スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 コパンレストラン

こんにちは。


日本の皆さんはロンドンオリンピックで盛り上がっているところ
でしょうか。

サムイ島はというと、なんら変わらない日々が流れております。
そもそもタイは出場競技も選手も少ないため、いまいち国民の
関心が向かないのは仕方ない事ですね。テレビではタイ人が出場
する女子重量挙げとか、バドミントンとかばかり中継されています。



IMG_1369
さて、本日紹介するレストランはこちらです。「コパンレストラン」と言う
北海岸のバンラック地区に位置するレストランです。

ボプットビーチ繁華街から東に進み、「マイフレンドレストラン」も超えて
少し行くとこの看板があります。ロケーションは良いのに、それほど
有名でもないような気がします。初めて行ってみました。



IMG_1370
道路からでも海が見えます。この駐車場から入っていきました。




IMG_1367
すると砂浜上に竹で作ったこの席がありました。素朴で島の雰囲気が
出るこの造りが好きです。



IMG_1349
反対側にはこの建物です。座席と奥には厨房があるのでしょう。




IMG_1348
ビーチから見るレストランの席




IMG_1357
ちょうど一組のタイ人家族が帰ったところなので、私一人になって
しまいました。全てを独り占めです。




IMG_1344
席から見る風景はこんな感じです。左奥に建物がたくさんあるところが
ボプットビーチの「フィッシャーマンズビレッジ」ですね。




IMG_1346
この辺は透明度もいまいちです。



IMG_1347
人はいないかと思ったら、結構遠くに2人泳いでいる人がいました。



IMG_1353
私の好きなタイガービールは無かったのですが、お決まりのグビグビプハー!
で至福の時を過ごします。

こんな雰囲気ではまるで説得力がないですが、「ガンバレ日本!」と心の中
では叫んでいます。



IMG_1366
さあ飯です!この日食べたお昼ご飯はこんな感じです。メニューはシーフード
を中心にたくさんありました。



IMG_1360
これが激ウマでした!蟹入りパパイヤサラダの「ソムタムプー」です。
ここのは小さな沢蟹ではなく、渡り蟹のブツ切りが入ってます。コレを
チューチュー吸って味わいます。

注文の際店員さんに、蟹は生が良いか、茹でた物が良いか聞かれました。
そうか、そういわれれば外国人は生では抵抗のある人も多いでしょう。
私は迷わず生にしましたが、旅行者の皆さんには生はお勧めしません。



IMG_1365
もう一品はこちら。シーフード入りタイ風オムレツのカレー味だそう
です。確かにカレーのスパイスが効いていました。写真では中が見え
ませんが、エビ、イカが入っています。


美味しかったのですが、やっぱりタイ風オムレツは油ぎっとりです。
3分の2食べたところで飽きました。



IMG_1358
こうして島のレストランに私は一人のんびりとしてまいりました。
この海が泳ぎたくなるほど綺麗だったら最高ですね。



このレストランの感想はと言うと、2品しか食べてないですが、
味はよかったですよ。雰囲気もいい感じでした。値段はマイフレンド
レストランよりは少しだけ高めです。私のこの日の食事はビールも
入れて350バーツ、いつもよりは豪華な昼食でした!



スポンサーサイト
.31 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 アナンタラボプットとハンサーサムイ

こんにちは。


本日は、ボプットビーチの定番のお勧めリゾート2軒に行った時の
写真をお届けです。この2軒のリゾートは壁一枚と小道を挟んで、
隣通しに位置しているのです。



IMG_1128
まずは「アナンタラ・ボプット」です。この写真はロビーエリア
になります。



IMG_1129
レセプションの奥に位置するのがレストランの「High Tide」です。
朝食ブッフェもこちらになります。




IMG_1131
こちらはEclipse Barの屋内席の方です。




IMG_1130
ここでは様々なお茶、紅茶を楽しむことも出来ます。




IMG_1134
さて、通常のお部屋をこのブログで紹介しておりませんでしたね。
これは「デラックス」の2,3階にあるお部屋です。タオルのデコレーション
は猿になっています。



IMG_1137
部屋の3分の2ほどは木製の床で高くなっており、そこにベッドが置かれて
いるのが特徴です。1階にある「デラックステラス」も部屋の広さやデザイン
は変わりません。



IMG_1135
大きく深めのバスタブもアナンタラボプットの長所ですね。ベッドルームとの
境にはスライド式の扉があり、開閉が可能となります。



IMG_1133
こちらはプールサイドにあるもう一つのレストラン「Full Moon」から見る
共同プールと海です。



IMG_1132
ビーチへとやってきました。穏やかな海です。



IMG_1142
アナンタラボプットのビーチを右に5メートルほど歩くと、こちらは
ディナーの席でしょう。「ダイニングバイデザイン」と言うお食事を
予約すると、お客様の希望の場所でプライベートディナーを楽しむ事
が出来ます。



IMG_1140
さらに右に5メートル進むと、ここはもう「ハンサーサムイ」の
前のビーチになります。両ホテル間の移動はビーチを通れば
たったの数秒で行き来できます。



レストラン (1)
で、小さな通りを一段上がると、ハンサーサムイのレストラン
H-Bitro」です。美味しいフレンチが好評の高級レストランですね。



ハンサー (12)
「H-Bistro」から眺めるプールと建物の外観です。


さて、ハンサーサムイは全室シービューとなりますが、海の見え方は客室の
位置により異なりますので予めご了承ください。例えばこの写真で言うと、
日光の当たっている短い方の棟です。ここは海に対して横向きになりますの
で、パーシャルシービューとお考えください。



IMG_1138
大きい方のお部屋、「シービューXL」を見学します。
バスタブとベッドルームとの仕切りがないカップル向けのお部屋です。



IMG_1139
ベッド側を見て。シャワー、トイレはこの右手側にあります。




以上、隣通しに位置する2つのリゾートでした。お食事やスパの利用は
宿泊客以外でも問題ありませんので、2つのリゾートで楽しんだり比べたり
するのもアリかも知れませんね。


.30 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 バンポービーチで泳ぐ

こんにちは。


この前「パンポービーチ」へと海水浴に行ってきました。

バンポービーチは北海岸の西のメナムビーチより更に西にある
ビーチです。リゾートも人も少なく、手付かずのビーチでもあります。



IMG_9666
こんな感じのビーチです。なかなか綺麗でしたよ!




IMG_9667
ここの砂浜は細かい白砂ではなく、荒くて茶色の砂です。




IMG_9668
周りには椰子の木がいっぱいで南国ムードが漂っています。




IMG_9671
水際まで行ってみると、おお綺麗ですねえ!




IMG_9673
タイ人のお母さんと子供が遊んでいるほほえましい光景です。
ここへは誰でも簡単に来れるのでタイ人には貴重な場所です。



IMG_9672
というわけで、私も一発ジャブンと水浴びです!
水が冷たくて気持ちよかったです。




IMG_9675
少し歩くと、斜めに生える椰子の木があります。しかも短いです。
わざとこのように植えたのでしょうかね?




IMG_9687
思いっきり横に生えてます。でも実や葉っぱは上を向いてます。




IMG_9676
さて、この場所は「ミモザリゾート」と言うリゾートの近くです。
バンポービーチの中の東寄りです。更に東へと散歩しました。

段々と小石が多くなってきます。すると防波堤のような感じで陸が
海に突き出していました。



IMG_9684
なるほど、ここが小さな入り江になっていてロングテールボートが
停泊してます。



IMG_9685
と言うことは、ここも漁師の村で船の発着拠点になってるのでしょう。




IMG_9686
この入り江には川が流れ込んできているようでした。
向こう側にはやたらと赤い屋根が目立ちます。




IMG_9679
向こう側はなかなかまともなビーチだな、、、と思いながら、
そういえばあの赤い建物はどこかで見たことあるな、と考えました。

そうかあそこが「ナパサイ」だ!するとあの丘の向こうからメナムビーチ
になるわけです。いまいちピンと来なかった位置関係が頭の中で整理
されてすっきりしました。



IMG_9680
防波堤の先端はごつごつした岩場で終了です。




IMG_9681
捕れるのは貝か魚か、、、たくましいです。



IMG_9683
沖の方からみるバンポービーチです。いつものようにビールを飲みたく
なったのですが、この辺には売ってないのであきらめました。
なので海水浴15分、散歩10分で場所移動となりました。



人気の無いビーチもたまには良いものです。


.27 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 サンセットバー&お知らせ

こんにちは。



IMG_1378
ここは北海岸のバンラック地区です。右に看板が見えますが、
ここが本日ご紹介するバーになります。



IMG_1372
この立派な門は「ビッグブッダ寺院」へと渡る小道の入り口にあります。
今回のお店はこの門のすぐ目の前にあるのです。



IMG_1374
「サンセットバー」と言うお店です。恐らくオーナーはヨーロッパ人
だろうな、と思わせる作りです。



IMG_1375
この人がオーナー?かどうかはわかりません。



IMG_1376
そしてこのお店からは海が見えます。が近いためにそれほど綺麗な
海ではありません。


ちなみにここから少し南に行くと、以前紹介した「カフェ・イン」があって、
市場も近いです。



IMG_1377
少し右手方向には仏陀像が見えますね。



IMG_1373
ビールを頼んだら、おつまみの豆が無料で付いてきました。お食事の
メニューもあったので食事も出来るみたいです。サンセットまでは
さすがに時間がありすぎるので、のんびりビール1本で退散しました。



IMG_1371
私の家の近くで、のんびり時間を潰せる場所を見つけた日でした。




さて、まったく話は変わるのですが、、、お知らせです。


サムイ島から撤退したリゾート「アウトリガーサムイ」ですが、この場所から
北に1分ほど、すぐ近くにあります。アウトリガーからのマネージメント終了
の正式発表があった時には、リゾートは昔の名称に戻る、という連絡だったの
ですが、その後すぐに別の名称にて営業を再開いたしました。



IMG_1506
新名称は「Deva Samui Resort & Spa」(デヴァサムイ)と言います。



IMG_1507
アウトリガーが終了してすぐにこのリゾート名になったので、もう数ヶ月
経っているのですが、お伝えしておりませんでしたね。


客室や施設は変わってないかと思います。
以上、お知らせでした。


.25 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 Wリトリートサムイへ行く

こんにちは。



Wリトリートサムイへ行ってきました。
いわずと知れたスターウッドグループのWホテルズブランドですね。
確かに、これまでの各地にあるWホテルを見ても「シティー」という
印象が強くあり、「ビーチリゾート」としてのイメージを植えつける
のには時間がかかるのかも知れません。

そのデザイン性や色使いが独特ですので、好みが分かれるのも
このリゾートですね。でも何度か訪れてますが、サービスも食事も
施設も満足でき素晴らしかった、とお伝えしたいです。



IMG_1118
ロビーエリアからの眺めがこのリゾートの第一印象ですね。既に
様々なメディアにこの風景が大きく使われています。



IMG_1117
あれ、あんなところに「W」の文字はあったかな?と昔の写真を
確認すると、やっぱり以前はありませんでした。



IMG_1119
136号室「トロピカルオアシス」のお部屋を見せていただきました。
最も部屋数が多く、四方を塀で囲まれた景色の無いお部屋タイプです。




IMG_1120
客室です。細長い形で、この私の立ち位置の後ろにバスルームエリア
があります。客室の詳しい情報は以前の記事からご覧ください。



IMG_1121
通常のお部屋のプライベートプールとしては、サムイ島1となる
長さ11mを誇るプールです。大きな特徴ですね。




IMG_1122
外のガーデンエリアから見る建物。写真の左側がバスルームエリア、
真ん中が通路、右側がリビング&ベッドルームになっています。




IMG_1123
お次はビーチを見学しました。右にボプットビーチ左にメナムビーチ、
という贅沢な位置にリゾートがあります。




IMG_1124
バーの「SIP」で、ここはソファーエリアで後ろにも続いています。
ソファーがあるエリアだけでもかなり広く、贅沢に敷地を使っています。




IMG_1127
ここが「SIP」のバーカウンターエリアです。天井がジャングルジム
見たいになってますね。ここでドリンクを頂いて終了となりました。



Wリトリートサムイのレストラン「NAMU」は正統派日本料理ではないそう
ですが、近代的な創作が施された日本食だそうです。一体どういう料理
なのか、一度食べてみたいものです。でも、アジア各都市にあるWホテル
ですが、日本にまだ無いのは何故なのでしょうか?



バンヤンツリーサムイより少し遅れてオープンしたWリトリートサムイは
11月で開業から2年を迎えます。


Wリトリートサムイのご予約はこちら!

このリゾートへ宿泊するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!

.24 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 クリスタルビーチで夏休み!

こんにちは。


いやー夏ですね!

日本もそろそろ、夏本番といったところでしょうか?ビアガーデンで
盛り上がっておりますでしょうか?基本1年中夏のサムイ島に住んでる
私よりも、日本に住んでる皆さんの方が、夏を感じるし、その嬉しさは
大きいのではないでしょうか。

さあ、サムイ島はベストシーズン真っ只中であります!週末はどこの
ビーチへ行こうかと悩んだあげく、久しぶりにここにしてみました!



IMG_1418
東海岸のチャウエンビーチとラマイビーチの間に位置する
トンタキアンビーチ、通称「クリスタルビーチ」です!!!!!



IMG_1419
思わずウヒョーと叫びたくなるほどの透明度と美しさです。




IMG_1422
天気が良くて絶好の海水浴日和です。
ここは以前にも来たクリスタルベイリゾートから見下ろした風景です。




IMG_1423
階段を下りてビーチを散歩です。白砂が眩しいほどに輝いてました。




IMG_1425
後ろを振り返って、あの建物がクリスタルベイリゾートです。




IMG_1427
ビーチの一番南端へとやってきました。こんな感じの岩場です。



IMG_1444
ここにこんな感じに階段があって、上ることができます。
早速上ってみました。



IMG_1431
高台から見る景色はこんな感じです。




IMG_1435
南の方が海底に石が多いのがわかりますね。



IMG_1437
沖の方を見て、、沖の方の岩場付近には魚もいそうです。



IMG_1445
さて、一通り景色を堪能したら、喉がカラカラです。何件かレストランが
あるので、どこにしようかとブラブラしました。




IMG_1446
適当にビーチ前の席が空いていたのでこのレストランに座りました。
恐らくトンタキアンリゾートというホテルのビーチレストランです。




IMG_1449
座った席からはこんな風景が楽しめます。




IMG_1451
あまりにも暑すぎて、大瓶を注文! グビグビプハーッ!!!
幸せすぎて、もう明日死んでもいいです。(それはウソです)




IMG_1454
海水浴前の腹ごしらえで食事も注文です。90バーツのBLTサンドイッチ
にして見ました。ふんまあこんなものでしょう。ベーコンが少しだけ
カリカリ過ぎですかね。



IMG_1455
腹ごしらえの後はもうジャブンと海に入って、ベタベタの体を癒して
やりました。

とは言っても、手前の浅瀬のエリアの海水は、もはやお湯です!!
でもお風呂に入っている感覚でのんびり出来ますよ。



IMG_1457
ヒンヤリした海水が肌に気持ち良いのは、向こうの歩いている人が
いる辺りです。



さすがサムイ島でも屈指の美しさを誇るクリスタルビーチ、私の期待
を今回も裏切りませんでした。皆さんも日本の夏休みからサムイ島の
夏休みへ!今年は2つの夏を楽しんでください!

.23 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 コーセン・レストラン

こんにちは。


この日は会社のみんなとお食事でした!



IMG_0382
ここはメナム地区に位置する「KOSEN RESTAURANT」と言うお店です。
実は初めて行ったのですが、知る人ぞ知る老舗の人気店だそうです。


IMG_0383
ボプット方面から西へ向かい、メナムの信号のある交差点の少し手前で
右へ(海側へ)曲がります。すると50メートルくらいのところ右手側
にあるのです。すこしわかりづらいですが行く価値はあります。



IMG_0384
タイ人スタッフいわく、中国から移民してきた中華系タイ人の家系で、
かなり昔からお店はあるそうです。古くからタイ人の人たちにも愛され
てきてるようです。



IMG_0388
有名人なんかもたくさん来たことがあるらしく、、いろいろ飾ってます。



IMG_0387
テレビの周りにも、雑誌や新聞で取材された時の記事がいっぱいありました。
どれほどおいしいのだろう、とわくわくします。



IMG_0385
いったい誰の趣味なのか??人形がびっしり詰まった棚です。
ドラエモンもありました。



IMG_0389
お店の方はいたって普通の食堂の雰囲気です。他の観光客に人気
のシーフードレストランなどよりは小さく、海沿いでもないので、
屋外席もありません。



IMG_0401
さあ、お食事の始まりです。注文はタイ人にお任せです。
まずは鶏の炒めもの、バジルと胡椒と唐辛子でピリ辛です!うまし!



IMG_0399
魚のから揚げ。なんという魚だったのか忘れましたが絶品でした。



IMG_0397
「ゲーンソム」は南部のタイ人には欠かせないすっぱ辛いカレースープ
ですね。こちら旅行者でもないので辛さは容赦なかったです、、



IMG_0398
これは生エビ「クンチェーナンプラー」私が大好きなものです。
やっぱりお店によって盛り付けがいろいろありますね。

ここのはおろしにんにくと、刻みにんにくと、刻み唐辛子が
初めからエビの上に乗っているのです。持ち上げてそのまま
パクリといけるんです!


IMG_0396
今度はエビの炒め物です。これもうまし!なんだかわからない調味料
が絶妙です。



IMG_0400
これはシーフードスープ。いやあ汁好きにはたまらない一品です。
魚、エビ、イカ、のダシが出たさっぱりスープはいくらでも飲めます。



IMG_0394
こちら、実はタイに来てはじめて食べました「ヌアプー」と言うらしいの
ですが、用は蟹の剥き身です。

蟹の身だけが出てくると言うのは雰囲気的には蟹の気分が少ないですが、
食べてみると、こんなに楽で食べ易いのか!と感動しました!蟹の身だけ
を口いっぱいに頬張ることなんて、普通は無いですからね。



大満足のシーフード&タイ料理で御座いました。ここは是非皆さんにもお勧め
したいです。店員さんはここの娘さん?14,5歳かと思いますが、そのサービス
は素晴らしいものでした。ビールを2口飲んだら注ぎに来てくれます。氷もすぐ
に追加してくれるし、会計後の笑顔の見送りまで、本当に気持ちよく過ごせ
ました。



.20 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 トンサイベイで視察と食事

こんにちは。


ザ・トンサイベイへ行ってきました!日本人に大人気の老舗高級リゾート
ですね。もう何度目の視察かわかりませんが、初めて見せていただいた
特別なお部屋も御座いました。

ところで、前の日本人スタッフ粕谷さんの後を引き継いだ日本人男性の
スタッフは、この視察の数日後に退職したそうです。次に着任する日本人が
もう決定しているそうです。


IMG_1070
このロビーエリアももう見慣れたものです。



IMG_1073
さて、これはどこからの景色でしょうか?天気が良くて綺麗に撮れました。
コレだけでわかったあなたはトンサイ通です。
正解は、、、、、、、


IMG_1076
「ビーチフロントスイート」の2階のお部屋、でした!
1階と2、3階のお部屋の違いは以前のブログを参照ください。



IMG_1077
ビーチフロントスイートは「コテージスイート」と似て細長い造りですが、
ベッドルームとリビングスペースの間に段差が無いのが特徴です。



IMG_1079
今度はこちら、「コテージスイート」のテラスからの風景です。



IMG_1080
うんこれも素晴らしい景色です!!



IMG_1081
向こう側のチョンモンビーチが一望できるのです!



IMG_1082
少し後ろに下がって、、先ほどと同じくアウトドアバスタブです。
コテージのお部屋は全室バスタブがここにあります。


コテージスイートの室内の様子は以前の記事を参照ください。
海から最前列にある12室は「シーフロントコテージ」というタイプとなります。
違いはもちろん景色で、海は近くに大きく見えます。


IMG_1088
1室しかない特別なお部屋を見せていただきました。
ここは「ザ・ビューポイント・ファミリーコテージ」といって、2つのコテージ
を合わせたような2ベッドルームのお部屋です。テラスからも行き来が出来ます。



IMG_1089
これが奥のお部屋です。こちらはツインベッドです。



IMG_1091
手前のお部屋はこんな感じです。こちらはダブルベッドになっています。




IMG_1085
これが部屋からの眺めです。綺麗でしたよ。




IMG_1093
次のお部屋は「ザ・ハイダウェイコテージ」と言うこれまた1室の特別な
お部屋です。名前の由来はこの1室だけ離れてポツンと建っているのです。
レセプションからは最も遠いお部屋です。
ここはバスタブが円形で、テラスも広いです。



IMG_1094
海のすぐ前に建っていて抜群の景色が拝めるのもこのお部屋の特徴です。




IMG_1098
室内も通常のコテージより広かったです。


さて最後に、リゾートの最上級のお部屋にして創業者の名前を付け、その彼が
最も愛したお部屋である「アコーンビラ」を見せていただきました。もちろん
これも1部屋しかありません。



IMG_1109
入るとすぐに目に入るのは、大きなL字型プールです。このプールは昔なかった
のですが、後から付きました。



IMG_1101
景色も素晴らしかったです。アコーン氏が愛した理由がわかります。



IMG_1102
すごいの一言です。



IMG_1108
端っこにサラだって付いてます。



IMG_1105
「アコーンビラ」の特徴は、このアウトドアテラスの隣に、、、、



IMG_1107
こんな感じにもう一つのベッドルームがあることです。つまりは2ベッドルーム
ですね。


IMG_1104
ここはツインベッドですね。
階段を上ったところのお部屋は他のビラとほとんど変わりません。


以上、こんな感じの視察となりました。他にも「マクギガンコテージ」という
特別な部屋も空いてたらしいのですが、もう時間切れでした。昔に一度
ナンゴンビラ」というお部屋も紹介しましたが、このような1室しかない
特別なお部屋は予約はかなり困難だとお考えください。


IMG_1111
視察後にお食事を頂いて、、、、これは前菜で海老のシーザーサラダでした。



IMG_1112
そして自分で選んだフィッシュアンドチップスです。私は油物をあまり
食べないので、たまには油を摂らないと、と意気込んでみました。


IMG_1115
あっつあつのフワッフワで美味しかったのですが、さすがに添えられた
ポテトの量が私には多かったです。



以上、ザ・トンサイベイでした!



ザ・トンサイベイのご予約はこちら!

このリゾートに宿泊するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!
.18 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 チョンモンビーチで昼飯

こんにちは。


サムイ島東海岸の「チョンモンビーチ」へと行って来ました。
このビーチは以前から何度も紹介していますね。私の家からも
近くて行きやすいビーチです。



IMG_1231
ここは「インペリアル・ボートハウス」の隣にある砂利道を入っていって
200mほど進んだところです。「チョンモンバンガロー」と言う安宿に
なっています。向こう側に既に海が見えます。



IMG_1213
ここを入っていくと、ビーチ前にはテーブルがあって、この安宿についている
屋外のレストランになっているのです。



IMG_1209
バーカウンターもあって、お食事休憩するにはいい所です。



IMG_1204
席から眺める海です。
丁度引き潮だったらしく、かなり地面が出ておりました。




IMG_1205
このレストランがあるのがチョンモンビーチの南端近くです。
この辺は小さな岩が多いです。



IMG_1207
天気が良いのに海水浴をしている人が少なかったです。



IMG_1211
このレストラン、大好きなタイガービールも置いてました。キンキンに
冷えていても氷は欠かせません。氷がないと3分でぬるくなってしま
いますからね。


IMG_1219
この日のお昼ご飯はここで食べました。
こんな感じです。



IMG_1215
カオパットガイ、鶏肉入りチャーハンは60バーツだったと思います。
米のパラパラ加減が丁度良いです!


IMG_1216
ラーブムー、豚挽き肉のすっぱ辛いサラダは80バーツだったと思います。
なかなかのボリュームでした。レストランは洋食系もなんでもありました。




IMG_1220
飯とビールを堪能したら、帰る前に少し散歩です。



IMG_1221
引き潮になっているとそれほど綺麗な海には見えないんですね。
初めて知りました。



IMG_1224
海から岸の方を見て。リゾートやレストランが並びます。



IMG_1223
それでも海水自体は十分綺麗でした。



IMG_1226
天気も良く暑い一日です。



IMG_1230
潮が引いているので結構な遠浅のようです。歩いて沖の方までいけます。



以前に行った時の満ち潮で天気が良かった時の写真もご覧ください。
同じビーチでも、その時の状態によって見え方がまったく違いますね。
皆さんも海水浴の合い間に、ビールとご飯でお腹を満たしてください!


.17 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 フアタノン地区を散策

こんにちは。


快晴が続くサムイ島です。昨日、今日も雲がほとんど無いお天気です。

というわけで、週末はフアタノン地区を当ても無く散策してきました。
「フアタノン」と言うところはラマイビーチよりも更に南にあるエリア
で、リゾートホテルなどはあまり無い地区です。


IMG_5849
北から南下して、ラマイビーチを越えて更に進んでいくと、ほぼ直角に
右に曲がるカーブがあります。角にはセブンイレブンがあって、ビーチは
無いのですが海が見えます。



IMG_5839
セブンイレブンの駐車場から見る海。



IMG_5841
よくわからない建物があります。



IMG_5842
ビーチが無いので海は綺麗ではありません。



IMG_5845
子供たちがカップラーメンを食べていました。



IMG_5840
笑顔がきまりました。



IMG_5843
ものすごい青空です!
橋が向こうまでつながっているようでした。


そして、この角にあるセブンイレブンから、カーブを曲がらずに直進すると
フアタノンの市場」があります。更に直進を続けると「漁村」があるわけです。



IMG_5861
この日も漁村のある方面に向かって進みます。



IMG_5851
昔は何も無かったと思うのですが、道の両脇に出店がありました。



IMG_5856
一体これはなんでしょう。ちょっとしたお祭りでしょうか。それにしても
人はほとんどいませんけどね。



IMG_5855
1軒のお店の中に人の群れを見つけたので見てみることに。



IMG_5854
子供たちが集まっていました。向こうには大人たちもいましたが、
何をしているのか結局わからずです。



IMG_5853
この辺の村人はイスラム教徒です。すると大変なのは女性です。
宗教とはいえ、この暑い中で布を被って過ごすのは大変だろうと思います。




ここは旅行者の方には馴染みがない場所ですね。


.16 2012 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。