FC2ブログ

【チャチュンサオ】 ブラックガネーシャとハロ現象

1593419624179.jpg

こんにちは。

ピンクのガネーシャは日本人にも有名な寺院ですが、
そこから約20分の場所に、黒いガネーシャ像があります。
(正確には青銅でできておりますので黒ではございません。)

直立のガネーシャ像で、クローンクアン・ガネーシャ公園にございます。



1593419559080.jpg

▲ 公園の入口



1593419573283.jpg

▲ 公園入口では検温も行われております。



1593419603890.jpg

▲ まずはこちらでお参りをします。



1593419634366.jpg

▲ 次にこちらのガネーシャ様の前でお参りをします。

お参りをしたら、裸足で手を合わせてガネーシャ様を3周します。



159341968705.jpg

1593421460236.jpg

▲ 奥にはバンパコン川も流れております。



1593420657535.jpg

1593420664998.jpg

▲ 敷地内にはカフェもありますので一息つくこともできます。



1593419664576.jpg

1593419655466.jpg

1593419676958.jpg

▲ ちょうどお参りを終えた後、虹色に輝くハロ現象を背景に撮ることができました!

早速参拝の恩恵にあやかることができたのかもしれません!
今後、ピンクのガネーシャとこちらの公園の合わせたツアーを造成しようと思います。
「BLACK-PINKのガネーシャからパワーをもらおう!」として、、、オプショナルツアーを造成してみようかなと考えています。
(ご訪問頂いた方、何か良いツアー名があれば、是非、お知らせくださいませ、、、。)



1593420643207.jpg

▲ ついでにと、元気玉をやってみたかったのですが、ちょっと上手くできませんでした、、、。

.29 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【ナコンパトム】 タイ人に有名なワット・ライキンに行ってきました。

こんにちは。

先日ナコンパトム県にありますワット・ライキンという寺院に行ってまいりました。
こちらのお寺の本堂の壁画が美しくて有名です。
日本人にはあまり名の知られていない寺院ではありますが、
タイ人には有名で、バンコクからも1時間ほどの場所にありますので、常に参拝者は多いです。



DSC_4753 RESIZE

▲ そこそこ距離を保ち、順番待ちをして本堂へ入ります。

今回のウィルスのせいか、このように並んで順番待ちをするのが当たり前のような光景に感じられてきました。
日本人には当たり前でも、タイ人にとってはニューノーマルなのかもしれません。



DSC_4777 RESIZE

▲ こちらでお参りした後、仏像に金箔を貼ります。



DSC_4779 RESIZE

▲ 本尊の様子。

こちらの壁画が美しくて有名です。



DSC_4781 RESIZE

▲ 本堂内はこのようにモニターで中の様子が映っており、本尊での参拝の人数制限を行っております。



また、こちらの寺院は敷地が広く、本堂に安置されている本尊のお参りが一般的ではありますが、
それ以外にも、自分の生まれた曜日の仏像、干支、灯籠流しなど、様々な托鉢やお参りの方法がございます。

以下、敷地内の写真を幾つかご紹介いたします。



DSC_4771 RESIZE

DSC_4759 RESIZE

DSC_4758 RESIZE

DSC_4756 RESIZE

DSC_4775 RESIZE

DSC_4766 RESIZE

▲ こちらの奥には、ターチン川があります。



DSC_4760 RESIZE

▲ ターチン川では魚にエサをあげることで徳を積むこともできます。



DSC_4762 RESIZE

▲ 川幅も広く、こちらのお寺から近くの市場へのスケジュールボートに乗船もできます。

ただし、現在ボートは運行されておりませんでした。



DSC_4764 RESIZE

▲ 敷地内ではカフェもあります。



DSC_4770 RESIZE

▲ よく晴れて暑い日でしたが、ここは木々の緑に光が遮られて日陰になっており、あまり暑く感じませんでした。
所々にベンチがありましたので、にカフェで一息つくのに良いと思います。


ナコンパトムには、巨大な仏塔で有名なプラパトムチェディや、
観光地ではサンプラーン・エレファント&グラウンドズーなど、
有名な見どころもありますが、このワット・ライキンも中々見応えがありました。

.26 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 ASEAN最大規模の国鉄バンスー中央駅 (建設中)

1593071661501.jpg


こんにちは。

前回はフアランポーン駅をご紹介させていただきましたが、
今回は来年開業予定のバンコク新中央駅、ASEAN最大規模のバンスー中央駅をご紹介いたします。
(前回のフアランポーン駅の記事はこちらから)

インターネットの地図で見ますと、場所は地下鉄MRTバンスー駅から、直線で200メートルくらいですが、
現在、徒歩での移動となると大回りをして50分となっております。
敷地内では道路工事も行っておりましたので、アクセスしやすい道路を作っている段階だと思われます。
また、バンコクの北バスターミナルやチャトゥチャック・ウイークエンドマーケットからも2~3キロと、比較的近い場所になります。

バンスー・ジャンクションとも言われ、現在は、フアランポーン駅から出発した南部線はこの駅から南に下っていくルートとなります。
BTSパヤタイ駅を交差する東の路線(チャチュンサオやアランヤプラテート方面)は、
フアランポーン駅とバンスー駅の間で路線変更するので、バンスー中央駅が営業を開始しても、
暫くはフアランポーン駅かなと勝手に推測しております。
(2020年6月の予測ですので、誤った情報でしたら申し訳ございません。。。)

準備中のため、建物内は入れませんでしたので、外からの様子です。



1593071648063.jpg

▲ 外観の様子です。

建物内は以下になるようです。
1階 チケット売り場
2階 プラットホーム(長距離列車、レッドライン(SRT))
3階 プラットホーム(エアポートレールリンク、高速鉄道)

建物自体は既に完成しているのかもしれません。

今回、説明できる内容があまり無いので、数日前に撮った最新の写真を載せさせていただきます。



1593071680282.jpg

1593071686325.jpg

1593071683714.jpg

1593071651208.jpg

1593071656353.jpg

1593071669146.jpg

1593071674651.jpg


準備中のバンコク新中央駅ですが、営業してからですと
人が多くてこのような写真を収めることも難しいと思いますので、
むしろ利用客のいない今の状況が撮れて良かったと思います。

.25 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 国鉄フアランポーン駅

こんにちは。

タイの国鉄の玄関口のフアランポーン駅ですが、
現在数キロ北にあるバンスー中央駅が建設中となっており、
早ければ来年にも国鉄玄関口がバンスー中央駅に変わる予定となっております。
ただし、移転後も一日数本はフアランポーン駅の運行もあるようです。

こちらのフアランポーン駅は1916年の開業ですので、100年以上活躍しております。

アーチ形の趣のある駅舎は、バンコクのシンボルの一つでもあり、
私も学生だった頃からお世話になっておりました。

数日前に行った、「今」のフアランポーン駅の写真を載せさせていただきます。



1592885182186.jpg

▲ 駅の外観

この外観はタイのガイドブックの写真でもよく掲載されていると思います。



1592885079983.jpg

1592885072302.jpg

▲ 2階から見た駅のホール

ベンチはソーシャルディスタンスが保たれております。



1592885084718.jpg


▲ 広々とした開放感のあるホーム

出入りが自由で乗車券がなくてもホームまで入れます。



1592885104500.jpg

1592885127188.jpg


1592885098372.jpg


1592885115288.jpg

1592885132342.jpg


月日が流れても殆ど変わっていない当たり前の光景ですが、
来年以降はこの駅の利用客が徐々に減り、やがては営業終了、その後は博物館になる予定のようです。

少し寂しいです。。。



1592885175230.jpg

▲ 最後に外観をもう1枚。まさにタイです!

.23 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 週末はタリンチャン水上マーケットへ!

こんにちは。

先日、既に営業が再開されているタリンチャン水上マーケットに行ってまいりました。
こちらのマーケットは、歩行者天国の露店を進むと突き当りが水路になっております。
露店でのお買い物や食べ歩き、水路に面したオープンエアーレストランでのお食事をしたり、
水路を巡るボートツアーもございます。

以下、6月中旬の様子です。



1592542337465.jpg

▲ こちらが入口の様子です。



1592542340733_20200619144121afe.jpg

▲ 入口では検温が行われております。



1592542345708.jpg

▲ 入場するとこのようになっております。

屋根がありますので、雨でも問題ありません。
人も多く賑わっております。



1592542361921.jpg

1592542356938.jpg

▲ 様々な露店が連なっています。



1592542400997.jpg

▲ マスクやフェイスシールドを売っているお店もありました。



1592542385948.jpg

1592542378708.jpg

▲ 水路のところでも食べ物が売られております。



1592542381237.jpg

▲ 通常でしたら、こちらのボートで混乗ボートツアーが営業されておりますが、、、。

現在は混乗ボートツアーの営業は再開されておりませんでしたが、
プライベートでのボートチャーターはできるようで、
希望される場合、1~4名の参加で1時間1,000バーツ/隻 でお申込みができます。

国のロックダウン自体は解除されていないので、
しばらくはタイもマイクロツーリズムの需要に注力している観光地がありそうです。

.19 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【チョンブリ】 日帰りでバンセーンビーチへ

1592450010209.jpg


こんにちは。

先日日帰りでバンセーンビーチへ行ってまいりました。
バンコクからパタヤ方面へ車で1時間半ほどの場所にあり、
パタヤよりも50キロくらい手前にあります。

6月上旬にタイ国内の越県規制が緩和された直後の週末には、
こちらのビーチは大混雑となって、心配されているニュースが出ておりましたが、
この日は平日の雨上がりの午後に到着しましたので、
それほど人も多くなく、駐車スペースも余裕がありました。



1592450040266.jpg

▲ ビーチ前の通りも車の往来は少なめです。



1592457630152.jpg

▲ 雨上がりの直後のため、デッキチェアはガラガラです。



1592450030648.jpg

1592450086243.jpg

▲ 時間が経つと、露店の営業が始まり、ビーチに来る人も少しずつ増えてきました。

雲が多いですが、久しぶりに海を見ました!



1592395839757.jpg

▲ デッキチェアに座ってビールを飲みたいところですが、今回はノンアルコールです。

アルコール販売は店側も自粛しているそうです。
ノンアルコールビールは もともと露店でも販売していないため、
近くのコンビニエンスストアで購入して、許可を頂いて持ち込みいたしました。



1592450103638.jpg

▲ デッキチェアに座っての景色。曇りがちで余り映えませんね、、、。


タイの学校は7月より再開されるところが多いようで、この日(6月中旬)は子供連れの家族が多い印象でした。

晴れた日にまた来たいです!

.18 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 タラート・ロットファイ・ラチャダー

こんにちは。

今回はフォトジェニックスポットとしても有名な、ナイトマーケットのタラート・ロットファイ・ラチャダーをご紹介いたします。
2020年6月、平日の様子です。



DSC_2889 RESIZE

▲ 敷地内は1ヶ所からのみ入場可能です。
  検温をクリアして中に入ります。


ナイトマーケットは大きく分けて飲食ゾーン、ショッピングゾーンとなっております。
説明書きよりは写真でご紹介した方が宜しいかと思いますので、以下、写真でご紹介いたします。

まずは飲食ゾーンとなります。 ↓


DSC_2890 RESIZE


DSC_2891 RESIZE


DSC_2892 RESIZE


DSC_2893 RESIZE


DSC_2895 RESIZE


DSC_2901 RESIZE


DSC_2908 RESIZE


DSC_2903 RESIZE



続いてショッピングゾーンとなります。 ↓


DSC_2910 RESIZE


DSC_2911 RESIZE


DSC_2912 RESIZE


DSC_2918 REISIZE


DSC_2923 RESIZE


DSC_2926 RESIZE


DSC_2930 RESIZE


DSC_2934 RESIZE


DSC_2935 RESIZE



全体的な印象としては、お店は7~8割程度再開されており、
お客さんの入りは繁忙期の1~2割程度のように感じられました。
もちろん殆どがタイ人ですが、中にはバンコクに在住されているような外国人の姿も見受けられました。
なお、お酒を扱うバーなどは、引き続き規制によりクローズされております。

最後に名物でもあります屋根がカラフルな屋台群の写真をご覧ください。
夕暮れは分刻みで印象も変わってまいります。

DSC_2870(18時54分) RESIZE


DSC_2878(19時00分) RESIZE


DSC_2885(19時10分)


DSC_2944(19時55分)


如何でしたでしょうか。

賑わいが戻りつつありますが、まだまだ繁忙期ほどではない現状です。
逆にゆっくり時間を掛けてお店を見て回ったり、写真撮影ができるのではと思います。

.11 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 ワットアルン対岸のEAT SIGHT STORY Deck

こんにちは。

今回はチャオプラヤ川に面したお洒落なカフェ&レストラン、
サラ・アルン内にございます「EAT SIGHT STORY Deck」をご紹介いたします。
ワットポー近くの渡し船の船着場(ター・ティアン))から徒歩約3分の場所にございますので、
王宮周辺の観光の際に気軽に立ち寄れると思います。



DSC_4570 RESIZE

▲ 入口の様子。

サラアルンというプチホテルの1階にレストランがあります。
現在はタイチャナというシステムを導入してQRコードを利用して入退店の管理を行っております。
スマートフォンをお持ちでない方は、台帳に氏名と連絡先を記入して建物内に入ります。



DSC_4572 RESIZE

中に入りますと早速レストランになっております。
数メートル先はテラス席になっており、チャオプラヤ川に面しております。
逆光になってしまいましたので、奥から手前を撮ってみました。 ↓


DSC_4578 RESIZE



DSC_4580 RESIZE

▲ 現在、テーブルでは対面に座ることのないように、このようにランチョンマットが配置されております。



DSC_4577 RESIZE

▲ こちらのテラス席も、本来ですと3名1テーブルですが、ランチョンマットは1セットだけです。



DSC_4573 RESIZE

見どころは何と言ってもチャオプラヤ川の向こうに見えるワットアルンです!
エアコンの効いている室内も良いですが、テラス席で風を感じながら景色を楽しむのもお勧めです。
曇りがちでしたのでこのような感じですが、良く晴れた日は、本当に良い写真が収められそうですね!



DSC_4576 RESIZE

▲ アップで撮りました。



Cafe_Moment-RESIZE.jpg

あまりお腹はすいていませんでしたので、アイスコーヒーだけオーダーしました。

観光のひと休みにおしゃれなカフェでワットアルンを眺めながらクールダウン、リラックスできると思います!


.08 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【バンコク】 天井画が神秘的なワット・パクナーム

こんにちは。

今回は日本人の観光客にもインスタ映えスポットとして有名な、ワット・パクナームをご紹介いたします。
バンコク市内のチャオプラヤ川の西側となりますが、地下鉄(MRT)が延線されており、
最寄りのBang Phai駅より約1キロ(徒歩約10分)の場所にございます。
(バンコクの1キロは、日本と比べて距離を感じると思います、、、。)



DSC_4518 RESIZED

6月上旬の様子ですが、入場の際は、検温を行います。(たまたま僧侶が検温をしていました。)



DSC_4475 RESIZED


DSC_4477 RESIZED


DSC_4478 RESIZED

寺院敷地内にはこのような案内板がございますので、
有名なガラス塔と天井画がどこにあるのか 迷うこともございません。



DSC_4479 RESIZED


こちらの仏塔に入ります。

仏塔は5階建てとなっており、1階と3階は博物館、2階は瞑想や行事の広間、4階は金の仏像の展示、
そして5階がインスタ映えスポットとして有名なガラス塔と天井画 となっております。
エレベーターで5階まで移動してみました。



DSC_4495 RESIZED

広い空間の真ん中にガラス塔が建ち、壮大な天井画に圧倒されます!

↓ 近くからも撮りました。


DSC_4490 RESIZED

DSC_4491 RESIZED

DSC_4492 RESIZED

DSC_4496 RESIZED

参拝客もそれほど多くなく、仏塔近くで落ち着いて写真を撮ることができました。
迫力があり、本当に来て良かったと感じられると思います。

タイ国内では新型コロナウィルスの新規感染者も、海外からの帰国者のみという日が続いており、
このように寺院や観光地も徐々に再開しております。
早く終息して旅行も開放ムードになってくれることを願っております。

.05 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)

【パトゥムタニ】 The Aileen Cafe’ Coffee & Restaurant

こんにちは。

バンコクでは雨季に入り、一日中降り続くことは あまりありませんが、
1日に数時間、まとまった雨が降る日も見られるようになってきました。


今回はバンコクから車で北に約40分ほどの場所にあります、
The Aileen Cafe’ Coffee & Restaurantをご紹介いたします。


DSC_4448-RESIZED.jpg


こちらはタイ人のインスタ映えスポットとしても有名なカフェです。



DSC_4444 RESIZED

▲ 現在は入口で検温&アルコール消毒を行います。



DSC_4446 RESIZED


DSC_4450 RESIZED


室内はエアコンが効いており、綺麗でスタイリッシュですが、天気の良い日は外に出てみましょう!



DSC_4447 RESIZED

▲ 外はこのような風景が広がっています!



DSC_4451 RESIZED

▲ デッキチェアとパラソルがあり、のんびり田んぼを見渡せます。
  人工的ですが、素朴さもあります。



DSC_4459 RESIZED

▲ 田んぼ側から撮ったレストラン。



DSC_4457 RESIZED

▲ 竹と木でできた橋です。少しギシギシ鳴ります。



DSC_4464 RESIZED

▲ 橋を渡ったら木の一本道が100メートルくらい続いています。

ところどころに木のブランコやサラのような座れる場所などあり、お客様を飽きさせないように造られております。



DSC_4462 RESIZED


天気が良いので、緑も映えます。


タイの祝日に訪れましたが、カップルや小さなお子様連れのファミリーが多かったです。
また、ドローンを持ち込んで空撮している方もいました。


一つ残念なことが、、、。
景色の撮影に夢中になってしまい、カフェに来たのに飲み物を撮り忘れてしまうという失態をしてしまいました、、、。
(良い天気で とても暑かったため、早く飲みたいという気持ちが勝り、頭からすっかり抜けちゃっておりました、、、。)

こちらのお店のように、バンコク近郊には個性的なカフェが結構あります。
郊外ですと敷地も広く素朴なカフェが多いのかなと感じられます。
また機会があったら他のカフェを探してみたいと思います。
その時は忘れずにオーダーしたものを撮りたいと思います。(笑)

.04 2020 スタッフ:リオ comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2019年8月06日より、シー・アユタヤ・ソイ12に移転いたしました。
BTSビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)駅から徒歩約4分
BTSパヤタイ駅から徒歩約8分
Lertpanya Building(ラートパンヤ・ビルディング)の16階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

monthly

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ