良いと、こんななんでもない道でも綺麗に見えるものです。
車があまり通らないところはとっても気持ちが良いですね。



IMG_8684
向かったのは「チョンモンビーチ」です。ここはずっと北にあるビーチで、
「メラティービーチリゾート」があるビーチです。リゾート入り口から
右に曲がると、ビーチへと繋がる未舗装の道があります。



IMG_8680
そして到着!うひょーー綺麗です!この時期でこの透明度です。



IMG_8681
ここは一番右の岩場で、小さめの石もあります。
泳ぐにはもう少し左のほうが適しています。あるいは少し沖へ行くと泳ぎやすいです。



IMG_8682
素晴らしいビーチです。



IMG_8683
ビーチには1件のレストランがあります。味はまあたいした事はないですが、
泳ぎ疲れたらここでビールを頼んで休憩するのがベストです。
レストランの奥にあるのが「メラティービーチリゾート」です。




先週くらいから滞在されたお客様は快晴のサムイ島を満喫されたことでしょう。



.25 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【クラビ】 ソフィテル・クラビのご紹介

こんにちは



本日はクラビにあるリゾートのご紹介です。
「Sofitel Krabi」(ソフィテルクラビ)は2006年オープンの
大型リゾートです。なかなか良いリゾートの一つです。


ソフィテルクラビ
とても大きな入り口で巨大な建物のロビーです。


場所はクロンムアンビーチで「シェラトンクラビ」から少しだけ北に行った所です。



ソフィテルクラビ (2)
とっても広いロビーエリアです。



ソフィテルクラビ (3)
ロビーエリアの端からプールと海を眺めて。



ソフィテルクラビ (33)
ロビーから1階に降りたところです。芝生が綺麗です。



map
こちらのリゾートプランをご覧ください。

ここもかなり敷地が広いリゾート、全てビルディングタイプのお部屋です。
そしてプールはとんでもなく大きいです。恐らくクラビ1大きいのではない
でしょうか。1ヶ所しかなく、細長くビーチの前にのびる巨大プールです。
そしてほとんどの施設はロビー付近に固まって位置しています。

さらに隣には「Phokeethra Golf Club」というゴルフ場が併設されています。
リゾートのゴルフ場で、リゾート名にもこの名前が付きます。ここは全9ホール
のみ、4番ホールだけがパー4で、あとは全てパー3となります。


sup
それでは客室のご紹介です。


スーペリア(ガーデンサイド)        220室 45㎡
        (プール&シーサイド)     
ラグジュアリー(プール&シーサイド)      33室 54㎡
ジュニアスイート(ガーデンサイド)        5室   72㎡
プレステージ・スイート(プール&シーサイド) 10室 103㎡
オペラ・スイート(プールアクセス)        7室 100㎡


という様になり、ガーデンサイドというのはプールと海から離れたビルディング
になります。スーペリアはそれぞれにあり、料金も違います。


sup (2)
まずはこちら「スーペリア」のお部屋です。木の床がいいですね。
45㎡なので狭く感じることも無いです。



sup (3)
ツインベッドでもベッドは大きく、ベッド間の間隔も広めにつかってます。
設備はDVDプレーヤーなし、それ以外は揃っています。インターネット接続
は有料となります。



luxury (5)
お次は「ラグジュアリー」です。このお部屋からはダブルベッドのみと
なります。窓側のリビングスペースが広くなってソファーでくつろげる
ようになっています。



luxury
バスルームです。ここはスーペリアとほぼ同じです。



luxury (6)
テラスです。ラグジュアリーのお部屋は全てプールと海に近い建物です。




PURESTAGE SUITE (3)
こちらは「プレステージ・スイート」のお部屋です。リビングとベッドルーム
が分かれている豪華なお部屋です。



PURESTAGE SUITE
コーヒーマシンもありました。



PURESTAGE SUITE (1)
ベッドルームはこんな感じです。



PURESTAGE SUITE (2)
バスルームです。



opera suite (5)
最後は「オペラ・スイート」のお部屋です。
ここもドアを開けるとリビングルームになっています。これは窓側から
見た感じです。



opera suite (4)
そしてリビングからプールに入ることが出来る、唯一プールアクセスに
なっているお部屋タイプなのです。

もちろん巨大プールと繋がってます。大きなプールで泳いだら、
また泳いでお部屋に戻って来れるんです。


opera suite (1)
リビングとのドアを挟んで隣にベッドルーム



opera suite (7)
ベッドルーム側のテラスは柵があります。



opera suite
バスルームです。



opera suite (2)
バスタブまでの階段が付いています。


以上が客室でした。


kids
キッズクラブには屋外にたくさんの遊具があります。
子供も楽しく過ごせますね。



explorer bar
こちらはガラス張りの屋内バー「Explorer Bar」です。



cafe viena
こちらもガラス張りのエアコンの効いた屋内にあるカフェ「Cafe Vienna」



white lotus
夕食時のみ営業のレストラン「White Lotus」



maya restaurant
こちらはメインダイニングの「Maya Restaurant」の屋外席です。



maya restaurant (1)
丁度朝食の時間でした。屋内にはブッフェラインが並びます。



spa
スパの「Le Spa」は敷地内の中央にあります。



spa (1)
スパは中央に池があり、周りを囲むようにトリートメントルームがあります。



以上、ソフィテルクラビをお伝えしました。ビーチを見る時間がなかったのですが、
きっとベストシーズンの今は素晴らしい海で泳げる事でしょう。施設も充実してい
るし、お部屋も綺麗、アクティビティーも豊富で飽きずに過ごせるのではと思い
ます。小さなゴルフ場ですが、ゴルフ初心者はこういうところでゴルフをして遊ぶの
がいいかも知れませんね。


このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.24 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 バディーオリエンタルで夕食

こんにちは。


先日、以前にも紹介したラマイビーチのリーズナブルなリゾート
「バディーオリエンタル」のセールスの方から電話を頂きました。
是非、リゾートにお越しください。との事。

バディーグループのバンコクのセールスオフィスで働くこの方は、
以前バンコクの別のホテルのセールスをされていた時に何度か
お会いしている方です。この時、出張でサムイ島へ来ていたらしいです。

と言うわけで行ってきました。



IMG_8670
夜にこの通りを通ったことは何度もあるけど、リゾートに来たのは初めてでした。



IMG_8669
ライトアップされたコロニアル調の建物はなかなか良い雰囲気です。



IMG_8667
1階がちょっとしたショッピングやレストラン街になっている事は以前にも
紹介しましたが、ここに新しいお店がオープンしたということで、まずはその
お店をご案内頂きました。

ここは「Pam Pam」をいうブランドのお店だそうです。



IMG_8664
売っている物はほぼ100%女性物のバッグや小物入れ、財布等でした。



IMG_8666
こんな感じの物や、、、



IMG_8665
こんな感じの物だったり、、、大体の商品が400~500バーツとそれほど
高くはない様です。


しかし、、、どうなんでしょう。男の私はこういうお店に来た事もないですし、
もちろん買った事もないし、良し悪しの判断が全くわかりません、、、
バンコクで人気だと言われる「NARAYA」でさえ、その良さがわかっていません。
女性の視点からみるといかがでしょう?女性の方は是非一度行って、その目で
確かめてみてくださいね。


IMG_8671
お店見学の後に夕食をご馳走になりました。
通りを渡ったビーチ沿いにあるレストラン「Chom Lay」です。



IMG_8672
「Chom Lay」の看板です。
そういえば前回はイタリアンレストランの「Pazzo」で昼食を頂きました。
今回のこちらのレストランはシーフード料理をメインとするタイ料理や
洋食メニューもあるレストランです。



IMG_8674
海鮮スープ「トムヤムタレー」



IMG_8678
このお店ではエビ、イカ、魚だけでなく、カニも入っていました。
私が好きなココナッツミルクが入っていないバージョンのスープ。

最高においしかったです。


IMG_8676
タイ料理の定番、空心菜炒め「パクブンファイデーン」は少し辛さ
が足りないですかね。気を使ってくれたようです。



IMG_8679
蟹カレーの「プーパッポンカリー」も頂きました。

「日本人はどうしてみんな蟹カレーが好きなんですか?」と困った質問を
されましたが、タレはご飯に良く会うし、お酒のつまみにも良いし、それ
以前に日本人はみんな「カニ」が好き、って事でしょうか。



IMG_8677
生エビのサラダ「クンチェーナンプラー」は私も大好きな一品!
ねっとりと濃厚なエビの甘みは、不思議とすっぱ辛いタレに良く合う
のです。わさび醤油でなくともじゃんじゃんいけます。



おいしい夕食をご馳走になりました。レストランの「Chom Lay」ですが、
もちろん宿泊していなくてもご利用出来ますし、ホテル棟ではなくビーチ
側にありますので誰でも行き易いです。夜は暗くて景色は見えませんが、
お昼や夕方は海を見ながらのお食事が出来ます。

営業時間は朝の9時から午前3時までです。是非行って見てください。



このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.23 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【プーケット】 カタタニ・プーケットビーチリゾート

こんにちは。


本日ご紹介するのはプーケットのリゾートです。
日本人ツアー客もよく利用されているため、ご存知の方も多い事でしょう。
オープンから25年、もう老舗リゾートの一つです。

カタタニ
タニウイングのレセプションエリア。

ここはカタノイビーチに位置する「Katathani Phuket Beach Resort」(カタタニ)
です。全479室もある大型リゾートで、大きく2つのエリアから成り立っています。

エリア別に客室をご紹介です。

〈ブリウイング〉
スーペリア 30室 32㎡
デラックス 183室 40㎡

〈タニウイング〉
ジュニアスイート               174室 45-50㎡
ジュニアスイート・オーシャンフロント  44室  50㎡
グランドスイート               44室  75㎡  


*2011年8~10月の期間、「スーペリア」のお部屋の大半を「デラックス」のお部屋へと
アップグレードする改装工事を行っておりました。従って今現在、スーペリアのお部屋
はほとんどありません。いずれは残りのスーペリアも改装して、全てをデラックスに
する予定だそうです。


カタタニ (35)
この通りを挟んで左手奥が「タニウイング」、右手前が「ブリウイング」になります。

ブリウイングはタニウイングの真後ろではなく、斜め後ろにあります。と言っても
徒歩ですぐ海に行けますのでご安心ください。



カタタニ (36)
ブリウイングのビルディング外観です。



カタタニ (37)
こちらはブリウイングのレセプションです。それぞれにレセプションがあります。
なので2つのホテルがあるみたいな感じですね。実際これがないと移動に不便
ですしね。


ではここにあるデラックスのお部屋から見ていきましょう。


dlx
ちょっと変わった造りで、トイレがバスルームではなく独立して入り口近くに
あります。



dlx (8)
こちらが室内です。こちらは新しいタイプの「デラックス」だそうで、また別の内装
のお部屋もあるそうです。スーペリアから改装工事したお部屋は全てこのタイプの
お部屋になります。



dlx (1)
こちらバスルームです。
バスタブはありませんので、注意してくださいね。



dlx (3)
テレビ側はこんな感じです。下はソファーになっているんですね。
老舗リゾートでも薄型テレビになっていました。DVDプレーヤーも完備、
客室でのインターネット利用は有料となります。



dlx (6)
窓側から見る客室です。



dlx (5)
バルコニーからの風景です。ブリウイングにあるプール「ブリプール」が
見えました。

お伝えしたとおり、ブリウイングの建物はビーチから離れています。客室からは
海は見えません。



カタタニ (30)
ではお次は「タニウイング」のお部屋を見ていきましょう。タニウイングの建物
はビーチからも近く、お部屋のランクもぐっとあがります。



junior suite (7)
こちらが「ジュニアスイート」のお部屋です。
デラックスよりも広くなり、窓側にリビングスペースが付きます。



junior suite (6)
ここは1階のお部屋になります。1階のお部屋は海がみえませんね。高い位置
の2、3階の方は見えるでしょう。

もう一つランクが上の「ジュニアスイート・オーシャンフロント」と言うお部屋
は敷地の端にあるビルディングにあります。ここは海から近いために、海はよく
見えます。


junior suite (5)
窓側から見るお部屋



junior suite (3)
設備はデラックスと同じです。




junior suite (1)
こちらはバスルームです。「タニウイング」にあるお部屋タイプは全てのお部屋で
バスタブが付きます。




grand suite
お次は「グランドスイート」のお部屋です。通常のお部屋では一番高いこのお部屋
も海に近いビルディングに位置しています。

部屋に入ってすぐに大きなバスタブのあるバスルームです。



grand suite (8)
バスルーム側からもベッドルームへ通れるし、入り口からの通路でも行けます。



grand suite (7)
こちらがお部屋です。この辺はジュニアスイートと大差はないですが、
少し広めで豪華になった感があります。



grand suite (3)
ビーチに対して横を向いているビルディングですので、海はバルコニー
から右手方向に見えます。


grand suite (9)
リビングも少しだけ広く感じます。



grand suite (2)
リビングとバルコニー


以上が客室の紹介でした。
続いて施設も少しだけ紹介いたします。


カタタニ (31)
こちらは「タニウイング」にあるプール「カタノイスイミングプール」です。
プールはタニウイングに3ヶ所、ブリウイングに2ヶ所もあります。



カタタニ (5)
タイ料理レストランの「Chanadda」です。
レストランは全部で6ヶ所もあります。



カタタニ (7)
敷地の端のほうにはラグーンもあり、、



カタタニ (6)
建物とビーチの間には広くて綺麗な芝生が広がります。



カタタニ (32)
スパはビーチ前の独立した建物にあります。
「Tew Son Spa」と言います。



カタタニ (29)
ジムトンプソンのお店があったり、、



カタタニ (20)
インターネットルームもあり、ミニマートではお菓子や飲み物も買えます。



カタタニ (33)
このお部屋はチェックイン前にくつろいだり、チェックアウト後に出発まで時間が
あるときに利用できる施設です。



カタタニ (34)
シャワーとトイレ、バスタオルもありますので、思う存分海やプールで遊べます。



その他にも、たくさんの会議室、テニスコート、クリニック、キッズクラブ、ジム、
アクセサリー屋、ダイビングショップ、結婚式場、と何でもあって、もう無いものは
無いといった感じです。さすが巨大リゾートですね。施設が充実しているのが日本人
に愛される理由でしょう。
お勧めのお部屋ですが、やはりビーチの前のエリアになる「タニウイング」がお勧め
です。バスタブも付いてお部屋も広々、前の綺麗な芝生には本当に癒されます。
そして850mにも及ぶカタノイビーチは他のホテルが少なく、海でのんびりするのに
最適なビーチです。


そして少し前に紹介させていただきました姉妹リゾートの
「ザ・ショア・アット・カタタニ」はこのカタタニの南隣にあります。


ザ・ショア (21)x
ザ・ショアから眺めるカタノイビーチ!綺麗ですよ!


あまり、人が多い大型リゾートはちょっとなあ、、、、、
という方や、特にハネムーナーの方には絶対にこちらのザ・ショアがお勧めです!!!


このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.20 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 プライレム寺院を見下ろして

こんにちは。


ある晴れた日のサムイ島です。

天気が良いので当ても無くバイクでドライブへ出かけます。基本的に休日は海水浴
とドライブ、あるいはそのどちらか一つだけ。これが島暮らしの醍醐味です。
というかそれ以外にあまりやることが無いんですけどね。


IMG_8609
ここはチョンモンビーチの少し北、「プライレム寺院」のある通りです。
そこにプライレム ソイ8という山へと続く小さな道がありました。

私の直感が働き、何かあるかも、、という想いでこの道へ入ってみました。



IMG_8610
周りに民家がある何の変哲も無い風景です。更に進んでみます。



IMG_8611
200mほど進むと周りの民家は消え、いきなり急な斜面が現れます。
もちろんそのまま進んでみます。



IMG_8612
急な斜面を登っている途中に、左に入る更に小さい道がありました。
上へ上るのは後回しにして、ここを曲がってみました。



IMG_8613
ところが20mほど進むと、舗装道路はあっけなく終了です。
こりゃだめだ、とバイクを降りて少しだけのつもりで砂利道を歩いてみます。

そうです。
ここにもしや絶景があるのでは?という第六感が働いたのです。


IMG_8614
はい大正解。そこには綺麗な景色がありました。

ここはサムイ島の北東部を眺めることが出来る場所でした。



IMG_8617
右側の尖った岬がサムイ島の最北端、「シックスセンシズ・サムイ」がある
場所です。そして遠くにはパンガン島までばっちり見えます。

まあ、見下ろす高さはたいしたことはないですが、なかなか良い景色です。


IMG_8615
ちょっと右側のほうを見るとチョンモンビーチ付近の風景です。



IMG_8619
最初の風景を少しズームして見ると、プライレム寺院の巨大な千手観音像が
はっきりと見えます。



IMG_8620
雲の中からいきなり現れたのはバンコクエアウェイズの飛行機でした。
おそらくバンコク発サムイ着の便でしょうね。空港に向けてどんどん高度を
下げていくのが良く見えます。



IMG_8623
絶景ビューポイントを後にして、先程の道を再度上に向かって進んで見ました。

どうやらここは高級住宅街になっているようです。綺麗に手入れされたガーデン
があってどこも大きな2階建ての家です。


IMG_8624
家と家の隙間から見えたシービューです。
先程の景色より更に高い場所ですので、眺めも格段に良い事でしょう。



IMG_8625
高級住宅街の通りから見る、海とパンガン島
この辺はすごい景色なんだろうと想像出来ますが、通りの両側は家がたくさん
あるのであまり景色は見えませんでした。



私の家からそう遠くない場所なのに、こんな場所があるとは知りませんでした。
灯台下暗しですね。
.19 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 良い天気になってきました!

こんにちは。


1月も半ばを過ぎたサムイ島です。

雨期はとっくに過ぎていてもおかしくないのですが、先週末13、14日
はずっと雨という大荒れの天気でした。扇風機すら必要ない肌寒い
天気は旅行者にとっては苦ですよね。

その前には何度か晴れの日もあったのですが、雨期明け宣言のタイミング
って難しいですね。思えば今回の雨期(2011年末)は雨が少ない雨期
でした。というか2010年が洪水になるほど酷かったから、そう錯覚して
るだけかもしれません。



そして昨日17日は久しぶりに1日中晴れでした!!あまりにも嬉しくなって
久しぶりにビーチを偵察に行ってきました!


IMG_8641
ここは繁華街の「チャウエンビーチ」、中央付近です。
待ちに待っていたたくさんの旅行者たちが海を満喫していました。



IMG_8640
ちょっと太陽が雲に隠れてしまったので、写真では透明度があまり
わからないですが、11月の海と比べると格段に良くなってます。



IMG_8639
以前はザブーーン!と、建物近くまで海水が来ていて、砂浜がとっても
狭くなっていたのですが、今は全く問題ありません。



IMG_8638
この大きな雲ひとつのためにビーチが日陰になってしまってます。



IMG_8637
波はとても小さいですね。
良い感じでベストシーズンに向かっています。



せっかくなので、チャウエンビーチの北にある「チョンモンビーチ」も
見に行ってみました。



IMG_8636
と、チョンモンビーチに着いた頃には太陽が雲から顔を出しました!!



IMG_8635
売り子さんたちが休憩中。
そしてチョンモンビーチはチャウエンビーチよりも綺麗でした!



IMG_8633
移動屋台のおばさんもがんばっています。



IMG_8634
もともとここは雨期でも波が小さいビーチです。
昨日は風も無く、全く静かな湖状態でした。



IMG_8627
水際まで近づいてみると、どうです?結構透明度ありますよね!



IMG_8628
綺麗です!



IMG_8630
ビーチ上のレストランは人がたくさんです。
実際1~3月はサムイ島はハイシーズン、ホテル代も上がる期間です。



IMG_8631



IMG_8632
私はずっと今年の初泳ぎの時をうかがっていました。
こんなに綺麗なら、私もそろそろ海水浴を再開しなければ、、、



さあ、本日18日も朝から快晴のサムイ島です。これから天候はどんどん
安定して行くでしょう。1~3月のサムイ島は基本的に乾期です。雨はほとんど
降らずに晴れの日が続きます。風が少しあるので海のコンディションはベスト
とは言えないかも知れませんが、海水浴には問題ないです。

このハイシーズン中の1~3月はヨーロッパ人がかなり多く来ますが、日本から
のお客さんは少ないのが現状です。休みの都合もあると思いますが、プーケット
やクラビがベストシーズンのため、そちらに行く方が多いです。
上の写真でこの時期はサムイ島だって良い!と言うことが伝われば幸いです。
たくさんの方のお越しをお待ちしております!



サムイ島厳選ホテルのご予約はコチラから!
.18 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。