スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【サムイ島】 シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイ

こんにちは。


先週バンコクのレンさんとホテル視察に行った時のレポートです。
その時は4軒のホテルを視察して来たのですが、その中の一つ、
Six Senses Hideaway Samui(シックスセンシズ・ハイダウェイサムイ)
を本日はご紹介致します。

シックスセンスグループは現在、最上級ブランドの「ソネバ」その下に「シックスセンス」
その下に「エバソン」というリゾートブランドで構成されています。更に
「シックスセンス・サンクチュアリー」というヘルスリゾートのブランドが1軒のみあります。
サムイ島には2004年、当時はシーラエバソンハイダウェイという名でオープンしました。
フォーシーズン、Wリトリートバンヤンツリー等が出来る前までは、
サムイ島では常に最高級のリゾートとして注目されてきました。


IMG_3626_convert_20110223134807.jpg
ここはサムイ島の一番北東にある岬の先端です。入り口到着時は素晴らしい海の景色が
出迎えてくれます。

このリゾートも、夏休みにはたくさんの日本人が宿泊する、日本人に人気のリゾートです。
私もおかげ様で宿泊したことが1回あり、見学は4~5回目ほどになります。


IMG_3627_convert_20110223134943.jpg
こちらは入り口にあるレセプションです。

こちらのリゾートはバトラーサービスがあります。チェックインからチェックアウトまで
1名のスタッフがその1組のお客様を通しで全てをお世話するサービスで、レストランの予約から
アクティビティーやツアーの相談等、何もかもそのスタッフに言えば済むわけです。
担当するバトラーには24時間お部屋から連絡することが出来ます。

リゾートの客室は全てビラタイプで以下の通りとなります。

ハイダウェイビラ 14室  130㎡ 
プールビラ    41室  160㎡
プールビラ・スイート 10室 300㎡
プレジデンシャル・ビラ 1室 600㎡

他のリゾートもほとんどそうですが、客室面積の表示はプライベートプールや
アウトサイド部分も全て含んだ広さになります。

IMG_3636_convert_20110223135041.jpg
この日、リゾートは高稼働で見せていただいたのは「プールビラ・スイート」です。


全ての客室は2階にベッドルームがあり、1階に屋外のリビングスペースがあります。
ハイダウェイビラとプールビラの違いは1階にプライベートプールがあるかないかの違いだけです。
プールビラ・スイートになると2階のベッドルーム部分が広くなり、ベッドの隣にソファーがある
リビングスペースが付きます。


IMG_3631_convert_20110223135150.jpg
こちらがソファーのあるリビングエリアです。

シックスセンシズの大きな特徴は「自然との共存」をテーマにして木がふんだんに使われる
事です。その他の施設もそうですが、基本が木でコンクリートはほとんど使われていません。
「隠れ家」という言葉が似合いますね。

IMG_3630_convert_20110223135444.jpg
ベッド部分です。茶色の中の白が大変目立ちます。



IMG_3634_convert_20110223135251.jpg
こちらはバスルームです。
床はコンクリートですが、それ以外はやっぱり木ですね。



IMG_3633_convert_20110223135355.jpg
こちらはバスタブです。



IMG_3635_convert_20110223135545.jpg
シャワーは別にあります。竹で囲まれたアウトサイドシャワーです。



IMG_3637_convert_20110223135652.jpg
さて外の階段で1階に下りるとデッキにビーチチェアーがあり、その奥にプライベート
プールがあります。


IMG_3639_convert_20110223135813.jpg
このお部屋からはビーチを見下ろす事が出来ました。

ビーチは「アラヤブリ・リゾート」等とも共有する小さなビーチです。小さいですが綺麗ですよ。
お部屋からの景色ですが、基本的にはシービューが多いのですが、位置の関係や前に生い茂る
草木の関係であまり海が見えない部屋もあります。


PICT0005_convert_20110223135902.jpg
さて、最後にその他の施設で素晴らしいのがこのメインプールです。
一面の海を見渡すことが出来ます。ハイダウェイビラに宿泊の方はお部屋にプールがないですので
こちらを利用されるのが良いですね。


Dining_on_the_Rocks15_convert_20110223135935.jpg
岩の上に建てられた有名レストランの「Dining on the Rocks」です。
夕食のみの営業ですが、宿泊客以外のお客さんも来るほど有名な為、必ず事前の予約が
必要です。私も昔一度、こちらで夕食をご馳走になりました。メニューは覚えていないの
ですが、とにかく夕方の景色が素晴らしかったのを鮮明に覚えています。
リゾート内のレストランはもう一つ朝、昼、夜営業のメインレストラン「Dining on the Hill」です。


いかがでしょうか。
他の高級リゾートとは全く違う味わいがありますよね。好き嫌いが分かれるリゾートでもありま
すが、世界中にシックスセンシズを愛するファンは多いのです。ハネムーンのお客様にはもちろん
プールビラをお勧め致します!更に18:00頃を狙って「Dining on the Rocks」でお二人でディナー
を楽しんで頂きたいと思います。


このリゾートに宿泊するツアーのお申し込み、お問い合わせはこちら

シックスセンシズ・サムイのご予約はコチラから!
.23 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。