スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 新リゾート「アカリンサムイ」まもなく!

こんにちは。


またまたまたまた、サムイ島には新リゾートがオープン致します。
サムイ島のリゾート紹介が終わる日など、来そうにありません。

パンガーとホアヒンそれぞれにスタイリッシュなリゾート「アリーンタ」
を運営するAHMSが4軒目のリゾートとしてサムイ島にオープンするのは、
「AKARYN SAMUI」(アカリン・サムイ)というリゾートです。
なので同じくサムイ島にある「アキュラ・チュラ・サムイ」とは姉妹リゾート
にあたりますが、全室プライベートプールが付くので、こちらの方が高級
リゾートです。

当初は3月1日オープンと聞いていたので、もう大丈夫だろう
と思って見に行ったのですが残念、少し遅れるとのことです。


IMG_9410
ここは実は2011年の5月に営業を終了した「アトランティスリゾート」と言う
所です。ここをほぼ全面改装と増築をして生まれ変わります。
場所はチャウエンビーチから北に行き、チョンモンビーチに入る少し手前に
なります。

例によってまだ工事中でしたので、詳しく紹介するのはまた後日にします。
写真はビーチ前のパブリックプールです。



IMG_9415
ビーチから見るレストラン。レストランは全部で3ヶ所になるそうです。
外観は出来上がっていますが、内装と備品の搬入がまだでした。



IMG_9417
客室はこんな感じになります。客室はすべて独立したビラタイプ。
ここは「プールスイート」と「プールスイート・シービュー」と言う
お部屋になります。



IMG_9418
これがスイートの外観です。客室名に「ビラ」とは付きませんが独立です。
そして海が見えるスイート7部屋だけがシービューとなり、内部は全て
同じです。

スイートの6角形の建物は昔のアトランティスリゾートの名残で、骨組み
だけはそのまま使って、それ以外を全て改装したとの事です。


IMG_9421
「プールスイート・シービュー」のショールームを見せて頂きました。
うん!なかなかいい感じですね。スイートは80㎡あります。



IMG_9422
入り口から見て奥がベッド、手前がリビングスペースになります。
テレビは横で、DVDもあり、WIFIも利用可能です。



IMG_9431
大きな特徴はとにかくガラス張りの面積が大きい事、自然日光が充分に
入り、屋内にいながら屋外と同じ明るさを保っているのです。
6角形のうちの2面は全てガラス戸です。


IMG_9425
室内から見るプライベートプール



IMG_9430
ライトを一切つけなくても明るいですよ。



IMG_9424
真っ白な内装に家具類は木製で落ち着きます。
ちなみにリゾートの客室は全室ダブルベッドになります。


IMG_9420
ミニバー、コーヒー紅茶はもちろん有り。



IMG_9423
セーフティーボックス、バスローブ、スリッパももちろん有り。



IMG_9427
こちらはバスルームです。鏡に映っているのは天窓で、シャワーでも
トイレにも明るい日差しが差し込むようになっています。




IMG_9426
重要なお知らせとしてスイートのお部屋にはバスタブが付きません。
アキュラチュラのお部屋もそうでしたね。

バスタブが付くのは最上級の「プールビラ」というお部屋のみとなります。


IMG_9433
入り口のテラスから見るシービューです!ここはビーチに一番近い
お部屋でしたので景色も最高でした。東側ですので日の出はここです。



IMG_9432
そしてテラスのデッキにこのプライベートプールが付きます。これは
昔のリゾートには無かった部分です。

プライベートプールの大きさは3.5mとやや小さめです。思いきり
泳ぐのにはちょっと無理がありますが、バシャバシャと遊ぶ程度に
使えるでしょう。



IMG_9434
残念ながらショールームが出来ていなかったのですが、これが「プールビラ」
と言う一番高いお部屋です。プールは8mとかなり大きくなります。

「プールビラ」はビーチから一番離れた所にあります。2部屋で1棟のビラ
になり、プールデッキの仕切りを開けて2部屋を繋ぐ事も出来るそうです。
このビラのお部屋も昔は無かった部分で、新たに増築された建物です。



IMG_9419
最後はリゾートのビーチです。ここは他の宿泊施設がない、いわゆる
ほぼプライベートビーチです。右側は写真のように岩が多いです。



IMG_9411
この右奥の小さな砂浜、ここでプライベートディナーなどをセッティング
してくれるそうですよ!ロマンチックですね。



IMG_9412
正面のほうはこんな感じで泳げます。
もう少しすればもっと綺麗でしょうね。


IMG_9435
帰り際に御土産としてアメニティーを頂きました!
案内してくれたレジデントマネージャーは以前「ザゼン」にいたイタリア人
のF&Bマネージャーの方で、私も面識がありました。


以上、客室も施設もまだ未完成でしたが、完成が楽しみなリゾートです!
プールスイートのお部屋はバスタブが無いこと、プールが小さめな事など
を見れば高級リゾートのプールビラにはかないませんが、6角形の独立した
お部屋は明るいし、シンプルで落ち着くし私個人的には大好きなお部屋です。


ソフトオープンとして最初のゲストが入るのは3月15日だそうで、4月には
全ての施設が完成する予定だそうです。なので全て完成しましたらあらためて
紹介させて頂きます。



*2012年4月末、オープン致しました。最新情報はこちらから。
スポンサーサイト
.29 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 サムイリゾテルのご紹介

こんにちは。



本日はサムイ島のリゾート紹介です。

2009年の暮れにオープンしたまだ新しいリゾート
「Samui Resotel & Spa」 (サムイリゾテル)です。
サムイ島内に他に3軒のリゾートを持つリゾテルグループのホテルです。
このリゾートを一言で表すならとにかく「真っ白!」醤油なんか壁につけたら
怒られそうなほど、白くて清潔感溢れる内装に統一されています。


場所はチャウエンビーチ繁華街の南端で、一番賑やかな繁華街北の方
からは結構離れております。


robby&reception (1)
ホテル入り口から前の通りを眺めた所です。ホテルの前には小さなバーが数軒
ありますが、お店は右(北)に進んで行くと徐々に現れます。



robby&reception
レセプションはサムイ島では珍しく、ガラスで囲われたエアコンの効いたエリア
です。

では、客室をご紹介していきましょう。

スーペリア・シービュールーム   26室  46㎡
デラックス・プールアクセスルーム 13室  46㎡
ガーデンプールビラ         14室  53㎡
オーシャンプールビラ        18室  65㎡


で、この他に「プールアクセスビラ」というお部屋が8部屋あるのですが、ここは
一般的には販売しなくなったようです。その辺もあとで触れましょう。


sup&dlx
さて、道路側にあるのがこのメインビルディングの建物です。
このホテル棟にあるのは「スーペリア」と「デラックス」の2タイプです。


sup&dlx (12)
「スーペリア」と「デラックス」の違いは単純で、お部屋の位置の違いだけです。
スーペリアは2&3階でシービュー、デラックスは1階で海は見えない代わりに
プールアクセスになっています。

この時は1階のデラックス・プールアクセスを見せてもらいました。


sup&dlx (3)
さあこちらが「デラックス」の室内です。
とにかく四方八方どこ見ても白いですね。



sup&dlx (2)
ベッドもクッションも白、なので壁の絵が目立ちます。


sup&dlx (7)
家具類も全部白です。黒いテレビが目立ちます。
DVDあり、インターネット接続は有料となります。



sup&dlx (11)
縦撮りで。



sup&dlx (9)
こちらはバスルームです。



sup&dlx (5)
そして「デラックス・プールアクセス」ですので1階にあって、この共有の
プールにテラスからアクセス出来る様になっています。
このプールは横に長いですが、縦幅があまりないです。


sup&dlx (6)
こちらが普通のパプリックプールです。ビルディングのすぐ目の前となります。


以上がメインビルディングにあるお部屋となります。


pool access villa (1)
ここは冒頭でチラっと言った「プールアクセスビラ」と言うお部屋です。
一般に売らなくなった理由はこの写真でなんとなくわかります。

一つのプールを4&4部屋で挟む、計8部屋で、向かい側の部屋との距離が
近すぎます。


pool access villa (5)
つまりカーテンを開けていると向かいと斜め向かいの部屋から丸見えなのです。
大人数やグループで全部を貸し切る以外はちょっと厳しいです。



pool access villa (2)
部屋自体は良く、バスルームも広くなるのにちょっと残念なデザインですね。



ocean pool
お次はビラタイプのお部屋をご紹介です。

「ガーデンプールビラ」と「オーシャンプールビラ」はその名の通り海が
見えるか見えないかの違い、そして「オーシャン」の方が若干広くなり、
プライベートプールも少しだけ大きくなります。お部屋のデザインや設備
は同じです。


ocean pool (1)
私が見せて頂いたのは「オーシャンプールビラ」です。
ベッドがキングサイズ1台の場合とキング+シングルの2台あるお部屋もあります。



ocean pool (2)
設備はビルディングのお部屋と変わらず、そしてここも真っ白です。



ocean pool (3)
バスルームは結構広いです。バスタブも豪華で広めです。



ocean pool (4)
そしてプライベートプール付き!これが一番嬉しいですね。
ガーデンもあって椅子とパラソル付き。目の前はもちろん海です!



ocean pool (5)
プールから海を眺めて。



ocean pool (6)
いい感じです。



最後に施設を少し紹介です。



サムイリゾテル (38)
メインレストランの「CAPRICCIO」屋内と屋外席があります。



サムイリゾテル (40)
こちら1階はビーチフロントバーの「LOBSTER BAR」です。

2階はルーフトップバーの「THE ROOF」と言います。2階に上がってみました。


サムイリゾテル (44)
ここは白ではなく、お洒落なデザインの赤いテーブルと椅子があります。



サムイリゾテル (41)
そしてチャウエンビーチの海を2階の高さから見下ろせるのがウリです。
ここでビールを飲んだら気持ち良いでしょうね。



サムイリゾテル (42)
こんな感じで海は見えます。


この日曇っていたのが残念です。
晴れていた日の写真を昔紹介していますのでこちらからご覧ください。


以上、サムイリゾテルでした。繁華街にも近くて便利なリゾートです。
お勧めのお部屋はシービューとなる「スーペリア・シービュー」と
「オーシャンプールビラ」ですね。特にハネムーンの方にはオーシャン
プールビラがお勧めですよ!真っ白なお部屋はいかがでしょうか?


このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.28 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 カオフアジュック寺院から動画

こんにちは。


いやー先週末サムイ島はすごく良い天気でした。
本日はちょっと曇ってますね。

ところで最近ビデオカメラを手に入れました。携帯電話でも動画は取れるのですが、
たぶん画像は汚いだろうし、ズームもしょぼいだろうし、、、てなわけで一度も
動画を撮ったことはなかったのです。

というわけで、動画撮影の練習のため「パゴダ・カオフアジュック」へと行って
来ました。ここはチャウエンビーチエリアやサムイ空港が上から見下ろせる場所
で、適当に待っていれば、飛行機の離着陸に遭遇できます。
この日は寺院からの景色の他、バンコクエアウェイズの離陸、タイ航空の着陸
等を撮って見ました。







やっぱりビデオカメラはズーム力がハンパないですね。でもズームすればする
ほど動画がブレちゃいます。手持ちじゃ無理なんでしょうかね。

とりあえず今後のブログでは、動画なんかもちょこちょこお届け致します!



.27 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【プーケット】 ダイアモンドクリフ・リゾート&スパ

こんにちは。


本日ご紹介するのはプーケットのリゾート
「The Diamond Cliff Resort & Spa」(ダイアモンドクリフ)です。
場所は繁華街のパトンビーチから北へちょっと行った所です。繁華街まで
歩けない事もないですがちょっと疲れる距離です。車で5分くらいです。


このリゾートは昔からGMが日本との太いパイプを持ち、日本の旅行会社
からのツアー客を積極的に受け入れてきたリゾートで、もちろんそれは今でも
続いていますが、例えば10年前までは宿泊客の80%が日本人だった、という
くらいの日本びいきのリゾートです。1988年の開業でその後何度か改装や増築
を行っております。


ダイヤモンドクリフ
レセプションエリア

現在は昔に比べてリゾートも大幅に増え、旅行者の選択肢の幅は広がり、
手配手段も様々ですので、昔ほどの割合ではないですが、それでも昨年
訪れたときには日本人スタッフが5人くらいいる、とおっしゃってました。


ダイヤモンドクリフ (28)
敷地内を巡廻するこの車の荷台にのって客室まで移動しました。
この車は斜面の上と下を結ぶシャトルで、移動に便利です。



ダイヤモンドクリフ (27)
そしてついたのは斜面の上部にある「グランドウイング」と言うエリアです。
ここにある客室を見せていただきました。



ダイヤモンドクリフ (1)
外から見るとこんな感じの建物でした。



ダイヤモンドクリフ (2)
ここにあるのは最も安いお部屋タイプの「スーパーデラックス」です。



ダイヤモンドクリフ (12)
「スーパーデラックス」の内部です。170室あって40~45㎡とかなり
奥行きがあります。



ダイヤモンドクリフ (13)
ここはツインベッドでしたが、トリプルルームという同じベッドが3台入った
お部屋もあります。簡易ベッドを用意する他のホテルとは違いますね。



ダイヤモンドクリフ (11)
客室は全体的に木を多く使ったタイスタイルです。




ダイヤモンドクリフ (10)
ベッド横の窓際にはこのシッティングエリアです。




ダイヤモンドクリフ (3)
そしてバスルーム、もちろん日本人には欠かせないバスタブ付きです。
最近はバスタブが無くても気にしない旅行者も増えてるみたいですね。




ダイヤモンドクリフ (6)
そして「スーパーデラックス」のテラスから眺めるとこんな感じの
シービューになっています。これは良い眺めですね。




ダイヤモンドクリフ (7)
客室は海から離れてますので、結構遠くに見える感じですね。




ダイヤモンドクリフ (9)
左の方に顔を向けるともう少し大きく見えます。




ダイヤモンドクリフ (15)
続いて向かったのは同じく「グランドウイング」にある別の建物です。




ダイヤモンドクリフ (24)
ここで見せて頂いたのは「ダイアモンドスイート」という2番目に安い
お部屋タイプです。




ダイヤモンドクリフ (25)
安いとはいってもスイートです。
70㎡もあり、先程のお部屋より格段に広いです!
このお部屋タイプで53室あります。



ダイヤモンドクリフ (22)
窓際がソファーとダイニングテーブルが付いているのが特徴です。



ダイヤモンドクリフ (19)
仕切りはないですが、部屋の半分はリビングルームです。



ダイヤモンドクリフ (23)
そしてここもシービューです。「スーパーデラックス」よりも若干見下ろす
高さが低くなりますね。写真は撮らなかったですがテラスも大きくて椅子も
置いてあります。



ダイヤモンドクリフ (21)
こちらバスルームです。




ダイヤモンドクリフ (20)
シャワーとトイレは別になっています。


以上、2部屋を見せていただきました。「ダイヤモンドスイート」によく似た
お部屋で1つ上のタイプ「オーシャンスイート」というお部屋があります。
このお部屋は広さは同じですが更に木が多いデザインでゴージャス感があり、
ジャグジー付きのバスタブが付いています。

更に何種類かのスイートやプール付きビラもあるのですが、時間の都合上で
カットしました。でもプールビラにするのであれば他のリゾートの方を
お勧め致します。


ダイヤモンドクリフ (29)
レセプションに戻る途中に日本食レストランの「紀子」を外観だけ撮影。

本当はレストランが7軒もあってかなり充実しているリゾートなのですが、
お部屋以外の施設をゆっくり見る時間はありませんでした。


THE SEA
帰り際にレセプション横のロビーラウンジ「THE SEA」でドリンクを
頂きました。ガラスで囲まれているここだけはとても涼しかったです。


ダイヤモンドクリフ (31)
ホテル玄関を出て、道路を渡ったところが海になります。

ここには一応小さなビーチがあるのですが、ここは岩場になっていますので
泳ぐのは厳しいです。道路に出て左に歩いていくとすぐビーチがあります。
そこはいわゆるパトンビーチの端っこになり、結構綺麗なビーチだそうです。


以上、いかがでしょう、普通に2名様での旅行なら「スーパーデラックス」
で充分ではないでしょうか。日本語の案内表記もあり、日本人スタッフも
多数勤務、日本食レストランまであるという、日本人には至れり尽くせり
のサービスです。海外旅行初心者の方にはぴったりです。

しかし、海外まで来て日本人がたくさんいるのはいやだ。と言う方には
不向きですね。



このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.24 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【バンコク】 水琴本店へ行ってきました。

こんにちは。



以前サムイ島からバンコクへ行った時の事です。私の会社のバンコクオフィス
のすぐ近くには日本料理屋さんの『水琴』があります。そこでお昼ご飯を食べ
に皆さんと行ってきました。サムイ島では満足に日本食が食べれない、という
お気遣いをして頂いたと思います。


IMG_9180
ここが水琴(すいきん)さんです。BTSプルンチット駅とチットロム駅の間
くらいにあります。

水琴と言えばバンコクに何百もある和食屋さんの中でも、高級な部類に入る
お店です。そしてサムイ島にあるのが、リゾート「アキュラチュラサムイ」
の中に入る「サムイ島支店の水琴」です。両方とも以前紹介しましたね。



IMG_9168
仕切られた4人掛けのテーブルへと座りました。
日本人もちらほらいましたが、タイ人もそこそこ来ています。ここに来るタイ人
たちは相当なお金持ちなんだろうなあと思います。



IMG_9170
お茶が勝手に出てくるだけで感動するのは、しばらく日本食屋に行っていない私だけです。


そしてランチセットからそれぞれ注文しました、私はランチセット以外のメニューを
見たことがないですが、とーっても高いそうです。実際ランチセット各種でも300バーツ
くらいはします。私のような小僧が気軽に夕食を食べに行くところではなさそうですね。


IMG_9173
レンさんはちらしと蕎麦のセットを注文しました。私は今回ここに来たのは二度目
で、一度目に食べたのがこれです。ここは小鉢がたくさんあるのが嬉しいです。



IMG_9174
リオさんはカレーうどんと炊き込みご飯のセットを注文です。
うーんこれもなかなか美味しそうです。



IMG_9177
私はサラダうどんセットという物にして見ました。野菜たっぷりのサラダには
エビやイカなどの刺身も載っていて、上から胡麻ダレをかけて食べます。
見えませんが、このサラダの下にうどんが入っています。


暑いバンコクではこういう冷たい料理がさっぱりしていて美味しいですね。
バンコクの本店ではやっぱり本格日本料理っていう感じがありますね。サムイ島
の水琴はリゾート内レストランで旅行者がほとんどのためにメニューは違います。



.23 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 岩場の海を見に行く

こんにちは。


先週末は少し崩れたサムイ島の天気ですが、今週に入ってまた
暑さが爆発しております。

この前天気が良かったのでふらっとある場所に立ち寄ってみました。


IMG_8733
東海岸のチャウエンビーチとラマイビーチの間からはこんな海が見えます。
完全な岩場ですね。

右奥の岩場をズームしてみると、、、


IMG_8734
人が釣りをしておりました。

そういえば前にここに来たことがありますが、釣りをしている人はいません
でした。ここは釣れるんでしょうか?


IMG_8735
大岩のビッグロックを超えて更に進み、右にカーブするとこの場所があります。



IMG_8736
調度レストランの「The Cliff」の少し手前にバイクが数台止まってます。
この場所に海へと下りる階段があるのです。


IMG_8737
全く手入れも掃除もされないので草木に埋もれている階段です。



IMG_8738
少しおりると海が見えてきます。




IMG_8732
そしてこんな景色が見えます。天気がいいので綺麗でした!




IMG_8731
いい感じですね。




IMG_8752
そして一番下まで行くとこんな感じになっています。
コンクリートの簡単な橋で、向こうの岩へも渡れるようになっています。



IMG_8739
岩場から眺める南側方向




IMG_8741
そして透明度もなかなかのものです。
ベストと呼ぶにはまだだと思いますが、だいぶ透き通ってましたよ。




IMG_8750
小さな橋を渡って先端にある大岩へ移動します。




IMG_8745
地元タイ人の釣り人が糸を垂らしてました。が、見た感じ1匹も釣れている
気配はありませんでした。

岩場なので釣れるとは思うのですが、小魚かと思います。刺身サイズは期待
出来ないでしょう。



IMG_8743
先端の岩から眺めると、この辺一帯は岩場であることがよくわかります。
大きくて綺麗な岩ですのでぽんぽん渡って移動出来そうな感じです。




IMG_8746
北の方向を見ても岩ばかりです。




IMG_8744
海から見る山側




IMG_8748
こういう場所でそこそこ大き目の魚がバンバン釣れるならしょっちゅう来たい
場所です。船釣りというのは気軽に行けるものではないですからね。


という感じで滞在時間は5分、天気が良い日に海が見える場所があると
ついつい立ち止まってしまうのが私です。

.22 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【クラビ】 アオナンビラリゾートのご紹介

こんにちは。


本日はクラビのリゾートをご紹介致します。

Aonang Villa(アオナンビラ)はクラビの繁華街アオナンビーチに
位置するリゾートです。高級リゾートではないですが、その立地条件
とお手頃な価格から、ハイシーズンにはすぐに満室になってしまうほど
人気があります。
3~4ヶ月先の予約でも既に満室、といった事がよくあります。


アオナンビラ
リゾート入り口です。高級感やスタイリッシュ感はなくいたって普通の感じです。
入り口は海側ではなく裏側、ビーチロードから少し北に行って右に曲がった
ところです。



アオナンビラ (1)
レセプションは入り口入って左手側です。




アオナンビラ (2)
右手側にこのロビーラウンジがあります。




アオナンビラ (3)
入り口から奥へ入っていってプールサイドにアウトドアのタイマッサージ
がありました。


それでは客室を少しだけご紹介です。
たくさんのお部屋タイプがありますが、基本的にはどのお部屋もそれほど
変わらないと考えてください。位置や景観などが違うだけです。



SUP
まずはこちら、「スーペリア」のお部屋です。ビルディングの2、3階に
あります。



SUP (1)
別角度から。昔ここを見に来たときは薄型テレビではなかったですが、
今は薄型テレビに変わってました。



SUP (2)
バスルームです。




SUP (3)
テラスは全室に付きます。
景色はシービューもあり、他はガーデンまたはプールビューとなります。



GRAND SUP (4)
続いては「グランドスーペリア」のお部屋です。



GRAND SUP (1)
ここが室内ですが、気持ち広くなったかな、と言う程度で他は全く変わりません。



GRAND SUP (2)
バスルームが少しスーペリアより広いです。




GRAND SUP (3)
テラスからの眺めです。




DLX
お次は「デラックス」のお部屋です。ここもベッドのデコレーションが少し違う
くらいですね。



DLX (2)
「デラックス」のお部屋は1階にあり、この様にテラスから外へアクセスできます。
プールへの移動には大変便利という違いがあります。

お部屋は以上です。


アオナンビラ (22)
こちらはスイミングプールです。2ヶ所にあります。



アオナンビラ (23)
プールから眺める石灰岩の岩山です。これが見れるのはクラビならではですね。




アオナンビラ (5)
スパも見せていただきました。



アオナンビラ (10)
スパのレセプションです。




アオナンビラ (12)
トリートメントルームです。



アオナンビラ (13)
ジムもあります。



アオナンビラ (21)
芝生の上には象と子供の置物



アオナンビラ (15)
海の近くに位置するレストラン




アオナンビラ (16)
ビーチバーです。



アオナンビラ (20)
ビーチバーから眺める岩山




アオナンビラ (17)
これがリゾート前のアオナンビーチです。この日は曇りでした。
右手方向が繁華街になります。ビーチは敷地前にすぐあるのではなく、
小さな通りを渡ってあります。

普通のリゾートではありますが、悪くはないですよね。立地が良くて
海に街にと出かけるのには一番便利なリゾートです。


さて、繁華街のあるアオナンビーチというのはまあそこそこ綺麗な程度で、
感動するほど綺麗な海ではありません。よく写真で見るクラビの海と言うのは
クラビ付近の離島で撮影されたものがほとんどです。ですのでオプショナルツアー
でアイランドホッピングに出かけるのがお勧めですよ!



このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせはこちら!
.21 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 ザ・カラのおさらい

こんにちは。


昔にも一度、お勧めリゾートとして紹介させて頂きました、
The Kala Samui(ザ・カラ)ですが、今度は私の撮影した写真で
もう一度ご紹介致します。

ところがこの写真を撮ったときは11月の雨期の真っ只中だったわけで、かなり
全体的に暗い写真になってしまいました。そううまくいくものではないですね。



ザ・カラ
これはリゾート入り口にあるオブジェ、目立つのでわかりやすいです。



ザ・カラ (1)
レセプションから眺める海です。ちょっとどんよりしちゃってますね。


ではもう一度客室タイプのおさらいです。

デラックスルーム         28室 45~52㎡
デラックススイート          2室 80㎡
デュープレックス・プールビラ   7室 165~188㎡
プレジデンシャルビラ        1室 228㎡


この4タイプのうち、デラックススイートとプレジデンシャルビラは2ベッドルーム
のお部屋ですので、お泊りになる人は少ないでしょう。



ザ・カラ (6)
まずはビルディングの「デラックスルーム」からです。
ドアの前にあるサインがかわいいです。尻尾を右か左に動かしてサインを送ります。



ザ・カラ (2)
こちらが「デラックスルーム」のお部屋です。
暗くてすみません。このお部屋は海に対して横にベッドがあるタイプです。
部屋の中央にベッドがあって、足を外に向けるタイプのレイアウトもあります。




ザ・カラ (4)
なかなかお洒落なブティック系のデザインです。




ザ・カラ (3)
客室は全室シービューとなります。



ザ・カラ (5)
バスルームのバスタブは大きめ、シャワーは丸く石で囲われたレインシャワーです。
ここもなかなか良い感じで私も好きなデザインです。



ザ・カラ (7)
今度は敷地中央、レセプションの下にあるレストランです。
ここ1ヶ所のみで、「26 degree」と言います。もちろんシービューですよ。



ザ・カラ (9)
レストランから階段を下りたところにバーの「The Rabbit Bar」があります。



ザ・カラ (8)
「The Rabbit Bar」はこの席がお勧めです!



ザ・カラ (10)
「The Rabbit Bar」から更に下におりてこの共同プールがあります。
少し木が前にありますが、ここもシービューです。



ザ・カラ (16)
続いて最もお勧めのお部屋で「デュープレックス・プールビラ」です。
入るとそこは1階ですぐにプライベートプールがあります。



ザ・カラ (14)
プライベートプール別角度から。
海から数えて2列目に位置するお部屋は、1階からは海はほとんど見えません。
海は2階の寝室から見えます。




ザ・カラ (20)
それでは階段を上がって2階のベッドルームへ行って見ましょう。




ザ・カラ (17)
ここがベッドルームです。海側の窓は全面ガラスになり、開放感があります。




ザ・カラ (19)
そして部屋自体もかなり広いです。リビングルームという区切りはないですが、
逆に広々と使えるので私は好きです。



ザ・カラ (18)
奥にあるバスルームも広いです。

デュープレックスプールビラはハネムーナーの方にもお勧め出来ます。


ザ・カラ (22)
続いてこちらはスパのレセプションになります。




ザ・カラ (23)
トリートメントルームです。




ザ・カラ (11)
最後はリゾートの海です。
さすがに11月の海は荒れていました。今は穏やかな海になっていますので、
安心してくださいね。

この様にリゾートの前は岩場になっているので海水浴には適しておりません。
しかし、岩場だからこそ小魚も少しおり、シュノーケリングも釣りも無料で
道具を借りることが出来ます。


ザ・カラ (12)
ビーチでのんびりしたいならここです!

この写真の奥の方に砂浜がみえますね?リゾートから300メートル北に離れた
このビーチに「Kala Beach Club」というものを構えており、ザ・カラに宿泊の
お客様のみが使えるビーチチェアーやビーチパラソル、タオルなどがあります。
ビーチ自体は「コーラルコーブリゾート」というリゾートがあり、そこと共有
していて、レストランも御座います。

ここへ行くには3通りの方法があります。

1つ目は岩場に作られた木の歩道を歩いて行く。
2つ目はホテルのシャトルバスで行く。(10:00~17:00、1時間おき)
3つ目はカヤックを借りて自分で漕いで行く。


カヤックで行くのが一番楽しそうですね!
以上「ザ・カラ」おさらいでした。


ザ・カラの予約はこちらから!
パッケージツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちらから!
.20 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【プーケット】 ドゥアンジットリゾート&スパ

こんにちは。



本日はプーケットのリゾートをご紹介致します。

Duangjitt Resort&Spa (ドゥアンジットリゾート)はプーケットの
繁華街パトンビーチに位置する、「超」が付くほどの大型リゾートです。
広大な敷地に500室もあり、10もの客室タイプがあります。客室の大半
はスタンダードな安いお部屋タイプが占めています。


2.Patong logation New
どれだけ大きいのかというと、リゾートからもらった写真を見ていただければ
一目瞭然です。黄色で囲ってある部分が全てこのリゾートです。


3.Layout
山側から見た感じはこちらになります。
ビーチ上にあるわけではありませんが、ビーチまでも、繁華街中心部
までも徒歩圏内です。

これだけ大きいのですから、全部のお部屋や施設を見て周ったら軽く半日は
超えてしまいますね。この時も主要となる最も安いお部屋から3つの客室タイプ
を見せて頂きましたので、ご紹介致します。



BUILL
どこにあるビルディングでもとっても長いです。


SUP
まずはこちら、最も安い「スーペリア」のお部屋です。35㎡で193室もあります。



SUP1
これといって特筆すべき物は無いお部屋ですが、料金重視で繁華街に近い
リゾートをお求めの方には良いでしょう。テラスが全室に付いております。



SUP2
「スーペリア」のお部屋にはバスタブが付きます。

他に、コーヒー紅茶セット、セーフティーボックス、ドライヤー、テレビ
インターネット接続は有料、この辺は全室共通です。



GASA2
続いては「デラックスガーデンウイング」38㎡で90室あります。
窓側がソファーになっていて少しだけ広くなってます。



GASA
テレビ側を見た感じです。



DLX G1
「デラックスガーデンウイング」はスーペリアのお部屋より1ランク上ですが、
バスタブがありません。こちらがシャワールームです。



DLXG2
トイレはバスルームではなくて、別に独立してあるという変わった造りです。



DLX G
最後に「デラックス・ガサロン」というお部屋です。40㎡の37室です。
このお部屋はほぼ9割、デラックスガーデンウイングのお部屋と変わらないです。



DLX23
ベッドの上の装飾が少しだけ違いますね。



GASA3
あとは若干だけお部屋が広くなることと、このバスタブが付いていることです。



RESE
最後にリゾートのレセプションです。
広い敷地の中央にあります。



以上、簡単ではありますが弾丸で視察致しました。

その他レストラン2軒とバー1軒、スイミングプール3ヶ所、スパ、フィットネス、
キッズクラブ、など一通り全ての施設がございます。あくまでも、安いリゾートで
繁華街にある、というのが長所ですので、静かな所でおしゃれな客室を想像して来ると、
あれ?となってしまいます。パトンビーチで遊びたい方にお勧めです。


このリゾートに泊まるツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.17 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 最近のサムイ島の海状況

こんにちは。


サムイ島は雨が降らなくなって、もうしばらく経ちます。


IMG_8689
天気がいいのでドライブがてらビーチを偵察へ出かけました。




IMG_8690
行ってみたのはチャウエンビーチのずーっと北の方で、チョンモンビーチに入る
少し手前です。

リゾートで言うとザ・サムイビーチクラブ」(旧カルマ・サムイ)がある辺りです。



IMG_8691
ここのビーチ前に木も草も生えていない、小さな空き地があります。そろそろ何か
できるんだろうなあ、と昔から見てますが、いっこうに何もできません。
リゾートを作るには少し狭いですかね。



IMG_8692
そしてこの空き地を通って誰でもビーチへと出ることができます。
道路の隣がもう空き地ですのでほんの20メートルくらいです。



IMG_8693
すると、天気も良くってなかなかの景色でした。
誰かが宴会をしたようなゴミがたくさん落ちていたのが気になりましたが。



IMG_8694
この辺の砂はチャウエン繁華街のビーチよりも粗めです。




IMG_8697
海水はかなり透き通ってきました!
今では晴れていればこんなに綺麗です!



IMG_8695
残念ながらこの辺の海は岩が少しあります。
泳ぐときには注意が必要です。



IMG_8699
空き地から右手(南)方向は更に多く、完全な岩場になってしまいます。
尖った岩も多いですので、ここでの遊泳はちょっと無理ですね。
もっと北のほうで泳いだほうがいいでしょう。


まだちょっと気が早いかもしれませんが、サムイ島は良い感じでベストシーズン
を迎えようとしております!昨年は3月に異常気象があり、島が洪水になるほどの
集中豪雨がありましたが、今年は無いことを祈ってます。
このままの調子で行けばあと1~2ヶ月で驚くほど綺麗な海が見れそうですよ。

皆さんゴールデンウィークや夏休みの旅行のご予約はお済みでしょうか?
人気リゾートは予約が集中しますので、早めの予約をお勧めします!


サムイ島厳選ホテルのご予約はこちらから
.16 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。