FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【ヤオノイ島】 シックスセンシズ・ヤオノイに泊まる! その1

こんにちは。


突然ですが、タイの「ヤオノイ島」という島をご存知でしょうか?

プーケットの東側、そしてクラビの西側に広がるパンガー湾に位置する島です。
南にヤオヤイ島という結構大きな島があり、その北にあるのが「ヤオノイ島」という島です。
地図で見ると結構大きめの島であることがわかります。

このヤオノイ島の東海岸に2007年にオープンしたのが、
「Six senses Yao Noi」(シックスセンシズ・ヤオノイ)で全室プライベートプール付きの
ラグジュアリーリゾートです。そんな豪華リゾートにまたしても、身の程知らずの私が宿泊して
きました!



ヤオノイ出発 (3)
出発はプーケットの東海岸に位置する「アオポー・グランドマリーナ」という港です。
プーケット空港から約30分の距離にあります。
綺麗な芝生があって小さなカフェもあり、タイの港とは思えないような雰囲気でした。




ヤオノイ出発 (6)
沢山のボートが停泊しています。ここからリゾート所有の専用ボートで出発するわけです。
他にも、クラビの港からもアクセスする手配も可能という事でした。




ヤオノイ出発 (7)
これがシックスセンス所有の専用スピードボートです!一度に15人くらいは乗れるような
大きな豪華ボートでした。




ヤオノイ出発 (9)
夕方18:00に出発です。一気に飛ばし約45分の道のりです。
乗り心地も良くて、気持ちよい風を受けながら進んでいきます。




海から
いよいよリゾートに到着です!

これは海から見る「シックスセンシズ・ヤオノイ」到着した時は既に真っ暗だったため、
こちらは次の日に撮影した物です。




ヤオノイ (104)
リゾートの桟橋には、世界各都市の方角を表す看板がありました。



ヤオノイ (110)
桟橋をから歩いた所にこの看板です。ご存知の通り、自然との共生をコンセプトに掲げる
シックスセンスグループの全てのリゾートはほとんどの場所で「木」を使っています。



ヤオノイ時間
さて、これは結構重要な事です。こちらのリゾートでは独自の「リゾートタイム」という物を採用
しています。正式なタイ時間から1時間時計を進めた時間がリゾートタイムになります。
つまり、タイ時間で18:00の場合は19:00になります。

写真はお客様の客室に用意される、滞在スケジュール表なのですが、これも含めてスタッフの
案内も全てリゾート時間で案内されます。なので到着後にリゾートタイムに時計を合わせないと
結構ややこしくなってしまいます。


それでは客室をいくつかご紹介致しましょう。


HIDEAWAY POOL VILLA (14)
こちらは私が宿泊したお部屋で「ハイダウェイ・プールビラ」のベッドルームです。
リゾート内では最もスタンダードなお部屋で、全体の広さは154㎡あります。



HIDEAWAY POOL VILLA (1)
こちらはバスルームになります。夜の写真ですみません。お部屋の床にバスタブ
がある感じで、シャワーはまた別の所にあります。



HIDEAWAY POOL VILLA (18)
もちろんプライベートプール付きです!
そしてプールサイドに屋外のリビングエリアがあるわけです。一番安いお部屋でも十分に
広いお部屋ですね。プールサイドのデッキも広くて、ここにいるとお部屋というよりも家に
いるかのような感じがします。




HIDEAWAY POOL VILLA (19)
屋外リビングから見るプールです。プールの大きさは18㎡、泳ぐにも問題ない大きさです。




HIDEAWAY POOL VILLA (5)
また夜の写真です。夜の雰囲気もなかなかいいものです。



HIDEAWAY POOL VILLA (6)
私も夜に泳ぎました!やっぱり暗いとあがった後に少し寒いです。風邪を引かないように
注意が必要です。


以上が、私が宿泊した「ハイダウェイ・プールビラ」ですが、客室名の通り海は見えません。
全く同じビラで位置のみが違うのが「オーシャン・プールビラ」というお部屋になり、こちらは
海を見ることが出来ます。他にも「オーシャンパノラマ・プールビラ」というお部屋もあり、これは
ドーンと大きく海を見渡す事が出来るお部屋です。



BEACH FRONT POOL VILLA SUITE
リゾート視察で他に見せていただいたのが「ビーチフロント・プールビラスイート」
というこちらのお部屋、若干レイアウトが変わります。2階部分が入り口になり、階段を
降りたところにプールとリビングルームがあるのです。228㎡と広くなります。




BEACH FRONT POOL VILLA SUITE (4)
階段を下りてプールデッキから建物を見ます。2階がベッドルームとバスルームです。




BEACH FRONT POOL VILLA SUITE (6)
これがベッドルームです。ベッドルームだけで見ると、全てのお部屋が同じです。




BEACH FRONT POOL VILLA SUITE (3)
建物とプライベートプール



BEACH FRONT POOL VILLA SUITE (7)
反対側から見るとこうなります。
プールサイドにはリビングルームがあり、こちらは完全屋内でエアコンも付いています。


以上が「ビーチフロント・プールビラスイート」です。このお部屋も海が見えないタイプの
「ハイダウェイ・プールビラスイート」というお部屋もあります。
このタイプに良く似たお部屋で、「デラックス・プールビラ」181㎡というのがあります。
これは2階がリビングルーム、1階にベッドルームとバスルームが離れてある、という
レイアウトになっています。全部の部屋がもう家ですね!


THE RETREAT
続いて、ついでに見せていただいたのが1室しかない特別なお部屋「ザ・リトリート」
645㎡もあります。ここは2つのビラを通路で繋いだようなタイプのお部屋でした。
ですのでベッドルームも2つあります。



THE RETREAT (2)
プライベートキッチンまで付いていて、、、



THE RETREAT (3)
ダイニングルームまで兼ねたようなリビングルームもあります。



THE RETREAT (1)
プールも大きく、もちろん眺めも最高の場所です!



THE RETREAT (4)
プールの中にサラがあります。




THE RETREAT (5)
2つのうちの1つのベッドルームです。




THE RETREAT (7)
「ザ・リトリート」から海を眺めて。
ちょっと雲があって残念でしたが、各お部屋の素晴らしさは伝わりましたでしょうか。




「隠れ家」という言葉がふさわしいリゾートで、静かに自然を満喫できるリゾートですね。
もちろん自信をもってお勧め致します。

次回に続きます!



その2はこちらからどうぞ!

〈このホテルのご予約はコチラから!〉
.23 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。