FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【クラビ】 リッツカールトン・リザーブに泊まる! その1

こんにちは。


まさか、私がこのリゾートに泊まる事になるなんて、、、、
夢のような話が現実となりました。

2009年12月、リッツカールトンの新ブランド「リッツカールトン・リザーブ」はタイのクラビに、
このブランドとしては世界初となる第一号リゾートをオープンしました。その正式名称は
「Phulay Bay a Ritz-Carlton Reserve」(プーレイベイ・ア・リッツカールトン・リザーブ」
というとっても長い名前です。最近では、2011年に公開された米映画「ハングオーバー・パート2」
のロケ地としても使われた豪華リゾートです。

既にバンコクのレンさんが、宿泊したレポートを詳しく投稿しておりますのでそちらもご覧ください。
レンさんのレポート
その1その2その3その4


実は私、初のクラビ訪問となった約2年前に、オープン直前だったこのリゾートを視察しています。
当事はまだ工事中でほぼ9割完成していましたが、完成後の視察は初めてとなります。しかも
今回は1泊のみですが宿泊させて頂きましたので隅々までバッチリ見ることが出来ました。
せっかくなので私の目線から、もう一度紹介させて頂きます。


ARRIVALx
この日到着したのは夕方です。車を降りて入り口に付くとドーンと巨大な門が目の前
にそびえます。紫色の石で木の扉もとっても長くて豪華です。



ARRIVAL (4)x
これは門の中に入ってから、振り返って撮った写真です。こんな細い道を進んでいきます。




リッツカールトンリザーブ (177)x
細い通路から抜けると、いきなり目の前が開けて、なにやら立派な建物が現れました!
これが「アライバル・パビリオン」と呼ばれ、お客様の到着時に出迎えるラウンジになっています。
人口池の上に作られていて水に浮いている建物に見えました。

この写真は、天気が良かった次の日の朝に撮影した物です。




ARRIVAL (2)x
こちらは実際に到着した時の事です。

おや!綺麗に人が整列しているではありませんか!
なんと、アルゼンチンご出身でゼネラルマネージャーのエステリタさん、イタリアご出身で
セールスのロベルタさん、その他バトラーさん5名ほどが総出でお出迎え!!凄いです!

ここから向こうへ行くには、人口池の端を歩いて、遠回りしていく事になります。ようやく皆さん
の所へ到着し、熱烈な歓迎ムードに恐縮しっぱなしです、、、



ARRIVAL (5)x
ちなみにこのアライバル・パビリオンは夜になると何千本ものロウソク(電気式)に照らされ、
これまた素晴らしい雰囲気となるそうです。私はその写真を撮り逃してしまいました。夜に到着
される方は是非見てくださいね。

リゾートの皆さんへの挨拶もそこそこに、早速お部屋へと案内されます。



リッツカールトンリザーブ (174)x
お部屋へはアライバル・パビリオンの裏から、電動カートに乗って出発です。大きなお荷物は、
車を降りた時点でポーターさんが既にお部屋へと別ルートで届けてくれています。



リッツカールトンリザーブ (66)x
綺麗なガーデンを眺めながら、お部屋へと向かいます。




RESERVE VILLA入り口 (1)x
そしてお部屋の入り口へ到着です。こちらが私が宿泊した部屋ですが、これは後ほど
詳しく紹介いたします。




RESERVE VILLA入り口 (2)x
階段を登ってお部屋へと入ります。




RESERVE VILLA (6)x
このリッツカールトン・リザーブでは客室チェックインとなります。なので到着後はすぐに
お部屋へと移動します。ツアーでガイドさんが送迎する場合はリゾートの入り口でお別れとなります。

この様にお部屋のソファーに座ってチェックインの手続きが行われます。今回特別におつまみや
お菓子、お茶などをお部屋に用意してくれていました。手厚いサービスに感動です。



RESERVE VILLA (8)x
私のお部屋のバトラーを担当してくれたタイ人スタッフのルーンさんです。
チェックイン、チェックアウトの手続きや、レストランへの移動の時も電話一本で彼女がカートで
迎えに来てくれました。



RESORT PAVILIONx
お部屋での休憩を少し挟んで、すぐにリゾート視察の始まりです!仕事で来ているので、
これが最も重要な事ですね。案内してくれたのは到着時にも出迎えてくれたゼネラルマネージャー
のエステリタさん。とにかく足の長い方です。



というわけで続きは次回となります。
お楽しみに。



その2はこちらから!
〈このホテルのご予約はコチラから!〉
.14 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。