スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 晴れの日のビーチです。

こんにちは。


先週から天気が良くなっているサムイ島、と、思ったら今日は昼過ぎ
から雨、と7月にしては不安定な天気です。
雲ひとつ無いジリジリと焼け付くような天気をしばらく見てないなあ
と毎日つぶやいています。


DSC01051
久しぶりに晴れた先週末、ビーチへと出かけました。



DSC01055
ここはサムイ島北西部のトンソンベイ。何度か紹介していますが、
メラティービーチリゾートがあるビーチですね。



DSC01046
雲はあるものの、やはり晴れると気持ちいいです!!



DSC01048
海も十分に綺麗です!



DSC01049
右端の方です。



DSC01052
岩場ですが、砂地の方から周りこんでシュノーケルをすれば魚が見れそうです。



DSC01053
大きな岩の上に載って眺めてみました。



DSC01054
泳ぎたかったけど、今日は見に来ただけなのでパスします。



DSC01088
続いてチャウエンビーチに行ってみました。


そういえば昔、ビールが1本50バーツという破格のパッピーアワーをしていた、
チャララレストランはどうなったのでしょうか?
気になったので行ってみました。



DSC01067
ビーチ上の看板を確かめると、チャンビールだけやっていました!
以前はタイガーとシンハーもやってたのに、1種類だけになってしまいました。
チャンビールもいいのですが、もともと安いのでお得感がないですよね。



DSC01059
とはいいつつも、腰を下ろして休憩タイム!



DSC01061
50バーツのチャンビール!私がチャンビールを飲んだのは1年ぶりくらいですが、
結局、喉が渇いていればなんでも美味しい!というのが結論です。



DSC01063
ついでに飯も頼んじゃいました。



DSC01064
鶏肉のしょうが焼き、ご飯付きで100バーツです。
タイでは生姜を摩り下ろす文化がないんですかね。いつも細斬りで出てきます。
しかしボリューム満点で味もなかなかイケます!



DSC01066
海を眺めながらしばらくボーっとしました。




DSC01068
会計を済ませて、食後の散歩に出かけました。
ここはチャウエンビーチの北のほうで、北に歩いて行くとすぐに「カンダブリ
があります。

なので、あの遠浅の綺麗なエリアもすぐそこにあります。



DSC01069
沖を見渡すと、、、やっぱり人がたくさんいますねえ。



DSC01070
この辺はやっぱり綺麗です!



DSC01071
丁度満潮時だったようで、水かさは多かったです。



DSC01082
あちらは以前紹介した、ビーチに突き出した「マトランリゾート」の
ビーチフロントレストランです。

海水がかなりビーチを覆ってますね。やはり水が少ない干潮時の方が、
海は綺麗に見えると思います。


干潮時の様子はこちらから
まあ、満潮でもかなり沖のほうまで歩いていけるので楽しめると思います。



DSC01072
焼きトウモロコシ屋さん。


では、その他の写真をいくつかどうぞ!



DSC01073



DSC01074



DSC01076



DSC01079



DSC01080



DSC01083



DSC01085




雲一つ無い天気だと、これらの写真より100倍綺麗ですよ!
そちらも近々お届けできればと思ってます。




スポンサーサイト
.31 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 どっぷりと島内観光

こんにちは。


先日タイが4連休となった時、バンコクから友人がサムイ島にやってきました。
彼は別の人と来ていて、会える時間があまりないと言う事だったのですが、
1日だけその輪から抜け出すので遊びに行こうと言います。

せっかくなので、1日の時間をフルに使って、島内観光へと連れ出しました。


DSC00979
まずは10:00頃、ビッグブッダ寺院からスタートです。
そう、この日は曇り空で、ポツポツ雨も降っていました。



DSC00970
下から仏陀様を見上げて。



DSC00976
鼻の穴はなかったけど、まじまじと眺めてみます。
あの巻き巻きの髪は1つで10キロくらいありそうですね。



DSC00975
タイ人の真似をして、鐘をゴーンゴーンと鳴らして歩きました。
タイ人も連休とあってたくさん来ていましたよ。



DSC00978
階段を降りてお土産屋をブラブラして次の場所に移動します。
まあバンコクの素晴らしいお寺に比べればたいしたことはないでしょうが、
サムイ島もまともな観光地あるんじゃん!とは友達からの一言です。



DSC00983
続いて行ったのは、ビッグブッダ寺院から3分もかからないでつく、
プライレム寺院です。割腹の良い大黒さんを見ると幸せが訪れそうです。



DSC00980
このお寺、すごい猫だらけ!!
みんな気持ちよさそうにごろごろして、ああ猫になりたいわあという気分です。



DSC00985
お寺、という意味での建物としては、実はビッグブッダ寺院より素晴らしい
ものがあります。



DSC00989
中へ入って壁の絵を見渡して、黄金仏さんにお参りして、写真をとっていると、、、



DSC00990
タイ人のおばちゃん軍団がなだれ込んできました!全員お揃いのピンクのシャツ
を着ているので、ツアー客と思われます。
タイ人のお祈り、お参りという行為は日本人のそれを遥かにしのぐほど熱心です。

とくに年配の女性は15分くらい手を合わせてますね。


DSC00987
千手観音様は塗装しているのか、、、
檻に囲まれ14本の手でもがいている感じがして、これはこれで面白いです。


しかし、プライレム寺院も観光地として人気が出てきたんですね。昔はほとんど
人はいなかったのに、今ではヨーロッパ人を乗せたツアーバスもガンガン来ます。


DSC00993
その後はまた移動し、チョンモンビーチでしばし休憩、、、
涼しいのはいいのですが、やはり晴れていないと画になりません、、、


DSC00997
すぐに移動を開始し、カオ・フア・ジュック寺院へ。
ここはいまだに観光客もほとんど来ないお寺です。しかしチャウエンエリア
やサムイ空港、ビッグブッダビーチ付近まで見渡せる穴場です。



DSC00999
中を一通り友人にみせ、、



DSC01001
一番上まで上って写真を撮り、、、



DSC01004
曇り空を恨みながら絶景を堪能します。



DSC01009
そしてお昼になったので、昼食を食べに行きました。
お昼ご飯はタイ料理が全く問題ない彼の希望でタムセーッブへ。


DSC01011
蟹のソムタム、ソムタムプーです。これ激ウマで御座います。
しかし激辛でもあります。ヒーヒー言いながら食べます。



DSC01013
豚首肉のスパイシーソースサラダ、ナムトック・コームーヤーンと言います。
これも激辛で御座います。



DSC01015
この蟹ダシの利いたソムタムの汁が一番大事です。白ご飯にかけるか、こうやって
もち米につけて食べます。皆さんもタイ人の真似をしてタイ料理を楽しみましょう。

まだお昼だというのにご飯を食べたら疲れが出て来ました、、眠いですが観光は
まだまだ続きます。



DSC01016
次はビューポイントへ行って、上から海を眺めました。



DSC01017
体力があったら下まで降りていくのですが、友人も行きたくなさそうだったので、
しばし休憩してまた出発です。



DSC01019
続いてはラマイビーチのヒンター・ヒンヤイへ行きました。
入り口には立派とは言えないかもしれないけど、門が完成。



DSC01021
相変わらず人多し!!
やっぱり一番人気の観光地ですね。
みんなおじいさん岩をみてニコニコしています。
友人もサムイ島もなかなかやるねえ!とゲラゲラ笑ってました。


DSC01022
白人さんを圧倒的に凌ぐタイ人の数です。。
だってここはタイだろうって?いやいやヨーロッパ人の観光客で埋め尽くされた
この島で、これだけタイ人が集中しているのは本当にマレですよ。



DSC01025
当然ビューポイントに上って、、、
穏やかなラマイビーチです。



DSC01026
曇りでも泳いでいる人がそこそこいます。
雨が降っていないだけまだましか、、、



DSC01027
ヒンター・ヒンヤイを後にして今度はワット・クナラムへと行きました。
友人にミイラを見せて、このお寺は小さいのですぐに出発です。



DSC01028
今度はソー岬にある黄金のパゴダへ行きました。
ここはメイン道路から大きく外れるので、時間もかかるし面倒なのですが、
友人との会話でノリで行ってしまいました。



DSC01029
岩場の海を眺めてあっという間に移動です。
本当はすぐそばに絶景のお寺カオ・チェディがあるのですが、さすがに体力の限界
が近づいてきたのでパスする事にしました。



DSC01030
夕方、ソー岬から西海岸を北上し、ナトンタウンへ。
小さな街をブラブラしましたが、祝日で閉まってる店が多く、港のそばで
やってる屋台街へ来ました。



DSC01031
定番の焼きイカを買います。



DSC01033
港でベンチに座ってイカをパクつきました。


こうしてほぼ1日使った観光は終了です。久々にアクティブに動いて、私も
友人もぐったりでした。


DSC01039
最後は北周りで夕食を食べに行きます。
夕食もまたイサーン料理屋さんで、ここはサムイで一番有名なクロックマーイ
です。

竹で作られたミニ小屋みたいなプライベート席がいい雰囲気です。
でも19:00を過ぎるともう満席で、外で待ってる人がたくさん居ます。



DSC01037
最後は友人が好きなビアリオで乾杯!!
酒のおつまみとして大好きな、アヒルのクチバシは売り切れといわれ、、
少しテンションが下がりましたが、気を取り直して食事へ。



DSC01041
インゲン豆のソムタム風サラダ。



DSC01042
竹の子のスープを頼んで見ましたがこれは美味しかったです!

その他、鶏のから揚げやシーフードのサラダ。豚焼きなどをたらふく食べても
二人で400バーツほど、やっぱりここは安くていいですね。



というわけで、この日は島をぐるーっと1周したわけです。観光地でないところも
止まったりして、のんびり休憩なんかしていたので、だらだらと観光したのが
余計に疲れたのかもしれません。友人も疲れたけど楽しかったと言ってくれました。
友人をホテルに送り届け、家に帰ってバタンと横になってぐっすり寝ました。



.29 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 ヴァナベルに行ってきました。

こんにちは。


以前に紹介した新しい高級リゾート「ヴァナベル」に、また行ってきました。
今回は日本からお越しのレンさんを連れての視察で御座います。

以前に詳しい内容を投稿しておりますので、ここでは逢えて詳しく
は記載しません。是非以前の投稿もご参照ください。


IMG_5348
曇りの日で残念です。



IMG_5351
ロビーから階段をおりて、、、



IMG_5355
丁度朝食中のレストランを見せて頂きました。



IMG_5353
驚いたのは生牡蠣があること!皆さん朝っぱらから生牡蠣食べたいですか?
はい、私は食べたいです!隣にはシャンパンもありました。



IMG_5354
朝食ブッフェラインの一部。
どれもこれも美味しそうでした。



IMG_5359
続いてスパを見学します。
スパは他の建物から独立した別の場所にあります。



IMG_5358
2度目の見学ですが相変わらず素晴らしいです。



IMG_5360
フィットネスジムを見て、、



IMG_5363
客室の見学となりました。
ここは前回も見せていただいたのと同じお部屋タイプで、
「デラックス・プールスイート」です。バスタブはここにあることは
予め知っておいた方が良いでしょう。



IMG_5362
サイズは普通ですね。


IMG_5365
外の景色はパーシャルシービューですが、木が被っていることを除けば
結構海が見えるほうだと思います。


最も安い「クラシック・プールスイート」はかろうじて海が見える場合が
ありますが、基本ガーデンビューとなります。



IMG_5368
ベッド脇のI-PODステーション。


IMG_5370
続いては「トロピカル・プールビラ」です。これも前回みました。



IMG_5371
このお部屋はビーチから数えて最前列のお部屋でした。
見下ろすとプールがあります。




IMG_5373
客室正面から。



IMG_5369
アメニティーは歯ブラシあり。
カミソリとシェービングクリームがあるのは男性にも嬉しい事です。



IMG_5377
最後はプールを眺め、、



IMG_5376
ビーチを眺めました。



IMG_5374
かすかに青空が出ました。




間を置かずに2回目の視察という事と、天気がイマイチで、個人的にはあまり
感動がしなかったのですが、リゾートホテルとしてはやはり高級感が溢れてます。
今シーズンはまだ続きますので、今年は是非ヴァナベルいかがでしょうか?


.26 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 フィッシャーマンズビレッジの今

こんにちは。


不思議と天気が悪い日が続いているサムイ島です。
早くスカっとはれた青空が見たいです!!

先週、本当に久しぶりにフィッシャーマンズビレッジの歩行者天国
に行ってきました。


DSC00948
大混雑を恐れ、少し早めに行ったつもりでしたが、、、
空いていたと思ったのは端っこだけ。



DSC00946
10mも歩くと大混雑です。相変わらずの人気ぶりですね。
最も日本の夜祭りの雰囲気に最も近く、サムイ島では今一番楽しめる
ナイトスポットです。金曜夜の週一日だけというのが惜しいですね。



DSC00947
綿飴屋さんなんか見ると、ますます日本の夏祭りを思い出します。
もっと玉をもこもこと大きく作ったほうが目立つのに、、と思うのですが。



DSC00949
縄で作ったアート作品。写真では見えないですが象さんもあります。
他の動物はさておいても、象さんはお土産にいいと思います。



DSC00950
サムイ特産の定番品はココナッツアイスクリームですね。
久しぶりに食べてみる事にしました。



DSC00951
椰子の殻付きは40バーツと結構良い値段でしたが、その分ボリュームも半端無い
です!しかも甘さ控えめという言葉を知らないタイ人がつくるアイスは、
当然激甘で、半分も食べれませんでした。



DSC00956
少し歩くと焼きそば屋台を発見しました。



DSC00953
そういえばここに日本食レストランが出来ると聞いていました。
その人たちが店の前で作っているようです。日本人のかたもいました。



DSC00954
半熟目玉焼きがついて60バーツ!久しぶりの日本の味にあっという間に
完食です!



DSC00957
焼きそばはヨーロッパ人達にそこそこ人気のようで、皆買って店先に座って
食べていました。
日本食レストランも間もなくオープンするのでしょうか。頑張ってほしいです。



DSC00952
夕食第2弾を求めて、再度散策を開始します。



DSC00958
あった!焼きイカ!私これが大好きです。



DSC00959
足の部分も美味しいけど、胴体の子持ち部分が美味しいんですよねえ。

3本も買ってパクつきながら歩きます。この通りでは食べ物や飲み物は
基本的に歩きながら食べるか、人通りの少ない所に移動して立ち食い
するのが基本です。



DSC00960
通りの中心地までくると、もう人、人、人。
肩を触れ合いながら歩く事になります。



DSC00961
中央の桟橋前の広場で子供のフラフープショー。



DSC00965
酔っ払い白人さんの一人リサイタルショー。



DSC00962
あまりにも人が多くて疲れてきましたので少し影で休憩です。



DSC00963
少し歩くと、切り絵パフォーマンスの白人のおじさんがいました。
この光景は良く覚えています。
切り絵の出来より、おじさんが体を揺らしながら切るのが面白いです。



DSC00964
ずーーっと西の方へ進んで、もうそろそろ終点かな、とおもっていたら、
左に曲がる通りにも露店が並んでいます。あれ、こんなところにもお店
あったかな、、という驚きと共に入っていきましたが、、

どこまで続くかわからないので、疲れて引き返しました。



DSC00967
入ってきた最初の入り口まで戻って、ここの屋台バーには椅子とテーブルが
ありましたので、ここでまた休憩します。モヒート60バーツを飲みながら、、

この歩行者天国に出店する路上バーはカクテル1杯50バーツ~と破格です!



DSC00966
モヒートを飲みながら聞き入るのは、中学生と思われる子達の募金活動の
生バンドの歌です。


ボプットビーチ、フィッシャーマンズビレッジの歩行者天国はやはり活気が
ありますね!かなりのタイ人も訪れますので、様々なものがタイ人価格で
安心して買えるので、チャウエンビーチの繁華街でお土産を探すよりも、
ここで探した方がいいかもしれません。


ここへ徒歩で遊びに来れるリゾートはごくわずかしかありません。以前にも
紹介している、アナンタラボプット、とハンサーサムイは徒歩で1分もかからず、
行く事が出来ますがアナンタラボプットは残念ながら今シーズンは改装中で
宿泊出来ません。やっぱり金曜日と重なるようにハンサーサムイを狙うのが
お勧め、その他のリゾートの方はタクシーで行っちゃいましょう!



.24 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 またまたシラヴァディーへ

こんにちは。


日本からレンさんが来たので、一緒にホテル視察へ行って来ました。
というわけでまずは「シラヴァディー」へ。


IMG_5409
先日お伝えした、新しいプールビラとその他施設の工事状況を見に行った
のですが、残念ながら満室とのことでした。というかまだ10部屋しかオープンして
ないのですが、、


そういう事情でまずは昔からあるこちらのお部屋を見せて頂きました!


IMG_5384
「オーシャンフロント・プールビラスイート」!!
このリゾートの最上級のお部屋で、4部屋しかないため見れるチャンスはかなり
少ないです。私も見たのは2回目ですが、このブログでは初めて紹介します。



IMG_5382
プライベートプールと海の一体感!
オーシャンフロントで、前を遮る物が何もないからこそ、なせる業です。



IMG_5383
大きなプールは泳ぎ応えがありますよね。曇っていたのが残念です。



IMG_5393
プールは曲線が美しいひょうたん型です。



IMG_5385
ではベッドルームへ。
ベッドルーム自体は他のプールビラと同じ広さ、設備となります。
しかし前方の壁は全てガラス張りで、ベッドルームからの景色も格別です。
このタイプのお部屋、4部屋は当然海から最前列に位置しています。



IMG_5386
天蓋が結構な高さから吊るされています。




IMG_5387
ベッドの横にはワインセラーです。



IMG_5389
バスルーム。写真は下手ですが広々として落ち着きのあるバスルームです。



IMG_5390
洗面所。




IMG_5391
シャワー。



IMG_5396
さて、他のプールビラとの大きな違いは、ベッドルームの他にもう一つのビラ
があり、そちらがリビングルームになっていることです。

2枚目の写真に写っている、プールの隣がこの建物です。ですのでベッドルーム
からの移動は一度外へ出て、プールデッキを通ってリビングに移動する形です。



IMG_5397
ここも木の温もりを感じさせるシンプルな家具がそろっています。
冷蔵庫もあり、奥にはシャワーとトイレもあります。



IMG_5395
そして素晴らしい景色はもちろんここからも!



IMG_5398
テレビあり、デイベッドありと贅沢な休日を過ごせる事間違い無しです。
ご家族での滞在はこのリビングルームも2番目のベッドルームとして利用
されます。


相変わらず素晴らしいお部屋ですが、リゾート全体的に屋外の木で出来た
部分は、だいぶ色があせてきた感があります。屋内は雨風にさらされないので
それほどでもないですが、屋外はそろそろメンテナンスの時期かもしれません。



IMG_5405
さて今度は以前にも紹介した南側の新規増築エリアへ。
メインプールは以前は水が張ってなかったのですが、完成いたしました!



IMG_5400
浅い部分にチェアーをセッティングして良い感じでビールを飲みながら
くつろげそうです!



IMG_5402
この岩場に突き出したデッキエリアはプライベートディナーやウェディング
などのイベントに利用される予定です。



IMG_5403
巨大な岩は取り除けないので、そのまま残した造りなので、所々でボコボコ
顔を出していて面白いです。



IMG_5407
デッキエリアからの景色も最高!
天気が良ければ更にすんばらしい景色だと思うと悔やまれます。
前回お伝えしたとおり、遊泳は元のエリアから続くプライベートビーチ
の方でお楽しみ頂けます。



IMG_5404
丁度、振り返ると前回見せていただいたお部屋が見えました。
そのときの写真を見ていただくとお分かりですが、新しいプールビラは
外側の壁に木を使っておりません、グレーっぽい色のセメント造りになります。
もしかしたら数年後のメンテナンスを意識したのでしょうか。
屋外部分だと、木はプールデッキの部分で使われています。



IMG_5408
新しいレストランとその屋上のルーフトップバーは工事が遅れているようで
まだ完成しておりませんでした。

この様子だとオープンは8月にずれ込みそうですね。



というわけでシラヴァディーの新しいエリアの完成が楽しみです。
.19 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 イタリアンレストラン「Baci」

こんにちは。


7月だというのに今週はパっとしない天気が続いております。
曇っていて涼しいし、今日は昼から風が吹き出し、雨も降りました。

先日、チャウエンビーチの人気イタリアン「Baci」へ行ってきました。
サムイ島でイタリアンと言えば多数ありますが、有名なのは「Prego
ですよね。そこに負けないくらい毎晩大盛況なのが、ここ「Baci」です。

とは言いつつも食べた事が無かったので、先日初めて行って来ました。


DSC00944
場所はチャウエンビーチの中央ほど、チャバサムイホテルから南に歩いて
1分ほどの距離です。目立つ洒落た店構えなのですぐに見つかるでしょう。



DSC00945
入り口にピザ釜も構えているので、ピザ作りを見学する事も出来ます。



DSC00937
19時過ぎにいったらヨーロッパ人観光客で溢れかえっておりました。
やっぱりすごい人気なのですね。2人で行った所、丁度テーブルが空いており、
待たずに入る事が出来ましたが、ハイシーズンはもっと混みそうです。



DSC00938
ここはカウンターバーもあるんですね。




DSC00936
まずは駆けつけタイガーの大瓶で乾杯!!!



DSC00939
まずはムール貝とハマグリの白ワインソース!!貝がふっくら!
うーーん、貝のダシが利いた汁がたまりません!イタリア版の貝の酒蒸し、
といった感じです。



DSC00941
お次はイカとエビのフライ!
特製らしきタルタルソースとの相性がバッチリです。
もちろんビールとの相性もバッチリ!衣が薄く、かなりさっぱり頂けます。



DSC00940
こちらはビーフのカルパッチョ。
なんだかわからないけど肉に美味しい味が付いています。




DSC00942
しめに頼んだのはスモークサーモンのピザ!



DSC00943
やっぱりスモークサーモンに間違いはないですね。とても美味しかったです。
白いチーズはどうやらモッツアレラチーズだったみたいです。



流行っているだけあって、やっぱり味は確かな物でした。料金ですが、チャウエンの
ビーチ通りという絶好の位置ですのでやはりそこそこ高めです。前菜は200~300バーツ
。ピザ、パスタ類も300バーツ前後、ステーキなどは400~700バーツ位。まあ「Prego」
と似たような料金体系です。この日のお会計は、ビールの大瓶3本も入れて、
2人で1400バーツ程でした。

ちなみにクレジットカードでの精算は5%チャージだそうですので、現金を用意して
行く事をお勧めいたします。



チャウエンビーチでイタリアンは「Baci」をお勧め致します。


.18 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 ほんわか気分のメナムビーチ

こんにちは。


週末、メナムビーチへと行ってきました。
サムイ島内ではマイナーなビーチでありながら、安宿、安バンガローが多く、
素朴なレストラン、バーもある、北海岸の静かなビーチです。



DSC00911
小さな交差点の信号を左に曲がって突き当たり。
この日は快晴となりました。



DSC00907
道路の突き当たりにはビーチを見渡せる小さな櫓のようなものがあり、
そこからいつも眺めます。



DSC00908
メナムビーチも距離にしてかなり長いけど、チャウエンビーチと違って
人がほとんどいないのが特徴です。



DSC00909
海の透明度はまあたいしたことはありませんが、遠浅ではないので大海原
を感じる事が出来ます。



DSC00910
薄い雲があって、気温は高いですがほんわかした気分になりました。



DSC00916
さて、ビーチへ降りて散歩します。
先ほど眺めていたのはあの建物です。誰でも自由に入れます。



DSC00912
相変わらず人が少ないです。



DSC00913
そして波も穏やかです。
ベストの状態のビーチはこれよりもう少しだけ透明度が良くなります。



DSC00915
右手方向にはほぼ誰もいませんでした。



DSC00917
これはえーーと。なんというんでしたっけ。
手で操作して凧を操る遊び。言ってみれば、カッコイイ凧あげですね。



DSC00919
少し歩くと海で遊んでいる人もちらほらいます。



DSC00921
静かに海を満喫したいのならメナムビーチがお勧めです。



DSC00925
散歩しながら休憩場所を探しました。
入ってみたのはこちらです。



DSC00923
名前は知りませんが、どこかの安宿のレストランのようです。
日傘と木々に囲まれ、日差しを凌げたので涼しく過ごせました。



DSC00924
もちろんオーシャンビューの席をガッチリ確保です!



DSC00927
調子に乗ってこの日はシンハービールを大瓶で!グラス1杯目は当然秒殺!!
シュワシュワの炭酸がハラワタに染み渡ります。



DSC00929
ビールのおつまみはスパイシービーフサラダの「ヤムヌア」で。
辛いの大丈夫?と聞かれ、もちろんと答えると、青唐辛子も赤唐辛子も
容赦なく入れてくれました。 おかげでビールが進む進む!


DSC00932
2時間のんびり休憩し、うとうとしてきたので、また散歩しながら退散しました。



メナムビーチのビーチ沿いのエリアは、昔からそこに住む地主が土地を他人に
売ることなく、自分たちで安宿やレストランなどの堅実な商売をしている人が
多いように思います。だからこそ素朴な雰囲気が保たれているのですね。

サムイ島では賑やかなエリアは既にあるので、メナムビーチまで賑やかになる
必要はないでしょう。このまま島の醍醐味であるゆる~い感じを何10年も先
までずっと残してほしいです。




.15 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 タンゴ・ラックスのご紹介 その2

こんにちは。


前回に引き続き「タンゴ・ラックス」の情報をお伝えしていきます。

その1ではジュニアスイートプールビラをご紹介致しましたが、本日は
その一つ上のお部屋タイプ「サラプールビラ」をご紹介いたします。


IMG_5317
「サラプールビラ」の特徴は入り口の屋外エリアが広々としたリビングスペース
になっていることです。門をくぐってすぐとなります。

屋根はありますが壁はなく、木製の床にソファーとテーブルが置かれています。


IMG_5335
そしてこのスペースの角にプライベートプールが付いています。



IMG_5336
プールの大きさはジュニアスイートと変わらず、そしてジャグジー付きです。



IMG_5316
プールサイドに椅子2セットです。



IMG_5319
ではベッドルームを見ていきましょう。
ベッドもジュニアスイートと変わらず、違いと言えば足元に白いソファーが
設置されている事です。




IMG_5333
左手を見るとバスルームへと続いています。
このソファー、ムキムキの人の腹筋みたいで面白いです!



IMG_5320
右を見ると別のソファーもあります。



IMG_5332
テレビは角に。この辺も同じですね。
草木と塀で囲まれていてプライベートが完全に保たれているので、
昼間はカーテンを閉める必要も無いでしょう。


IMG_5322
大きいテレビは壁についています。



IMG_5321
テレビとは反対側の壁にアンティークな鏡台が付きます。



IMG_5324
バスルームへくると、ジュニアスイートのお部屋とは大きく変わります。
エリアは広くなりましたが、バスタブは少し小さくなりました。



IMG_5327
洗面台も変わりましたね。シンクが2つ、お洒落な感じが出ています。
光が差し込んでとても明るいバスルームです。



IMG_5326
入り口のところにシャワーブースが別にあります。



IMG_5328
トイレはここ、仕切りが何も無いこういう感じのトイレはリゾート地に多い
ですよね。



客室は以上です。前回紹介した分も合わせて1ベッドルームのお部屋はこれだけ
です。2ベッドルームのお部屋は満室で見れませんでしたが、通常のお客様には
それほど需要はないでしょう。



IMG_5338
今度はビーチ前にある共同のスイミングプールにやってきました。
小さめのプールで御座います。

その1の最初にお伝えしたとおり、この辺のビーチは遥か遠くまで遠浅になって
います。磯遊びくらいは出来ますが、海水浴に向いておりません。泳ぐには
ひたすら沖へ歩いていかないといけないです。



IMG_5339
プールサイドには小さなレストランがあります。
「Sea La Vie」というレストラン、すごく小さいですが14部屋しかないので
十分でしょうか。



IMG_5342
このレストラン、そしてプール、ビーチからはビッグブッダが見えます。
ビッグブッダビューですね。



IMG_5344
さて、もう一つのレストランはレセプションのとなりにあります。

「Qi」と言うレストランです。朝食はここで食べるのかと思いきや、
このホテルでは全ての宿泊客がルームサービス朝食となるそうです。
あらかじめ用意してある朝食メニューから前日に希望や時間をスタッフ
が聞いて朝お部屋に持ってきてくれます。


以上「タンゴ・ラックス」でした。
ビーチはあまりお勧めのレベルではないですが、客室自体はなかなか良かった
です。ホテルの周りにはお店などは何も無く、静かに過ごす事は出来ます。
少し出かけるなら、チョンモンビーチまで車で5分、チャウエンビーチまで
12分くらいとなります。また、ホテルではチャウエンビーチまでのシャトル
バスを1日1回運行しているそうです。

全室プールビラで、ジャグジー付きのプライベートプールですが、小さめ
ですのでご注意くださいませ。



このリゾートに滞在するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら!

.11 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 タンゴ・ラックスのご紹介 その1

こんにちは。


サムイ島北東部、ビッグブッダ寺院に程近いビーチに、
「Tango Luxe Beach Villa」(タンゴラックス・ビーチビラ)という小さなリゾート
があります。2年ほど前に出来た新しいリゾートですが、写真を見るととても良さそう
なリゾートなので見に行ってみる事にしました。

この辺のビーチは残念ながら海水浴には向かない、と言うのは既に知っていました
が、たったの14室しかない、という隠れ家的なリゾートの客室はなかなか素晴らし
かった、というのが私の感想です。



IMG_5347
このリゾート、チャウエンビーチの北のほうにある「タンゴビーチリゾート」
の姉妹ホテルにあたります。タンゴビーチリゾートは3星くらいの安いリゾート
ですが、こちらはそのラグジュアリー版みたいなものです。


IMG_5346
なかなか変わった造りのレセプションを抜けて、、、



IMG_5313
木が張られた綺麗な通路を通ってお部屋を見せて頂きました。

冒頭でお伝えしたように客室は14室しかありません。当然リゾート内は静かで、
他のお客様と顔を合わせる事はほとんど無いリゾートです。
客室タイプの内訳は、

ジュニアスイートプールビラ   5室

サラプールビラ        5室

グランドサラプールビラ    3室

グランドサンセットプールビラ  1室


「グランド」と名の付く2つのタイプは実は2ベッドルームのお部屋です。つまり
1ベッドルームのお部屋は2タイプ、合わせて10部屋のみということになります。
全てのお部屋にプライベートプールが付いております。


IMG_5297
まずは「ジュニアスイートプールビラ」を見せて頂きました。



IMG_5298
ベッドルームはすっきりと綺麗です。
タイ風建築でもなく、アジアンテイストやスタイリッシュさを感じる事も
ないですが、アットホームな感じが出ています。



IMG_5299
天蓋は横にスライドして開閉するタイプで、上から覆っているわけではない
のでカーテンみたいですね。



IMG_5310
全ての客室にソファーベッドがあります。通常のベッドはダブルベッドのみで
ツインベッドはないとのことです。

照明やソファーや絵を見ると、あまり他のリゾートでは見かけないタイプで、
珍しいです。ソファーの後ろからバスルームになります。


IMG_5300
I-PODステーション付きのアラーム時計。インターネットもWIFIが無料で利用
可能です。


IMG_5301
テレビは結構大きめ、48型でしょうか。横にあるのはDVDではなく映画のデータを
収容したハードディスク?のようなものです。お客さんは何百もある映画から
いつでも好きなものを選んで観る事が出来ます。


IMG_5308
バスルームとの境にこちら。ミニバー、コーヒーメーカーあり、随分とお酒類
が豊富においてありました。


IMG_5307
クローゼットに金庫、バスローブ、スリッパ。


IMG_5302
そしてバスルームへ。
おお!なかなか良い感じではないですか。


IMG_5306
バスタブが大きい!
しかも周りに石を敷き詰めるのもなかなかのセンスです!



IMG_5303
なんとトイレがウォシュレット!!まさかこのリゾートで出遭えるとは思いません
でした。バンコクではホテルで少し見かけるようになったウォシュレットですが、
サムイではまず見かけません。

でも、きちんとホース型の手動式のやつも横にあるのがタイらしいですね。


IMG_5304
トイレの向かい側がシャワーです。


IMG_5305
綺麗な洗面所エリアです。シンク部分が大きくて使いやすそうです。
奥にはコードレスの電話がありました。

そういえばコードレスの固定式電話もサムイ島ではあまり見かけないですね。


IMG_5295
ベッドルームから外へ出て、最後にプールを見ます。
写真の右に見えるのが入り口の扉です。プールはそれほど大きくは無く、
3、5メートルほどでしょう。部屋自体が囲われているのでプールは誰からも
見えませんね。


IMG_5312
プールはジャグジー付きのプールでした。
中に座れるようになっているので、基本的には泳ぐと言うよりジャグジーとして
使うと考えた方が良いでしょう。




さて、次回は「サラプールビラ」のお部屋をご紹介いたします。

.10 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

【サムイ島】 バンラックのプチマーケット

こんにちは。


土曜日、サムイ島の北海岸バンラックにある市場に、いつものように
野菜を買いに行ったら、その向かい側にいつも間にかマーケットが出現
していました。

もうマーケットやらウォーキングストリートなど各地でやっており、
わけがわからなくなってきました。


DSC00901
恐らく土曜日限定ということなのか、、
写真の向こう側に見えるのが市場。道路を渡った反対側はなんとかプラザ
というテナントが少ししか入らない建物があり、その駐車場を利用している
みたいです。



DSC00900
駐車場のスペースなので規模的にはすごく小さいです。



DSC00904
とうもろこし、焼き鳥などを売る店が多いです。



DSC00903
アイスクリーム屋さん



DSC00902
服、アクセサリー、バッグ等もあります。



DSC00892
バッグ、帽子、Tシャツ、、



DSC00891
端から端まで30メートルもないでしょうか。
あっという間に見て周れます。



DSC00893
来ている人はほぼ100%タイ人。
市場に夕食を買い物に来て、そのついでに寄っていく人が多いようです。



DSC00894
これは時計屋さん。

私はこの向かいの店で、サングラスを50バーツで買いました。
失くさず、壊さず、半年も持てば十分でしょう。


DSC00895
屋台もあり。



DSC00898
派手なカバンと象さんの置物、この辺は土産によさそうです。



DSC00905
一番道路に近い場所はテーブルと椅子があって、ビールも売っていました。
おつまみを買ってここで酒盛りも出来そうです。



DSC00906
一人お兄さんが歌っていましたが、観客は2人の子供だけ、、、



やはり金曜夜のフィッシャーマンズビレッジのウォーキングストリートに
匹敵する、この手のスポットはまだありませんね。

そろそろ久しぶりに顔を出してみようと思います。




.08 2013 スタッフ:UC comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。