スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

サムイ島 空港近くのホテル紹介(NORA BURI、KANDABURI)

皆様
こんにちは。
サムイ島で一番賑わっているのはチャウエンビーチエリア。
その北側にあるホテルを今日はご紹介いたします。
空港から程近いこのエリアではチャウエンビーチまでは車で10分~15分ほど。

それでは沢山あるホテルの中でも昔からの王道のホテルと、
新しく手配可能になったホテル等を
順にご紹介させていただきますので是非ご参考にしてみてください。

①NORA BURI (ノラ ブリ)
ノラ ブリ リゾート & スパは、2010年にオープンしたビラタイプリゾート。
ここは5つ星大型ホテルで、特に団体のお客様を多く取っているホテルです。
ですので、社員旅行などで旅行を考えていらっしゃる方がいたらここのホテルは
団体客扱いに慣れそのエキスパートですので、滞在がとてもしやすいかと思います。

お部屋を視察することも出来ないくらいの混雑ぶりI。
お部屋数も相当あるのですがそれでもローシーズンのこの時期で
100パーセント以上の稼働率というのは人気の高さが伺い知れます。

ここは静かなエリアなのでやはり買い物に行かれる際はチャウエンに行かれるのがお勧め
その際は、ホテルから無料送迎が出ているのでそちらを上手く利用してみてください。
RIMG1617_resize.jpg

ここはプールもレストランもとっても広々。
RIMG1618_resize.jpg

RIMG1622_resize.jpg

RIMG1621_resize.jpg

RIMG1624_resize.jpg

②NORA BEACH (ノラビーチ)

上記のNORABURIと同じ系列ですが、こちらはもっとカジュアルスタイル。
昔からあるホテルですがコテージタイプもお値段がお安いので
ホテルタイプではなく、安くコテージに泊まってみたい、という方には特にお勧め。
色使いも木をふんだんに使ったダークな色合いで統一してるので落ち着いた雰囲気です。
また多くの草花が敷地に植えられており、(コテージ内も)自然豊かで南国雰囲気満載!
そして、朝食&ディナーを召しがって頂くレストランも海の目の前なので
とてもすがすがしくお食事をしていただけます。

RIMG1640_resize.jpg

RIMG1639_resize.jpg

RIMG1641_resize.jpg

RIMG1638_resize.jpg


③Kandaburi Resort (カンダブリ リゾート)
エントランスには大きな象のオブジェがあるタイっぽい雰囲気の建物。それがカンダブリです。
ここは、大きく2つにホテルを二分することができ道を挟んでビーチとヒルサイドに分かれます。
残念ながらヒルサイドに宿泊するとビーチ側のホテルのファシリティを使うことが出来ません。
デラックスのお部屋も広くて使いやすくて全く問題ないのですが、せっかくビーチリゾートに来ていただいているので
ビーチサイドのお部屋に予約されてみてはいかがでしょうか。

ここはとてもプールが広々としているので欧米人が水につかりながら
楽しそうにビールを飲んでいる姿があちこちで見ることが出来ますよ。
RIMG1636_resize.jpg

RIMG1628_resize.jpg

RIMG1634_resize.jpg

RIMG1629_resize.jpg

RIMG1632_resize.jpg

スポンサーサイト
.14 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

サムイ島北側HOTEL紹介 (SIX SENSES SAMUI 、MELATI BEACH、TONGSAI BAY)

皆様 こんにちは。
1つめは2015年に改装したばかりの「SIX SENSES (シックス センシズ サムイ)」をご紹介いたします。

空港から車で15分の山の中にあるこのリゾートに到着するとまずは、蝉が、昔の日本のようにわんわんと泣叫ぶのが聞こえ、あぁ 自然豊かな場所に着たんだなぁと感動できます。

コンセプトは 「ECO&FRIENDLY」
建物も木を主に使い、テクノロジーに頼りすぎず、あくまでも自然と共存してるものとなっています。

改装によって何が変わったかというと、お部屋をすっぽりガラスで覆っているというところ。
実は私10年近く前にここを視察しているのですがその時は、外壁は竹だけの本当のエコホテルでした。
今回は外壁を全てガラスで覆った上に竹や木で外から見えない様二重構造となっています。

以前は竹の隙間から虫が部屋に侵入し放題のイメージで、外に寝るのと変わらないではないか!?と個人的にはっちょっと怖い。。。と感じていたのですが、ガラスで覆われたことにより、虫がお部屋の中に入ってくる心配はなくなり、リゾートを心から満喫できそうです。(笑)


お部屋の家具の色はビビットな配色。ナチュラルな木材を引き立てています。
RIMG1584_resize.jpg

バスタブも以前は深かったのですが、浅めの水のたまりやすいものにチェンジ。
RIMG1590_resize.jpg

プールのこの石も実はインドネシアから取り寄せた特注品
細部にまでこだわっています。
RIMG1585_resize.jpg

RIMG1593_resize.jpg

レストラン
横に雑草のようなものが沢山生えていますが、これは育てている草達です。
敷地内には沢山のハーブ類を育成しており、ここで取れたものはホテルで行っている無料アクティビティの
タイ料理教室などで使うそうです。
RIMG1592_resize.jpg


①MELATI BEACH RESORT&SPA(メラティ ビーチ)

SIX SENSESを少し南下した場所にあるメラティホテルはTHONGSON BAYに位置しています。
敷地内は、VILLAタイプは海に近い場所にあり、ホテルタイプが海から少し離れているような
構造となっています。どのお部屋も大変広く、ホテルタイプで一番小さくても77平米。VILLAは144平米。
お値段を抑えながら、とにかく広くてゆったりした雰囲気がいいという方はこちらがお勧め。
2002年に建てられてからリノベーションを細かく行っているので、とてもきれいにメンテナンスされている
印象を受けました。

お部屋の色合いもナチュラルカラーで誰にでも親しみやすいに統一
RIMG1597_resize.jpg

RIMG1598_resize.jpg


プールはビーチプールとは別に敷地内中心部分にもう1つANCIENT POOLがあります。
RIMG1603_resize.jpg

RIMG1604_resize.jpg

RIMG1605_resize.jpg


RIMG1606_resize.jpg


③THE TONGSAI BAY COTTAGES(トンサイベイ)
ここの人気は時代を問わず永遠。というくらい昔から人気があるリゾートです。
ホテルタイプもヴィラタイプも色合いが派手すぎず、落ち着きすぎず、適度にポップな色合いが入っていて可愛らししく、またスィートタイプも2部屋あるというより、中2階から1Fにつながりその先にベランダがあるという感じ。お部屋が長方形に全てつながっているというイメージで、どこに居ても同行者の存在が感じられるつくりで嬉しいです。

レセプションやレストランの色合いもセンスが光るものがあります。
RIMG1615_resize.jpg

RIMG1613_resize.jpg

撮影当日は生憎の雨模様ですがバスタブも1階はバスルームにありますがそれ以外はベランダにあり
開放感抜群。海を見ながらのお風呂はやはり贅沢ですね。
RIMG1612_resize.jpg

RIMG1611_resize.jpg

RIMG1610_resize.jpg




.13 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

サムイ島南東側ホテル紹介(MERIDIEN, SILAVADEE, BANYAN TREE, RENAISSANCE, KALA SAMUI)

皆様
こんにちは。
今日はサムイ島の南側のホテルをご紹介します。
ホテルからは車で20分位。
この辺りはお店がないのでお買い物にはちょっと不便かと思いきや、ほとんどのホテルがチャウエンまで無料送迎を出していますので、それをうまく使えば買出しも問題ありません。

①LE MERIDIEN SAMUI RESORT (ル メリディアン サムイ リゾート)
こちらに到着した瞬間、中国宮廷、もしくは韓国宮廷に迷い込んだ。といった感じのつくりです。
ダークな色合いでまとめられ木製の建物が多く、お部屋の中に中国の絵が書いてあったりと
昔は、香港系のホテルであったことがあちこちの場所でうかがい知ることが出来ます。
歴史好きの方や、骨董品等に興味がある方には大変面白いホテルかと思います。
(欧米人がアジアといえば、、、とイメージしているものがここには沢山ある、、なので欧米人のお客様がとても多かったです。 )
RIMG1471_resize.jpg

RIMG1473_resize.jpg

RIMG1475_resize.jpg

RIMG1474_resize.jpg

RIMG1476_resize.jpg


②SILAVADEE POOL SPA RESORT (シラバディ・プールスパリゾート)


ここはラマイビーチが目の前の岬先端にある、岩場の多いリゾート。
というのもプールやプライベートビーチに行く際に岩場(勿論歩きやすいように手すり等は付いています)を通るので、
自分の印象は、岩場岩場岩場。。。ただそれが全く悪いわけではなく、逆に
自然や地形を破壊せずあるがままの姿をリゾートにしたという地球に優しいリゾートのイメージ。
お部屋の中も木を沢山使っておりなんとなく色合いも日本の家屋。と似ているのでとても落ち着きます。

RIMG1488_resize.jpg

ここはプライベートビーチのほかにもラマイビーチやチャウエンビーチまでの送迎もやっています。

RIMG1498_resize.jpg

RIMG1496_resize.jpg


RIMG1494_resize.jpg

RIMG1495_resize.jpg

レストランの上の屋上バーもオーシャンビューで素敵でした。
お部屋数も55と少なくこじんまりとアットホームなリゾートが好きな方、そして緑も多く本当に大自然を満喫されたい方にお勧めです。



③BANYAN TREE (バンヤンツリー)


海のダイナミックなVIEWが素晴しい開放的な雰囲気のバンヤンツリー。
ここでは是非有名なSPAも受けていただきたいですが、ここの売りはリゾートからの素晴しい眺め!
お部屋やレストランもガラス張りなので、この絶景を心行くまで楽しんでいただけると思います。
個人的にはこのホテルはすごく好きです。

RIMG1506_resize.jpg

RIMG1520_resize.jpg

お部屋は白壁に黒の調度品なのでシックな内装。モダンになり過ぎていないので
日本人のテイストにもあうかと思います。
RIMG1515_resize.jpg

通常のデラックスのお部屋ですと山の下の方のお部屋になってしまい、このオーシャンビューを
堪能いただけないので、是非ここはオーシャンビューのカテゴリーにランクアップされることをお勧めします!

RIMG1514_resize.jpg

RIMG1517_resize.jpg


④RENAISSANCE KOH SAMUI RESORT&SPA (ルネッサンス)


ここはアユタヤやカンボジアなどのアジアの遺跡を探検しているイメージです。
ホテル内には熱帯雨林が生い茂り、またいたるところに遺跡風なオブジェなどが並びとっても可愛らしい感じ。
少しインドネシア風かも知れません。
ここは日本人のお客様をとてもリスペクトしているそうで、「チェックインも実はJAPANESE GUESTだったら優先的にやってるよ」とのことでした。スタッフさんも皆暖かい優しい雰囲気に満ち溢れていてとても心和むリゾートです。

RIMG1526_resize.jpg


RIMG1548_resize.jpg

RIMG1543_resize.jpg

RIMG1544_resize.jpg

ここのコンセプトは「LIFE STYLE」 アットホームでやわらかい居心地の良いリゾートを目指しているそうです。
そして、2014年12月にリノベーションを行ったばかりでどこもとてもきれいでした。
RIMG1528_resize.jpg

RIMG1531_resize.jpg


④ THE KALA-SAMUI (カラサムイ)

ここはモチーフがおサルさんというユニークでかわいいホテルです。
そしてこちらもSILAVADEE同様岩場ホテルとなります。
ここの売りはなんと言っても、プールヴィラに安くて泊まれる事! 
ただ、少し厄介なのがリゾート自体はさほど大きくないのですが、全て崖の中を徒歩で移動しなければいけないということ。 アップダウンが激しいので体力がある若い方向けかもしれません。

RIMG1578_resize.jpg

RIMG1558_resize.jpg

RIMG1556_resize.jpg

お部屋の中はアンティーク家具が備え付けられており、ひとつとして同じ形の家具はありません。
ホテル内にはココナッツやおサルなどかわいい小物を使いながら心をくすぐられるような仕掛けが多くて
女性同士の方などにもお勧めです!
RIMG1576_resize.jpg

RIMG1571_resize.jpg
.13 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

サムイ島西側のホテル紹介(FORSEASONS,MAI SAMUI,INTERCONTINENTAL,CONRAD)

皆様こんにちは、
今日はサムイ島の西側に位置するホテルを少し紹介いたします。
東側はチャウエンビーチなど賑やかな場所が多くホテルが隣接していますが、西側は静かで高級リゾートホテルが比較的多い地域となります。

①Four Seasons Resort&Spa (フォーシーズンズリゾート)

空港から30分、島の北西にあるこのリゾートは世界各国にリピーターを携えています。
レセプションは崖とも言える高台にあり、ホテル到着時の感動はひとしおです。
そこからはカート移動となりお部屋までご案内。お部屋数60に対して40台はカートを所有しているとの事なので
待たされることもありません。

入り口入って直ぐのレセプションやレストランからの眺めは目を疑いたくなる位素晴しいです。
眼下にはやしの木が生い茂る敷地とその先に真っ青な海が続いています。
RIMG1378_resize.jpg

プライベートビーチはゆったりと静かです。またビーチ沿いにあるレストランもとてもよい雰囲気。
RIMG1392_resize.jpg

お部屋にあるプールは結構大きめです。
RIMG1394_resize.jpg
お部屋の内装はやさしい色合いで、スタイリッシュすぎず、簡素すぎずとても良い雰囲気。モダンでありながら奇抜になり過ぎず、ナチュラルなセンスの良い色合いはさすがです。
RIMG1400_resize.jpg


②MAI SAMUI(マイサムイ)
フォーシーズンズから少し南下した場所にあるマイサムイ。
ここは華僑の流れがすごく強く残っている雰囲気のホテルでした。
実際タイには海南島からの華僑が流れ着いた場所なのでとても中国人系列の方が多いです。
入って直ぐに木造のレセプションやレストランなどが出てくるのですが、とても時代を感じさせる建物です。
私のイメージではジブリ作品「千と千尋の神隠し」に出てくるお湯屋さん。

RIMG1422_resize.jpg

RIMG1409_resize.jpg

リーズナブルのお部屋であるデラックスのお部屋は内装は別棟にあります。
内装は全く問題なくかわいいのですが、なんとなく疎外感。。。出来れば本棟にあるカテゴリーにランクアップされたほうがより楽しい滞在になると思います。ただ勿論メインの施設は使えますのでご安心を。
RIMG1419_resize.jpg

RIMG1418_resize.jpg

RIMG1420_resize.jpg


③INTERCONTINENTAL SAMUI 
(インターコンチネンタルサムイ)


ここのエントランスの眺めは本当に圧巻。
高台にあるホテルはどこも美しいが、本当に声を上げて思わず駆け寄ってしまうほどの美しさ。
2012年にインターネンタル系列となってから大型改装が行われたとの事で
特にメインの建物が美しくなっていました。
大型ホテルのため、隠れ家的なホテルより名の知れたブランド名のホテルが良い。ということであれば間違いなくここ。③世代旅行にもぴったりかと思います。

どのパンフレットにも載っているインフィニティプールはやはり素晴しい。
RIMG1426_resize.jpg

レストランもガラス張りで明るくなっているのでとても素敵。
RIMG1425_resize.jpg

RIMG1427_resize.jpg

お部屋はどこも改装していてカテゴリーによって大分違います。
敷地が広いためかとても広々とした雰囲気。
RIMG1438_resize.jpg

④CONRAD KOH SAMUI (コンラッド)

サムイ島の南西端にできたコンラッド コ サムイ リゾート
最高級ホテルのここは他のホテルに比べてよりスタイリッシュな印象です。お部屋の中も最新設備が兼ね備えられ
近未来的なつくり。お部屋も使いこなせないほどの広さです。
訪問したときが、調度夕日が沈む時間帯。何もさえぎるものがなく水平線にきれいに沈んでいく夕日を見ることが出来ました。

RIMG1465_resize.jpg


RIMG1466_resize.jpg

海目の前のプールも広くて開放的です。
RIMG1470_resize.jpg

RIMG1447_resize.jpg
お部屋の内装はとてもシンプルの色合いで、THEモダン!
RIMG1462_resize_201505122037131d6.jpg

RIMG1459_resize.jpg


サムイ島ホテル選びは目的をはっきり決めたほうがBETTER!
やっぱりチャウエンビーチ辺りだと夜にぎわっているのでお買い物もできるし遊ぶところも
沢山。なので時間をめい一杯使って遊びたい方はやはりその地域。

ただ、やっぱり良いホテルで静かにゆっくり過ごしたい。海がきれいな所で何もしない贅沢を
味わいたいということでしたら、間違いなく街中を離れた緑覆い高級リゾートに泊まりましょう!
.07 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

プーケットホテル視察 第三弾(パトンビーチエリア)  ANDARA DUANGJITT、PATONG RESORT、THE KEE、LA FLORA)

皆様
こんにちは。
今日は人気のパトンビーチエリアのホテル紹介を致します。

①Andara Resort (アンダラ リゾート)
ここはパトンビーチの少し北、カマラビーチの近くにあります。
ANANTARAと同じくらいTHE アジアという雰囲気ですが、もっともっと妖艶で非現実。色合いもダークで落ち着いたものとなっています。
周りにはお店等何もなく少し不便ですが、お部屋が153平米以上と大変広くて、逆にホテルでゆっくりしないと勿体無い。是非ここでは、何もしない贅沢を味わっていただきたいです。

夜はエントランスなどにもレモングラスのろうそくが焚かれさらに幻想的。
RIMG1227_resize.jpg

真っ黒なタイルのプールは大人のリゾートの雰囲気。
RIMG1240_resize.jpg

お部屋はとにかく広い。大きなキッチンもあり、ここでゆっくりしましょう。
RIMG1245_resize.jpg

RIMG1248_resize.jpg

RIMG1249_resize.jpg



パトンビーチのホテルは沢山ありますが、ここは高級リゾートに泊まるというより、
お買い物や繁華街でわいわい楽しみたいという方向けです。
バナナボートやパラセーリングなど華やかな雰囲気なので、海がきれいな所でゆっくりという方には
カタビーチや他エリアの方が良いかと思います。

それでは、華やかなパトンビーチにあるチープで遊びやすいホテルを見てみましょう。

② Patong Beachi(パトンビーチ ホテル)
海から程近く さっぱりとしていて特に問題ないホテルです。
ハネムーナー様にはあまりロマンチックとはいきませんが立地を考えると動きやすい場所にあると思います。
日本人のお客様には昔から人気のホテルです。

RIMG1312_resize.jpg

RIMG1307_resize.jpg

RIMG1309_resize.jpg

RIMG1310_resize.jpg

③LA FLORA PATONG (ラ フローラ パトン)
パトンビーチで唯一のオンザビーチのホテル
プールを出たらすぐに海にいけるのはやはりビーチリゾートに来たなという思いにかられますし
やはり楽ですね。またここは値段も手ごろなのに立地抜群に加えてお部屋もスパも落ち着いていて女性好みの
テイストになっています。
 
エントランスもこじんまりとしていますがセンスのよさが感じられます。
また、大通りに面しているので海にも町にも徒歩0分。マックとスターバックスに囲まれた好立地。
RIMG1317_resize.jpg

レストランも写真が悪いですが、ポップでかわいいです。
RIMG1334_resize.jpg

RIMG1335_resize.jpg

お部屋は42平米と少し小さいですがアイボリーを基調に落ち着いた色合いです。
RIMG1326_resize.jpg

RIMG1320_resize.jpg

④THE KEE Resort&Spa (ザ キー)
ここは海から徒歩3分。スタイリッシュでお洒落なホテルです。
またプールも広く、そこではかなり大き目の音で音楽を流しているので賑やかなちょっとしたディスコ的雰囲気。
レストランもオープンエアーなので少し暑いかも知れませんが広くてとても開放的です。
ポップな色合いがまた可愛らしく、そこでもやはり流行の音楽を流しているので、とにかく楽しい!という雰囲気満載!

RIMG1340_resize.jpg

RIMG1342_resize.jpg

RIMG1352_resize.jpg

RIMG1344_resize.jpg

RIMG1349_resize.jpg

⑤DUANGJITT Resort (デュアンジットリゾート)
パトンビーチには宿泊したいが、うるさいのは嫌、、、。という方にお勧めがこのドュアンジット。
海から5分で町の中心までは徒歩15分。他のホテルと違って敷地がとっても広くてとても静かにお過ごしいただけます。 
また日本人の方にはバスタブ確約したり、日本語案内&日本人スタッフがいるなど日本人にやさしいホテルです。

RIMG1296_resize.jpg

お部屋はカテゴリーによってかなり違いますが、一般的なお部屋は清潔で緑の床タイプが印象的。
RIMG1301_resize.jpg

RIMG1297_resize.jpg

また、ここはキッズクラブも充実しています。敷地が広いの有効活用してかなり大規模な子供向けの敷地があるので
ご家族の方にはお勧め!
RIMG1302_resize.jpg

RIMG1303_resize.jpg


パトンビーチは総じて本当に都会ですので、残念ながら素晴しく透明度の良い海、、とはいえません。
ただ、気軽に海にも行きたいけど、買い物もしたい。ディスコやオカマバーなど元気一杯遊びまわりたい方はこのエリアがお勧めです。
ここの町は本当に夜から活気づきますので昼間の印象とかなり変わるのが特徴ですね。
.07 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

プーケットのホテル紹介 第ニ弾(The Shore at Katatani,KATATHANI,MELISA、MERIDIEN)

皆様 こんにちは
プーケットホテルの今日はカタビーチやカロンビーチ辺りを今日はご紹介いたします。

①The Shore At Katatani &KatataniI Phuket Resort(ザ ショア アット カタタニ&カタタニ リゾート)

KATA NOI BEACH面したリゾートホテルでここは、アイボリーのお部屋の内装といい、ちょっとしたカフェ風の調度品が全てかわいらしくて女性の心をくすぐります。
視察したスタッフ全員満場一致でここはお勧めしたいホテル!

お部屋の隅から隅までまるでフランス映画のセットみたいな可愛さです。
RIMG1164_resize.jpg

RIMG1157_resize.jpg

視察している際にスタッフさんがベッドデコレーションをしていました。(可愛い!)
RIMG1160_resize.jpg

RIMG1163_resize.jpg

RIMG1158_resize.jpg

カタノイビーチは穏やかでとても透明度も良し。プール周りも芝の手入れなど行き届いていてきれい。
RIMG1169_resize.jpg 

RIMG1171_resize.jpg


②KATATHANI カタタニホテル
ショアの隣にあるのがカタタニホテル。同じ系列ですがカジュアルな雰囲気となります。
芝生のお庭もビーチも広々としていて開放的です。
BHURI WINGは海から見ると道を一本挟んだ場所にあり、THANI WINGは海に近い建物でお部屋は全てスィートタイプとなります。
ここは2015年5月現在は日本人スタッフさんも居て安心です。

BHURI Wingの建物
RIMG1179_resize.jpg

Thani Wingのレセプション
RIMG1186_resize.jpg
Thani Wingの内装。色合いが可愛らしい。
RIMG1188_resize.jpg

RIMG1193_resize.jpg

ここでは美しいカタビーチを目の前にウェディングをすることも可能です。
RIMG1176_resize.jpg

ここはリゾート内には沢山レストランがあり、またセキュリティーもしっかりしています。
大人数で行く場合も予算に合わせて建物を選んでも良いかと思います。
3世代旅行などにもお勧め!

②Melisa Villa Suites メリサ
ここはカタビーチの北に位置しており、ビーチから1本中の道に入っているのでビーチまでは徒歩5分ほどの場所。
小さなVILLAが集結しているホテルなので、大型ホテルは好きではない。そしてホテル代は抑えたいけどVILLAタイプに泊まられたい方向けです。そしてなおかつ海に近いホテルが希望という方にはうってつけ!

レストランやレセプションが入り口に集結。
RIMG1207_resize.jpg

お部屋は全てにおいてキッチン、プール付き。一番安いカテゴリーでも120sqmあります。
木製のVillaはやはり日本人には落ち着くテイストですね。
パトンビーチまでも20分ですし、ここで自炊しながらお安く済ませるのも気軽で良い過ごし方かと思います。
RIMG1200_resize.jpg

RIMG1203_resize.jpg

RIMG1199_resize.jpg

RIMG1197_resize.jpg


④l e Meridien Phuket Beach Resort (ル メリディアンプーケット)
カタビーチをもっと北上したカロンビーチの上、KARON NOI BEACHIにメリディアンはあります。
ここは、大型ホテルの安心感が本当にあって、広々としたロビーや高い天井充実したプールやキッズキラブはまさに
大御所のホテルといった雰囲気。
レストランも5つ、お土産屋もアーケードとは言わないまでも沢山あり、ここで全てがそろいます。
RIMG1208_resize.jpg

RIMG1211_resize.jpg

がけの下に作られたような場所にあるため、ビーチもほぼプライベートビーチ。
ビーチバレーの大会も行われるくらいきめ細かい白砂です。
RIMG1224_resize.jpg

RIMG1218_resize.jpg

小象に会えるプログラムが一日二回あるのでお子様連れにはぴったり。
RIMG1223_resize.jpg

ここは、一時期の団体旅行様むけといった雰囲気があるので、若いハネムーナーさまというより、ご家族ずれや団体旅行の方向けなのかなという印象でした。とにかく安心感という面ではお勧めです。
.06 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

プーケットのホテル紹介 第一弾(ANANTARA、PULLMAN、ANDAMAN、POINTYAMU、POINT YAMU、VIJITT)

皆さん
こんにちは。
プーケットのホテルを沢山視察してきましたので簡単に紹介させていただきます。
ブログだけではとても詳細まで載せられませんので、もしご希望がありましたら
お電話やメールで御問い合わせいただければと存じます。
是非、こちらのブログで自分にあったリゾートを見つけてくださいね。

ANANTARA PHUKET VILLA (アナンタラ プーケット)
空港から車で北に20分のところにあるSai Kaew beachを目の前にしたリゾート。
蓮の花がきれいに咲いたラグーンがあちこちにあり、全ての造りがアジア風のプール付きVILLA。
エントランスからお部屋の調度品全てにおいて細かいところまで、THEアジアという雰囲気です。

プールも広々としていてオーシャンヴューの雰囲気が開放的。
RIMG1049_resize.jpg

レストランもいくつかありますが、世界各地から取り寄せた塩を自分で選べる Sea Fire Saltがとってもお洒落。
RIMG1055_resize.jpg


RIMG1053_resize.jpg

ELEMISブランドをつかったAnantara Spa。イギリスで生まれたスパのために作られたこのブランドのプロダクトを使ったスパは雰囲気もさることながら日本で使っているスパが少ないので是非一度ここで試して見てください!
RIMG1056_resize.jpg

総じてここのホテルを選ぶポイントとしては
全室プール付きヴィラという利点を生かした誰にも邪魔されない、上質のプライベートな時間を楽しみたい方。
スタイリッシュというよりもアジアに来た雰囲気満載のホテルに泊まりたい方。
にとくにお勧めしたいホテルとなります。

PULLMAN PHUKET ARCADIA プルマン ホテル アンド リゾート
スタイリッシュなデザインのプルマンは山からの眺めが素晴しいホテル。
白を基調にしたすっきりした色あいがとても印象深く、女性は勿論のこと、男性にも幅広いファンが多そうなリゾートです。
空港から南へ車で15分のNai Thon Beachにあり、都会の喧騒から離れたホテルとなります。

海がきれいに見えるプールはとても開放的 絶景が広がります。
RIMG1077_resize.jpg

RIMG1065_resize.jpg

お部屋もすっきり。

RIMG1075_resize.jpg


RIMG1073_resize.jpg


山の広~い敷地をつかっているから緑豊かです。
RIMG1069_resize.jpg

RIMG1068_resize.jpg

ここのホテルの特徴はなんと言っても高台からの眺め。お部屋やプールからもオーシャンビュー!
見渡す限りの美しい海というのは、とても贅沢かと思います。
撮影日は生憎の雨模様でしたが普段はもっともっと素晴しい海の色です。
ホテル選びにおいて眺め重視という方はこちらのホテルを一度試してみてください!


Andaman White Beach アンダマン ホワイト ビーチ

ここはプルマンホテルから南へ5分下った同じくNai Thon Beachにあるアットホームなホテルです。
2015年5月現在では日本人スタッフのKAGAGUCHIさんも居て安心。
敷地がそこまで広くないので、全てがまとまった感じなのでお子様連れの方にはとくにお勧め。
お部屋は一番したのカテゴリーですと25平米と少し手狭なので、料金もさほど変わらないので、ヴィラタイプやデラックスタイプなど少しお部屋をランクアップしてみてはいかがでしょうか。

緑に囲まれていて南国雰囲気満載。
RIMG1092_resize.jpg

RIMG1093_resize.jpg

プールの雰囲気がかわいらしくてお子様連れには喜ばれると思います。
RIMG1086_resize.jpg


RIMG1084_resize.jpg

RIMG1089_resize.jpg

お部屋の雰囲気。
RIMG1095_resize.jpg

RIMG1097_resize.jpg


ここの総評は海が直ぐ目の前というのが嬉しいホテル。
また、勿論カップルにもお勧めですが、まだまだお子さんの目が離せない。とうご家族旅行の方でも気楽に過ごせるホテルかと思います。
そして、なんと言っても海近くにもかかわらずとても緑が多いので南の島に来た!という雰囲気満載です。

④Point Yamu By  Como ポイントヤムー
ここはリゾートが多くあるエリアとは反対の東側にあたるPor Bayを眼下に見渡せる2012年にOPENしたばかりの新しいホテルです。
イタリアン女性が設計したすっきり爽やかな白と水色を基調としたスタイリッシュな雰囲気。
お部屋は全てプール付きスィートタイプで最低でも123平米ある広々としたつくり。

RIMG1105_resize.jpg

RIMG1109_resize.jpg

RIMG1110_resize.jpg

RIMG1124_resize.jpg

RIMG1130_resize.jpg

RIMG1132_resize.jpg

ここのホテルは、24時間バトラーサービスもあり、広い敷地内を自分で行き来する必要はありません。
また、ビーチはないのですが、近くの小島に無料送迎があるのでそこでゆっくりして頂けます。
といってもお部屋にあるプールで海を見ながらゆっくり過ごすのがお勧めのスタイルとなりそうです。
スパやお部屋、どこに行って青や水色を多くつかっており、まるで海の中にいるような造りです。
職業柄沢山のホテルを視察してきましたが、あまりこういった色合いのホテルに今まで出会ったことがありません。
とてもスタイリッシュでデザイナーズホテルとった感じのホテルに泊まられたい方は是非こちらに!

⑤The Vijitt Resort Phucket (ヴィジット リゾート)
ここは予算は無いけど、VILLAタイプのホテルに泊まられたいという方にお勧めしたい
コストパフォーマンスの良いホテルです。
場所はプーケットタウンより少し南下したChalong Bay近い場所、空港から焼く50分くらいの所にあるホテルです。
ホテル周りには生憎お店等もありませんが、パトンビーチやプーケットタウンに無料送迎があるので、
そこまで不便を感じません。そしてお子様用の施設がとにかく充実しているのでファミリー層のリピーターが多いのが特徴です。
レストラン横のインフィニティープールは広々としていて開放的
RIMG1143_resize.jpg

ただ、時間帯によると、、水が引き潮になってしまい干潟ヴュー、、、。
RIMG1144_resize.jpg

お部屋も木をふんだんに使った造りですが、特に水周りもしっかりきれいで広くて
女性には嬉しい造りです。
RIMG1142_resize.jpg

RIMG1141_resize.jpg

文頭にも申し上げましたがヴィラで安く泊まられたい方なら迷わずここ!
またレストランも古い時代の歴史ある建物を使ったBAANVIJITTも、他にはないレトロな雰囲気を楽しめてお勧めです。
.06 2015 スタッフ:akika comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。