FC2ブログ

【ヤオノイ島】 シックスセンシズ・ヤオノイに泊まる! その3

こんにちは。


さて、本日は「シックスセンシズ・ヤオノイ」に宿泊した時の最後のレポートを、その3として
お送りいたします。2日目に参加しました、リゾート主催のエクスカーションです。

出発、客室情報はその1から
食事、施設情報はその2から
是非ご覧ください。

リゾートでは様々なエクスカーションやアクティビティーを用意しております。例えば、他の島
に行くツアーやダイビング、釣りツアー、カヤックツアー、セーリング、ロッククライミング、
村観光ツアー、、などです。

この中で私たちが参加したのは「半日アイランドホッピングツアー」です。約4時間の短い行程
ですがとても満喫いたしました!




ヤオノイ-エクスカーション
朝、出発はこんなかっこいいロングテールボートで出発です!ロングテールボートの
屋根付きは初めて見ました。ツアーには英語の出来るタイ人ガイドが同行致します。



ヤオノイ-エクスカーション (8)
屋根がある座席スペースに加えて、船の先端はマットとタオルが敷かれたゴロゴロスペース。
贅沢な船旅です。



ヤオノイ-エクスカーション (1)
若干朝は雲がありましたが、これから晴れる事を期待します。



ヤオノイ-エクスカーション (4)
パンガー湾の代名詞、石灰岩の島を眺めながら突き進みます。
進んでいるのはヤオノイ島からやや南東の方角です。



ヤオノイ-エクスカーション (11)
30分くらい走ったでしょうか。大きな島が見えてきます。



ヤオノイ-エクスカーション (13)
この島、岩と岩の間に小さな通り道があるみたいです。スピードを落とした船はどうやら
この中へと進んでいくようです。なんだかドキドキします。



ヤオノイ-エクスカーション (16)
どんどん進んでいくと、、、



ヤオノイ-エクスカーション (17)
なんと綺麗な水でしょう!
周りを全て岩で囲まれた島の中央に、美しいラグーンが広がっていました!



ヤオノイ-エクスカーション (21)
ここも有名な観光スポットらしく、他の船も来ていました、泳いだりシュノーケリング
したりして楽しめる場所です。



ヤオノイ-エクスカーション (27)
ブルーラグーンを出て次の場所に向かいます。近くに迫る岩の島は迫力満点です!



ヤオノイ-エクスカーション (30)
さあ今度は別の島が見えてきました。遠くから見た感じ砂浜があります。



ヤオノイ-エクスカーション (29)
沢山船がとまっていて、人もいるので有名な島のようです。
ここで泳いだり、シュノーケリングをしたりするようです。



ヤオノイ-エクスカーション (32)
そして到着!曇ってますが海底が見えるほど透き通ってました。



ヤオノイ-エクスカーション (36)
聞けばここはクラビ県に属する「ホン島」という島だそうです。国立公園に指定されています。
場所はヤオノイ島とクラビの間辺りで、クラビから出発するツアーでこの島は人気があるそうです。



ヤオノイ-エクスカーション (39)
ガイドさんが餌をあげると魚がウジャウジャ寄ってきます。



ヤオノイ-エクスカーション (48)
お昼前くらいになると、晴れ間も見え初めて絶好の島日和となりました!
ここで自由時間をとって泳いだり、シュノーケリングをしたりして楽しみます。



ヤオノイ-エクスカーション (47)
もの凄い透明度です!ベストシーズンはやっぱり良いですね!

続けて「ホン島」のビーチの写真をいくつかどうぞ。


ヤオノイ-エクスカーション (41)


ヤオノイ-エクスカーション (54)


ヤオノイ-エクスカーション (52)


ヤオノイ-エクスカーション (46)



ヤオノイ-エクスカーション (57)
一通り海を楽しんだ所でランチタイムです。
このツアーは昼食付き、私達が遊んでいる間にガイドさんがテーブルに準備してくれました。
昼食はランチボックスになります。


ヤオノイ-エクスカーション (58)
ランチボックスは2つの箱、1つがこちらのタイ料理セット、もち米にエビのすり身揚げや
鶏肉、エビ等の串焼きです。



ヤオノイ-エクスカーション (59)
もう1つの箱はフルーツでした!

いつも思う事ですが、タイのお弁当の場合、中身に対して箱が大きいです。ゆったり詰めてます。
弁当先進国の日本だったら、もっと小さい箱に綺麗に詰めるのでしょうね。


ヤオノイ-エクスカーション (65)
ランチを食べて再度30分ほど遊んでから「ホン島」に別れを告げて出発します。



ヤオノイ-エクスカーション (66)
「ホン島」は素晴らしい楽園でした!



ヤオノイ-エクスカーション (68)
更に船を走らせる事15分くらい、、、、



ヤオノイ-エクスカーション (71)
とある場所を見学します。島の側面にポッカリと空いた洞窟がありました。
ここは一体なんでしょう?




ヤオノイ-エクスカーション (72)
すると洞窟の中に人がいます。なんだかわからないけど物も置いてあって生活感があります。

ガイドさんの説明によると、ここはツバメの巣を採取している洞窟で、中にいる人は数週間に渡って
洞窟に住み込みで巣を採る、職人さんだそうです。実はパンガー湾ではこのツバメの巣の採取が
良い商売で、ここで採れた巣は中国へと売られます。その額1キロで30万円だそうです!!


ヤオノイ-エクスカーション (74)
例えばこんな小さな洞窟でも巣を採ります。竹で組んだ足場を利用して穴に登るんですね。
もちろん私たちは中には入れません。船の上から見るだけになります。


ヤオノイ-エクスカーション (76)
ちょっと移動すると、またビーチがある別の島がありました。
ここはツバメの巣採掘業者の本部の様な島です。ここから船を使って各地の洞窟へ、水や食料
を届けます。だから職人さんは洞窟を出ることなく作業を出来るわけです、、、、

世の中いろんな職業があるんですね。
ていうか、ツバメの巣ってそんなにおいしいんでしょうかね。


ヤオノイ-エクスカーション (78)
ツバメの巣の洞窟を後にして、また船は走り、ラクダに似た形の島「キャメル・アイランド」
を遠くから眺めます。



ヤオノイ-エクスカーション (79)
船に乗ってる間は常に良い景色です!



ヤオノイ-エクスカーション (81)
また別の島の近くを通ります。ここも綺麗なビーチがあって楽しそうです。



ヤオノイ-エクスカーション (88)
この島でも遊んでいる人達がいました。
私たちは船の上から眺めながらゆっくりと素通りです。



ヤオノイ-エクスカーション (92)
更に船は走り続け、、、、



ヤオノイ-エクスカーション (94)
石灰岩が頭上スレスレまで垂れている所の下をゆっくり通ります。



ヤオノイ-エクスカーション (93)
これもなかなかの迫力!



ヤオノイ-エクスカーション (97)
こうして私達は「ヤオノイ島」へと戻ってきたのでした!



以上、「シックスセンシズ・ヤオノイ」を3回に渡ってお伝え致しました。
リゾートから外へ出なくても十分滞在を楽しめると思いますが、パンガー湾独特の
石灰岩の島や、更に綺麗なビーチを満喫するにはエクスカーションで出かけるしか
ありません。

このロングテールボートで行くアイランドホッピングツアーをお勧めいたします!



このホテルのお申し込みはコチラから!

パッケージツアーのお問い合わせ、お申し込みはコチラ!
.25 2011 スタッフ:UC comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ