スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

プーケット人気オプショナルツアー

皆様 こんにちは。

今日はプーケットで2大人気オプショナルツアーの内容検証をしてみようと思います。
なんといっても人気なのはコーラル島観光とピピ島観光です。
どちらがどのような内容なのか、是非下記をご参考にされてみてください。

コーラル島(バナナビーチ)1日観光
1.特徴  中国人の団体船等が入れないようになっているため(2016年1月現在)、静かでのんびりしている。
浅瀬でのんびり泳いだりデッキチェアで寛いだりしてゆっくり過ごされるか、又はマリンスポーツをされる方にお勧め。
2.移動手段 チャロン湾からスピードボートで20分
3.どんな方にお勧めか ご家族連れ
4.シュノーケリングについて 浅瀬から入れるので泳ぎが得意でなくても自分のペースで楽しめます。色とりどりの小さな熱帯魚(カクレクマノミ、チョウチョウウオ、ツノダシ、ミノカサゴ、ヤガラ等)もいて楽しめます。透明度は3m程度
5.値段 THB2,400(2016年1月現在)

ピピ島1日観光(大型高速船利用)
1.特徴  シュノーケリングなどではなく、船からの景色やピピ島の景色を楽しむツアー。
船移動や昼食会場などまでも徒歩移動が多いツアーなので、アクティブで元気な若い方向け。
2.移動手段 ラサダ港から大型高速船で1時間半-2時間(出発場所はツアー会社によって異なる)
3.どんな方にお勧めか カップル
4.シュノーケリングについてシュノーケリングをする時間は1時間。大型船から海に入っていくので足は付かないところで泳ぎ始めます。ライフジャケットはありますが、泳ぎが得意な方向きですね。
色とりどりの熱帯魚というより比較的大きめなスズキの仲間を多く見ることができます。透明度は3m位
5.値段 THB2,800(2016年1月現在)

それでは簡単なスケジュールをご紹介いたします。
まずはコーラル島観光から!
08:00 ホテル出発(パトンエリア)
09:00 スピードボートでプーケット島を出発
1 一旦海岸沿いで船の人数調整を行い、人数がそろったら出発
20160117_082952_convert_20160120123756.jpg

スピードボートは40人乗り位の大きさで、靴を脱いで入ります。
20160117_083947_convert_20160120123733.jpg


20160117_090146_convert_20160120125719.jpg

09:15 コーラル島着後、フリータイム
ガイドさんが今後のスケジュール等を説明してくれます。
※ 有料のアクティビティがたくさんあります。
シュノーケリングセットやロッカー等も全て有料です。
(トイレやシャワールームは無料ですがその他のものは有料とお考えください)
20160117_091259_convert_20160120130554.jpg

到着したら案内が渡されますのでご希望なものがあればガイドさんにお願いしましょう。
個人的にはカヤックなどは気軽に楽しめておすすめです。
20160117_091954_convert_20160120131310.jpg


20160117_102454_convert_20160120125504.jpg

20160117_102219_convert_20160120124001_20160120125837337.jpg



12:00 昼食(タイ・シーフード)
ご昼食は好きな時間に召し上がって頂けます。ガイドに昼食召し上がりたくなったら仰って頂くだけで
席の確保なども全てガイドがしてくれます。(至れり尽くせりのシステムです。)
お食事は辛くないのでお子様でも難なく召し上がって頂けます。
20160117_114125_convert_20160120122836.jpg

14:15 コーラル島出発
15:30 ホテル到着
ご覧いただいた通り、とてもシンプルな内容です。きれいな海、静かな海を求めてゆっくりするでもよし。
アクティブに過ごされても良し。思い立って何かやりたくなってもすぐにガイドさんが対応してくれますので
英語での交渉等もありません。是非自由な時間を満喫しにお越しください。


次は、ピピ島大型船1日観光!
シーエンジェル2号で、映画「ザ・ビーチ」で有名になったピピ・レー島マヤベイや、
バイキングケーブ(洞窟)を船上観光後、モンキービーチでシュノーケリング。
最後はピピ・ドン島に上陸します。

07:00-07:00 ホテルへお迎え後、ラッサダ港へ
08:30 ラッサダ港からピピ島へ出発

マヤベイや洞窟(バイキングケーブ)などを船から観察しながらの船旅です。
20160102_104314_convert_20160121115702.jpg


10:00 ピピドン島のトンサイベイに到着(一旦宿泊者の方たちが下船されます)。
11:00 モンキービーチにてシュノーケリング
シュノーケルセットは無料ですが、足ひれは有料となります。
20160102_115806_convert_20160120193955.jpg

12:00 ピピドン島のレストランにて昼食
到着時は入島税の20バーツが必要です。

20160102_135616_convert_20160121115323.jpg


12:30 昼食後のフリータイム
昼食会場には遠浅のきれいなビーチがあります。
自由時間はたっぷりありますので泳いでも良し。砂浜で日焼けしてもよし。
思い思いにお過ごしください。 シャワー、トイレも完備してあります。(有料)
20160102_131406_convert_20160121115424.jpg


14:30 ピピドン島出発
16:00 ラッサダ港到着
17:00-17:30 ホテル到着

移動時間に時間がかかると言っても2階建ての大型船なので景色を楽しめてとても快適です。
船の上はサンデッキとなっているので外人さんはそこで皆日焼けを楽しんでいました。

シュノーケリングを楽しむというよりは周りの景色を楽しむツアーとお考え頂いた方が
イメージに合っているかと思います。
ピピ島ツアーは沢山の種類があるので、是非自分の目的に合ったツアーを探してくださいね。
.19 2016 未分類 comment0 trackback(-)

プーケットで人気のBanthai Beach Resort & Spa

皆様 明けましておめでとうございます。
去年は弊社では日本人スタッフが2名も増え、プーケットにウェディングを大きく手掛ける支店も
オープンさせ、少し勢いずいております。(笑)
タイをもっともっと元気に、沢山の方に知っていただけるよう頑張って行きたいと思いますので
今年も龍神ツアーズを宜しくお願い致します。

さて、本日はプーケットで一番華やかな場所パトンビーチの
中心にあるBanthai Beach Resort & Spaをご紹介致します。


Banthai Beach Resort & Spa
ここの特徴は
1.日本人スタッフが1-2名常駐で安心。
2.パトンエリアの中心にあるからとにかく便利
3.中心地区にあるが、タウィーウォン通りから徒歩3分奥に入っているので
騒音に悩まされる事はありません。
4.内装が、日本人好みのテイスト(派手過ぎず、ムーディー過ぎず老若男女安心出来る色使い)
5.龍神ツアーズならではの特典が満載!

お部屋の雰囲気と言うと、35平米のお部屋は感動する程広いわけではありませんが、
白を基調にしていて落ち着いた色合いでくつろげます。
2-4階のスタンダードルームは小さなベランダがプール側に設置されているプールビュー。
1階はデラックスルームとなり、プールアクセルとなります。(お部屋の広さは変わらず)
バスタブもゆったり目です。
20151227_125811_convert_20160105233934.jpg


龍神ツアーズ特典の1つ!
ミニバーフリー!(2種類のビール、ソフトドリンク、お水が2本ずつ)
20151227_125720_convert_20160105233805.jpg

また、このホテルのファシリティーの充実も見逃せません。
大き目な3つのプール(縦長なので、水に浸かって一休みされたい方は勿論の事、
エクササイズの一環として、泳ぎたい方におすすめ。
私は特に、旅行に行くと飲み食いが多くなり、体重増加が著しいので、ホテル選びの際に
大きなプールは選ぶポイントで考えます。

20151227_132555_convert_20160105234039.jpg

バー&レストランが充実
エントランスにはバーがあり、夜遅くに到着されても一息居れることが可能です。
またポートレストランで頂く、朝食ブッフェも種類がとっても豊富。
ここの卵職人さんは、プーケットでもとても有名らしく、スタッフさんもしきりに自慢していました。
飲み物も100%果汁のジュースやコーヒー類もカプチーノとかをしっかり作ってくれます。
(それも可愛いコーヒーアート付)
リゾートの朝食はやっぱりゆっくり時間をかけて味わいたいですよね。
ここはレストラン自体も広くてとてもくつろげる雰囲気です。
(でも今回はフライトが早く、私は朝食を取れず、写真がありません。。。残念、、)

20151227_132737_convert_20160105234951.jpg


The Port Restaurant
ライブミュージックのあるオープンエアのタイ(シーフード)料理
パトン地区なので食事に困ることはありませんが、このホテルのタイレストランは辛過ぎず、
特に白人のお客様に人気があります。
そして、3泊以上泊まられる方にはまたしても龍神ツアーズ特典2の
「ホテルでのタイセットディナー1回」がついてきます。
(写真がひどいのですが、本物はかわいらしくて美味しかったです)

20151227_191934_convert_20160105234328.jpg

20151227_213329_convert_20160105235038.jpg


その他、龍神ツアーズの特典としては
・16:00までのレイトチェックアウト無料(スーペリアルームのみ。)
・チェックイン時のウエルカムドリンクと冷たいおしぼり
・ご到着日、お部屋にフルーツバスケットのご用意
・客室内でのWIFIの利用無料
・セントラルフェスティバルデパート&プーケットタウン行きシャトルバス無料
・スパやレストランの割引券あり。などなど多数です。


是非パトン地区で思いっきり遊びたい。
でも安宿過ぎるのはちょっと、、、。
リゾートホテルがいいけど、タイ様式のアジアアジアした雰囲気よりすっきりしたスタイリッシュな
ホテルが好き。というOLの方やカップルの方におすすめです。

また 余談ですが、プーケットの年末(カウントダウン)はパトンビーチをはじめ
カタビーチ、チャロン、あらゆるビーチで沢山の花火とコムロイが飛び交います。
(コムロイとは、和紙でできた熱気球で、チェンマイのロイクラトン祭りが有名ですね。)
12時のカウントダウンに近づくにつれ、打ち上げ花火とこのコムロイが夜空一面に
広がり、とても美しくまた幻想的です。
チェンマイのロイクラトン祭りに参加するには1年前からの予約が必要ですが
プーケットの年末にお越しいただければ、どのビーチでもコムロイを
自分で上げてみることができます。
とってもお勧めですので、是非来年の年末はプーケットにお越しください。
お待ちしております。
.06 2016 スタッフ:akika comment0 trackback(-)

HUA HIN のホテル紹介

皆様 こんにちは。

今日はHUAHINのホテルをご紹介いたします。
まずHUAHINの事をご紹介しますと、HUAHINはバンコクから車で3時間位南に行った場所にあり、
タイ人や日本人駐在員が短い休みを利用して訪れる観光スポットになっています。
残念ながらグレーの砂浜ですし、内海なので水の透明度はよくありませんが
波の無い穏やかな海では、家族連れの方が砂浜を散歩したり、乗馬を楽しんだりしています。
そしてHUAHINの売りは何と言っても豊富な魚介類!
海沿いには沢山のオープンエアのレストランが立ち並んでいて、大繁盛!沢山シンハービールを飲んで
おなか一杯食べても一人THB600位。日本よりだいぶお安いですね。
また、ここは釣りもできるので、日本人の方が良くイカ釣りや海釣りをたのしんでいます。
そのほか、大きなナイトマーケットやゴルフ場、ウォータースライダーのある巨大プールなど楽しむところが満載です。

それではこんなHUAHINではどんな宿泊施設があるのでしょう。
豪華なリゾートホテルからファミリー向け、学生向けのお安いホテルまで幅広くございます。

DUSIT THANI HUA HIN
長いエントランスを抜けると豪華なエントランスにたどり着きます。

IMG_0274 (800x600)

白を基調としたフロントは広々としていてシャンデリアが輝くリゾートホテルです。
IMG_0215 (800x600)


レストランはイタリアン、タイ、シーフード、インターナショナルと4つもあり、日替わりでbuffetになっているので
飽きることがありません。またどのレストランも非常に広々とゆったりとスペースを取っているので
すごく開放的なホテルという印象を受けました。

IMG_0271 (800x600)

IMG_0231 (800x600)


また大きな敷地内にはメインプールと海水プールがあります。
特にメインプールは海の目の前にあるので、リゾート感満載です。
IMG_0226 (800x600)

そしてお部屋はというと、LANAIルームは1階なので海は見えませんが、2F以上(SUPERIORは)すべてオーシャンビュー。
リゾートの雰囲気からすると、お部屋だけはちょっと古い感じがしましたが、今は全室改装中ということです。


IMG_0239 (800x600)


IMG_0245 (800x600)


廊下や敷地内にはたくさんの生花が飾ってあって、造花でないのがやはり豪華リゾートのよさですよね。
敷地が何より広いので土日は稼働率いつも100%という事でしたがそれでもごみごみした感は全くなく
静かでリラックスできる雰囲気でした。
ここは日々の喧騒から離れてゆっくりお過ごしいただきたいリゾートホテルです。


PUTAHRACSA
こちらは若いカップルの方にお勧めしたいブティックホテル。
中心地に近いので、周りには沢山おしゃれなレストランがあります。
豪華絢爛というよりも白を基調とした洗礼されたデザイナーズホテル。

IMG_0331 (800x600)

IMG_0284 (800x600)

RESORT SIDE とSEA OCEAN SIDEにわかれていて、RESORT SIDEはライブラリーやブティックがあり、
お部屋はカジュアルな雰囲気。通りを挟んだ海側にあるOCEAN SIDEはよりリゾート感があります。

RESORT SIDEのSILKSAND ROOM
白を基調とした色合いの優しい居心地がよいお部屋になっていて広さは44㎡あります。
ここは2F建てなのですが、2Fのお部屋のみバスタブ付。お部屋はすべてプールビュー。
プールを囲んで コの字型にお部屋が連なっています。
ベランダもなかなか広くてくつろげそう。
IMG_0304 (800x600)

IMG_0307 (800x600)

OCEAN SIDE
ここのレセプションは部屋数も少ないのでアットホーム。
全てのお部屋にPOOLやジャグジーがついていてどこも80㎡以上のある広々とした間取りでとても優雅にお過ごしいただけます。
(Oceanbed Jacuzzi Villas、Oceanbed Pool Villas、La Canna Pool Villas、La Canna Beachfront Pool Villas)

IMG_0278 (800x600)

IMG_0281 (800x600)

IMG_0349 (800x600)

ロビーやVILLAの外壁をみてもお分かりの通りとてもナチュラルカラーでまとめられているリゾートです。
お部屋のライトも明るくなりすぎず、白熱灯で抑えられた明かりなので少しムーディーに。
IMG_0335 (800x600)

最後はレストランのご紹介です。
海に向かって進んでいくとメインプールが見えてきてその先にレストラン「OCEANSIDE BEACH CLUB」があります。
ここのレストランも雰囲気がとっても素敵。オープンエアでオーシャンフロントのこの位置での食事はきっと最高です。
また床や壁はシェルタイルを使ってて特に女性のお客様には気に入って頂けると思います。
IMG_0351 (800x600)

IMG_0356 (800x600)

今回初めてこのホテルを視察しましたが、とても素敵なホテルでした。
男女ともに弊社スタッフからは称賛の意見が多いホテルでした。
HPもすごく手が込んでいてわかりやすく情報満載です。一度チェックしてみてください。
http://www.putahracsa.com/


MANATHAI HUA HIN
町の中心部にあるシティホテルです。
スーパーマーケットが横にありとても利便性が良いホテル。
リゾートステイというより、出来る限りアクティブにすごされるのが目的だったら
とてもおすすめです。

HUAHINはタイ人も現地駐在員の日本人にもとっても人気な場所です。
是非美味しい魚介類を食べたり、日本には無い面白い景色、を見てみたいという方
HUAHIN行ってみてください!
.11 2015 未分類 comment0 trackback(-)

LE MEERIDIEN BANGKOK

皆さん

こんにちは
今日はとてもエレガントなホテル、LE MERIDIEN BANGKOKをご紹介いたします。

まず場所ですが、こちらはBTSのSARALAENG駅から徒歩5分の位置にあり、特にタニヤ通り、シーロム通り、
パッポン通りなどに近く、夜遊びするには立地抜群のホテルです。

そして雰囲気はというと、こんなバンコクきっての繁華街、夜の街に近いホテルですが、
とってもエレガントでここだけまったくの別世界なのです。

外観から他のホテルとは異なり、とてもアーティスティックな雰囲気。
入口にはガラス張りの大きな外人さんの写真。そしてその前にある大きな犬のオブジェとがひときわ目を引きます。
エントランスを入った瞬間、まずはとっても素敵な香りがお出迎え。この香りもメリディアンならではで
エントランス用に調合した香りだそうです。 
そして黒を基調にしたシックな大理石のロビーは豪華ですがあくまでもシックな雰囲気。 
あちこちにフランスの雰囲気が漂っているのですが、それもそのはず
メリディアンは、もとはフランスを代表する航空会社エールフランスが作った会社だそうです。
それを今のスターウッド系列に入ったそうですが、大本はフランス資本の会社。 

エレベーターの中でもフランスのボサノバを流したり、メリディアンと提携したアーティストの方の楽曲を
PVをながしたり、本当に上質のサーヴィスを提供してくれます。

IMG_0104 (800x600)

IMG_0195 (800x600)



そしてお部屋。
こちらもとってもシック。
白と茶色を基調とした落ち着いた色合いで統一されており、とても日本人にはなじみやすい空間です。
ただ、バスルームは黒の大理石なので豪華さも失っていません。

日本人のお客様が多いという事で全室、NHKチャンネルが見れ、尚且つバスタブ付き。
またビジネスマンの利用に合わせてスリッパ&アイロン&コーヒーそして、タンブラーまで完備。
また100%遮光カーテンなので早朝到着のお客様が
ひと眠りするには快適な空間を作り出せる工夫が施されています。

IMG_0108 (800x600) (800x600)

IMG_0126 (600x800)

IMG_0136 (800x600) (800x600)
そして通常のヴィスタルームからたったTHB800足すだけでエグゼクティブのお部屋にすることが
可能です。このお部屋は、さらに高層階となり、WIFI無料、海外では珍しくウォッシュレットが設置されています。
そして、オープンバーの利用とランドリーサーヴィス(滞在中2枚の衣類を無料で洗濯)という嬉しい特典つきで
より快適にお過ごしいただけるようになっています。


(SPA&POOL)

こちらはチェックアウトした後のお客様でもお使いいただけるスペースとなっており、
フライトの前にスパでリフレッシュしたのちお着替えされて空港に向かわれているとのことです。

多くのタイにあるスパは少し照明を絞りすぎ薄暗い雰囲気だったり、アジアらしさが行き過ぎた感が
あるところが多いのですが、メリディアンはすっきりした明るい雰囲気です。
お部屋の造りも壁紙などが他と一線を画していて面白いなぁと感心することしきりです。

IMG_0156 (600x800)


http://www.lemeridienbangkokpatpong.com/en/SPA


プールも屋外にあり町中にいながらリゾート感を味わえます。
IMG_0166 (800x600)



BAMBOO CHIC BAR


こちらは大人のバー。といった面持ちでスタイリッシュな空間す。
ただ決して高額すぎるという訳ではなく、たとえば今月は「The Unexpected Wine Journey」
というワインの飲み放題というようなプロモーションも行われたりして、お酒の時間を
楽しもうという雰囲気がございます。

IMG_0172 (800x600)


最後はレストランのご紹介。 「LATEST RECIPE」
メインレストランは「レイティストレシピ」
朝食のビュッフェももちろん定評がありますが、ランチのビュッフェもまた人気があります。
ランチは洋食からアジアン料理、和食まで幅広いラインナップ。幅広く取り揃えていても、質は全くの高レベルです。
特にその場で作ってくれるパスタそしてチーズの品揃えもGOOD、お肉料理など洋食のレベルが高いかと思います。
そしてホテル手作りのバームクーヘンやアイスも人気です。

IMG_0175 (800x600)

IMG_0183 (800x600)

IMG_0176 (800x600)

いかがでしたでしょうか。
立地はサラディーン駅近くで夜遊びもしたい。でもホテルもこだわりたいという方、
そして私は是非女性同士のお客様にも楽しんで頂きたいホテルです。

ホテル選びに困りましたら是非、「龍神ツアーズ」に一度ご相談ください!
.22 2015 未分類 comment0 trackback(-)

THE TWIN TOWERS HOTEL BANGKOK

みなさん、こんにちは

今日は、コストパフォーマンスが良く、日本人のお客様に人気のツインタワー ホテルバンコクをご紹介いたします。
ここは日本人、タイ人、ヨーロピアン、シンガポール人の順でお客様のご予約が入っているそうなので
日本人の割合が多いということもあり、日本人スタッフ1名と日本語が話すことができるタイ人2名が
ゲストリレーションにいらっしゃるのも安心できます。
(余談ですが、セールスマネージャーの方も日本語を勉強している位、日本人びいきのホテルです)

ENTRANCE.jpg


レセプション



こちらのホテルは毎年改装工事を行っているので、昔からあるホテルで年期は感じる部分もありますが、
いつも清潔に保たれている印象を受けます。

一番お安いお部屋、SUPERIORでも38㎡あるので、豪華なお部屋ではありませんが
広々お使いいただけます。またツインのお部屋もSUPERIORだけでも394部屋あるので
男性同士のご旅行でTWN確約したい場合も対応可能ですし、コネクティングルームも多いので大人数での旅行も
とても便利です。

室内

洗面台


そのほかホテルには屋外プールやスポーツジム施設、スパがございます。
特にスパはホテルのスパにしては破格の価格帯で営業しています。
そこかしこにある路面のタイマッサージさんよりかは高くなりますが
この金額だったらわざわざ外に出歩いて行ってマッサージを受ける必要は
無いなと感じました。



またここはレストランやミーティングルームなど客室以外の部分が充実しいるのも特徴の1つです。
1Fのタイ料理ランチビュッフェ、3Fの飲茶ランチビュッフェ、3Fのタイスキ食べ放題(特に(DINNER)は
お値段が手ごろなので、ホテル宿泊客以外の方が多くいらっしゃっています。
特にタイ料理はオプショナルツアーで立ち寄るランチの場所としても多く使われているので
衛生面やメニューの豊富さはさることながら、洋食&日本食も入っているので
タイ料理にちょっと飽きた方にもおすすめです。

中華

RESUTAURANT.jpg


一般の旅行客の皆様は、あまり縁の無いミーティングルームですが
もし企業の研修旅行などでお考えの方は、大小さまざまなミーティングルームがありますので
値段を抑えて大人数の講演会をしたい方とかにはとても使いやすいホテルかと思います。

カンファレンスルーム


場所はMRTの「HUA LAMPHONG」徒歩10分です。そのほかMBKセンターやサイアムスクエア、伊勢丹などにも
格安な値段のホテル専用トゥクトゥクがあるので移動しやすいと思います。

安価なホテルで宿泊費用を安く抑えたい。でもちゃんとレストランやスパなど完備されていて尚且つ日本語が
通じるホテル。をお探しでしたらぜひこのツインタワーを一度チェックしてみてください。


.11 2015 未分類 comment0 trackback(-)
 HOME 

profile

stwbkk

Author:stwbkk
弊社厳選ホテルのランドパッケージ販売サイト、「トラベルプラス・タイランド」をオープンしました! こちらも是非ご覧ください。
travelplus-thailand.com

~バンコク~
2010年7月28日より、ソイ・トンソンに移転いたしました。(BTSチットロム駅4番出口下車、徒歩約6分)ソイ・トンソンに入って中ほど(オランダ大使館の斜め向かい)にある、トンソンビルディングの4階です。

~プーケット~
2015年、プーケット島にウェディングサロン併設の支店を開設しました。

twitter/ Ren_bkk

Ren_bkkをフォローしましょう

category

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks !

other

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。