FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 ついに明かされる!Wリトリートサムイの全貌~客室編

こんにちは。


世界中にシェラトン、ウェスティン、メリディアン、セントレジスなどの有名ホテルブランド
を展開するスターウッドグループが、タイでは初となるWホテルズのブランドとして、
「W RETREAT KOH SAMUI」(W リトリート サムイ)
をサムイ島にオープンさせたのは、これまでにもお伝えしてきました。
場所はボプットビーチとメナムビーチの間にある岬の先端です。


1_convert_20110122122138.jpg

これまでの情報-1 これまでの情報-2

あれから大分時が経ってしまって申し訳御座いません。当初は2010年8月のオープン予定
が遅れて、昨年2010年11月のオープンとなりました。その後雨季に入ってしまい、毎日豪雨と格闘し
いつのまにか年末年始を挟んでしまいました。
この度、完全オープンしたW リトリートサムイを見てきましたので、ここに大公開致します!
2011年ハネムーンをお考えの方必見です!!



ではまずは客室からご紹介していきましょう。
客室タイプは値段順に細かく分けると以下の通りです。
リゾートの全75室は全てにプライベートプールが付く、ビラタイプとなります。

1、ジャングル・オアシス 163㎡ 13室
2、トロピカル・オアシス 163㎡ 33室
3、オーシャンビュー・エスケープ 163㎡ 16室
4、オーシャンフロント・ヘブン 163㎡ 10室

5、ワウ・ジャングル・オアシス 350㎡ 1室
6、ワウ・オーシャン・ヘブン 350㎡ 1室
7、エクストリーム・ワウ・オーシャンへブン 892㎡ 1室


5.6.7のお部屋はパントリーやダイニングなども付く、とても大きな部屋ですがそれぞれ1室しかない
ですので特殊なお部屋と考えて良いと思います。今回は通常の1~4お部屋に絞ってご紹介します。
1~4のお部屋タイプは広さ、デザイン、内装は全て同じになります。違いはお部屋の位置と眺望
のみです。リゾート内のお部屋は大きく2つのエリアに分かれております。


2_convert_20110122122352.jpg
まずはレセプションを挟んでビーチに近いこのエリアが「ビーチサイドエリア」です。
ビラどおしが離れて建てられています。


3_convert_20110122122604.jpg
そしてレセプションから右後ろの丘にあるのが「ヒルサイドエリア」です。
ビラとビラはくっついて建てられています。ビーチからは離れています。


1~4のお部屋がどこにあるのか、景色はどうなるのか、を以下の通りまとめます。

1、ジャングル・オアシス
ヒルサイドの下部に位置する。景色はガーデンビュー。中には少し海が見える部屋もあるが、
公式的にシービューとは設定していない。

2、トロピカル・オアシス
ビーチサイドのビーチから数えて2列目以降に位置する。四方を塀に囲まれているので
部屋からの景色は特になし。

3、オーシャンビュー・エスケープ 
ヒルサイドの上部に位置する。ビーチからは最も遠い部屋。景色はオーシャンビュー。
全室から大きく海が見下ろせる。

4、オーシャンフロント・ヘブン 
ビーチサイドの最前列に位置する。ビーチに最も近いお部屋。景色はオーシャンビュー。
オーシャンビューですが、海との高低差がないため大きく海は見えない。
また、ビーチにヤシの木があるため、木と木の間から海が見える感じ。

いかがでしょうか。
客室内は全て同じですので、上記の位置や眺望の情報がお部屋選びの重要なポイントになるでしょう。
参考になれば幸いです。私が個人的にお勧めしたいのは3、オーシャンビュー・エスケープですね。

では、今度は客室内へと潜入してみましょう。


4_convert_20110122123232.jpg
今回見せていただいたのは、2、トロピカル・オアシスのお部屋です。
この写真の手前に2台のビーチチェアーがあるこの部分。実はビーチサイドエリアのお部屋は
この部分だけ、ヒルサイドエリアのお部屋より広くなります。ですので厳密な全ての広さは223㎡
となります。


5_convert_20110122123406.jpg
まずは入り口から入って右手側がこのベッドルームです。
ベッドの手前がソファーとテーブルがあるリビングスペースです。小物や置物などは
赤色を多く使用したポップで革新的な空間に仕上がっています。


6_convert_20110122123500.jpg
窓とは逆側の壁にこのスペースです。棚の上の方は置物で飾られています。


7_convert_20110122123554.jpg
ここにはデスクがあり、電話とインターネットケーブルがあります。
インターネットは無料でご利用頂けます。また、無線インターネットもリゾート内全ての
場所で無料でご利用頂けます。

ここに付いているスライドドアを右へスライドさせると、、、

9_convert_20110122123739.jpg
クローゼットが現れます。
クローゼット右側には、ビーチバッグです。サンダルとビーチタオルが入ってます。
その下にはDVDプレーヤーとWホテルオリジナル音楽CDが置いてあります。


8_convert_20110122123647.jpg
左にはバスローブ、アイロンとアイロンボードがあります。
そして、何やら子供用の小さな服?に見えるものがありますが、これが何かと尋ねると、、、


10_convert_20110122123826.jpg
なんと!ベッドの上に置いてある、クマちゃんぬいぐるみ用のバスローブだそうです。
こういった遊び心も大切で、お客様の心を和ませるポイントですね。


11_convert_20110122123915.jpg
そしてベッドの脇に電話がもう一台です。アラーム時計とリゾートインフォメーション
が置いてあります。
電話の右に小さく見えるのはヤマハサウンドシステムと連携したI-PODステーションで、
持参したI-PODをここに繋ぐと、お部屋の内と外つまりビラ全体に音楽が流れるそうです。


12_convert_20110122123955.jpg
ソファーの前にはサムスンの46型テレビです。


13_convert_20110122124041.jpg
まだ昼間でしたが、カーテンを閉めて夜の雰囲気を演出して見るとこうなります。
幻想的なお部屋のライトアップですね。


14_convert_20110122124119.jpg
結構天井が高いのも開放感が出るポイントです。



15_convert_20110122124206.jpg
続いて、玄関から入ってすぐの通路にはこちらです。
右側のように、全室コーヒーマシンが完備、朝の煎れたてコーヒーも楽しめますね。
その隣に無料の水が毎日2本付きます。左側は有料のウイスキー、ジン、ラム各種です。
そして左下には小さなワインクーラーまであります。いちいちオーダーして持って来てもらわなくて
も、ここからひょいっと飲めるのは大変便利です。


16_convert_20110122124248.jpg
先程の左側のドアをあけると冷蔵庫がありミニバーになります。ここにも無料の水が2本入って
ますので、計4本が毎日無料です。
缶ビール各種には、我が日本代表のアサヒビールも選ばれました!


17_convert_20110122124326.jpg
ミニバーの上にはお菓子や子供のおもちゃ、オリジナル帽子やTシャツなども販売しています。


18_convert_20110122124403.jpg
続いて、バスルームを見て行きましょう。
バスルームは入り口から入って左手側、ベッドルームと反対側にあります。


19_convert_20110122124442.jpg
まずはこの大きなバスタブ。一度に4人くらい入れそうな大きさでのんびり出来ます。
バスルームからも外のプライベートプールに入れるという非常に贅沢なつくりです。


20_convert_20110122124525.jpg
バスタブの隣にシンクが二つです。


21_convert_20110122124607.jpg
別角度から



22_convert_20110122124650.jpg
シャワーは2つあります。
こちらは小さな中庭に作られた、アウトドアシャワーです。


23_convert_20110122124738.jpg
その隣には屋内のインドアシャワーです。



では、最後にお部屋の外へと出てみましょう。



24_convert_20110122124826.jpg
ドーン!と延びるこのプライベートプールはW リトリート サムイの大きな特徴と言えるでしょう。
前回もお伝えしましたが、幅2,5mそして長さが圧巻の11mです!!客室に付くプールで
これほどの大きさのプールはあまりないでしょう。

バタフライだって余裕で出来てしまう大きなプールは最高ですね。


25_convert_20110122124914.jpg
プールの隣はデイベッドがあるプールデッキになり、向こう側には石を敷き詰めたデザイン
のリラクゼーションスペースがあります。繰り返しになりますが、ヒルサイドのお部屋はこれが
ありません。


26_convert_20110122125000.jpg
プールデッキにはテーブルと椅子、パラソル、デイベッドがあります。
このデイベッドはダブルベッドと同じサイズの大きなものです。


さて、W リトリート サムイのお部屋はいかがでしたでしょうか。ちなみに全75室中ツインベッド
はたったの3室しかありません。カップルとハネムーンのお客様向けといった感じですので、
皆様が滞在されるお部屋はほぼダブルベッドになると考えてください。

実際にお部屋を見た私の感想ですが、夜の赤い照明でライトアップしたお部屋の写真のイメージ
が強く頭にこびりつき、完全に若者向けのリゾートかな、っと当初は思っていたのですが、実際に
昼間に見てみると、どうやらそうでもない様に感じました。
確かにベッドルームの赤色は目立ちますが、カラフルさを前面に押し出すこともなく、特にそれを
苦に感じることはありませんでした。これならどの年齢層のお客様でも満足出来るのではないかな
と今は感じています。



では次回はリゾート内のその他施設をご紹介いたします。
そちらもお見逃しなく!



このリゾートに宿泊するツアーのお問い合わせ、お申し込みはこちら

Wリトリート・コ・サムイのご予約はコチラから!
.22 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。